Post is pinned.Post has attachment
(注1: 同じ方からの投稿は、基本的に、その方の初回スレのコメント欄に付け足していきますね。コミュの設定を開ければ(左上の3つの縦の点々)、新しい投稿やコメントがあった場合にお知らせを受け取るという選択ができます。
注2: お詫びとお願いです。(多次元化が進んでいるらしく、)時々、私のPCでは、皆さんからのコメントが一つ二つ消えていることがあります。あなたのコメントが読めていないこともあり得ますので、もし、”と~っても重要なこと”(^^)でしたら、私までメールして下さい。よろしくお願いします。)

2017-1-16  はじめに。

ここは、ニューアースのコミュニティです。ニューアースに生きることを選択した人々が集う場所です。ライトワーカーが相互に支え合いながら、集合意識に愛と光を広げていくためのコミュニティです。

http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/2464a3f5d90a74711c11147216d57b7a

”カウンセリング”ではなく、”上から目線”ではなく、お互いに相手と”同じ靴をはいて”、同じ立場で気づきを共有し、励まし合い、感謝し合い、波動を高めていきましょう。愛のネットでつながって、地球をそっくり包み込みましょう。宇宙から見ると、キラキラ光って、とても美しい! 

もちろん、”じっちゃん”創造主も、AAマイケルも、そして宇宙のファミリーも、サポートしてくれていますよ~。パチッ☆-(^ー'*)bオッケー♪

お互いへの感謝とリスペクトのもとに。愛が私たちをさらに豊かにしてくれますように。♡♡♡

****投稿がうまくできない方、IDを出したくない方へ****

悩みを打ち明けるにあたって自分を秘しておきたい方は、私(なるでこ)宛てにメールをいただければ、私の方で個人情報を省いた上で、代理でここに投稿いたします。その際、必ずここで使用する仮名を記載しておいて下さいね。
narudeko@gmail.com 

追伸1: ツインフレームの問題に関しては、以下の記事もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/921e6daa15703426ed0c6f93bf88852f

ここは、以下の姉妹サイトです。

ハートの贈りもの
http://blog.goo.ne.jp/narudekon
ハートの贈りものg+
https://plus.google.com/b/102962594866369239980/communities/104657748443768716251?cfem=1
ヒーリングルーム祝祭
http://blog.goo.ne.jp/narudekofeast
コンシャス・チョイス
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/72f94010b6d885d97a3cc90b3e2b6411
創造主講義録
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/358a0bb21fffc07fe2b8cc018af24255
PhotoPhotoPhoto
2017/01/22
3 Photos - View album

久々ですが、「愛を贈り合い隊」の皆さんの出動をお願いします。

贈る相手は、ロンドンで単身、日本食のシェフをやっているSusihqueenさんです。

大きなカード詐欺に遭い、今、苦境に陥っておられます。

彼女に愛と光を贈ってあげましょう。

セントラルサンから光を降ろして彼女を包み、事件がミラクルに解決して苦境を脱し、さらにビジネスがこれまで以上に上手く行くようになって彼女が満面の笑みを浮かべているところを、ビジュアライズしてあげて下さい。

私も、上のチームに声をかけます。

よろしくお願いします。

励ましの言葉は、下記のコメント欄へ!

載せるのが少し遅くなってしまいました。ごめんなさい。(_ _)

~~~~~~

2017-9-25

なるでこさん、こんにちは~
また、リスニングに代理投稿お願いします。

依存症に関して、少し書きます。最近送られて来た保健医協会の雑誌は、ギャンブル依存症についての特集でした。
わたしの患者さんにもいらっしゃるし、なかなか興味深かったです。
それにしても、ギャンブル依存症の有病率は、日本は先進国の中でも突出して高いようです(ここは、ユルめのコーナーなので、基本的には数値を出さないので、興味のある方は検索してください(-_-))。厚労相は調査もしたがらず、やっと調査したら余りの有病率の高さに数値を隠したり、低くなるような調査方法にしたりしていたとか(放射能の基準値を上げたのと同じ)。パチスロ、ゲーム業界の圧力で、マスコミでも殆ど取り上げないですし。そういう国なんですよね。


さて、いろいろな依存症がありますが、キーワードはとりあえず「習慣」と「快楽」ですかね?
まず、軽症の依存症に関する体験談より。

わたしも、実は軽症のアルコール依存症の時期がありました。肝機能障害は無く、酒飲みの家系です。「習慣」として飲んでいます。20年前当時は大学にいましたが、楽な病院の当直のときにはキオスクで缶ビールをつい買ってしまう、というレベルの病態でした(-_-)。
その後、軟便気味の日々が続き、風邪をひくと喘鳴が出るようになり、本格的な喘息を発症して行きました。しかし、医局の人たちは、わたしが酒飲みだと思っているので毎回誘うし、「小鳥くらいの量しか一度に食べられない」と言ったら一笑に付されました。両親は「ミーコがビール飲めるようになったわ!」と喜ぶので、少しは飲まないと、みたいな。。

その後、漸く大学を辞め、ホメオパシーにかかったり、学校に通ったりしておりました。ロンドンでホメオパシーのスクーリングがあり、参加することにしました。「ロンドンと言えば、パブだな。そこで美味しく飲むために、出発まであと10日は酒を止めておこう」ということに。そうしたら、いざロンドンに着いたら、ちっとも飲酒欲求が無くて、パブも一回しかはいらず(せっかくだから、一回は入る)。
「そうか~、ただの習慣だったのか!」と深く感じ入り、目が醒めたというか。この習慣は、別に自分には要らないものなんだ、と判ったので、大学も止めたし他に飲酒を促す付き合いも減り、親にも宣言し、依存症から脱しました。(一応)

似たような「習慣レベル」のケースで、元同僚のタバコを止めた話。
ハワイに行く予定を立てたが、飛行機の中も空港も吸えなくなったらしいので(アメリカが禁煙し始めた頃)、それに備えて少し前から止めていたら、喫煙欲求が無くなった。

ある患者さんの話。
うつ病で通院中の方。実は、仕事が終わってからオンラインゲームばかりやっていて睡眠時間が少なかった。ソニーの何かの不具合で3日くらいゲームが出来なくなったら、ゲームの習慣から離れられた。

という、軽症の3ケースです。この3つに共通しているのは、「罪悪感の不在」です。特に、上2つは「楽しみのためにたまたま中段した」だけです。しかし、、この設定を自分からは出来ないので、なかなか現場で応用出来ない、という難点があります(>_<)
まぁ、結論からすると、やっぱり、罪悪感で人の行動を動かすのは無理があると思います。自助会も、どれだけ機能しているのかしら(昔聴いた話ですが、薬物依存症の会DARCの会合の帰り道に、売人がはってるらしいです。でも、それなら警察はそれをはったらいいのかもー)
断酒会に参加した人の話を聞いても、「飲酒により、どれだけ迷惑をかけたかの体験を赤裸々に話す」のを毎回やるそうです。そこの会の主催者により異なるとは思いますが、それでは良くないのでは?身近な嬉しい体験を報告し合ったり、運動したり、神代文字でも書かせたらどうかと思うのですが(いや、アルコール外来はやってないです。タバコ臭いのも苦手だし(-_-))

アルコールに関しては、やはり肝臓がヤられますので、ホメオパシー的には肝臓は「意志」と関係するので、断酒が大変なのは確かだとは思います。(因みに、腎臓は「恐怖」、肺は「悲しみ」、大腸は「サバイバルの恐怖」らしいです)

長くなりましたので、続きは次回に。これから、例の患者さんの往診です。

依存症と「快楽」ですね。「つまんないと死にたくなる」って感じでしょうか?脳が非可逆的に変わってしまうって特集に書いてありましたが。ゲーマーのkaruosanのご意見等も伺いたいところです。
それでは、また~~

ミーコ

2017-9-21

なるでこさん、こんにちは。
また、リスニングに代理投稿お願いします。精神科医のミーコです。
Hiromi Satoさんの投稿にアンサー的に書きたくなりまして。なるでこさんもゆるモードなので、わたしもゆるめで行きたいと思います。

なるでこさんにも、「プロの視点で書いて」と以前言われたし、確かにプロと言えばプロなんですが。。

Hiromi Satoさんにも、「精神科医の方ならご存知と思いますが」とありますが、最近は活字を読むのが苦手で、ブログは辛うじて読めるので、リンクが貼ってあるのはありがたいです。大学の医局にいた時もアカデミックなこととは縁遠く、辞めてからは精神科に関する本はロクに読んでいないので(仕事が終わると、仕事のことを忘れてしまう)精神科医代表とはとても言えません。
クドクド前置きして申し訳ありません。ブログの精神科医の文章を読んで、つい感心してしまいまして(-_-)
経験値からしたらプロでいいですけど、町の精神科医ってことで、ゆるい気持ちで読んで下さいね。


先にプロ的でない懺悔です。
ADHDの診断には後ろ向きの方だったので、診断をつけ始めたのがすごく遅かったこと。そもそも自分がADHDもどきなので。そう、もう少しお片づけが上手だったら、自己評価が上がる気がするですけれども。先日も友人に「預言カフェでは、何て言われたの?」という問いに答えないまま、その子と別れてしまいました。

数年前ですが、ADHDを疑った会社の上司が部下を受診させたいということで、上司の友人が元同級生なので、わたしに紹介されてしまいました(もっと誠意があれば断わったと思います)。
若い女性の方で、ちょっと繊細な感じの方でした。今、診断してたら、ADHDが妥当でしたが。元々、薬物療法に懐疑的なため「個性の範囲で良いのでは」という流れの診察で。印象的だったのは、その方は幼い頃から右眼が弱視のため、左眼を使うことが多かったということ。そうか、お料理や音楽が好きだったり、脳の使い方からも右脳優位になって行ったわけなのね。その方の仕事は事務系なので、もっと本人に合う仕事を考えたほうが良いとアドバイスし、同級生には「正常範囲」と連絡しました。しかし、そこでADHDと診断出来ていたとして、それを理由に解雇し易くなるとすると患者さんの利益に反することにもなるので、まぁヘボが正解だったかも、と自分に甘いわたしでしたが。

その後、他医でADHDの薬物療法をされている患者さんご本人から「効く」という話を聴き、漸く「ストラテラ」という薬をたまには出すことになりました(覚醒剤と同種のコンサータは、依存性があるので出さない)。
処方後は、少しポワンとした印象が減って(ADHDの方は、いい感じにポワンとした人が多いみたい)キリッとするようです。ご本人の中では、頭の中が整理し易くはなるようです。小さなお子さんがいる方で、「子供の声が前よりうるさくなくなった」と言われました。必要な音を選別するフィルター機能が弱いところが補助されるのかもしれません。でも、嘔気等の消化器系の副作用もありますし、個人的には服薬しないで済むような環境に行けたらベストかな、とは思います。まぁ、縄文時代的な世の中になれば、何の問題もなく過ごせるとは思いますが。

それでは、また。
次は、依存性について何かメールさせていただくかもしれません。よろしく~。

ミーコ

代理投稿です。精神科医のミーコさんから。ありがとうございます。

深いですね。。気づくことで、”今”が変わる、過去が変わる、典型の話ですね。

読んでいて、、私もとても嬉しくなりました。m(_ _)m

