288 Photos - Dec 11, 2013
Photo: 撮影者:村山和夫 アカゲラ タイトル:いつまで居るか? 観察年月日:2014年10月29日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:10日間もホオノキの実を食べに来ている。そろそろ実も無くなりそうです。昨年は姿を確認できなかったので、ずっと居てほしい。近くにアオゲラが食べる柿の木があり、こちらに来ないかチェツクしている。Photo: 撮影者:村山和夫 キビタキ タイトル:キビタキ現る 観察年月日:2014年10月28日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:終認 メッシュ:八王子7G コメント:ルリビタキとして投稿したが脇腹の淡い橙黄色が無い事が気になり調べました。オオルリの雌にも似ていますが、オオルリは嘴がモズのようなカギ型になっているのでキビタキに訂正します。Photo: 撮影者:村山和夫 ジョウビタキ タイトル:ジョウビタキ現る 観察年月日:2014年10月27日 羽数:2羽(雄、雌) 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:雌は柵に止まり草地に降りて採食し、再び柵に止まる動作を繰り返していました。雄は近くに来たのですが直ぐに飛び去りました。10月18日から片倉城跡公園、集いの森でジョウビタキを確認しています。Photo: 撮影者:村山和夫 タヒバリ タイトル:タヒバリ現る 観察年月日:2014年10月27日 羽数:4羽 場所:片倉の集いの森公園/芝生広場 区分:初認 メッシュ:八王子6G コメント:芝生で採食していました。今シーズン初めて見ます。警戒心が強く、一定の距離を越えると直ぐに飛び立ちます。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 ヤマガラ タイトル:小春日和の秋の朝        コメント: タイトル: 観察年月日:2014年10月25日 羽数:5羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:ガビチョウばかりだった裏山に少しずつ秋になって小鳥の数も増えてきたように思います。この後先日見た顔の黒い鳥が再び現れましたが、私と目が合うと素早く飛んでしまった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 クサシギ タイトル:川町谷戸のクサシギ 観察年月日:2014年10月24日 羽数:1羽 場所:川町谷戸 区分:鴫チ メッシュ:八王子2K コメント:稲の刈り取りが終わった田んぼにクサシギがやって来た。Photo: 撮影者:岡本 昭男 ミサゴ タイトル:アユ釣りの時期にやってきたミサゴ 観察年月日:2014年10月25日 羽数:1羽 場所:浅川、平山橋下流200㍍付近 区分:猛禽(平山橋近辺では初認) メッシュ:武蔵府中1J コメント:散歩に出たところ、川下からひらひら飛んで来た。橋の下流で不意に急降下して魚を捕らえた。平山橋を越えて数羽の鴉に追われる。一羽の鴉に執拗に追われ川からそれて北方向に飛んで家の屋根に見えなくなった。今期、この場所では初認。写真はこの30分前位に撮影したもので同じ個体が下流・上流を往復したものと思われる。 (備考)鳥信にて報告済みPhoto: 撮影者:岡本 昭男 ジョウビタキ タイトル:声を頼りに探し当てたジョウビタキ 観察年月日:2014年10月25日 羽数:2羽(雌雄) 場所:浅川、平山橋下流200㍍付近の右岸 区分:今季初認 メッシュ:武蔵府中1J コメント:声が聞こえたので探すとほぼ川の中央の中洲の草にオスが止まっていた。すぐに草むらに入ってしまったが、タッタッタと舌打ちの様な小さな声がした。メスがそばにいる様子。オスから30m位離れた草にすぐに姿を現した。 (備考)鳥信にて報告済みPhoto: 撮影者:岡本 昭男 セグロカモメ タイトル:今シーズンもやってきたセグロカモメ 観察年月日:2014年10月23日 羽数:1羽 場所:浅川、平山橋 区分:今季初認 メッシュ:武蔵府中1J コメント:平山橋下流から飛んできて一旦、川に舞い降りようとしたがまた上空に舞い戻り、平山橋の上で旋回して橋の街灯の上に止まった。 カラスが近くに飛んできてセグロカモメの様子をうかがっていたがやがて去って行った。セグロカモメは尚も街灯の上で一休みしてあたりを見回してからもと来た下流に飛び去った。 (備考)鳥信にて報告済みPhoto: 撮影者:岡本 昭男 ノビタキ タイトル:まだご滞在のノビタキ 観察年月日:2014年10月21、22、23日 羽数:1羽 場所:浅川、平山橋下流200㍍付近 区分:通過 メッシュ:武蔵府中1J コメント:末枯れの草に止まっていた。この日以降は見なくなった。旅立ったのであろうか。各日に撮影した画像をアップします。 (備考)鳥信にて報告済みPhoto: 撮影者:丸山二三夫 クサシギ タイトル:お帰りなさい 観察年月日:2014.10.25 羽数:1羽 場所:北浅川、天使病院脇 区分:初認 メッシュ:拝島2B コメント:しばらくぶりに出会えてほっとしています。Photo: 撮影者:村山和夫 マミチャジナイ タイトル:マミチャジナイ現る 観察年月日:2014年10月24日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:通過 メッシュ:八王子7G コメント:ホオノキの実を食べる野鳥を観察していたら、いきなり出て驚いた。八王子周辺で見るのは極めて珍しいと思います。午前と午後の2回出て午前中はホオノキの実に乗ったが食べず2秒で飛び立つ。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ノビタキ タイトル:浅川・平山橋付近のノビタキ 観察年月日:2014年10月20日 羽数:1羽 場所:浅川・平山橋下流側の河原 区分:通過 メッシュ:武蔵府中0H コメント:河原のセイタカアワダチソウの花近くにいた。この写真はその花の隣のアレチハナガサに移ったところのもの。この日は高幡橋下流側でもノビタキ1羽を観察した。Photo: 撮影者:粕谷和夫 セグロカモメ タイトル:セグロカモメの今期初認 観察年月日:2014年10月20日 羽数:1羽 場所:浅川・高幡橋 区分:初認 メッシュ:武蔵府中2K コメント:高幡橋の街路灯の上で羽を休めていた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 オオタカ タイトル:水浴するオオタカ(若) 観察年月日:2014年10月20日 羽数:1羽 場所:浅川・長沼橋上流側 区分:猛禽(行動) メッシュ:八王子9H コメント:浅川の浅い流れの所にしばらく留まり、水浴を始めた。ダイサギ2羽がオオタカの直ぐ近くに飛んで来たが、お互いに不干渉であった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 コガモ タイトル:ワンドの復元 観察年月日:2014年10月14日 羽数:8羽 場所:浅川右岸・鶴巻橋~萩原橋 区分:行動 メッシュ: コメント:昨年(2013)右岸に低床護岸を作る大規模な河川工事を行って、ワンドが潰されてしまったが、低床護岸の川側の河原に新たにワンドが自然に形成され、コガモ8羽、カルガモ9羽が羽を休めていた。そこにカワセミも飛んできた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ハシボソガラス タイトル:クルミのようなものと空中から落とすハシボソガラス2羽 観察年月日:2014年10月20日 羽数:2羽 場所:浅川・高幡橋下流側の河原 区分:行動 メッシュ:武蔵府中2K コメント:丸石河原で2羽のハシボソガラスがクルミの実のようなものを咥えて数メートルに舞い上がり、空中から落下させる行動を繰り返していた。まるで遊んでいるようであった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 スズメ タイトル:人工構造物へのスズメのねぐら入り 観察年月日:2014年10月19日 羽数:680± 場所:京王高幡不動駅南口京王高幡SC(ショッピングセンター) 区分:塒 メッシュ:武蔵府中3K コメント:京王高幡不動駅南口京王高幡SC(ショッピングセンター)正面4・5F外壁目隠し鉄柵にねぐら入りするツバメをカウントした。天気は晴れ。スズメは14時30分に屋上に集まり始め、16時40分からねぐら入りが始まった。その後、数羽づつ次々にねぐら入りが続き、17時10分にほぼ終了、30分に約680羽がねぐら入りした。その他、前の街路樹ハナミズキに20羽以上のスズメがねぐら入りした。Photo: 撮影者:村山和夫 四十雀 タイトル:四十雀の好きな実は? 観察年月日:2014年10月20日 羽数:10羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:コゲラ、ヤマガラ、メジロとの混群でやって来た。この位に茶色に完熟したホオノキの実を野鳥達は好みます。ヤマガラも食べていました。Photo: 撮影者:村山和夫 アカゲラ タイトル:アカゲラ現る 観察年月日:2014年10月20日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:ホオノキの果実を目当てにやって来た。この付近には、よく出て来るようだ。同じキツツキの仲間アリスイの姿を数日前に見た人もいる。アリスイがホオノキの果実を食べるとは思えないが?Photo: 撮影者:村山和夫 コゲラ タイトル:コゲラ現る 観察年月日:2014年10月20日 羽数:3羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:好物のホオノキの果実を食べている。赤い果実より、熟して茶色になった実を好む。四十雀、山雀、目白との混群でやって来た。Photo: 撮影者:村山和夫 アオゲラ タイトル:アオゲラ現る 観察年月日:2014年10月19日 羽数:2羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:アオゲラ、アカゲラ、コゲラのキツツキ類が好きな木の実は朴(ほおのき)の実です。果実は袋果で沢山の袋が付いていて、各袋に0~2個の種子が入っている。これを狙ってキツツキ、ヒヨドリ、カラ類が集まる。Photo: 撮影者:村山和夫 キビタキ タイトル:キビタキ現る 観察年月日:2014年10月19日 羽数:2羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:木の高い所を飛び回っていた。寒くなってきたのに、まだ南へ渡らなくて良いのでしょうか。Photo: 撮影者:岡本 昭男 ジョウビタキ タイトル:ジョウビタキ初認 鳥名:ジュビタキ  撮影年月日:2014/10/18  羽数:1羽 ♂ 場所:八王子市堀の内1052 NPO法人「多摩草むらの会夢畑」近くの林 観察者: 岡本昭男、昭子 区分:今シーズン初認 メッシュ:武蔵府中1G コメント:畑の道を歩いていると「チッチッチッチッ」と遠慮がちの声がした。「ジョウビタキの声では!」と思って見ると木の枝にオスが止まっていた。こちらが見ていることが分かったのかすぐに葉陰に隠れたがまた姿を現しては周りの木に次々に移動していた。  (備考)すでにMLで鳥信として連絡済み。Photo: 撮影者:村山和夫 コサギ タイトル:コサギの餌の採り方 観察年月日:2016年10月16日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋下流200M 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:水量が増えて流れが速く、とても泳いでいる魚は捕らえられない。堰の上で、それでもコサギはじっと待っている。コサギが急に堰の上を走り魚を咥えた。流れの勢いで堰の上に跳ね上げられる魚を我慢強く待って食べてました。Photo: 撮影者:村山和夫 イカル タイトル:イカル現る 観察年月日:2014年10月16日 羽数:12羽 場所:片倉城跡公園/二の丸広場/つつじ山付近 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:頻繁に上空を飛ぶヒヨドリの渡りの大群を見ていたら目の前に現れました。木の実を擂り潰すように食べ、嘴の周りを汚しながら採食していました。この付近では、よく見かけます。Photo: 撮影者:村山和夫 キビタキ タイトル:キビタキ現る 観察年月日:2014年10月16日 羽数:2羽 場所:片倉城跡公園/二の丸広場/つつじ山付近 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:草の実を採食しに何度も現れて楽しませてくれました。今年生まれの若鳥です。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ムクドリ タイトル:八王子駅前のムクダリのねぐら入り 観察年月日:2014年10月14日 羽数:3000羽± 場所:JR八王子駅北口・パーク壱番街の街路樹 区分:塒 メッシュ:八王子7J コメント:パーク壱番街の街路樹(ナンキンハゼ)に形成されているムムドリの集団ねぐら入り羽数をカウントした。天気は晴、16時55分から観察開始。16:55約200羽上空飛翔、17:00約500羽上空飛翔、17:5約1000羽上空飛翔、17:10約2000羽上空飛翔、17:17ねぐら入り開始(約3000羽に増える)、17:20ねぐら入りほぼ終了。ねぐら入り直後はものすごい大きな鳴き声で、通行人を圧倒。追い払う行動をとっている店の人が1名いた。Photo: 撮影者:村山和夫 ダイサギ タイトル:ダイサギ現る 観察年月日:2014年10月14日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋下流200M左岸 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:台風一過、水量の増えた淺川で魚を狙う。しばらくして飛び立ち岸辺に降り、強い風を避けるように体を沈めて風上に頭を向け休んでいました。Photo: 撮影者:中村后子 ノビタキ タイトル:ノビタキ 観察年月日:2014年10月12日 羽数:1羽 区分:通過 メッシュ: コメント:10月月例長沼橋〜大和田橋で長沼橋付近の河原でセイダカアワダチソウに 止まったりして、見え隠れしていた。Photo: 撮影者:岡本 昭男 ノビタキ タイトル:旅の途中のノビタキ 観察年月日:2014年10月12日 羽数:3羽 場所:日野市豊田1丁目、浅川平山橋下流200~500m左岸 区分:通過 メッシュ:武蔵府中1J コメント:河原の草原で背高の草に止まっては下の草むらに降り、また草に止まってを繰り返していた。Photo: 撮影者:村山和夫 ツツドリ タイトル:今日も出ました 観察年月日:2014年10月9日 羽数:1羽 場所:片倉の集いの森公園 区分:託卵 メッシュ:八王子6G コメント:先月の下旬から連日のように観察されています。どこで知るのかカメラマンの数も増えて来ました。ヒラリヒラリと林内を飛ぶ様子は個性的で同じ位の大きさのキジバト等と間違える事はありません。Photo: 撮影者:村山和夫 ヒドリガモ タイトル:ヒドリガモ現る 観察年月日:2014年10月8日 羽数:1羽 場所:淺川/鶴巻橋下流右岸/河原の池 区分:初認 メッシュ:八王子5K コメント:カルガモ6羽、コガモ9羽の中に1羽混じっていた。今シーズン初めて見ました。カモ類の雌型の種類の判断は難しい。ヒドリガモは嘴の先端が黒いが、この個体は全体が黒く嘴の形も違うような気がして迷った。信頼できる所で確認しヒドリガモとした。Photo: 撮影者:村山和夫 エゾビタキ タイトル:エゾビタキ現る(定期カウント) 観察年月日:2014年10月8日 羽数:3羽 場所:小宮公園ひよどり山市民農園前ミズキ樹上 区分:通過 メッシュ:拝島7A コメント:本日の定期カウントで出て全員で観察しました。9月10日の定期カウント後に観察し、ほぼ一ヶ月経過しました。その期間で私は計10回、この場所を訪れ毎回エゾビタキを観察しています。恐らく同じ個体がいると思います。