Post has attachment
もしセキュリティについてさらにご質問がありましたら、こちらのページも参考にしてください。

ハッキングされたサイトに関するよくある質問(https://goo.gl/T7xbh3
ハッキングされたサイトに関する用語集(https://goo.gl/CvQVUj

#NoHacked
Photo

Post has attachment
#NoHacked 3.0 はこれで終了しますが、ご不明な点がありましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムにご投稿ください。またお会いしましょう!

https://productforums.google.com/forum/#!forum/webmaster-ja

#NoHacked
Photo

Post has attachment
ハッキング手法は常に進化しており、最新の傾向を把握してより効果的に対処するためには日々の研究が欠かせません。情報セキュリティ研究サイトでは、Google の最新の研究成果を公開しています。このうち、ウェブサイトへの不正アクセスに関する研究成果の一部をご紹介します。
・Cloak of Visibility: Detecting When Machines Browse a Different Web
・Investigating Commercial Pay-Per-Install and the Distribution of Unwanted Software
・Ad Injection at Scale: Assessing Deceptive Advertisement Modifications.

詳しい情報はぜひこちらからご覧ください。
https://goo.gl/Ds1SSM
https://goo.gl/r2BQrj
https://goo.gl/oACrVZ

#NoHacked
Photo

Post has attachment
一般的なハッキング事例その3:
一般に、日本語キーワードによるハッキングでは、ランダムに生成されたディレクトリ名で、ターゲット サイト上に日本語テキストを含む新しいページが作成されます。このページは、偽ブランド商品を販売しているストアへのアフィリエイト リンクを使って収益化され、Google 検索結果に表示されます。ハッカーのアカウントがサイト所有者として Search Console に登録されているケースもあります。

詳細はこちらをご覧ください→ https://goo.gl/fc1884

#NoHacked
Photo

Post has attachment
サイトをクリーンアップして問題を修正したら、Google の担当チームがサイトを審査できるように、再審査リクエストを送信してください。

詳細はこちらをご覧ください→ https://goo.gl/JEamA4

#NoHacked
Photo

Post has attachment
一般的なハッキング事例その2:
意味不明な内容によるハッキングでは、キーワードが埋め込まれた意味不明なページがターゲット サイト内に大量に自動生成されます。このハッキングの目的は、ハッキングしたページを Google 検索結果に表示し、訪れた人を無関係なページ(たとえばアダルトサイト)にリダイレクトすることです。修正方法など詳しくはこちらの記事をご覧ください。
https://goo.gl/ueCbC5

#NoHacked
Photo

Post has attachment
一般的なハッキング事例その1:
キーワードやリンクのクローキングによるハッキングでは、意味不明な文、リンク、画像を含む大量のページが自動的に生成されます。これらのページには元のサイトのテンプレート要素が使用されていることがあるため、一目見ただけではターゲット サイトと区別がつきにくく、コンテンツをよく読むまで気付かないこともあります。通常このタイプのハッキングでは、クローキング手法を用いて悪意のあるコンテンツを隠し、挿入したページを元のサイトの一部として表示するか、404 エラーページを返します。

詳細はこちらをご覧ください→ https://goo.gl/bK9XKv

#NoHacked
Photo

Post has attachment
ボットネットとは、第三者の管理下にあるマシンやデバイス、ウェブサイトの集まりで、多くの場合、悪意のある行為(ウェブスパムのキャンペーン、クリックボット、DDoS など)を働くのに利用されるものです。サイトがボットネットに乗っ取られていても、サイトには明確な変化が生じることがほとんどないため、見つけるのは困難です。しかし、サイトがボットネットに取り込まれると、サイトの評判、リソース、データが危険にさらされることになります。ボットネットの詳細や、ボットネットの検出方法、ボットネットがサイトに及ぼす影響について詳しくは、こちらの記事(英語)をご覧ください。
https://goo.gl/E6wwjP & https://goo.gl/7GFr32

#NoHacked
Photo

Post has attachment
有料のプラグインが無料で提供されているサイトを見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。通常は購入しなければならないプラグインを無料で提供しているサイトに遭遇した場合は、十分にご注意ください。多くのハッカーは、人気のプラグインをコピーしておとりに使い、「バックドア」(マルウェア)を設置して対象のサイトに侵入できるようにします。同様のケースについて詳しくは、Sucuri 社のブログ(英語)をご覧ください。

詳細はこちらをご覧ください。→ https://goo.gl/TD5zY1

#NoHacked
Photo

Post has attachment
攻撃からサイトを守るためには、サイトへの不正アクセスがどのように発生したかを把握することが重要です。ここでは、スパマーが主にどのような方法でサイトに不正アクセスするかを説明します。

詳細はこちらをご覧ください。→ https://goo.gl/4cV46J

#NoHacked
Photo
Wait while more posts are being loaded