~~~~~

2017-9-3

お久しぶりです。精神科医のミーコです。mi-sya tuinさんにも、わたしの名前を挙げていただいたりしましたので、何か投稿しようと思っていたのですが、なかなか出来ずにおりました。

以前にご相談させていただいた統合失調症の方も、相変わらずギャンブル三昧ですし(近く、新たな展開も期待されますが)、何かメールするときに、「お仕事大変ですね」とねぎらいの言葉を期待してそうな自分を感じてしまい、遠ざかっていたのでした。

ですが、今回Sato Hitomiさんの記事に対するアンサーソング的な体験がありまして、こちらに投稿することにしました。

体験というか、昨日の診察時間のことです。その患者さん(Hさん)は60歳前後の男性で、約10年前から、パニック障害で受診中です。受診の数年前までは、従業員が二千人位の会社のナンバー2で、いろいろ荒っぽいこともしていたけど、突然辞職したそうです(詳しい経緯は忘れた)。その後は、警備とか受付的な、本人に言わせると「楽な」仕事を探して来ては、少し経つと辞めるということを繰り返していました。大抵は、同僚の方が愚痴ばかり言っててイヤになったり、つまらない嫌がらせでウンザリしたり、という流れでした。

今回、Hさんは今年の4月から重度の障がい者施設に勤めていました。

実は、わたしも精神科医になって間も無くの頃に、他県の重度障がい者施設を訪れる機会がありました。正直なところ、かなり衝撃を受けました。ある方は、特定の職員が直ぐに相手をしないと、頭を壁にぶつけてしまう(気を惹く? 自罰?)ので、ヘッドギアが必要だったり、そういう方が、大勢集まっていて、免疫の無かった自分には異様な光景にしか見えませんでした。なので、そのときのことを思い出し「大丈夫なのかしら?」と、まず思ってしまいました(その後は、外来で障がい者の方を診る機会もあり、高潔な方に何人もお会いしているので認識の変化はありましたが)。