エゾビタキは南に渡る通過鳥で、数日間同じ場所に留まるのかなと考えていましたが、案外長逗留です。いつ渡るのでしょうか?Photo: 撮影者:村山和夫 モズ タイトル:縄張り宣言 観察年月日:2014年10月6日 羽数:1羽 場所:片倉の集いの森公園管理事務所前 区分:行動 メッシュ:八王子6G コメント:集いの森の駐車場に着いて、上を見上げるといつも同じ木で鳴いている可愛い奴です。ここは自分の縄張りですと宣言しています。Photo: 撮影者:村山和夫 ツツドリ タイトル:ツツドリ現る 観察年月日:2014年10月6日 羽数:1羽 場所:片倉の集いの森公園 区分:托卵 メッシュ:八王子6G コメント:台風が去った後は腹を減らした野鳥が必ず出るとの強い思い込みを持ち?集いの森へ出かけた。調整池から芝生広場方向に飛ぶツツドリを見つけて後を追った。薄暗い林内を移動しながら毛虫を食べていた。9/26日に投稿した個体とは翼先の赤いスポットが無い事で別個体と確認した。シーズン3回目の出会いです。Photo: 撮影者:村山和夫 ノビタキ タイトル:今年はノビタキが豊作? 観察年月日:2014年10月3日 羽数:5羽 場所:淺川/鶴巻橋下流 区分:通過 メッシュ:八王子5K コメント:朝6時半から2時間足らずの観察で5羽を確認しました。1羽は淺川橋上流左岸、4羽は鶴巻橋下流右岸で群れで出ました。ノビタキが群れで出てくるのは想定外でした。ノビタキは開けた草地が好きで、野草の最上部に止まり、直ぐには飛びません。観察しやすいですが、人間の接近には敏感に反応し飛び立ちます。河川工事が終わり野草が茂り餌が豊富で今年は多いのかなと思います。Photo: 撮影者:村山和夫 チョウゲンボウ タイトル:チョウゲンボウ現る 観察年月日:2014年10月2日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋上空 区分:猛禽 メッシュ:八王子6K コメント:下流側から飛んできて淺川橋上空で旋回を始め、どんどん上空に舞い上がり見えなくなりました。Photo: 撮影者:村山和夫 オオヨシキリ タイトル:オオヨシキリ現る 観察年月日:2014年10月2日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋上流へ200M・左岸 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:川に張り出た茂みの中で盛んに水浴びをしていました。姿が見難い。やっと姿を現したらオオヨシキリでした。もう南へ渡る時期でしょうか。Photo: 撮影者:浜田 早苗 アマサギ タイトル:アマサギ 観察年月日:2014年9月28日 羽数:1羽 場所:浅川新井橋下流200M 区分: メッシュ:武蔵府中4K コメント:ダイサギとコサギが集まっている中に小さなアマサギがいました 頭を低くして首を左右に振り石に止まったバッタ?を狙っていましたが失敗し残念そうに目で追っていましたPhoto: 撮影者:若狭 誠 サシバ タイトル:サシバが滞留? 観察年月日:2014年9月26日 羽数:3羽 場所:松竹公園西 区分:猛禽 メッシュ:八王子0K コメント:秋のサシバ調査で滞留していると思われるサシバが観察されました。9月20日から観察されています。26日は同時に3羽のサシバが観察されました。木の梢に止まったり上空を旋回していました。右の写真は9月24日に撮影したものでサシバ成鳥のようです。Photo: 撮影者:村山和夫 エゾビタキ タイトル:エゾビタキ現る 観察年月日:2014年9月26日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:通過 メッシュ:八王子7G コメント:昨年の観察時と同じ木の同じ枝に止まり、空中に飛び出す動作を繰り返す。昨年と同じ個体か、あるいは遺伝子が働いて異なる個体が同じ場所にでるのか不明。Photo: 撮影者:村山和夫 ツツドリ タイトル:ツツドリ現る 観察年月日:2014年9月26日 羽数:1羽 場所:片倉の集いの森公園 区分:托卵 メッシュ:八王子6G コメント:薄暗い林の中にいた。枯葉と区別が付かずカメラで覗いて確認した。昨日の風雨のせいで疲れているのか30分以上も殆ど動かず。唯一、好物の毛虫に反応して1Mほどの移動があった。図鑑を見てツツドリとしたが、鳴かないとホトトギスもカッコウもツツドリも区別が難しい。Photo: 撮影者:久保山嘉男 ミサゴ タイトル:ミサゴ 観察年月日:2014年9月23日 羽数:1羽 場所:浅川右岸・浅川橋下流 区分:猛禽 メッシュ:八王子6K コメント:上流から下流へ飛んで行った。最初トビ思ったが通り過ぎてからミサゴと気が付いた。この辺で見るのは珍しい。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 コジュケイ タイトル:そこで何をしているんですか? 観察年月日:2014年9月23日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山の下段でコジュケイが数羽のガビチョウと一緒に歩いていた。それをかなり離れた場所から見ていると、ガビチョウはどんどん歩いて行っていたが、コジュケイは笹薮に頭を突っ込んで日向ぼっこしているように見えたが、写真を見ると中で何かを食べていたのかも知れない。Photo: 撮影者:村山和夫 ツミ タイトル:ツミ現る 観察年月日:2014年9月22日 羽数:2羽(成鳥雄、雌) 場所:八王子市内 区分:猛禽 メッシュ:八王子4H コメント:この場所で2月からペアを確認しています。春の交尾、夏の若鳥を観察していますので繁殖していた可能性があります。今日は雄が羽繕いでリラックスしている場所を雌が乗っ取りました。この時期でもペアは形成されているのでしょうか?Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 コゲラ タイトル:うららかな秋の陽射しのなかで 観察年月日:2014年9月21日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:朝から気持ちよく晴れた今日はガビチョウが13羽も目の前に現れて、ヒヨドリも渡ってきたらしい4羽が舞っていましたが、ドラミングの音に目の前の木を見るとコゲラが1羽一生懸命にドラミングしていた。Photo: 撮影者:福本 健 ミサゴ タイトル:ランデブー 観察年月日:2014年9月21日 羽数:2羽 場所:多摩川立日橋付近 区分:猛禽 メッシュ:立川2B コメント:良く見8佐護を見かけるので、カメラをもって散歩していたら、ミサゴが2度川に飛び込んだか、餌を捕りそこなった。そこにもう一羽ミサゴがやってきて、仲良くランデブーしていた。Photo: 撮影者:村山和夫 チョウゲンボウ タイトル:チョウゲンボウ現る 観察年月日:2014年9月19日 羽数:2羽 場所:淺川/鶴巻橋下流300M上空 区分:猛禽 メッシュ:八王子5K コメント:トビを2羽でモビングしていた。トビが去った後、1羽が上空をホバリングしたり、市役所ビルの周辺を舞ったり、川原に急降下して何かを掴んだりと20分程の観察が出来た。Photo: 撮影者:村山和夫 オオタカ タイトル:オオタカ現る 観察年月日:2014年9月18日 羽数:1羽 場所:淺川/鶴巻橋下流50M上空 区分:猛禽 メッシュ:八王子5K コメント:ノビタキの撮影していたら、突然舞い上がって来た。段々に高度を上げて見えなくなった。まだ若い個体か。Photo: 撮影者:村山和夫 ノビタキ  タイトル:今日も出ました 観察年月日:2014年9月18日 羽数:1羽 場所:淺川/鶴巻橋下流50M右岸 区分:通過 メッシュ:八王子5K コメント:キクイモ、イヌタデが見事に咲いていて、ここにノビタキがいたら絵になると念じていたら本当に飛んで来た。昨日とは異なる個体です。一箇所に留まる時間が長く観察は容易だった。Photo: 撮影者:福本 健 コシアカツバメ タイトル:群れる 観察年月日:2014年9月17日 羽数:10羽 場所:自宅前 区分:行動 メッシュ:立川1B コメント:自宅2階で仕事をしていたら、自宅前の電線にいつもより多くツバメが集まってきて止まっていた。50羽以上いた中に、コシアカツバメが10羽以上いた。近くの家の屋根にもコシアカツバメが止まっていたので、もっといたが、カメラをいじっていて数えられなかった。Photo: 撮影者:村山和夫 カルガモ タイトル:カルガモの食事 観察年月日:2014年9月17日 羽数:2羽 場所:淺川/淺川橋下流100M右岸 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:カルガモが陸に上がって鈴なりのイヌタデの実を食べていた。今年はイヌタデが大豊作でカルガモにとって実りの秋になりそうだ、Photo: 撮影者:村山和夫 カワラヒワ タイトル:お花畑のカワラヒワ 観察年月日:2014年9月17日 羽数:50羽+α 場所:淺川/鶴巻橋下流50M右岸 区分:行動 メッシュ:八王子5K コメント:河川工事の終わった川原はキクイモ(帰化植物)やイヌタデが大繁殖し見事に開花している。このイヌタデの実を狙ってカワラヒワの群れが連日出現している。用心深く人の気配を感じると飛び立つ。Photo: 撮影者:村山和夫 カワセミ タイトル:カワセミの白い髭 観察年月日:2014年9月17日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋下流150M右岸 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:今年生まれの若い個体と思うが、5Mの距離で逃げもせず10分ほど、付き合ってくれた。ある瞬間に顎の下に白い髭(羽毛)が出るのを見た。何で出るのか不明だが初めて見た。Photo: 撮影者:村山和夫 ノビタキ タイトル:ノビタキ現る 観察年月日:2014年9月17日 羽数:1羽 場所:淺川/淺川橋下流200M右岸 区分:通過 メッシュ:八王子6K コメント:川原を飛び回っていた。今シーズン、初めて会いました。Photo: 撮影者:村山和夫 キジバト タイトル:キジバトとエゴノキ 観察年月日:2014年9月15日 羽数:1羽 場所:富士森公園 区分:行動 メッシュ:八王子6H コメント:キジバトがヤマガラと共にエゴノキの実を食べていた。有毒成分を含むエゴノキ実を食べるのはヤマガラとキジバトが双璧か。Photo: 撮影者:村山和夫 ヤマガラ タイトル:ヤマガラとエゴノキ 観察年月日:2014年9月15日 羽数:5羽 場所:富士森公園 区分:行動 メッシュ:八王子6H コメント:ヤマガラが興奮状態(に見えた)で盛んに飛び回っていた。エゴノキと15Mほど離れたツツジの根元を往復している。どうやら冬に備えてエゴノキの実を貯食しているようだ。果皮に有毒なサポニンを含むエゴノキの実を食べる野鳥は少ない。Photo: 撮影者:村山和夫 コムクドリ  タイトル:コムクドリ現る 観察年月日:2014年9月14日 羽数:1羽(雄) 場所:小宮公園ひよどり山/市民農園前ミズキ樹上 区分:希少 メッシュ:拝島7A コメント:ミズキは、一般的な樹木と思うが、ここのミズキの実は味が特に良いのか?10種を超える野鳥が見られる。常連のベストスリーはアオバト、エゾビタキ、メジロで今日はコムクドリがやって来た。Photo: 撮影者:浜野建男 キジ タイトル: 観察年月日:2014/9/15 羽数:5羽 場所:片倉城跡公園のそばの畑 区分:繁殖 メッシュ:八王子7G コメント:定期カウントのあと、片倉城跡公園からつづく畑を歩いているとキジの頭が見えた。母親1羽と今年生まれた子供4羽が畑の縁の草むらに沿って 歩いていた。子供の1羽はオスの特徴が出始めていた。Photo: 撮影者:浜野建男 ゴイサギ タイトル: 観察年月日:2014/9/13 羽数:7羽 場所:浅川 さいかち池 区分:繁殖 メッシュ:八王子9H コメント:ジュニアクラブでさいかち池のゴイサギを観察した。成鳥2羽と幼鳥5羽が見やすい位置にとまってじっくり観察できた。成鳥は半身浴のように、池のなかに半分体を沈めていた。Photo: 撮影者:村山和夫 メジロ タイトル:そんなの食べて大丈夫? 観察年月日:2014年9月12日 羽数:2羽 場所:小宮公園市民農園前林内 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:見るからに毒々しい洋種ヤマゴボウの実を食べている。人間なら食中毒を起こしそう。ハシブトガラスも食べていた。人間とは味覚がかなり違うと思う。(当たり前か)Photo: 撮影者:村山和夫 エゾビタキ タイトル:リラックス 観察年月日:2014年9月12日 羽数:2羽 場所:小宮公園ひよどり山市民農園前ミズキ樹上 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:頻繁に姿を現した。おなか一杯にミズキの実を食べて満足気に羽を伸ばしてリラックス。Photo: 撮影者:村山和夫 アオバト タイトル:リラックス 観察年月日:2014年9月12日 羽数:2羽(雄、雌各1羽) 場所:小宮公園ひよどり山市民農園前ミズキ樹上 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:雌が先に来てミズキの実を食べ飛び去る。2時間後に雄(目印は羽の一部がワインカラー)が来て、片翼を太陽に向けるように開き、数分間同じポーズをとる。日光浴か虫干しか?かなりリラックスしていた。Photo: 撮影者:福本 健 ハヤブサ(ミサゴ) タイトル:ミサゴの魚を狙うハヤブサ 観察年月日:2014年9月11日 羽数:1羽 場所:多摩川立日橋上流 区分:猛禽類 メッシュ:立川2B コメント:多摩川の土手を自転車で走っていたら、トビが何かわからないが鳥ともつれながら飛んでいたので、近づいて行ったら、もう一羽小型のタカがとびこんできて、3羽が一緒になってぐるぐる回った。小型のタカが高圧鉄塔に止まったので見たらハヤブサだった。もう1羽は魚を足に下げたミサゴであった。ピンボケの証拠写真が撮れた。Photo: 撮影者:若狭 誠 ムクドリ タイトル:ムクドリのねぐら入り 観察年月日:2014年9月10日 羽数:2000羽+ 場所:JR八王子北口パーク壱番街 区分:集団ねぐら メッシュ:八王子7J コメント:昨年に続き、今年もパーク壱番街街路樹の街路樹にムクドリがねぐら入りしました。17:06ドンキホーテ屋上看板にたくさんのムクドリ、さらに群れが集まる。17:30ムクドリが街路樹にどんどん入る。17:40ムクドリねぐら入り続く、周辺の電線などにまだ多くのムクドリ残る。Photo: 撮影者:村山和夫 キジ タイトル:キジ現る 観察年月日:2014年9月10日 羽数:5羽(今年生まれの若鳥雄2羽、雌3羽) 場所:小宮公園管理事務所近くのヒマワリ畑 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:切り倒されたヒマワリの実を求めて、キジ、キジバト、スズメ、四十雀が集合。キジが熱心にヒマワリの実を食べていた。5羽の群れは多いが、集いの森では7羽の群れ(成鳥雌1羽、若雄2羽、若雌4羽)がいる。Photo: 撮影者:村山和夫 アオバト タイトル:アオバト現る 観察年月日:2014年9月10日 羽数:5羽 場所:小宮公園ひよどり山・柵外の貸出し農園前ミズキ樹上 区分:希少 メッシュ:拝島7A コメント:定期カウントで4羽現れて参加者全員が確認した。終了後に戻ってみると5羽が飛び立った。この場所でアオバトを見るのは珍しい。ミズキの実は、沢山実っているので、まだ何日か見れるかなと思います。Photo: 撮影者:村山和夫 エゾビタキ タイトル:エゾビタキ今季初認です。 観察年月日:2014年9月10日 羽数:1羽 場所:小宮公園ひよどり山・柵外の貸出し農園前ミズキ樹上 区分:通過 メッシュ:拝島7A コメント:ミズキの実は野鳥達に大人気。アオバト、イカル、メジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、コゲラ等が次々にやって来た。Photo: 撮影者:広野 勝 マガモ タイトル:帰るのを忘れたマガモ 観察年月日:2014年9月10日 羽数:1羽 場所:横川町 大沢川と城山川の合流点の大沢川の少し上流 区分:行動 メッシュ:3k コメント:4年以上前からここに居続けています。