Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
ビルケランドⅡ世‏
@Birkeland2nd
フォロー中 @Birkeland2ndさんをフォローしています
その他
皆さん、本年9月に起こったことを思い出してください。
たまたまCMEの影響地点がメキシコだったのであって日本列島側にその影響が出ていれば東海・東南海・南海の連動超巨大地震だったかもしれないのです。
手前味噌ですが、毎日更新している私のTwitterを観てるほうが確かなのです。
https://twitter.com/Birkeland2nd/status/925545952881938432

Post has attachment

amaちゃんだ‏
@tokaiama
フォロー中 @tokaiamaさんをフォローしています
その他
12時20分徳島から報告
極めて珍しい地震雲
強い地震前兆だと思う
https://twitter.com/tokaiama/status/925574028319797248

Post has attachment

Post has attachment

ニューカレドニアでM7 津波発生のおそれ 日本への影響は…
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22519.html

Post has attachment
国会議員は全員頭...>
11月15日から2週間、地球が暗闇になる。(NASA関係者が発表)
2017年11月01日10:23全体に公開 みんなの日記 19 view
NASA 2017年11月15日から2週間 地球は<暗闇>になる

※情報源
Youtube
https://www.youtube.com/watch?time_continue=164&v=2d9zP9xk62Y
Are You Ready for 15 days of darkness In November 2017? NASA Says Something?


 この情報は、2015年と2016年にも流れた噂なので信憑性にはやや疑問符がつく内容ですが、
情報の大本は「オバマ大統領」によってNASAの首席に任命されたチャールズ・ボールデン氏(Charles
Bolden)が、ホワイトハウスに説明するために作成した1000ページの文書が基になっています。
 日本神話「天照大神」のエピソードが残っていることを考えると、地球が「暗闇」になるという警告は無視することは出来ません。


<2016年度の情報>
2016年10月21日18:04緊急情報!!!!!! 11月に起こる太陽の異変ー暗闇の14日間が地球を襲う


NASAによると、11月に約14日間の暗闇を体験します!?



※情報源

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/10/earth-will-experience-15-days-of-darkness-in-november-3427942.html



以下は、概略。

(1)NASAの天文学者らは、11月15日から11月30日にかけて地球は昼も夜も真っ暗な状態になる可能性があると伝えています。11月に起きる約14日間の暗闇は、金星と木星の位置が関係します。オバマ大統領が任命したNASAのトップ(チャールズ・ボルデン氏)が、ホワイトハウスに11月の暗闇を予測する資料(計1000ページ)を提供しました。この資料によると、この期間中、金星と木星の距離がたった1度にまで接近した状態で並列になります。金星が木星の南西部を通過するときに金星の光が木星を通常の10倍の明るさにし木星のガスを熱します。すると木星のガスがある種の反応を起こします。このガスが反応すると前例のない量の水素が宇宙に放出されます。水素ガスは太陽の表面に到達し、太陽表面を爆発させます。すると太陽表面は一瞬にして9000度ケルビンまで温度が上昇します。すると、太陽は核から熱を放出しながら表面の爆発を止めさせようとします。しかし核からの熱により太陽表面は暗くなり、赤ではなく青い色に変えます。太陽表面が青くなると約14日間にわたり地球を暗くします。そして15日目に再び太陽は赤く輝くようになります。



(2)太陽が表面温度を下げようとしている間は地球に届く太陽光線はかなり弱くなります。太陽光線が地球に届くまでに7分から8分かかりますから、それまでは誰も太陽が暗くなったことは気が付かないでしょう。ボルデン氏はオバマ政権と会議を開き、11月に起きるであろう約14日間の暗闇について話し合います。ボルデン氏は、「太陽が暗くなることで地球にどのような影響を及ぼすかはわからないが、この時、地球の温度は6度から8度は上昇することが推測される。最も影響が受けやすいのは極冠である。ただ、暗闇が続いても、アラスカの住民が冬に体験していることと同じなのであまり心配する必要はない。ただ、感謝祭の後に実際に暗い金曜日を迎えることになるだろう。。。」と述べました。



(情報の概要)

 ボルデン氏作成の報告書によると、金星と木星は1度だけ離れていて、近くの平行線を描いている。金星は木星の南西に進み、金星は木星よりも10倍明るい輝きを放つ。金星からの光は、木星上のガスを加熱して反応を起こします。
 気体反応は、前例のない量の水素を空間に放出する…。水素ガスは約2:50頃に地球の太陽と接触します。太陽と接触する水素の量は、太陽の表面温度が瞬時に9,000度ケルビンに増加する大規模な爆発を引き起こす。
 T彼サンは、そのコアからの熱を放出して爆発を停止しようとし、(上図は示しています)熱によって太陽が青みがかった色になる。太陽が青みがかった色になると、通常の表面温度に戻すのに約14日間かかり、Red
Gian?tの色が戻ってきます。
 太陽が表面を冷やしている間、太陽からの光は、太陽が地球に当たる光のために、地球の回転に依存して7~8分30秒の時間がかかります。11月15日午前2時58分までイベントが発生したことは分かりません。

?
 ボルデン氏はObama Administrationとの会議を開き、Blackout(ブラックアウト)イベントの詳細について議論しました。ボルデン氏によると、「停電事件から大きな影響は期待していません。このイベントが地球に与える唯一の効果は、気温が6~8度上昇することです。極冠はこれによってほとんど影響を受けるでしょう。誰も心配する必要はありません。このイベントは、アラスカが冬に経験するものに似ています。ボルデン氏はさらに、「感謝祭の後に誰もが本当のブラック・フライデーを持つようになるという唯一の効果がある」と付け加えた。

(どのような影響があるのか)
 太陽がないことは光合成がないことを意味し、冷たい気温は何も成長するのを助けません(私はそれ以上のものはないと思います)植物、食べ物など)

?最後に、太陽が1週間休暇をとることに決めたら、私たちや他の惑星への重力効果は大きなものになります。重力がなければ、私たちの惑星はちょうど宇宙に浮かぶでしょう。



<補足情報>
「2016年11月に地球が15日間、完全な暗闇に包まれる」とNASAが声明を出した……という噂から辿り着いた過去の「地球が闇に放り込まれた」記録(In
Deep)
http://indeep.jp/fifteen-days-darkness-of-earth-and-1780-toal-darkness/


以下は、抜粋

同じような「突如として真っ暗になる」という例は、記録に残る過去 1,000年くらいの間には比較的多いようです。
そういう意味では、「また突如として暗くなる日が来ても、それほど不思議ではないのかもしれない」という気はします。
イイネ! コメント

ツイート
Wait while more posts are being loaded