460 Photos - Aug 27, 2012
Photo: いわき市役所前Photo: 四倉PAPhoto: Photo: Photo: 広野火力発電所の煙突が見えるPhoto: Photo: Photo: 広野町、「原発に一番近い」と言われるらしいラーメン屋Photo: Photo: Photo: Photo: Jヴィレッジの看板Photo: 8月10より前は警戒区域の立ち入り禁止検問ポイントだったところPhoto: ここから先はつい2週間ほど前まで立ち入り禁止だった地域Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 楢葉町の「あおぞらこども園」。震災1の年ほど前に出来た施設とのこと。Photo: Photo: 常磐線との交差。線路脇の斜面は草の育ち方が殊更目立つ様にも…Photo: 右側の斜面の上が常磐線の線路。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 本来水田である場所はどこも一面の草が茂っている。ごく一部の場所で放射線の移行度を調べる試験栽培が行われているとの事。Photo: Photo: 天神岬スポーツ公園(天神山城跡)の近く。恐らく地震のため壊れているのは参道入り口の鳥居か何かだろうか?Photo: Photo: 参道の終わり、写真左側方向に進むと北田天満宮と天神岬スポーツ公園。Photo: Photo: 天神岬スポーツ公園に到着。Photo: Photo: Photo: 楢葉町は通行は可能になったものの宿泊は不可、インフラも復旧していない状態。水は流れないのでこのトイレは使わない様に、との注意。Photo: 天神岬スポーツ公園のモニタリングポスト。この時の表示は0.77μSv/hほど。Photo: Photo: Photo: スポーツ公園の遊具。あたり一面に草が生い茂っている。Photo: Photo: Photo: Photo: 天神岬スポーツ公園の売店。Photo: 天神岬スポーツ公園は海沿いの高台。南側の平地を望む。ここも津波の被害にあっているPhoto: Photo: Photo: 天神岬スポーツ公園の高台から、南方向に見える広野火力発電所Photo: 楢葉町ではヤマユリがあちこちに咲いているPhoto: 津波で壊れた堤Photo: Photo: ところどころに瓦礫を集めた場所が見えるPhoto: Photo: Photo: Photo: Photo: ラジコンを走らせているらしき人Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 慰霊祭の準備Photo: 僧侶の方に依る読経Photo: Photo: ここは戦国の城跡であると同時に古代の遺跡も。Photo: Photo: Photo: Photo: 津波で亡くなられた楢葉町民の方々を追悼し植樹された桜。楢葉町長の名の付いた札が。Photo: Photo: Photo: 天神岬スポーツ公園の展望台から北側(福島第二原発の方向)を見る。Photo: Photo: 展望台から見下ろすスポーツ公園。一面の草。Photo: Photo: Photo: 展望台から南の広野火力発電所方向を見る。堤防が壊れているのが見える。Photo: どこからか数十匹のカラスの群れが。スポーツ公園に人がいるのを見つけて…だろうか?Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 天神山城跡の説明板。Photo: スポーツ公園のすぐ西側にある北田天満宮。Photo: 震災前の北田天満宮が紹介されているブログが。 http://green.ap.teacup.com/naraha/742.html  「茂みの深いところは急に線量の上がる場所があるのでむやみに入らない方が」との注意を受ける。Photo: 狛狗の手前に一対の牛の像(狛ウシ…?)が奉納されている。Photo: Photo: Photo: 寄付者の中に東電社長の名も。Photo: 震災の際に鳥居が落ちたまま。Photo: 石灯籠も左右とも倒れている。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 菅原道真を祀る天満宮なので、合格祈願の絵馬がたくさん。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 参道の終わりの側から入口方向を見る。Photo: Photo: 「天神岬スポーツ公園」入り口の石碑も倒れている。Photo: Photo: ヤマユリ群生地、との説明。Photo: えーとこれは…まだ開いてないヤマユリ…?(よく分からない)Photo: Photo: Photo: Photo: 「あおぞらこども園」のある場所の道の反対側。Photo: Photo: Photo: Photo: 既に多少は車の通りがある。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 楢葉町役場。仮設トイレが並んでいる。左の天守閣みたいな建物は町関係の偉い人の家との事、地震の際1階部分の屋根が崩れたままに。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 屋外の商品類が置かれたままのコメリ。Photo: 地震で破損したのか、瓦屋根を白い土のう(?)で手当てしている家が多い。雨漏り対策か、あるいは避難中に放射性物質が入るのを防ぐ密閉の意味…?Photo: Photo: Photo: セブンイレブンだったらしいコンビニ跡。看板をすべてはずしているのは店として撤退が決まっているからなのか、防犯対策の意味もあるのか。Photo: こちらは看板が残ったままのファミリーマート楢葉町上繁岡店。側面の窓が板で塞がれているのは盗難にあった跡との事。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 楢葉町北部から富岡町方面への道に新たに設けられた立ち入り禁止の検問所。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 楢葉町で最も津波被害の大きかった波倉地区に。十数人の方が亡くなったとのこと。