春にも北に帰らず夏もカルガモの後ろで餌を漁っています。エクリプスから少し冬羽に衣替えを始めたがもう少し後できれいな青首になります。マガモなのか合鴨なのかこのカモに聞きたいPhoto: 撮影者:佐藤サヨ子 ヒバリ タイトル:独りぼっちですか? 観察年月日:2014年9月8日 羽数:1羽 場所:浅川高幡橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中2K コメント:川の水辺のコンクリートの道の上を歩いて、時々双眼鏡で覗いている私たちを見上げていた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ゴイサギ タイトル:再生したワンドに戻ってきたゴイサギ 観察年月日:2014年9月8日 羽数:1羽 場所:川口川と浅川合流地のワンド 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント: 川口川浅川合流地の復元ワンドを見に行って来ました。復元ワンドの水源付近がオオイヌタデで覆われていて、その中ににゴイサギ(若鳥)1羽がいました。写真のゴイサギは、私がまさかゴイサギが来ているとは思わずワンドに近づいたため、ゴイサギが少し移動したところを撮ったものです。 なお、復元ワンドの解説は会報カワセミ会2014年夏号(53号)に記載されています。Photo: 撮影者:広野 勝 ササゴイ? タイトル:餌を漁る水鳥 観察年月日:2014年9月5日 羽数:1羽 場所:八王子市横川町 大沢川と城山川の合流点の大沢川の少し上流 区分:行動 メッシュ:3k コメント:ゴイサギよりもササゴイと思います。ここでは初めて見ました。人見知りせずせっせと小魚を漁っていました。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ツバメ タイトル:シラカシにねぐら入りするツバメ 観察年月日:2014年9月5日 羽数:30羽+ 場所:八王子市恩方町(西東京バス恩方営業所付近) 区分:ねぐら メッシュ:拝島0A コメント:18時10分に上空にツバメが現れ、少し上空を旋回した後、18時20分までに1本のシラカシにねぐら入りした。羽数は30~50羽程度であった。シラカシは10メートル程度の高さで、2階建ビルが両側にある隙間に植わっていた。近くにスズメ、セキレイ(セグロ・ハク半々程度)の集団ねぐらもあった。中村后子氏の案内で観察した。Photo: 撮影者:粕谷和夫 チュウサギ タイトル:チュウサギの採餌 観察年月日:2014年9月5日 羽数:1羽 場所:高月水田 区分:行動 メッシュ:拝島6F コメント:高月水田でチュウサギが採餌した。Photo: 撮影者:粕谷和夫 チュウサギ タイトル:チュウサギとダイサギのツウショット 観察年月日:2014年9月5日 羽数:1羽 場所:高月水田 区分:行動 メッシュ:拝島6F コメント:稲の稔った高月水田にチュウサギとダイサギがやってきて、同じ場所にいた。チュウサギは高月水田の他の場所にさらに2羽いた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 アオサギ タイトル:高月水田にやってきたアオサギ 観察年月日:2013年9月5日 羽数:1羽 場所:高月水田 区分:行動 メッシュ:拝島6F コメント:稲が稔った田んぼにアオサギがやってきた。直ぐ近くにはダイサギ、チュウサギも来ていた。Photo: 撮影者:若狭 誠(定期C) ノビタキ タイトル:早いノビタキ 観察年月日:2014年9月4日 羽数:1羽 場所:浅川・萩原橋下流 区分:通過 メッシュ:八王子6K コメント:定期カウントで南に渡る途中と思われるノビタキ1羽を全員で観察しました。9月4日は早い通過です。Photo: 撮影者:福本 健 オオタカ タイトル:久し振り 観察年月日:2014年8月29日 羽数:1羽 場所:多摩川多摩大橋下流300ⅿの右岸近くの陸地 区分:猛禽 メッシュ:立川0C コメント:ツバメの集団ねぐら調査中、17時30分ごろタカのようなものが飛んだので見ていたら、もう1羽タカが飛んできて、飛びかかるように接近し、1羽が飛びさり、1羽が近くの木に止まった。止まったのはオオタカで、飛び去ったのはチョウゲンボウのようであったがはっきりしない。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 不明 タイトル:コルリの若のように見えますが 観察年月日:2014年8月24日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:相変わらずガビチョウ以外鳥の姿はありませんが、下段 に降りるとはるか前方に動くものをみつけて双眼鏡を覗くとムクドリのような感じでしたが、羽がブルーニ見得たので写真に撮ってみたらこの鳥でした
1286 撮影者:登坂久雄 コルリ いいものをご覧になりましたね!! コルリのオス若鳥だと思います。
1287 撮影者:佐藤サヨ子 コルリ タイトル:ご教示ありがとうございます 私はこの鳥を戸隠で1度見ただけでしたので半信半疑でした。私の家から歩いて5分の所にこんな鳥がいたなんてびっくりです。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 キジ タイトル:姉妹でしょうか 観察年月日:2014年8月17日 羽数:3羽 場所:浅川高幡橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中 コメント:この写真は何度か送信を試みたのですが、セキュリティーの不具合から画面が出なかったので三度試みてみました。Photo: 撮影者:玉木 雅治 コシアカツバメ タイトル:タイトル:コシアカツバメ 新たに営巣 観察年月日:2014年8月21日 羽数:2羽+ 場所:日野平山アパート6号棟西側階段上 区分:繁殖 メッシュ:武蔵府中1H コメント:コシアカツバメが平山地区に営巣しています。2巣ありますが落下物の状態から、1巣を使用しているようです。頻繁に出入りしていて、2羽以上いるのかは不明。20日前、山崎悠一久美子さんご夫妻にこの近くで飛翔中のコシアカツバメを教えていただいた後、見守っていました。「たしか去年はいなかった」というのが6号棟住民数人の声。コシアカツバメは高幡台団地にいるようですが、浅川を遡上して行動領域を広げているのでしょうか。Photo: 撮影者:岡本 昭男 ムナグロ タイトル:ムナグロはまだいました 観察年月日:2014年8月19日 羽数:7羽 場所:一番橋約600m下流の中洲 区分:通過鳥(渡り) メッシュ:武蔵府中1K コメント:佐藤サヨ子さんの8月17日付の鳥信の2日後に見てきました。 最初、毎年見られる左岸寄りの場所で見つからず右岸に移動しましたが、そこでも見当たりませんでした。 帰りかけたその時、上流にいたカラスが動くと同時に数羽の鳥が逃げるようにして飛び立って移動しました。近づいて良く見るとムナグロでした。Photo: 撮影者:福本 健 オオルリ タイトル:山頂での出会い 観察年月日:2014年8月18日 羽数:3~4羽 場所:陣馬山山頂 区分:行動 メッシュ:与瀬3J コメント:平日探鳥会で陣馬山に登った。頂上トイレの近くで鳥が鳴いているので探したら、みずきの実をオオルリが食べていた。鳥が動き回っており、はじめ鳥の種類はよくわからなかったが、最終的にはオオルリの雄雌の若鳥が3~4羽いたようだ。粕谷さんはアオバト2羽も確認された。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ツバメ タイトル:ツバメの集団採餌場 観察年月日:2014年8月15日 羽数:約60羽 場所:小仏関から小仏峠に向かう旧甲州街道の摺差 区分:行動 メッシュ:八王子0G コメント:8月11日に続いて摺差に集まるツバメの集団採餌地を調査した。今回の目的は3つ。第1はどこで採餌しているかを見極めること。第2はツバメは何時頃までこの場所に留まるのか、第3羽どちらの方向(ねぐら)へ飛んで行くかを観察することである。15時20分に現地(摺差)に着いて18時20分まで3時間調査した。主要採餌は小仏川のエスオーエスこども村西側でS字状にカーブした川の上面の開かれている所であった。小仏川がこの場所で小さな盆地状になっている所である。ツバメは開けた川面の上で上流方向、下流方向に飛びながら採餌していた。もちろん川から離れて上空でも採餌飛翔をしていた。採餌飛翔の合間に電線に止まり羽づくろいや休息をしていた。採餌飛翔と電線での休息を繰り返していたが、休息している時間の方が長いようであった。17時25分、電線に止まっていたツバメ約40羽が一斉に飛び立ち、西(上流方向)へ向けて飛んでいった。17時40分、電線に未だ残っている約20羽を確認した。18時15分電線に止まっているツバメのところにイソヒヨドリ(♀型)が突如現れ、ツバメは飛び去りどこかへ行ってしまったが、18時10分3羽のツバメが電線に戻ってきた。このツバメも18時20分にどこか手飛び去った。今回の成果は第1の採餌地は小仏川の川面上であることを確認、第2の何時までいるかは、第1陣の約40羽は17時25分、第2陣の約20羽は18時5~20分であったこと、第3のどの方向で飛ぶかは第1陣の約40羽は西に向かったこと、第2陣の約20羽はよくわからなかったこと であった。Photo: 撮影者:若狭 誠 ツバメ タイトル:多摩大橋下流にツバメのねぐら 観察年月日:2014/8/15 羽数:500羽 場所:多摩川・多摩大橋下流 区分:集団ねぐら メッシュ:立川0C コメント:多摩川ねぐら連絡会集団ねぐら定点調査で福本健さんと観察。前回7月24日は激しい雷雨のため群れを見失ったための再観察です。 多摩川は、樹木や竹が取り払われ広大な背の高い草の草原に変化した。 多摩大橋下流右岸、模型飛行機用広場上流側、背の高い草よりは低い草原に500羽~1000羽のツバメが降りたようです。 ただし、ツバメが下りた草の種類、ねぐらに降りたツバメの姿は確認できなかった。 17:40~ 右岸土手わきの大きな盛り土に大発生したウスバカゲロウにツバメ100羽が集まる。上空に50羽。 18:20~ 多摩大橋上空に200羽、ウスバカゲロウに200羽、コウモリ 18:30~ 草原低空のツバメ多数高速に飛ぶ。500羽くらいか。ツバメ徐々に減る。 18:50~ 飛翔するツバメは少数になった。草に止まったツバメは確認できない。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ツバメ タイトル:ツバメの集団採餌場? 観察年月日:2014年8月11日 羽数:約100羽 場所:小仏関から小仏峠に向かう旧甲州街道の摺差 区分:行動 メッシュ:八王子0G コメント:ツバメの集団採餌場と思われる場所で約100羽のツバメに出会った。場所は小仏・摺差の「とうふ屋さん」と「常林寺の近く。朝8時20分頃電線に約60羽位止まっていて、約40羽位は飛翔中であった。電線の下近くで洗濯物を干していた年配の女性に尋ねると最近は毎日、昼間にツバメが集団で来ているとのことであった。「糞を落とされるので困る」と言っていた。電線に止まっている約60羽のうち30羽の尾の長さを観察すると約15羽が尾の短い幼鳥であった。帰路13時頃、再びこの場所を通る時に確認すると、朝より「とうふ屋さんに近い方の電線」に約70羽が止まっていて、飛翔中のものは3羽であった。昼間、営巣と関係なく集団でツバメが来ているということは、ここが集団採餌地であるのかもしれない。「とうふ屋さん」の近くに集まって来ているのが不思議である。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ツバメ タイトル:高尾山の山頂付近で営巣するツバメ 観察年月日:2014年8月4日 羽数:4羽(親2+雛2) 場所:高尾山の山頂手前のトイレ 区分:繁殖5① メッシュ:与瀬9E コメント:1号路山頂手前のトイレにツバメが営巣し、巣中に巣立ち直前にヒナが2羽いて、親が餌運びをしていた。Photo: 撮影者:若狭 誠 オオタカ タイトル:オオタカ幼鳥 観察年月日:2014/8/5 羽数:1羽 場所:浅川・暁橋上流 区分:猛禽 メッシュ:八王子7K コメント:オオタカの幼鳥が川岸の石の上に止まっていた。しばらくして3羽のハシボソガラスが接近したためか中洲に移動し、浅瀬に入ったり飛び上がったりしていた。Photo: 撮影者:福本 健 バン タイトル:ひょうたん池に鳥が戻る2 観察年月日:2014年7月31日 羽数:1羽 場所:多摩川多摩大橋下流ひょうたん池 区分:行動 メッシュ:立川0C コメント:ひょうたん池にバンの幼鳥がいた。これからいろいろな鳥がやってくるのが期待できる。Photo: 撮影者:福本 健 ゴイサギ タイトル:ひょうたん池に鳥が戻る1 観察年月日:2014年7月31日 羽数:1羽 場所:多摩川多摩大橋下流ひょうたん池 区分:行動 メッシュ:立川0C コメント:河川工事が終わり、落ち着いたのでひょうたん池に行くと、ゴイサギの幼鳥がいた。人工の川ができ、下水処理水放流口からは行けなくなり、多摩大橋の下にできた橋を渡ると行ける。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 ツミの幼鳥でしょうか? タイトル:教えて下さい 観察年月日:2014年7月30日 羽数:2羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:私の前をコジュケイが歩いていたので後をついて行くと突然黒い影がその前を覆ったのでびっくりしているとその影は再び戻ってきて1羽は木の枝に止まったが、もう1羽は奥の木の上の方に止まった。奥の方に言った鳥は黒くて烏のように見えたが、2羽は中の良い兄弟のようでした。Photo: 撮影者:若狭 誠 イワツバメ タイトル:鉄の橋桁にイワツバメの巣 観察年月日:2014/7/8 羽数:4羽 場所:浅川・浅川橋下 区分:繁殖5① メッシュ:八王子6K コメント:浅川橋は鉄の橋桁のためかイワツバメの繁殖は未確認でしたが、2013年に鉄の橋桁と橋板の僅かな隙間にイワツバメが巣を作りました。2014年には育雛中の巣2個が確認できました。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 コゲラ タイトル:超(鳥)暑い! 観察年月日:2014年7月26日 羽数:7,8羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:今朝はウグイスとガビチョウばかりでなく、コゲラ・ヤマガラ・メジロの今年生まれと思われるカラ類の混群がみられました。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 コシアカツバメ タイトル:青空の中で 観察年月日:2014年7月25日 羽数:5羽 場所:高幡台団地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山からの帰り遠周りをして団地の中を歩いていると電線にツバメらしい姿を見つけ双眼鏡で確認するとコシアカツバメの幼鳥でした。すると何処からともなく4、5羽の成鳥が現れてその中の2羽が電線に止まりましたがすぐまた全員で何処かへ飛んでしまいました。Photo: 撮影者:粕谷和夫 イワツバメ タイトル:秋の渡りが始まったイワツバメ・アンテナで羽を休める 観察年月日:2014年7月24日 羽数:50羽以上 場所:小仏城山山頂 区分:通過 メッシュ:与瀬7F コメント:城山山頂の空はイワツバメが乱舞していた。もう南の国に向かう渡りが始まっているのであろう。次から次へとやってきて通過しているようであった。50羽以上はいた。そのイワツバメの一部が山頂に立つアンテナに止まり羽を休めていた。Photo: 撮影者:福本 健 カルガモ タイトル:がんばるカルガモ親子(第4報) 観察年月日:2014年7月22日 羽数:ヒナ6羽 場所:日野駅北ウエルパーク近くの日野用水 区分:繁殖 メッシュ:立川1B コメント:日野用水のカルガモのヒナは6羽が順調に育ち、母親に近いところまでになりました。狭い用水で、餌になるものはあまりなく、人が与えるパンなどを与えると、取り合いとなる。ヒナ達がこの狭い用水からどのようにして、巣立っていくかが興味のあるところです。母親は何時も近くで見守っている。