10 Photos - Oct 13, 2014
Photo: 【相模原市制50周年】
上溝夏祭りの時期とは異なり、晩秋のさわやかな日差しを浴びる大人神輿。この時期に神輿を蔵出しすることは本当に稀。Photo: 【相模原市制50周年】
今回の渡御は素戔鳴尊を祀る御祭禮ではなく、あくまでデモンストレーションの渡御であるため、「御霊入れ」は行わない。出発前に役員による安全祈願のお清めを行う。Photo: 【相模原市制50周年】
トラックに載せ、相模原市役所を目指す。大改修などを除いて五部会の神輿が上溝の街から出ることは、神輿建立200年の歴史の中でおそらく初めてのこととなる。Photo: 【相模原市制50周年】
相模原市役所に到着。神輿を組み上げる。バックの紅葉を始めている木々と神輿の組み合わせも新鮮に映る。Photo: 【相模原市制50周年】
小川相模原市長が視察に訪れ、激励を受ける。Photo: 【相模原市制50周年】
相模原市内から10数基の神輿が参加したが、上溝からは「石住」「豊原」も参加し、神輿隊列のトップを飾った。「上溝連合」を組み、3基同時の一本締めにて渡御を開始した。Photo: 【相模原市制50周年】
相模原市役所~相模原消防署~アイワールドの通りを往復する渡御コース。慣れない土地での渡御であるが、担ぎ手の皆さんの熱気は凄まじい。Photo: 【相模原市制50周年】
相模原市消防局付近の渡御。Photo: 【相模原市制50周年】
渡御終盤、花火の打ち上げが始まる。Photo: 【相模原市制50周年】
かつては上溝夏祭りにおいても花火が打ち上げられ、神輿との共演が見られたが(現在花火の打ち上げは取りやめられている)、その当時を思い起こさせる光景。