58 Photos - Mar 20, 2015
Photo: 試乗コースは開演前から満員御礼。Photo: これが噂の、インドからの刺客。Photo: かなりスリムだし軽そうだし、期待大。Photo: パット見似てるけど、こちらはGSR100。しかし、思ったよりコンパクトだった。Photo: フェアリング版なんだけど、意外にもポジションがネイキッド版と変わらない。Photo: レンサルのフラットなバーハンが付いてて、ストリートファイター的なポジション。Photo: 何時乗っても足つきが厳しいT-MAXPhoto: 実はリアル・ワールドで今一番乗りたいのはこれだったりする。Photo: これもかなり快適そう。巨体に見えて、実はビクスクの中では重くない。Photo: ちっちゃいおっちゃんでもちゃんと足がつくBOLTPhoto: しかし、このセパハン仕様はキツイ!この人は手足が長いからいいけど、僕が乗るとドラッグレーサー的なポジションだった。Photo: 真に求められるのは、このカフェレーサー風ではなかろうか?Photo: 何故か、先導者専用のGSR-750。試乗車に何故しない?Video: こんな感じで、ノロノロ大名行列的な試乗。Photo: 左側の座席からはみ出してる長い列がR25。その右の1人しか待ってないのがハーレーのストリート750(しかも2台ある!)。
需要と供給が乖離しすぎた例。Photo: 僕が先ず乗ったのは当然空いてる方(^^)
しかし、これが予想外に良かった。回りと比較すると判るがメチャクチャコンパクト。750だけどBOLTに負けないトルク。Photo: RnineTもコンパクトだけど、走りは独特。エンジンはかなり重そうだし、レーシングすると傾く^^;Photo: 空いてる車種から乗って行くという作戦により5台乗れたけど、大人気のR25は早々と受付終了になり試乗叶わず。Photo: 間違い探しです。R3とR25、エンジン以外で何処が違うでしょうか?Photo: 中国におけるスズキのフラッグシップ。
空いてたから乗ったけど、重さよりデカさを感じた。Photo: スペック通り、非常に軽くてコンパクトな感じのアドレス110。
ピンぼけ御免^^;Photo: 13インチ(?)でこのコンパクトさは素晴らしい。Photo: 転倒しながら走るマルケス。Photo: 来ました!噂の川崎重工の2式高速戦闘バイク。
WBは長めだけど、ボディーは意外とコンパクトな感じ。Photo: こっちは公道版。目玉は一つ。エアインテークは2つ。Photo: Ninja250の単気筒版「SL」。普通のニンジャよりハンドルは近め、低め、狭めでトータールでややレーシーなポジション。Photo: モンキーのくまモン仕様は意外とシックな仕上がり。Photo: 近未来SF映画で、悪の組織が乗ってそうなBMW。Photo: 見ても乗っても独特のRnineT。Photo: こちらは、大柄だけど足つきは真っ当で軽快。見ても乗っても至って普通のBMWのパラツインという感じ。Photo: BMWの受付嬢が妙に色っぽかった。Photo: てっきり、DUCATIの受付かと思ったが、BMWとなっている。Photo: おっ、ユニクロが出品か!と思いきや"Heatech"とな。少商標法的にOKなのか?と思える紛らわしさ。Photo: 想像よりはるかにコンパクトだった、ドカティのスクランブラー。ポジション的にも足つき的にも、ドカティー史上最もフレンドリーなバイクではなかろうか?Photo: 4バリエーションあるらしいが、違うのはシートやハンドル等外装関係だけで、タイヤサイズやサス・フレームなど基本構成は同じらしい。Photo: 傾かないリバーストライク。Photo: かなりデカイ。軽4輪の枠に収まらないのでは?Photo: 傾かないので、普通のWウィッシュボーンサスPhoto: OGKの新シリーズは、Lでもキツかった。幅が狭目のデザインに変わったらしい。Photo: オイルを配ってたので貰った、つもりが中身は空だった。Photo: トリッカーとセロー、意外にも足つきは殆ど同じだったけど、乗って感じる大きさは全然違ってた。Photo: この初期型を友達に借りて始めて山で乗った時には感動したけど、自分で買った225Wはあまり感動しなかったなあ^^;Photo: 確かにクール何だけど、寒色すぎて文字通り寒い感じ。Photo: 何時見てもキュートな初期型カブ。Photo: このカスタムの方向性が謎^^;Photo: 単気筒スポーツはフルカウルよりこういう方向のほうがイイネ。Photo: Photo: ウ~ン、なんかモッサリデザイン。Photo: ホントにブルドックみたいなスタイル。Photo: かなりファニーなバイクだけど、こういうのは意外と受けそう。Photo: スズキワークスの大型新人(^^)
ポジションは意外と普通で、GSX-R1000の方が若干前傾がキツイと思った。Photo: 色んな所を徘徊してたロボットガールズ(仮名)。どこの組織から派遣されたかは不明。Photo: 僕もボディーアーマー着てみたけど、やっぱり重かった^^;靴底の面圧が高まるのが直ぐ判るし、屈伸するとふらつく。Photo: 今年も登場、キュートなたこ焼き軍曹(仮名)。
何故かロボガールズも現れて、混戦状態。Photo: こちらも展示会の様相。バイクが抜けていくと自分のを何処に停めたか一瞬判らなくなる。Photo: Photo: 今年の臨時駐輪場はエントランスに近くてよかった。Photo: PCXとMT-07は長さが殆ど変わらない事が判明。