一時期父親も一緒に世話をしていた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ヤマドリ タイトル:何者かに襲われたヤマドリ 観察年月日:2014年7月14日 羽数:1羽 場所:陣馬高原下バス停から和田峠への車道(登山道)の道脇 区分:事故 メッシュ:与瀬4J コメント:ヤマドリの羽が道の脇に散乱していた。何者かに襲われたものである。Photo: 撮影者:佐藤サヨ子 コジュケイ タイトル:山百合の咲く中に響いた声 観察年月日:2014年7月15日 羽数:2羽 場所:高幡台団地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山には3日前から山百合が咲き始めましたが、それまでは私以外山に入ってくる人はいませんでしたが、昨日は3人、今日は5,6人の男性と出会いました。しかし、山百合が一本づつ無くなっている中でけたたましいほどの大きな声で木の上から2羽のコジュケイが啼き叫んでいました。Photo: 撮影者:粕谷和夫 カルガモ タイトル:東京工科大調整池にカルガモ親子連れ 観察年月日:2014年7月11日 羽数:7羽(親1+子6) 場所:東京工科大学(片倉町) 区分:繁殖4② メッシュ:八王子7E コメント: 夕方、東京工科大学の調整池にカワウのねぐら調査に行ったが、カワウは1羽も現れなかった。昨年まではカワウの小規模なコロニーがあったが、カワウ除けの線が張られたためカワウが飛来しなくなったと思われる。池にはアオコが発生し、悪臭を発していたが、カルガモの親子(親1と子6)がいた。Photo: 撮影者:hamada sanae コチドリ タイトル:コチドリの家族 観察年月日:2014年7月8日と11日 羽数:4羽(親鳥2羽、雛2羽) 場所:浅川一番橋下流300M 区分: メッシュ:武蔵府中1K コメント:8日に見た時は孵化したばかりのようでほとんど親鳥のお腹にもぐって時々近くを歩くぐらいでしたが11日には雛2羽が親鳥から少し離れた所まで歩いたり水浴びしたりしていました 近くにカワラヒワ4~5羽が舞い降りると親鳥が猛然と追い払っていましたPhoto: 撮影者:浜野建男 シジュウカラ タイトル: 観察年月日:2014/7/6 羽数:4+ 場所:片倉城跡公園 区分:繁殖 メッシュ:八王子7G コメント:定期カウントで片倉城跡公園の本丸広場のサルスベリに架けたカワセミ会の巣箱からヒナの声が聞こえた。少し離れて様子を見ていると親鳥2羽が盛んにエサ運びをしていた。ヒナの数は不明だが、かなり大きくなっているようだった。Photo: 撮影者:hamada sanae カワセミ タイトル:カワセミの幼鳥 観察年月日:2014年7月3日 羽数:3羽 場所:高幡橋下流300M 区分: メッシュ:武蔵府中3K コメント:カワセミ幼鳥2羽 近くで川に飛び込む親鳥の方を見て鳴いていましたPhoto: 撮影者:若狭 誠(定期C) ハシブトガラス タイトル:ハシブトガラスの餌やり 観察年月日:2014/7/3 羽数:5羽 場所:浅川・浅川橋下流 区分:繁殖5⑤ メッシュ:八王子6K コメント:河原でカラスのにぎやかな声。4羽のハシブトガラスのヒナに1羽の親ガラスが餌を与えていた。大きく口を開けて餌をねだるヒナの口の中は赤い色です。Photo: 撮影者:@恩方 ツミ タイトル:ツミ巣立ち 観察年月日:2014.06.22 羽数:巣立ちヒナ(3羽) 場所:八王子市内 区分:猛禽 メッシュ:八王子9K コメント:大雨に続く暑さをも乗り越えて元気に3羽のヒナが巣立ちしました。蓑を着ていた親(♀)も大役を果たしスッキリとご苦労様。 今日は親が樹上に運んだ餌を地上に落としました。(食後のショット)Photo: 撮影者:福本 健 ホトトギス タイトル:ヒナでしょうか 観察年月日:2014年6月16日 羽数:2羽 場所:多摩川の谷地川との合流付近(栄町) 区分:托卵 メッシュ:立川1B コメント:ホトトギスが鳴いているので、見に出かけた。良く止まる木の近くで待っていると、鳴きながら飛んできた。写真を撮り始めると、上の枝から羽根を広げて鳥がぶら下がるように下りてきて枝に止まった。オスは一緒にいてしばらく鳴いていたが、飛んで行った。もう1羽は見えなくなったが飛んで行った気配はなかった。ホトトギスのヒナだろうか。ホトトギスはヒナの面倒は見ないと聞いていたが、どうでしょう。尾が長いのでホトトギスの幼鳥のようにも見える。Photo: 撮影者:佐藤 シジュウカラ タイトル:巣立ち近い 観察年月日:2014年6月14日 羽数:2羽 場所:我が家のベランダ 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:抱卵にはかなり時間がかかったようでしたが、1日頃ヒナが誕生した模様でそろそろ巣立ちだなと思っています。お父さん・お母さんが餌運びに忙しい毎日です。Photo: 撮影者:中村后子 ホトトギス タイトル:定期カウントでホトトギス 観察年月日:2014/6/11 羽数:1羽 場所:小宮公園 区分:托卵 メッシュ:八王子7A コメント:小宮公園定期カウント中に上空を飛ぶホトトギスを観察しました。鳥合わせ前に今度は管理事務所の間近でホトトギスが鳴き始めました。高い木のなか、葉に隠れて一部だけが見えるホトトギスをやっと見つけられ、みんなで観察することができました。Photo: 撮影者:@恩方 ツミ(♀) タイトル:蓑を着たツミ 観察年月日:2014.06.08 羽数:1羽 場所:八王子市内 区分:猛禽 メッシュ:八王子9K コメント:大雨警報が解除された午後、営巣情報のあったポイントに出かけてみました。巣の中で大雨からヒナを守るために覆いかぶさっていたのでしょう、雨の上がった時間に電柱の上で翼を乾かす姿が見られました。まるで蓑を着たような姿に営巣時の大変さがうかがえます。Photo: 撮影者:福本 健 カルガモ タイトル:がんばる母鳥(第3報) 観察年月日:2014年6月5日及び6日 羽数:9羽 場所:日野駅北ウエルパーク北の日野用水(マンション前) 区分:繁殖 メッシュ:立川1B コメント:日野用水のカルガモのヒナは8羽になったが、順調に育っている。寝場所は心ある人が用水の中に畳を浮かばせて作り、毎日夜はここで親子で寝ている。5日の暑い昼間、ヒナたちが道路下の暗渠で休んでいるとき、親は歩道の穴の空いた蓋の上からじっとヒナを見守っていた。6日の大雨の時は、車や人の通る道の上からヒナをじっと監視していた。母親はすごい。用水には餌が少ないため、時々人がパンくずなどをやっている。多くの人は、ヒナが減っていないか心配そうに数えながら通っていく。日野市役所は弱くなっていた柵の補強工事をした。Photo: 撮影者:若狭誠(定期C) コチドリ タイトル:コチドリの親子連れ 観察年月日:2014年6月5日 羽数:5羽 場所:浅川・浅川橋下流 区分:繁殖5⑤ メッシュ:八王子6K コメント:河原で、親2羽ヒナ3羽のコチドリの親子連れが歩いていた。別の場所に親2羽、ヒナ2羽の親子連れもいた。Photo: 撮影者:若狭誠(定期C) イカルチドリ タイトル:巣を守るイカルチドリ 観察年月日:2014年6月5日 羽数:2羽 場所:浅川・暁橋上流 区分:行動 メッシュ:八王子7K コメント:中洲からイカルチドリのの鳴き声、中洲を歩いていたキジ♂が巣に近づいたようでイカルチドリ2羽がキジを威嚇していた。まもなくキジは去り巣は守られたようでした。Photo: 撮影者:粕谷和夫 キビタキ タイトル:さずりと餌運び 観察年月日:2014年5月30日 羽数:1羽 場所:高尾山の西側山頂下の江川杉林 区分:繁殖4① メッシュ:与瀬9E コメント:奥高尾への入口の江川杉の所で昼飯を食べているとキビタキが盛んにさえずってくれた。写真を撮って拡大してみると餌を銜えていた。近くに巣があると思われる。Photo: 撮影者:福本 健 オオヨシキリ タイトル:賑やかに 観察年月日:2014年5月31日 羽数:3羽 場所:多摩川栄町近く(我が家の裏) 区分:行動 メッシュ:立川1B コメント:今年はオオヨシキリが元気だ。我が家の裏の土手から3羽ぐらい確認できる。 河原に下りるとあちこちで鳴いている。ひょうたん池の周りでは4~5羽くらい鳴いていた。Photo: 撮影者:福本 健 ホトトギス タイトル:昼も夜も鳴き続けるホトトギス 観察年月日:2014年5月31日 羽数:2羽 場所:多摩川栄町付近(我が家の裏近く) 区分:托卵 メッシュ:立川1B コメント:真夜中2時ごろ元気に鳴いていたので、朝カメラをもって確認に出かけた。ホトトギスが日野側と立川側を鳴きながら、何度も飛び、すぐ目の前の木に止まった。雄の後を追っかけて飛ぶ鳥を見かけたが、おそらく雌でしょう。Photo: 撮影者:粕谷和夫 イソヒヨドリ タイトル:八王子みなみ野でついに営巣場所発見 観察年月日:2014年5月28日 羽数:1羽 場所:JR横浜線八王子みなみ野駅付近、量販店NOJIMA駐車場 区分:繁殖4① メッシュ:八王子6F コメント:2011年に八王子みなみ野駅付近でイソヒヨドリを観察して以来、2012年、2013年に営巣場所を探していたが見つけることができなかった。2014年も探査したが見つけることができなかった。しかし、5月28日ついに巣のあると思われる所を特定できた。場所は駅西口の量販店NOJIMAの立体駐車場3階であった。同駐車場の屋上からイソヒヨドリのメスの声が聞こえてきたので、10:35~11:5の30分間観察した。この間にメス親が約10回採餌して餌運びをした。空中で餌さをフライキャッチすることが多かったが、2回だけ近くの地上に降りて採餌下。この間のオスは姿を見せなかった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 アオサギ タイトル:アオサギのコロニー 観察年月日:2014年5月28日 巣数:12巣以上 場所:陣場街道切り通しバス停(日枝神社) 区分:繁殖5① メッシュ:拝島21B コメント:日枝神社の小さな杉の森にアオサギが集団営巣。12巣以上はあり、親かまたは巣立ち直前の雛が巣中にいた。12巣は確認できたが、隠れて見えない部分もあり、12巣以上ありそうである。巣立ち直前と見られる雛が3羽いる巣もあった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 キセキレイ タイトル:キセキレイの営巣場所 観察年月日:2014年5月23日 羽数:4羽 場所:福寿園(南浅川町) 区分:繁殖5① メッシュ:八王子1D コメント:施設の一角に営巣して、親が餌運びをしていた。場所は建物の軒下の物置場の一角で、写真の上段の大きい方の段ボールの左側の隙間にむき出しで営巣していた。巣中に雛が4羽いた。Photo: 撮影者:福本 健 カルガモ親子 タイトル:がんばれヒナ達 観察年月日:2014年5月23日 羽数:11羽 場所:日野駅北ウエルパーク北の日野用水(マンション前) 区分:繁殖 メッシュ:立川1B コメント:ヒナのその後の様子を確認した。2羽減って10羽になっていた。 いったいどこで寝ているか確認したら、側壁の石と石のわずかな間にへばりついていた。1羽が上がると1羽が落ちる状態であった。もう少し大きくなったらどうするのだろう。親はコンクリートの上で寝ていた。Photo: 撮影者:@恩方 ヒヨドリ タイトル:サクランボ~♪実る頃♪♪ 観察年月日:2014.05.23 羽数:1羽 場所:八王子市下恩方町 区分:行動 メッシュ:拝島0A コメント:サクランボの木を独占するもやって来たヒヨドリを深追いし、 その隙に別のヒヨドリがご覧のように悠々と美味しくいただいてます。   ちなみに食してみましたが、独り占めと同じくそれ程は甘くない!Photo: 撮影者:福本 健 カルガモ親子 タイトル:がんばれヒナ達 観察年月日:2014年5月16日 羽数:13羽 場所:日野駅北のウエルパーク横の日野用水 区分:繁殖 メッシュ:立川1B コメント:狭くて流れの速い日野用水の中で、ヒナが12羽孵って、元気に泳いでいた。いったいどこでふ化し、どこで寝ているのか。昨年も少し南のコープの前の日野用水でヒナが4羽巣立った。Photo: 撮影者:sayoko sato ガビチョウ タイトル:今朝のガビ 観察年月日:2014年5月9日 羽数:数羽 場所:高幡台団地緑地  区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山ではまだ夏鳥に出会っていません。そんな中でウグイスと声を競い合っているガビチョウはやはり元気一番。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 クマタカ タイトル:クマタカ 観察年月日:2014/5/4 羽数:1羽 場所:ににく沢出合~醍醐降宿会館の中程 区分:希少 メッシュ:五日市5A コメント:5/4 MLに鳥信報告済みです。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 クロツグミ タイトル:クロツグミ 観察年月日:2014/5/4 羽数:♂1羽 場所:醍醐川ににく沢出合手前 区分:初認 メッシュ:五日市4B コメント:5/4 MLに鳥信報告済みです。Photo: 撮影者:浜野建男 センダイムシクイ タイトル: 観察年月日:2014/5/4 羽数:2羽 場所:つどいの森公園 区分:行動 メッシュ:八王子6G コメント:センダイムシクイの声が聞こえたので探していると、声とは別に枝に止まっている個体を見つけた。かなり長い間、同じ場所で左右を気にしながら、鳴きもせず、動かずにいた。Photo: 撮影者:浜野建男 カイツブリ タイトル: 観察年月日:2014/5/4 羽数:5羽(親2羽+ヒナ3羽) 場所:つどいの森公園 区分:繁殖 メッシュ:八王子6G コメント:つどいの森公園の池で今年もカイツブリが子育てしている。3羽のヒナはすでに巣立ち、親のあとをいっしょに泳いでいる。Photo: 撮影者:浜野建男 ヤマガラ タイトル: 観察年月日:2014/5/4 羽数:2羽 場所:片倉城跡からつどいの森への途中の道沿い 区分:繁殖 メッシュ:八王子6G コメント:車道に面したコンクリートの壁面にあいた水抜き穴に、2羽のヤマガラが盛んに出入りしていた。営巣しようとしていた可能性あり。Photo: 撮影者:浜野建男 ツバメ タイトル: 観察年月日:2014/5/4 羽数:6羽+ 場所:片倉城跡公園 区分:繁殖 メッシュ:八王子7G コメント:定期カウントで、最近できた人工湿地にツバメが繰り返し飛んできて、土を咥えて運んでいた。Photo: 撮影者:浜野建男 キビタキ タイトル: 観察年月日:2014/5/4 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:定期カウントで池前広場の木に現れた。何度か枝を移り、やがて飛び去った。一度も鳴かなかった。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 キアシシギ タイトル:キアシシギ 観察年月日:2014/5/3 羽数:4羽 場所:浅川・長沼橋上流100m 区分:通過 メッシュ:八王子9H コメント:定期カウント時に観察。ピュイーと鳴いて飛来し、中州の水際を移動。Photo: 撮影者:若狭誠ほか(定期C) キアシシギ タイトル:いつもより早いキアシシギ 観察年月日:2014年5月1日 羽数:7羽 場所:浅川・鶴巻橋下流ほか 区分:鴫チ メッシュ:八王子5K コメント:北に向かう旅鳥のキアシシギを鶴巻橋下流で7羽、暁橋上流で4羽、大和田橋上流で4羽のキアシシギを観察した。いつもの年より少し早い通過です。Photo: 撮影者:若狭誠ほか(定期C) オオヨシキリ タイトル:いつもより早いオオヨシキリ 観察年月日:若狭誠ほか(定期C) 羽数:1羽 場所:浅川・暁橋上流 区分:初認 メッシュ:八王子7K コメント:定期カウントの集合場所でオオヨシキリの声。定期カウント区間(鶴巻橋~大和田橋)の5カ所でオオヨシキリを確認した。Photo: 撮影者:浜田 早苗 鳥名:コチドリ タイトル:何の行動でしょうか? 観察年月日:2014年4月24日 羽数:2羽 場所:浅川一番橋下流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中2K コメント:コチドリ1羽が後ろ向きに尾羽を広げもう1羽がその下に隠れるようにすわり時々そこを離れて辺りを動き回り又戻って同じような動きを繰り返していましたPhoto: 撮影者:sayoko sato 鳥名:シジュウカラの巣 タイトル:何に襲われたのでしょう? 観察年月日:2014年4月29日 羽数:不明 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:落ちてしまったのか、落とされたのかは解りませんが、ヒナは誕生していたらしい羽がそれを示しています。しかし、ヒナの姿或いは卵は見当たりませんのでやはり何者かに襲われたと思われます。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:アカハラ タイトル:連休は裏山で過ごすのですか 観察年月日:2014年4月29日」 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:昭和の日の裏山はひっそりしていたが、時折ガビチョウとウグイlすが声を張り上げ、競っていた。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:カルガモ タイトル:裏山でデート? 観察年月日:2014年4月27日 羽数:2羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:あまりにモ天気が良かったからでしょうか。裏山でカルガモ2羽 にであいました。私を恐れるでもなく段々私の方へ近づいて来ましたが、向こうからイヌを連れた方が現われるとびっくりして飛んでしまいました。Photo: 撮影者:中橋 薫 鳥名:キビタキ タイトル:ちょっと興奮! 観察年月日:平成26年4月25日 羽数:1羽 場所:今熊山麓 区分:行動 メッシュ:五日市7F コメント:金剛の滝から東京電力変電所へのルートを歩いていると前方30m位の道から枝へ飛び上がった鳥がいた。双眼鏡で確認するとキビタキだった。Photo: 撮影者:浜田 早苗 鳥名:オオルリ♂ タイトル:黒川清流公園のオオルリ 観察年月日:2014年4月19日(土) 羽数:1羽 場所:黒川清流公園 区分:初認 メッシュ: コメント:湧水池奥の大ケヤキの中で枝から枝へ飛び移り時々小さい声で鳴いていましたPhoto: 撮影者:sayoko sato 鳥名:アカハラ タイトル:今年もやってきた 観察年月日:2014年4月11日 羽数:2羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:山桜の花びらが舞う中、下段に降りるとキジバトやガビチョウが一斉に飛んだ。しかしガビチョウと思った鳥はアカハラでした。顔が葉っぱのかげに隠れて見えませんが、お腹は見えるので我慢してくださいPhoto: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:キジ タイトル:野鳥が集まるスポットにキジ2羽他が集う 観察年月日:2014年4月8日 羽数:2羽 場所:浅川・一番橋下(上流側) 区分:行動 メッシュ:武蔵府中0H コメント:浅川の平山橋下(上流側)が野鳥が集うスポットになっていた。キジがオスメス一緒にいた。コチドリ1羽、ツグミ1羽が水浴をしていた。カワセミ1羽がホバーリングしていた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:コチドリ タイトル:浅川で水浴するコチドリ 観察年月日:2014年4月8日 羽数:1羽 場所:浅川・平山橋下(上流側) 区分:行動 メッシュ:武蔵府中0H コメント:河原の水が浅い所でコチドリが1羽、最初は採餌していたが、その後水浴を始めた。近くではツグミ1羽も水浴していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:アオシギ タイトル:川口川上流に現れたアオシギ 観察年月日:2014年1月31日 羽数:1羽 場所:八王子市上川町 区分:希少 メッシュ:拝島0E コメント:川口川上流の目立たない所でひっそりと採餌していたPhoto: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:イソヒヨドリ タイトル:高尾駅南口高尾パークハイツA棟に今年も現れたイソヒヨドリ 観察年月日:2014年4月7日 羽数:2羽 場所:高尾駅南口・高尾パークハイツA棟 区分:行動 メッシュ:八王子2G コメント:高尾パークハイツA棟の北側の非常階段に昨年営巣した場所と直ぐ近くの東側で同マンションの1~2階に付随するグルメシティダイエー1階の外側ダクトにメスが入り2~3分後に出てきた。その間オスは近くでさえずりをした(15時10分頃)。写真はその後、JRの線路側に写ったオスを撮ったものである。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:シロハラ タイトル:瞬膜を閉じて採餌するシロハラ 観察年月日:2014年4月5日 羽数:1羽 場所:小宮公園 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:雑木林で採餌するシロハラ、落ち葉に頭を突っ込む時は眼の瞬膜を閉じているようである。Photo: 撮影者:@恩方 鳥名:ヒレンジャク タイトル:水を飲む 観察年月日:2014.03.31 羽数:30羽 場所:北浅川 区分:行動 メッシュ:拝島3B コメント:通常、ヤブランを食べた後に水を飲む行動が見られます。今回は樹液を吸い取るような行動も見られました。Photo: 撮影者:@恩方 鳥名:ヒレンジャク タイトル:待ち鳥 観察年月日:2014.03.31 羽数:30羽 場所:北浅川 区分:希少 メッシュ:拝島3B コメント:3月中旬になり、ようやく各地にレンジャクの便り。この地にもようやくやって来てくれました。 (集団には29羽ガ写っています。)Photo: 1212 撮影者:福本 健 鳥名:オシドリ タイトル:仲良し夫婦 観察年月日:2014年4月1日 羽数:2羽 場所:多摩川日野用水堰 区分:希少 メッシュ:拝島8C コメント:オオバンが12羽いたので、観察していたら、オシドリ夫婦が目に飛び込んできた。距離があったので、良い写真は撮れなかった。Photo: 1211 撮影者:sayoko sato 鳥名:シロハラ タイトル:冷たい春風の中に 観察年月日:2014年4月1日 羽数:4羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山の桜も8分まで咲き、またスミレもさ着始めた中で風がとても冷たい朝でしたが、ガビチョウが数羽落ち葉をひっくり返していたので双眼鏡で確認するとその向こうに4羽のシロハラが同じように落ち葉をひっくり返していました。Photo: 撮影者:sayoko sato キジ タイトル:キジのデスプレー 観察年月日:2014年3月29日 羽数:3 場所:長沼橋上流 区分:行動 メッシュ:八王子9H コメント:長沼公園にカタクリの花を見に行く約束をしていたのでちょっと早めにサイカチ池を覗きに行きましたが、バン1羽とオオバン3羽、コガモ1羽だけでしたが向かいの浅川でキジが3羽もいてそのうちの1羽は大きな声で啼いてこのような羽を広げてくれました。Photo: 撮影者:若狭 誠 ツバメ タイトル:ツバメの巣、補修中 観察年月日:2014年3月24日 羽数:4羽 場所:浅川・鶴巻橋下流 区分:繁殖4③ メッシュ:八王子5K コメント:定期カウントで観察。鶴巻橋下流左岸土手に面した事務所入口にツバメの古巣が3個あるが、そのうち2個にツバメが2羽づつ戻り巣の補修をしていた。早い造巣です。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 コチドリ タイトル:コチドリ 観察年月日:2014.3.22 羽数:1羽 場所:浅川大和田橋下流左岸 区分:初認 メッシュ:八王子8J コメント:定期カウント時に観察。対岸の水辺を移動し採餌。遠くからでも黄色のアイリングが目立つ。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 ツバメ タイトル:ツバメ 観察年月日:2014.3.22 羽数:1羽 場所:浅川大和田橋下流右岸 区分:初認 メッシュ:八王子8J コメント:定期カウント時に観察。長旅の疲れを癒すかのように、じっと動かずに岸辺の枯枝にとまっていた。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 ベニマシコ タイトル:ベニマシコ 観察年月日:2014.3.22 羽数:♂、♀各1 場所:浅川長沼橋上流左岸さいかち池 区分:希少 メッシュ:八王子9H コメント:定期カウント時にさいかち池で観察。池の土手側の枯草中を2羽で移動。写真は♀。Photo: 撮影者:久保山嘉男 ツバメ タイトル:ツバメ 観察年月日:2014年3月19日 羽数:2羽 場所:浅川大橋 区分:初認 メッシュ: コメント:イワツバメニ混じって2羽ガ飛んでいた。Photo: 撮影者:若狭 誠 コチドリ タイトル:コチドリ初認 観察年月日:2014年3月19日 羽数:1羽 場所:浅川・大和田橋上流 区分:初認 メッシュ:八王子7K コメント:岸辺を細かい動きで行き来していた。Photo: 撮影者:若狭 誠 イワツバメ タイトル:大和田橋、浅川大橋にイワツバメ到着 観察年月日:2014年3月19日 羽数:18羽 場所:浅川・大和田橋 区分:初認 メッシュ:八王子7K コメント:大和田橋で3羽のイワツバメを初認。上流に歩く途中で逢った久保山さんから浅川大橋でイワツバメ15羽ほど確認したとの情報を得て、浅川大橋にて飛翔するイワツバメの群れと巣に出入りするイワツバメを確認した。Photo: 撮影者:粕谷和夫 カイツブリ タイトル:野鳥が集うスポットにカイツブリ 観察年月日:2014年3月17日 羽数:1羽 場所:南浅川・舟田川合流地付近 区分:行動 メッシュ:八王子4J コメント:南浅川の舟田川合流付近は野鳥が集うスポットになっている。2014年3月17日は11:35~12:10の間にカイツブリ1の他にカルガモ1、カワセミ1、ムクドリ7、ハクセキレイ1、セグロセキレイ1がいた。Photo: 撮影者:浜野建男 トラツグミ タイトル: 観察年月日:2014年3月15日 羽数:1羽 場所:片倉城跡公園 区分:希少 メッシュ:八王子7G コメント:片倉城跡公園の定期カウントで、隣接する畑との間にある木の枝にとまっているのを確認した。しばらくまわりの様子をうかがっていたが、やがて飛び去った。Photo: 撮影者:粕谷和夫 コガモ タイトル:南浅川で採餌するコガモ 観察年月日:2014年3月11日 羽数:3羽 場所:南浅川の船田川合流付近 区分:行動 メッシュ:八王子4J コメント:14:30~14:55、♂1、♀2が一緒にいて、川で採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 バン タイトル:野鳥が集うスポットにバン他7種 観察年月日:2014年3月11日 羽数:1羽 場所:南浅川の船田川合流付近 区分:行動 メッシュ:八王子4J コメント:南浅川の舟田川合流付近は野鳥が集うスポットになっている。14:30~14:55の間にバン1の他にカルガモ2、コガモ3、カワウ3、ハシブトガラス2、モズ1、ツグミ1、セグロセキレイ1が集まっていた。Photo: 撮影者:登坂久雄 ヒバリ タイトル:ヒバリ 観察年月日:2014/03/08 羽数:1 場所:浅川 平山中学校裏付近 区分: メッシュ:武蔵府中1H コメント:今シーズン初めてヒバリのさえずりを聞きました。写真は、空中で囀った後に地面に降りて来た個体です。Photo: 撮影者:登坂久雄 ハシボソガラス タイトル:ムクドリを襲う 観察年月日:2014/03/08 羽数:1 場所:平山橋下流 区分: メッシュ:武蔵府中0H コメント:ハイタカに襲われたムクドリをハシボソガラスが横取りしたようです。Photo: 撮影者:sayoko sato アオゲラ タイトル:何を食べているの? 観察年月日:2014年3月11日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:採餌に見えました メッシュコメント:ここではアオゲラもアカゲラもよく見かけるのですが、今期は両種ともあまり姿を見かけませんでした。木の二股の所に顔を突っ込んで何かを食べていたようでした。Photo: 撮影者:sayoko sato ルリビタキ タイトル:最近よくお会いしますね 観察年月日:2014年3月11日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:風は少し冷たいが太陽がまぶしいほどの光でこのルリビタキはあまり逃げもせず地面で何かを拾っては木の枝に飛びあがるを繰り返していた。Photo: 撮影者:sayoko sato ガビチョウ タイトル:今朝のガビ 観察年月日:2014年3月8日 羽数:9羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:大雪の時から姿を消していたガビチョウは2,3日まえからまたものように元気な姿を見せてくれるようになりました。あの雪の時はどこに避難していたのでしょうか?Photo: 撮影者:sayoko sato ルリビタキ タイトル: 観察年月日:2014年3月7日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:天気予報に反して昨日の寒さがウソのような穏やかな春らしい今日は小鳥たちにとっても嬉しいお天気だったようです。Photo: 撮影者:福本 健 ベニマシコ タイトル:食事に夢中 観察年月日:2014年3月6日 羽数:3羽 場所:多摩川右岸浅川との合流付近 区分:希少 メッシュ:武蔵府中4K コメント:自転車で右岸の端まで行ったところで、ベニマシコのオス2羽、メス1羽が夢中で餌を食べていた。Photo: 撮影者:若狭 誠 イソヒヨドリ タイトル:大和田橋にイソヒヨドリ 観察年月日:2014年3月4日 羽数:1羽 場所:浅川・大和田橋下 区分:希少 メッシュ:八王子8K コメント:大和田橋の橋脚にイソヒヨドリ1羽がとまっていて、上の橋桁に消えた。イソヒヨドリ♀の若鳥のようですが、ここで繁殖するのでしょうか。この場所は3月まで橋桁の補修工事が行われ、3月末頃イワツバメが戻りコロニーを形成します。Photo: 撮影者:若狭 誠 オオジュリン タイトル:雪の暁橋下 観察年月日:2014年2月21日 羽数:1羽 場所:浅川・暁橋下 区分:行動 メッシュ:八王子7K コメント:雪が積もっても橋の下は地面が露出しているためホオジロやカシラダカが多く見られます。オオジュリンもいました。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ハシボソガラス タイトル:田んぼで餌を採る時に瞬膜を閉じるハシボソガラス 観察年月日:2014年3月3日 羽数:1羽 場所:高月水田 区分:行動 メッシュ:拝島6F コメント:田んぼで採餌していたハシボソガラスが餌を採る時に瞬膜を閉じていた。Photo: 撮影者:山田満喜男 イカル タイトル:イカル 観察年月日:2014年3月2日 羽数:20羽以上 場所:狭間公園と町田街道の間の空き地 区分: メッシュ:3G コメント:枝に止まった1羽が見えた。その後、20羽以上が集団で行動していた。昨日は100羽規模の集団がいた。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 キジ タイトル:雪原を歩く 観察年月日:2014.2.22 羽数:♂1羽 場所:浅川大和田橋下流左岸 区分:行動 メッシュ:八王子8J コメント:白い雪の向こうにキジの赤い顔が見えた。その後悠然と雪の上を歩き去った。Photo: 撮影者:佐藤哲郎 ベニマシコ タイトル:雪上の採餌 観察年月日:2014.2.22 羽数:♂1羽 場所:浅川大和田橋下流右岸 区分:希少 メッシュ:八王子8J コメント:2月定期カウント時に観察。ベニマシコ♂が、雪上にわずかに出ている草の実を食んでいた。白い雪に赤い体が映える。Photo: 撮影者:粕谷和夫 コガモ タイトル:コガモの散乱羽根 観察年月日:2014年2月28日 羽数:1羽 場所:宇津貫緑地 区分:事故 メッシュ:八王子6E コメント:宇津貫緑地の調整池にコガモが1羽いた。池の縁にはもう1羽の犠牲コガモがいた。何者かにやられた羽根が散乱していた。食べ残しがあったので犯人はオオタカではないと思われる。オオタカであればもっと綺麗に羽だけを残す筈である。翼鏡の羽もあったので、犠牲者はコガモであると推定した。Photo: 撮影者:清水盛通 イカル タイトル:イカル三昧(三枚) 観察年月日:2014.02.24 羽数:100+ 場所:北浅川(小田野中央公園) 区分:行動 メッシュ:拝島1A コメント:先日の雪はまだ地面を覆ったままですが、エノキの周りには黒い土がのぞき始めイカルの集団が日に日に大きくなってきました。  安全確認の鳴き声とともにいっせいに地面に降り、プチプチと音を立てて食べ始めますが近くを通る散歩のたびに再び樹上に飛び上がります。Photo: 撮影者:清水盛通 クサシギ タイトル:クサシギ(飛翔) 観察年月日:2014.02.24 羽数:1羽 場所:北浅川 区分:希少 メッシュ:拝島1A コメント:普段は人の姿にカメラを構える間もなく飛び立つことが多く飛んでいる姿はなかなか撮らせてくれません。大雪の後は警戒心が少なく、今日は比較的近くに寄ることができました。Photo: 撮影者:山田満喜男 ルリビタキ タイトル:氷上のルリビタキ 観察年月日:2014年2月23日 羽数:1 場所:長池公園長池 区分: メッシュ:武蔵府中1C コメント:凍った池の表面を行ったり来たりしていましたPhoto: 撮影者:登坂久雄 トラツグミ タイトル:トラツグミ 観察年月日:2014/02/22 羽数:1 場所:八王子市別所1丁目 浄瑠璃緑地 区分: メッシュ:武蔵府中1D コメント:よほど空腹だったのか、目の前で落ち葉をかき分けては、しきりに餌を探していました。Photo: 撮影者:sayoko sato ルリビタキ タイトル:晴れた日は散歩に出かけよう! 観察年月日:2014年2月22日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地(水道局用地) 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:大雪の跡はルリビタキの♂に出会う回数が増えました。Photo: 撮影者:sayoko sato ダイサギ タイトル:雪はまだまだ解けそうないね 観察年月日:2014年2月21日 羽数:3羽 場所:浅川ふれあい橋付近 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:駅前まで買い物に行ったついでにふれあい橋を覗いてみました。思ったより鳥たちは元気で賑やかでした。Photo: 撮影者:清水盛通 トラツグミ タイトル:大雪の贈り物 観察年月日:2014.02.21 羽数:3羽 場所:北浅川(元木橋下流、天使病院上流、夕焼け橋下) 区分:希少 メッシュ:画像添付順に拝島1B、拝島2B、拝島1A コメント:膝までの残雪の中、遊歩道を歩いてみました。 ふだんあまり姿を現さないトラツグミに出会えました。  また、画像4は小田野中央公園から景信山に鳥をイメージする雪形が見えたので鳥信ではありませんが・・・・カシラダカ、ミヤマホオジロに見えませんかね?Photo: 撮影者:清水盛通 タヒバリ タイトル:雪山で遊ぶ 観察年月日:2014.02.21 羽数:1羽 場所:陵北大橋下流 区分:行動 メッシュ:拝島2B コメント:残雪の上で軽やかにステップを刻み、遊んでいるようでした。 (実際は雪に落ちた羽虫を食べていたようです。)Photo: 撮影者:清水盛通 クイナ タイトル:クイナ 観察年月日:2014.02.21 羽数:2羽 場所:天使病院上流 区分:希少 メッシュ:拝島2B コメント:残雪を踏みしめたどり着いた川岸から飛び立ち対岸に移動。 その後、対岸からは2羽が現れました。(添付画像は別個体)Photo: 撮影者:sayoko sato アオジ♂ タイトル:雪の中の小鳥たち2 観察年月日:2014年2月20 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:ジョウビタキと一緒にいたのはアオジでした。Photo: 撮影者:sayoko sato ジョウビタキ♀ タイトル:雪の中の小鳥たち 観察年月日:2014年2月20日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山は大分雪の厚さが減ってきたとは言え、日影は25センチ以上あって、歩きにくさは変わりません。そんな中で小鳥たちは雪の上を飛んだり雪を食べたりしていました。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ウグイス タイトル:餌を採ったウグイス 観察年月日:2014年2月18日 羽数:1羽 場所:高尾山1号路・登山口から布流の滝の間 区分:行動 メッシュ:八王子1F コメント:雪の1号路脇のアオキの中で地鳴きをしていたウグイスが姿を見せてくれた。採った餌を咥えていた。Photo: 撮影者:sayoko sato ルリビタキ♂ タイトル:カクレンボしないで 観察年月日:2014年2月18日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山は人が1人か2人入ったような足跡はありましたが、積雪は5,60センチあって歩きにくいためこの鳥を見つけた時もカメラを出すのに手間取っていいショットは撮れませんでした。もう少し歩きたかったのですが、これ以上は無理でした。Photo: 撮影者:清水盛通 キジバト タイトル:雪の中で喰む 観察年月日:2014.02.14 羽数:1羽 場所:八王子市下恩方町 区分:行動 メッシュ:拝島0A コメント:降りしきる雪の中、地面の露出した木の陰で餌を啄んでいました。鳥にとっては試練となる降雪です。Photo: 撮影者:粕谷和夫 シロハラ タイトル:リュウノヒゲの実を食べるシロハラ 観察年月日:2014年2月13日 羽数:1羽 場所:小宮公園 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:誰もいないこげらの道で、シロハラが眼の前で採餌していて、リュウノヒゲの実を銜えたところの写真が撮れた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ガビチョウ タイトル:集団で採餌するガビチョウ 観察年月日:2014年2月13日 羽数:10羽+ 場所:小宮公園 区分:外来鳥 メッシュ:拝島7A コメント:。残雪の多い小宮公園でガビチョウが目立った。10羽以上の集団が雪の無い所で落ち葉をひっくり返して採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 クイナ タイトル:野鳥が集まるスポットにクイナ 観察年月日:2014年2月12日 羽数:1羽 場所:湯殿川・住吉橋から約300m上流 区分:希少 メッシュ:八王子7G コメント:野鳥が集まるスポットにセグロセキレイがいて、カワセミもダイビングして魚を獲った。クイナが出てきた。コサギもいた。4日前の雪が未だ残っているので、雪から枯れ草の出ている所ではホオジロ、カシラダカ、アオジ、スズメが一緒にいた。シジュウカラも周りでちょろちょろ動き回っていた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 オナガガモ タイトル:野鳥が集まるスポットにオナガガモ 観察年月日:2014年2月12日 羽数:1羽 場所:湯殿川・稲荷橋下流側 区分:行動 メッシュ:八王子6G コメント:野鳥が集まるスポットでカルガモ4、コガモ3、オナガガモ♀1、カワウ2が一緒に観察できた。上流から別のカワセミ1もやってきた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ホオジロ タイトル:ホオジロの雪浴 観察年月日:2014年2月12日 羽数:1羽 場所:湯殿川・住吉橋から約300m上流 区分:行動 メッシュ:八王子7G コメント:河原の雪の上にいた1羽のホオジロガ雪上で雪浴を始めた。野鳥の水浴、砂浴、煙浴、蟻浴などは知られているが、雪浴は初めての観察だ。スズメの砂浴と同じような仕草であった。Photo: 撮影者:sayoko sato タシギ タイトル:びっくりした 観察年月日:2014年2月12日 羽数:2羽 場所:浅川高幡橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中2K コメント:突然飛んできた鳥が舞い降りた。タシギだった。そのきれいな色合いにみんな興奮した。ここで見たのは確か2度目だと思った。飛んできたのは2羽だったが一緒の所は撮れなかった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 コサギ タイトル:野鳥が集まるスポットにコサギ 観察年月日:2014年2月11日 羽数:1羽 場所:北浅川・陵北大橋下流の木橋付近 区分:行動 メッシュ:拝島2B コメント:野鳥が集まるスポットにコサギが来て採餌していた。陵北大橋下流の木の橋の付近は野鳥が集まるスポットになっていて、ダイサギ1、コサギ1、カルガモ2、セグロセキレイ2、ハクセキレイ1がいた。その周辺の岸辺にはキジバト、アオジ、カシラダカ、ホオジロがいて、賑やかであった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 クサシギ タイトル:野鳥が集まるスポットにクサシギ 観察年月日:2014年2月11日 羽数:1羽 場所:北浅川・東京天使病院裏の用水堰付近 区分:鴫チ メッシュ:拝島2B コメント:野鳥が集まるスポットにクサシギもいた。用水堰にはイカルチドリ3羽、クサシギ1羽、キセキレイ1羽、セグロセキレイ1がいた。堰上の水面にはカイツブリ、カワウ、カルガモがいた。堰上の右岸のワンド状の所にはアカハラとバンがいた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 カシラダカ タイトル:大雪の後のカシラダカの採餌 観察年月日:2014年2月11日 羽数:3羽 場所:浅川左岸・鶴巻橋上流側の堤防の側面 区分:行動 メッシュ:八王子5K コメント:3日前の大雪で地面が雪で覆われているため、所々枯草が露出している所に集まって来ている採餌。別の同じような場所ではホオジロ、アオジ、スズメが一緒に集まって採餌。いつもより人が近づいても逃げなかった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 カワセミ タイトル:野鳥が集うスポットにカワセミ 観察年月日:2014年2月11日 羽数:1羽 場所:浅川・鶴巻橋下の上流側 区分:行動 メッシュ:八王子5K コメント:野鳥の集うスポットにカワセミがいた。鶴巻橋から川を覗くと右岸のワンド状の所にコサギ1、アオサギ1、カワセミ1、カルガモ2、カワウ4が一緒にいて、このうちカワセミ、コサギ、アオサギが1枚の写真に収まってくれた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 キジ タイトル:野鳥が集まるスポットにキジの♂♀ 観察年月日:2014年2月11日 羽数:2羽 場所:浅川・萩原橋下 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:野鳥が集まるスポットにキジの♂♀がいた。写真の左側の地味な個体が♀です。キジがいた下の水面にはカワセミ1、コガモ5、カワウ5も来ていた。Photo: 撮影者:sayoko sato シロハラ タイトル:久しぶり 観察年月日:2014年2月11日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:中々姿を現さなかったので気になっていたが雪の中にやっと姿を見せてくれたPhoto: 撮影者:sayoko sato アオジ タイトル:ラブストーリー 観察年月日:2014年2月11日 羽数:6羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:シロハラを撮っていたらその向こうにアオジがいた。愛をささやいているようだったが、振られたみたい。Photo: 撮影者:岡本 昭男 ヒヨドリ タイトル:ヒヨドリのフライキャッチ 観察年月日:2013/12/18 羽数:10羽 場所:浅川左岸一番橋500m下流、日枝神社(日野市川辺堀之内) 区分:行動 メッシュ:武蔵府中2K コメント:大木の枝からまるである鳥のディスプレイのように「踊るように飛んではまた枝に舞い戻り、また飛び立つ」を繰り返していました。 ヒヨドリのいつもの飛び方とは違って、これほど自在に飛べるものかと思わせるくらい変化に富んだものでいつまでも見飽きませんでした。 良く見ると小さな虫の大群が舞っていてそれを捕食していたと見えました。 遅ればせながらその時の写真をアップします。 (虫が見えるように無理やりトリミング拡大しています。)Photo: 撮影者:中橋 薫 アリスイ タイトル:雪に埋もれて 観察年月日:平成26年2月10日 羽数:1 場所:松枝橋近くの北浅川左岸 区分:希少種 メッシュ:拝島4B コメント:川縁をトレースしていると雪の中で身動きができない?ような状態でいた。Photo: 撮影者:久保山嘉男 クロジ タイトル:クロジ 観察年月日:2014/2/10 羽数:1羽 場所:小宮公園 区分:希少種 メッシュ:八王子 コメント:雪の積もった木道を歩いていると、足元から木へ飛び上がった鳥がいたので、アオジかなと思って双眼鏡で見ると、クロジだった。小宮公園で見るのは珍しい。Photo: 撮影者:丸山二三夫 トラツグミ タイトル:トラさんみっけ! 観察年月日:2014/2/9 羽数:1羽 場所:陵北大橋下流、仮設橋付近 区分:稀少種 メッシュ:拝島1B コメント:仮設橋に差し掛かると、前方右岸から左岸へツグミが飛んだようにみえた。双眼鏡で確認するとトラツグミでした。Photo: 撮影者:浜田 早苗 イワツバメ タイトル:越冬イワツバメ 観察年月日:2014年1月7日 羽数:1羽 場所:多摩川日野橋付近 区分:行動 メッシュ:立川3B コメント:昨年12月と今年1月ヒメアマツバメと一緒に飛ぶイワツバメを見かけました 河原には小さなカのような虫がたくさん飛んでいて餌はあるようでした (少し遅い鳥信になりました)Photo: 撮影者:sayoko sato カワラヒワ タイトル:親子でしょうか 観察年月日:2014年2月7日 羽数:j7,8羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:最近この緑地にカワラヒワがよく団体でやってきます。木々に止まったり、地面を突いたりいつも行動は全員一緒にやっています。Photo: 撮影者:清水盛通 ミヤマホオジロ・ルリビタキ タイトル:ツーショット・ツーショット 観察年月日:2014.02.07 羽数:ミヤマホオジロ(♂1、♀1)ルリビタキ(♂1) 場所:八王子市上恩方町 区分:行動 メッシュ:与瀬7K コメント:雪の残る枯れ木に、ミヤマホオジロとルリビタキのツーショット。Photo: 撮影者:浜田 早苗 バン タイトル:白っぽいバン 観察年月日:2014年2月5日 羽数:2羽 場所:一番橋下流200m 区分:行動 メッシュ:武蔵府中1K コメント:本流脇の水路の土手で採餌していました 2羽のうち1羽は翼などに白い部分が多い若いバンのようでしたPhoto: 撮影者:粕谷和夫 ホオアカ タイトル:高月水田のホオアカ 観察年月日:2014年2月5日 羽数:1羽 場所:高月水田 区分:希少 メッシュ:拝島6F コメント:高月水田の2月の定期カウントで、出会った。ホオジロかと思ったが双眼鏡で確認すると違うので写真を撮ってみるとホオアカであった。この日、高月水田で観察したホオジロの仲間はホオジロ32、カシラダカ4、ホオアカ1であった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 コガモ タイトル:野鳥が集うスポットにアメリカコガモ 観察年月日:2014年2月5日 羽数:1羽 場所:高月浄水場の池 区分:希少 メッシュ:拝島6F コメント:野鳥が集うスポットにアメリカコガモもいた。2月2日の同所で古山さんが観察した個体と同一と思われる。他のカモたちと一緒に休んでるポーズで、両脇の白い縦線(模様)が一緒に見える。