Photo: 森の向こうに見える鉄塔は福島第二原発の設備。右側の稜線のへこみ部分に建屋の上部が少し見える。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 仮設電柱に貼られたNTT東日本の貼り紙。Photo: Photo: 漁船が流されて来ている。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 壊れた堤やガードレールなど、津波の勢いの恐ろしさを物語る。Photo: Photo: Photo: Photo: このあたりの海岸は絶壁状で白い岩肌の見えているところが多いが、この波倉地区あたりは岩壁が低くなっている地形だったらしい。Photo: Photo: 家の土台がところどこに残っている。Photo: Photo: 恐らく津波で捻じ曲げられ折れた電柱。今もそのままPhoto: Photo: 浴室だったのだろうか、家の土台にタイル張りが。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: このあたりで一軒だけ、家の形が辛うじて残っている。Photo: 瓦礫を積み上げた場所。津波・原発事故後すぐに避難指示の出た地域で、捜索活動は困難を極めたものと…Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 収集されないポストには白い覆いがかぶせられている。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 自身のより亀裂の出来た道が修復されず、片側が通行できないままに。Photo: Photo: Photo: Photo: 警戒区域となった後も牛の飼育を続けていた牧場。現在はここでの飼育を断念し、牛は「希望の牧場ふくしま」に間借りして預けられているとの事。Photo: Photo: Photo: Photo: 写真奥の方が竜田駅。Photo: Photo: Photo: JR竜田駅前。ここもポストには覆いがされている。映像等で見比べると1つ南側の木戸駅と作りがそっくり。2つ南側の広野駅までは運行が復旧している。Photo: 竜田駅前の案内板。Photo: 駅前の様子。Photo: 駅前の酒屋ののぼり。Photo: Photo: Photo: スパリゾートハワイアンズのクレヨンしんちゃんイベント(2011.3.19-)告知ポスター。金属の様なものに印刷されていて1年半経っても汚れや褪色はほとんどない。Photo: 竜田駅前のトイレと駐輪場。Photo: 駐輪場に残る自転車。Photo: 駅近くの家のドアに貼られていた「パトロールカード」。Photo: 駅前の商店、こじあけられた煙草の自販機。Photo: Photo: 竜田駅の切符売り場Photo: 草の生い茂る竜田駅ホームPhoto: Photo: 駅の待合室。昨年3月以来ストーブが置かれたままに。Photo: あつらえたみたいで目を疑ってしまったが、3月11日の新聞が…Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 既に捕まっている人物もいる指名手配犯のポスターもそのまま。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 楢葉町の道の駅。Jヴイレッジより少し北側。Photo: Photo: 岩沢海外に向かい、Jヴイレッジ敷地の間に通る公道を抜ける。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 岩沢海水浴場の海岸、サーフィンしている人が。Photo: Photo: 施設が津波被害を受けたままの岩沢海水浴場。Photo: Photo: 岩沢海岸から見える広野火力発電所。これも首都圏に電気を送るための東電の発電所。津波の被害を受け、昨年7月に復旧するまで4ヶ月近く停止していた。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 津波の傷跡の残る岩沢海水浴場の駐車場。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 地元の銘酒?Photo: Photo: Photo: 津波で柵が捻じ曲げられた海水浴場の監視台。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 広野火力発電所の南側、海岸近くにある除染土等の仮置き場。緑色で覆われているのはは処理をして埋め立てた部分とのこと。Photo: Photo: 地域の除染作業ではがされた土が土のうに入れられ、積み上げられている。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 土のうの製品仕様の書かれたタグ。Photo: 土のうには除染した場所を示すらしい書き込みのあるガムテープが貼られている。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: いわき市の四倉海岸。大きな津波被害のあったところ。Photo: Photo: 津波で流された船の集積場所が。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 「道の駅よつくら港」は津波で消失し、写真左側の仮施設で営業を再開、集まった義援金で新たな建物が再建された。Photo: 義援金で再建された「道の駅よつくら港」。Photo: 「がんばっぺ四倉」ののぼりが。Photo: 再建された「道の駅よつくら港」の建物、海岸側の柱には復興への想いの記された数多くのタイルが。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: 新たな道の駅のそばの海岸にはこんな子ども用の滑り台も。Photo: Photo: Photo: Photo: 帰路の友部SAPhoto: 東京駅近くに帰着、解散。お世話になりました。Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Photo: Video: Video: Video: Video: Video: Video: Video: