31 Photos - Aug 31, 2008
Photo: ジャコウアオイ(アオイ科) 花は麝香(じゃこう)の香りがほのかにします。Photo: コウリンタンポポ(キク科) 原生花園を歩いていると鮮やかな朱赤の花がひときわ目立つ。Photo: ノラニンジン(セリ科) 白い小さな花が集まって咲き、レースのよう。咲き終わると花が丸まりサナギが入っているような独特の形になります。Photo: メマツヨイグサ(アカバナ科)Photo: エゾヨモギギク(キク科) 黄色いボタンのような花を咲かせます。
「ヨモギ」に似た香りがあり、乾燥させて防虫剤などに使われますPhoto: アキノキリンソウ(キク科)Photo: キタノコギリソウ(キク科) 葉の縁のギザギザがまるでノコギリの歯のよう。Photo: チシマフウロ(フウロソウ科) エゾフウロは花の色がピンクだが、チシマフウロは紫である。Photo: エゾフウロ(フウロソウ科)Photo: ツリガネニンジン(キキョウ科)Photo: エゾカワラナデシコ(ナデシコ科)Photo: イワギキョウ(キキョウ科)Photo: エゾゴマナ(キク科)Photo: サワギキョウ(キキョウ科) 秋風が立つ頃,湿原を彩る多年草です。Photo: リシリアザミ(キク科) 利尻島の固有種です。Photo: エゾミソハギ(ミソハギ科)Photo: ムラサキツユクサ(ツユクサ科) ツユクサ同様、朝に花が咲き、午後には閉じてしまいます。Photo: ヨツバヒヨドリ(キク科)Photo: ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)Photo: ヒロハクサフジ(マメ科)Photo: コガネギク(キク科)Photo: シコタンハコベ(ナデシコ科) 白い花びらと雄しべの赤い葯が印象的です。Photo: サラシナショウマ(キンポウゲ科)Photo: リシリヒナゲシ(ケシ科) 透き通るような黄色の花弁が美しく、利尻島を代表する花です。Photo: ツバメオモト(ユリ科)の実Photo: ハリブキ(ウコギ科))の実Photo: ハマナス(バラ科)の実Photo: ナナカマド(バラ科)の実Photo: ミズキ(ミズキ科)の実Photo: ツリバナ(ニシキギ科)の実Photo: シマリス