池には他にコガモ12、オコヨシガモ4、マガモ3、オナガガモ16、ミコアイサ♀型1、カイツブリ、カワウ1、アオサギ1がいた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 カシラダカ タイトル:田んぼで採餌するカシラダカ 観察年月日:2014年2月5日 羽数:4羽 場所:高月水田 区分:行動 メッシュ:拝島6F コメント:田んぼでホオジロ、タヒバリ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラスなどが集団で採餌していた。カシラダカも4羽が採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ツミ タイトル:野鳥の集うスポットにツミ 観察年月日:2014年2月3日 羽数:1羽 場所:浅川左岸・長沼橋上流の通称さいかち池 区分:猛禽 メッシュ:八王子9H コメント:さいかち池は野鳥の集うスポット。この日はコガモ91羽、バン2羽、オオバン4羽、カイツブリ1羽、カワセミ1羽、ウグイス1羽、オナガ27羽ジョウビタキ♂1羽がいて、ツミは葉影に隠れるように潜んでいた。ツミはその後でニセアカシアの林に移動したが、コガモには大きな混乱は生じなかった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ヒバリ タイトル:冬のヒバリの集団 観察年月日:2014年2月3日 羽数:12羽 場所:浅川の平山橋と一番橋の中間付近にある左岸の草地状広場 区分:行動 メッシュ:武蔵府中1J コメント:浅川で減少したヒバリであるが、この芝状の草地ではヒバリが健在である。12羽の集団が地上で採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ビンズイ タイトル:ビンズイが近くの木に止まってくれた 観察年月日:2014年2月3日 羽数:3羽 場所:浅川右岸・新井下流側 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:浅川右岸の堤防を新井橋の方に向かって歩いていると南の方から小鳥3羽が飛んで来て直ぐ近くの木にとまった。ビンズイであった。Photo: 撮影者:粕谷和夫 ムクドリ タイトル:冬でも青草の茂る浅川 観察年月日:2014年2月3日 羽数:1羽 場所:浅川・平山橋下の上流側 区分:行動 メッシュ:武蔵府中0H コメント:浅川の水温が高いためか、冬でも緑いろの草(エゾノギシシシなど)が勢いよく育っている。その草の株近くで1羽のムクダリが採餌していた。Photo: 撮影者:福本 健 コハクチョウ タイトル:多摩川日野上空を飛ぶコハクチョウ 観察年月日:2014年2月3日 羽数:8羽 場所:多摩川日野橋下流500m 区分:行動 メッシュ:立川3B コメント:コハクチョウが日野橋下流に来たとの情報で、朝7時40分ごろ現地に行ったところ、対岸近くにコハクチョウが集まっていた。しばらく食事をしていたが、8時15分ごろ一斉に首をまっすぐ伸ばし、声をあげて合図をしあったと思ったら、一斉に上流に向かって飛び立ち、日野橋の手前で旋回し、私の上空を別れを告げるように、下流の方向に飛んで行った。Photo: 撮影者:清水盛通 アカタテハ(蝶信) タイトル:節分蝶 観察年月日:2014.04.03 羽数:1匹 場所:上恩方町(夕焼け小焼けふれあいの里) 区分:初認 メッシュ:五日市7A コメント:気温が20度位に上がった節分の今日、アカタテハが元気に飛んでいました。Photo: 撮影者:古山隆 クイナ(羽根) タイトル:クイナ(羽根) 観察年月日:2014/02/02 羽数:1羽 場所:多摩川(滝山下)右岸 区分:行動 メッシュ:拝島6E コメント:川沿いの林内の踏み跡にクイナの羽根(風切羽、肩羽、腹部の羽毛等)が散乱していた。たぶんオオタカによる食痕と思われる。Photo: 撮影者:古山隆 コガモ タイトル:コガモ(亜種アメリカコガモ) 観察年月日:2014/02/02 羽数:雄1羽 場所:高月浄水場 池 区分:希少 メッシュ:拝島6E コメント:コガモの群れの中に亜種アメリカコガモ♂が1羽混じっていた。睡眠中で顔は見られず…。画像、上の個体が亜種アメリカコガモ。Photo: 撮影者:古山隆 トモエガモ タイトル:トモエガモ 観察年月日:2014/02/02 羽数:雌1羽 場所:高月浄水場 池 区分:希少 メッシュ:拝島6E コメント:他種の群れには入らず、1羽で行動していた。Photo: 撮影者:岡本 昭男 コハクチョウ タイトル:浅川の上空を舞うコハクチョウ 観察年月日:2014年2月1日 羽数:8羽 場所:浅川平山橋近くの上空 区分:希少 メッシュ:武蔵府中0H コメント:状況:遠く浅川下流から白い鳥の一団がやってくるのがチラッと目に入った。 「ダイサギ」だろうと思って背にして帰宅の道を歩いていたら上空で「クォー」と一声鳴いた。 「なんと今の声はハクチョウ」と思って大急ぎで見通しの良い浅川の土手に引き返してみると平山橋の上空で2度旋回して、浅川を離れて北西に飛び去った。なんとサービスの良いコハクチョウ! 平山橋の近くに住んでから30数年間になるが初めて目にした光景であった。 写真で嘴、首の長さを見てコハクチョウと同定した。 観察者: 岡本昭男 区分:希少Photo: 撮影者:sayoko sato ジョウビタキ♂ タイトル:我が家の庭で 観察年月日:2014年2月1日 羽数:1羽 場所:高幡台団地67号棟 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:買い物から帰ると入口の前にコジュケイのヒナがいた。私を見ると急いで前庭に入ったのでカメラを持ってきて見るとすでに姿はなくジョウビタキの♂がいた。さらに飛んだので裏庭を見るとジョウビタキはそこにいた。Photo: 撮影者:sayoko sato モズ♂ タイトル:ガールフレンドは中だよ 観察年月日:2014年1月31日 羽数:1羽 場所:日野3中裏門付近 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:今日も♀は昨日と同じところにいましたが、とんで行ってしまったのですが、帰り階段を降りると♂がいました。Photo: 1122 撮影者:久保山嘉男 鳥名:タシギ タイトル:タシギ 観察年月日:2014年1月30日 羽数:2羽 場所:浅川左岸・浅川橋上流200m 区分:行動 メッシュ:八王子 コメント:カルガモ、コガモと一緒に対岸の水際で採餌していた。Photo: 1121 撮影者:久保山嘉男 鳥名:クイナ タイトル:クイナ 観察年月日:2014年1月30日 羽数:1羽 場所:浅川左岸・川口川合流点から100mほど下流 区分:行動 メッシュ:八王子 コメント:右岸から観察。コンクリートブロックの上を歩いていた。Photo: 1120 撮影者:福本 健 鳥名:オカヨシガモ タイトル:一人ぼっち 観察年月日:2014年1月29日 羽数:1羽 場所:多摩川日野橋下(上流側) 区分:行動 メッシュ:立川3B コメント:コガモやオオバンの群れに交じって1羽だけ違うカモがいた。遠くてはっきりしなかったが、写真を撮って確認したら、オカヨシガモのようだ。Photo: 1119 撮影者:福本 健 鳥名:ベニマシコ タイトル: 観察年月日:2014年1月29日15時30分 羽数:3羽 場所:多摩川日野市グリーンセンタ横ワンド近く 区分:行動 メッシュ:武蔵府中4K コメント:ワンドから150mぐらい下流の河原にオス1羽、メス2羽を見かけた。すぐに飛んで行ってしまったが、出口さんも午前中に見かけたとのこと。Photo: 1118 撮影者:sayoko sato 鳥名:ルリビタキ タイトル:みんな仲良し2 観察年月日:2014年1月29日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:ルリビタキ蛾出てくる前にジョウビタキの♂と♀がいたのですが隠れてしまったのでまた出てくるのを待っていたらこのルリビタキが出てきました。翼のところがブルーになりかかっているところを見るとこれは♂だと思われます。Photo: 1117 撮影者:sayoko sato 鳥名:アオジ タイトル:みんな仲良し 観察年月日:2014年1月29日 羽数:5~6羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:アオジはジョウビタキやルリビタキなどと一緒に笹藪と地面を行ったり来たりしているようですねPhoto: 1116 撮影者:sayoko sato 鳥名:モズ♀ タイトル:最近よくお会いしますネ 観察年月日:2014年1月29日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:このモズは最近よく目にしますが、あまり人間を怖がらないよ     うに見えますがPhoto: 1115 撮影者:sayoko sato 鳥名:ヨシガモ タイトル:私もナポレオンハットのヨシガモを撮りました。 観察年月日:2014年1月25日 羽数:8羽 場所:高月浄水場の草地 区分:希少 メッシュ:拝島6E コメント:何枚か撮ったのですがナポレオンハットがみられましたPhoto: 1114 撮影者:村山和夫 鳥名:コゲラ タイトル:コゲラの食事 観察年月日:2014/1/27 羽数:1羽 場所:富士森公園/グランド側メタセコイアの木 区分:行動 メッシュ:八王子6H コメント:熱心にカマキリのタマゴ(卵鞘・らんしょう)を突いていた。冬の大事なタンパク源でしょうか。Photo: 1113 撮影者:村山和夫 鳥名:シロハラ タイトル:シロハラ現る 観察年月日:2014/1/27 羽数:1羽 場所:富士森公園/平和の像付近 区分:行動 メッシュ:八王子6H コメント:落葉を掻き分け採食していました。昨シーズンは、ある場所に定着した個体がいて観察が容易でしたが今シーズンは初めて出会いました。Photo: 1112 撮影者:粕谷和夫 鳥名:コサギ タイトル:南浅川の野鳥が集まるスポットにコサギ5羽 観察年月日:2014年1月27日 羽数:5羽 場所:南浅川の舟田川合流付近 区分:行動 メッシュ:八王子4J コメント:南浅川の舟田川合流付近は野鳥が集まるスポットで、コサギ5羽の他にカルガモ12、バン1、セグロセキレイ3、ハクセキレイ2、ムクドリ5がいた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:ヨシガモ タイトル:陸地で採餌するヨシガモ 観察年月日:2013年1月25日 羽数:8羽 場所:高月浄水場の池から上がった陸地 区分:希少 メッシュ:拝島6E コメント:高月浄水場の池にはオカヨシガモ15羽がいた。オナガガモ、マガモ、コガモの他ミコアイサのメス型も4羽いた。ヨシガモを探したら、8羽が陸に上がって採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:キセキレイ タイトル:氷の上のキセキレイ 観察年月日:2014年1月23日 羽数:1羽 場所:宇津貫緑地の調整池 区分:行動 メッシュ:八王子6E コメント:宇津貫緑地の調整池が凍っていて、氷の上でキセキレイが何やら採餌していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:アオサギ タイトル:山の中のアオサギ 観察年月日:2014年1月22日 羽数:1羽 場所:小下沢林道の旧キャンプ場付近の沢 区分:行動 メッシュ:与瀬8H コメント:平場に多いアオサギが山の渓流に来ていた。Photo: 撮影者:>sayoko sato 鳥名:スズメ タイトル:何見てんの? 観察年月日:2014年1月26日 羽数:約20羽 場所:高幡台団地の庭 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:隣の建物の庭でいつも遊んでいるスズメたち。つつじの灌木の中に潜ったり顔を出したりしています。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:アオジ タイトル:寒いね 観察年月日:2014年1月27日 羽数:7~8羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:裏山の奥の方に行ってみると福祉園の職員住宅の近くにアオジをみつけた。近ずくとブッシュの中からたくさん出てきたのにびっくり。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:トラツグミ タイトル:お帰りなさい 観察年月日:2014年1月27日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:希少 メッシュ:武蔵府中3H コメント:昨年は1月30日でしたからもうそろそろだと思っていたら今日やっとその姿をみせてくれました。昨年は写真を撮らせてもらうまでちょっと時間がかかりましたが、今年は逃げもせず撮らせてもらいました。Photo: 撮影者:清水盛通 鳥名:イカル タイトル:集団採餌 観察年月日:2014.01.25 羽数:20羽+ 場所:北浅川(小田野中央公園) 区分:行動 メッシュ:拝島1A コメント:地上の平穏を確認すると、群れは小さな声で鳴き交わしながら一斉に樹上より舞い下ります。しかし休日の公園に平穏は長続きせず、通行人や子供の嬌声で再び樹上に舞い上がるの繰り返し。  地上に落ちているエノキの実を「プチプチ」させながら食べています。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ホオアカ タイトル:ホオアカ現る 観察年月日:2014/1/25 羽数:4羽 場所:多摩川・府中四谷橋下流30M右岸 区分:希少 メッシュ:武蔵府中5J コメント:足音で逃げる際は、前へ前へと飛びます。逃げ場が無くなったら舞い上がり、元の場所付近に戻ります。観察しやすい野鳥です。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ベニマシコ タイトル:ベニマシコ現る 観察年月日:2014/1/25 羽数:1羽 場所:日野市・クリーンセンター前草叢 区分:希少 メッシュ:武蔵府中4K コメント:ホオジロと行動と共にしていました。一昨日見た時もホオジロと一緒でした。ふれあい橋中央部下で、雌の個体を見ています。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ノスリ タイトル:ノスリ現る 観察年月日:2015/1/25 羽数:1羽 場所:淺川・ふれあい橋上空 区分:猛禽 メッシュ:武蔵府中3K コメント:カラスの鳴き声で見上げるとモビングされていました。最初はカラス2羽だったのが4羽に増えました。ノスリは割りと落ち着いていて慌てる様子は無かった。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ビンズイ タイトル:ビンズイ現る 観察年月日:2014/1/25 羽数:3羽 場所:淺川・新井橋下流500M右岸 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:同じ仲間のタヒバリに似ていますが、背面の緑色が濃く、頬の白斑でビンズイと判断しました。人が近づくと上ではなく前へ前へと飛びます。Photo: 撮影者:清水盛通 鳥名:カルガモ タイトル:スプラッシュ! 観察年月日:2014.01.24 羽数:1羽 場所:北浅川 区分:行動 メッシュ:拝島1B コメント:「名のみの春」とは言え気温10度を超え少し汗ばむ午後に、こんなシーンに出会いました。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:ルリビタキ タイトル:♂ですか♀ですか? 観察年月日:2014年1月24日 羽数:1羽 場所:高幡台団地緑地 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:昨日見たルリビタキとよく似ていますが、場所は全く違ったところですので♂なのか♀なのかわかりません。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ベニマシコ タイトル:ベニマシコ現る 観察年月日:2014/1/23 羽数:3羽 場所:淺川・ふれあい橋下流50M右岸から橋中央部真下 区分:希少 メッシュ:武蔵府中3K コメント:ベニマシコを見ると緊張し興奮する。紅い羽毛が他の野鳥に無いオーラを醸し出している。ずつと見ていたい衝動に駆られる。3羽で広い草叢を自由に飛び回り採食していました。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:アカハラ タイトル:アカハラ現る 観察年月日:2014/1/23 羽数:1羽 場所:淺川・ふれあい橋上流300M右岸 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:枯草に止まり小休止です。腹部は白いのに何で赤腹なんでしょうか?今シーズン4回目の出会いです。昨年より出会いのピッチが早い。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:セッカ タイトル:セッカ現る 観察年月日:2014/1/21 羽数:3羽 場所:萩原橋下流200M右岸 区分:行動 メッシュ:八王子6K コメント:セッカは度々現れて見るのは簡単だが観察は難しい。直ぐに草叢に潜り込んで姿が見えなくなる。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ヤマガラ タイトル:ヤマガラ現る 観察年月日:2014/1/21 羽数:2羽 場所:小宮公園管理事務所上の樹上 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:行動的でヤンチャな感じのヤマガラがポーズを作りました。実は飛び立つ寸前です。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ベニマシコ タイトル:ベニマシコ現る 観察年月日:2014/1/15 羽数:2羽 場所:淺川・萩原橋下流200M右岸 区分:希少 メッシュ:八王子6K コメント:天気予報は雪の寒い日でした。人通りは無く、一定の距離を保てば充分に観察できました。好物のセイダカアワダチソウの種子を熱心に採食していました。周りは河川工事だらけで、ここは砂漠の中のオアシスになっています。Photo: Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:ルリビタキ タイトル:逃げないで! 観察年月日: 羽数:♂1羽 場所:高幡台団地緑地 メッシュ:武蔵府中 コメント:ちょっと遠すぎたので撮れるか分からずにシャッターを押したらこんな変な画像になってしまいましたPhoto: 撮影者:若狭 誠 鳥名:ハヤブサ タイトル:浅川・浅川橋のハヤブサ 観察年月日:2014/1/22 羽数:1羽 場所:浅川・浅川橋上流 区分:猛禽 メッシュ:八王子6K コメント:上空を旋回していた。オオタカと思ったが双眼鏡でハヤブサと確認した。この場所でハヤブサは珍しい。Photo: 撮影者:若狭 誠 鳥名:ハヤブサ タイトル:高月のハヤブサ 観察年月日:2014/1/18 羽数:1羽 場所:秋川橋付近 区分:猛禽 メッシュ:拝島5F コメント:東京都農林振興財団の野鳥観察会支援でハヤブサを観察しました。上空をしばらく旋回していました。お腹の縦斑から若鳥のようです。Photo: 撮影者:清水盛通 鳥名:モズ タイトル: 観察年月日: 羽数: 場所: 区分: メッシュ: コメント: タイトル:モズの昼食 観察年月日:2014.01.20 羽数:1羽 場所:北浅川(小田野中央公園) 区分:行動 メッシュ:拝島1A コメント:昼食時、小田野中央公園で出会いました。ちょうどエンジン付きブロワで落ち葉を吹き飛ばして餌が採りやすかったようです。モズが見つけた餌は大きなミミズ、緑色の昆虫(名前は?)のようです。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ルリビタキ タイトル:ルリビタキ現る 観察年月日:2014/1/19 羽数:1羽 場所:小宮公園 区分:行動 メッシュ:拝島7A コメント:カメラのピントが合わない程、近くに寄って来た。ルリビタキを撮っているカメラマンが餌付けをしているので人馴れしている。気分が悪い。今日も数名のカメラマン氏が張り付いていた。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:チョウゲンボウ タイトル:一斉調査の日 観察年月日:2014年1月12日 羽数:1羽 場所:高幡橋上流の右岸住宅の屋根 区分:猛禽 メッシュ:武蔵府中2K コメント:たくさんの鳥が見られたこの日、もっといいカメラを持ってきた方もいたのですが私も挑戦してみましたPhoto: 撮影者:岡本 昭男 鳥名:アメリカヒドリ タイトル:久しぶりのアメリカヒドリ 観察年月日:2014/1/14 羽数:1羽 場所:浅川左岸・平山橋至近の水門 区分:希少 メッシュ:武蔵府中0H コメント:ヒドリガモ14羽が水面で体に頭を埋めて睡眠をとっていた。やがて眼をさまし周りの草を食べ始めた。そのうちの一羽がアメリカヒドリと気付いた。このあたりではいつもコガモ、ヒドリガモ、カルガモしか見かけなかったので久しぶりの出会いに感激。 観察者:岡本 昭男・昭子Photo: 撮影者:若狭 誠 鳥名:ベニマシコ タイトル:ベニマシコが食べる実は? 観察年月日:2014/1/14 羽数:1羽 場所:浅川・大和田橋上流 区分:希少 メッシュ:八王子7K コメント:今シーズンはベニマシコが浅川のあちこちで見られますが、何を食べているのでしょうか。セイダカアワダチソウの実を食べているのは見ていますが、この写真のベニマシコ♂が食べている実は何の実でしょうか。カナムグラの実でしょうか。Photo: 撮影者:>若狭 誠 鳥名:アリスイ タイトル:アリスイがまだいました 観察年月日:2014/1/14 羽数:1羽 場所:浅川・暁橋上流 区分:希少 メッシュ:八王子7K コメント:1月6日、暁橋下流のヤナギの木で観察されたアリスイは2~3日後に姿を消しました。この木にくるモズに追われたものと思われます。今日、暁橋上流側で上流から低空で飛んできて低い木に止まりすぐに飛び去った鳥はアリスイでした。同一個体でしょうか。Photo: 1082 撮影者:登坂久雄 鳥名:カシラダカ 両方ともカシラダカだと思います。  左もカシラダカだと思う根拠: (1)頭の羽毛がやや逆立っていること (2)頭部の真後ろに白い羽毛がはっきりと見えていること (3)腰の部分の羽毛の色がえび茶色で周囲が白く縁取られていること ホオジロとカシラダカの後頭部が見える写真を張っておきます。Photo: 撮影者:浜田 早苗 鳥名:ハシビロガモ タイトル:見慣れないカモ 観察年月日:2014年1月7日 羽数:1羽 場所:日野橋下 区分:行動 メッシュ:立川3B コメント:コガモやオオバンがたくさんいる中に1羽群れから少し離れていました 足はオレンジ目は黄色尾羽と胸に白い羽が見え翼に緑の羽が少し見えます 2枚目のは同じ場所で12月29日に撮ったものです 会員の方にハシビロガモではないかと教えていただきましたPhoto: 撮影者:村山和夫 鳥名:アオゲラ タイトル:アオゲラ現る 観察年月日:2014/1/10 羽数:1羽 場所:長沼公園 区分:行動 メッシュ:八王子9G コメント:カワセミ会定例観察会時に出た。頭部の赤さが目立つ雄です。同じ場所で暫く木を叩いていた。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:カワラヒワ タイトル:集団体操にきたの? 観察年月日:2014年1月10日 羽数:16羽 場所:程久保運動場 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3H コメント:私の部屋の筋向いに程久保運動場はあります。早朝はキャッチボールを楽しむ人ランニングをする人、土曜日はサッカーを子供たちに教える人、日曜は少年野球をやっている人たちとみんなが楽しむ場所ですが今日は寒かったのでカワラヒワも体を温めてほぐしに来たのでしょうかPhoto: 撮影者:村山和夫 鳥名:コゲラ(雄) タイトル:コゲラの雄の印 観察年月日:2014/1/2 羽数:1羽 場所:淺川/一番橋下流200~300M 区分:行動 メッシュ:武蔵府中1K コメント:コゲラの雄は耳羽の上方に赤色羽がある。観察していても見難い部分です。たまたま撮れたので投稿します。見たときは怪我をして傷口が表れているのかと思いました。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:ジョウビタキ タイトル: 観察年月日:2014年1月7日 羽数:♂1羽 場所:ふれあい橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:カシラダカやツグミなどたくさんの鳥を見て帰る途中、ジョウビタキがいるのに気が付きましたPhoto: 撮影者:sayoko sato 鳥名:マガモ タイトル:鳥のお祭り見たい 観察年月日:2014年1月7日 羽数:7羽 場所:ふれあい橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:初めマガモたちはカワウやほかの鳥たちとともにダイサギと一緒に行動していたが、ダイサギたちが飛び去った後、2組は上流に向かって泳ぎだした。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:ダイサギ タイトル:新年会でしょうか 観察年月日:2014年1月7日 羽数:約40羽 場所:ふれあい橋上流 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3K コメント:初め数えたときは18羽だったのですがだんだんに増えてわたしが新井橋までいって戻ってきたら40羽以上になっていました。この中の7,8羽はオオダイサギでした。Photo: 1083 撮影者:sayoko sato 鳥名:カシラダカ タイトル: 観察年月日: 羽数: 場所: 区分: メッシュ: コメント:登坂さま ご教示ありがとうございます。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:ベニマシコ タイトル:やっと出会えた 観察年月日:2014年1月7日 羽数:2羽 場所:ふれあい橋上流 区分:希少 メッシュ:武蔵府中3K コメント:浅川の土手に上蛾ると赤い色が目立ったのですぐにベニマシコだときがついた。Photo: 撮影者:若狭 誠 鳥名:ベニマシコ タイトル:ホオジロに追われたベニマシコ 観察年月日:2014/1/7 羽数:1羽 場所:浅川大和田橋上流左岸 区分:希少 メッシュ:八王子7K コメント:ニセアカシアの若木にホオジロ♂とベニマシコ♂が一緒に止まっていた。しばらくしてベニマシコはホオジロに追われた。Photo: 撮影者:久保山嘉男 鳥名:アリスイ タイトル:アリスイ 観察年月日:2014年1月5日 羽数:1羽 場所:浅川・暁橋下流100m 区分:希少 メッシュ:八王子 コメント:足元の草薮から飛び出し、小さい木に止まった後、また元の草薮に戻って来てから大きい木に移動。2年前に若狭さんもが同じ場所で確認されています。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:メジロ タイトル:樹液を吸うメジロ 観察年月日:2014/1//5 羽数:2羽 場所:片倉の集いの森公園 区分:行動 メッシュ:八王子6G コメント:クヌギの樹液を吸いにやって来た。同様の行動はヒヨドリでも見られる。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:アオゲラ タイトル:アオゲラ現る 観察年月日:2014/1/5 羽数:2羽 場所:片倉の集いの森公園 区分:行動 メッシュ:八王子6G コメント:朽ちた枝の樹皮を剥がし、中に潜んでいる虫を食べていた。この林はアオゲラの巡回コースになっていて毎日現れる。木の葉が落ちて観察し易い。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:キンクロハジロ タイトル:キンクロハジロ現る 観察年月日:2014/1/5 羽数:1羽 場所:北淺川/元木橋上流50M 区分:行動 メッシュ:拝島1A コメント:この付近で何度か目撃されている同一個体と思われる。カルガモの群れに混じって行動していた。身体の大きさは倍くらい差があるが。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:マガモ タイトル: 観察年月日:2014年1月5日 羽数:♂1羽、♀1羽 場所:東中野公園の池 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3F コメント:マガモは♂と♀が仲良く水の中にいたが、やがて♂だけが陸に上がって♀はずっと水の中だった。Photo: 撮影者:sayoko sato 鳥名:オナガガモとコガモ タイトル:友達ですね 観察年月日:2014年1月5日 羽数:オナガガモ3羽、コガモ16羽 場所:大栗川東中野橋上流100m、下流100m 区分:行動 メッシュ:武蔵府中3F コメント:野猿街道を横切って大栗川にでるとコガモがたくさんいた。コガモを撮りたかったがカメラを向けると動いてしまうのでうまくゆかなかった。オナガガもは1羽をのぞいて眠っているのか殆ど動かなかった。Photo: 撮影者:登坂久雄 鳥名:アメリカヒドリ タイトル:アメリカヒドリ 観察年月日:2014/1/3 羽数:1 場所:浅川平山橋 区分: メッシュ:武蔵府中0H コメント:平山橋のすぐ下流側にヒドリガモの群れに1羽いました。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:雑種鴨 タイトル:雑種鴨現る 観察年月日:2013/1/3 羽数:1羽 場所:北淺川/元木橋上流100M 区分:行動 メッシュ:拝島1A コメント:カルガモ6羽、マガモ(雄)1羽との混合群でした。嘴はカルガモの黄色があり、後頭部はマガモの青色が残る。両種の交雑個体です。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:アカハラ タイトル:アカハラ現る 観察年月日:2013/1/3 羽数:1羽 場所:北淺川/陵北大橋下流部300M左岸 区分:行動 メッシュ:拝島2B コメント:足音で草叢から飛び出して近くの木に止まる。今日はツグミを多く見かけたので一瞬間違えた。直ぐに対岸に飛び去った。Photo: 撮影者:村山和夫 鳥名:ビンズイ タイトル:ビンズイ現る 観察年月日:2014/1/2 羽数:4羽 場所:淺川/一番橋下流部200~300M右岸 区分:行動 メッシュ:武蔵府中1K コメント:歩道の下の草叢で採食していた。Photo: 撮影者:粕谷和夫 鳥名:オカヨシガモ タイトル:高月浄水場の池のオカヨシガモ9羽 観察年月日:2014年1月2日 羽数:9羽 場所:高月浄水場の池 区分:行動 メッシュ:拝島6E コメント:池にいたカモの♂♀別にカウントした。コガモ♂9・♀6、オナガガモ♂15・♀12、オカヨシガモ♂5・♀4で、カルガモ、マガモ、ヨシガモはいなかった。アオサギ1羽、ダイサギ3羽、カワウ1羽、カイツブリ1羽もいた。Photo: 撮影者:登坂久雄 鳥名:トラツグミ タイトル:トラツグミ 観察年月日:2014/1/2 羽数:1 場所:長池公園 区分: メッシュ:武蔵府中1C コメント:昨年末から居付いているようです。午前10時ころ、池で水浴びをしていました。Photo: 撮影者:中村 后子 鳥名:キンクロハジロ タイトル: 観察年月日: 羽数: 場所: 区分: メッシュ: コメント: タイトル:キンクロハジ 観察年月日:2014/1/2 羽数: 1羽 場所:北浅川・元木橋上流  メッシュ:拝島1B コメント:カルガモ11羽 マガモ1羽と一緒にいた。Photo: 撮影者:中村 后子 鳥名:ベニマシコ タイトル:ベニマシコ 観察年月日:2014/1/2 場所 北浅川・松枝橋上流 羽数:2羽 区分:希少 メッシュ:3B コメント:左岸笹薮の中でピンク色の動くものが見えたので双眼鏡でいたら紅色の雄が2羽いた。家に帰って写真を見たら雌1羽が写真に写っていた。