Hさんは、6月頃に受診したときも「楽しい」とおっしゃっていましたが、昨日は詳しく話してくれました。

この仕事をしてから、自分の中でいろいろな変化があった。利用者さん達は、皆さん裏が無くそのままだから、それが本当に自分にとっては気持ちがいい。そういう職場は、これまで無かった。恐い顔をしていた人が、自分が○○ちゃん、としつこく声をかけるとだんだん笑顔を見せてくれるようになったり、こちらが笑顔を向けると笑顔で返してくれるし。職員さんも良い人ばかりだし。この仕事をしていて、自分は本当に恵まれているなぁ、と感じることが多い。ここ2週間位前から最近まで、やたらと昔の同僚のことを思い出しては、イライラしていた。自分の中にはずっと「アンニャロー、許せねぇ!」的な考えがずっとあったことがわかった。でも、今ならやっと全部許せるようになったと思う。先日、ネットで見つけて前の恨みのあった社長に電話して、話をした。わだかまりも無くなってた。

「本当にね、今の仕事は楽しいんですよ」とお話しするHさんのお顔が大仏さまのように見えました。わたしもそういう話をしてくれたHさんに感謝しながら、自分も楽しい仕事をさせてもらってありがたい、とつくづく感じておりました。

~~~~~

Post has shared content
みんな、それぞれ、自分という仕事を精一杯やればいい。。。
今、苦しみの中でもがいている人も、その経験をすることが
仕事なのかもしれない。。。
渦中にいるときには、辛くて、苦しくて、悲しいかもしれない
けれど、そこに焦点を当てるよりも、小さな喜び、楽しみ、感謝、
周りの人とのコミュニケーションを重ねていくうちに、いつの
まにか、明るい光の世界に囲まれていたことに気づくことが
できるかもしれません。

ドラッグ中毒などで、家族や周囲に迷惑をかけていても
自分からやめようとすることができないという知り合いの
息子さんと弟さんがいるのですが、彼らに対してどうしたら
いいのか、家族もほとほと困っていて、限界に近いけれど
どうしよう、どうしよう、ばかりで時間だけが過ぎていきます。
病院または施設へ入るにも、本人達の意思がなければ強制が
できないのだそうです。。。

ドラッグ中毒など依存症の人も、それぞれ仕事をしていると
いうのなら、そのままにしていたらいいのだろうか、それとも
親や家族への学びとしての仕事をしているのだったら、彼らの
学びが終わったら、自然に治るのだろうか、などと頭の中を
いろいろな思いがぐるぐるします。
わたしが直接かかわっているわけではないのだけれど、話を
聞いていると、なんとかしてあげたいと思ってしまうのですが
お母さんのお話を聞いて差し上げるくらいしかできなくて、
何も助けてあげられない自分の無力さを感じます。
数日前<次郎は「次郎という仕事」をしている>という
ショートムービーをシェアしましたが、
そこから得たインスピレーションと次郎さんの周辺のことを
まとめてブログの記事を書きました。

「自分という仕事」
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/15824975.html

今日は、888の日ですね!
そして、この記事は、1188番めの投稿でした。

Post has attachment
facebookでお友達がシェアしていた動画です。

いいなー、こういう世界。。。素敵ですね。
まだまだ心がある人いっぱいいますね♪
希望が出てきました。

“ 障害者は生きる意味がない!? ”
NHKにも寄せられたヘイト意見への、ある親子の答え(動画 1分40秒)
https://www.facebook.com/NHK.heartnet/videos/1618509434867341/?hc_ref=ARQ1CSVRwyz7DtCgsXwYBBN3KinwDGzTIELXynEgBgHMJZ9iw9zwgAh-8OrmutJHQmo&pnref=story
NHK ハートネットTVさんが動画「ハートネット「次郎さん」通常完成版.mp4」を追加しました。

なるでこさんから、がんばればできる!ということを、みなさんに伝えたいとお話がありましたのでメールの内容を投稿いたします。

なるでこさんお忙しいところありがとうございました m(_ _)m

以前、精神科医ミーコさんの投稿欄に、ミーコさんとhiromi satoさんに、なるでこさんから代理投稿(HH)していただいた内容のその後になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

なるでこ様

こんばんわ。

長女への愛のミッションがじっちゃんのお墨付きで終了しましたことを、ご報告したくてメールしてしまいました。

おかげ様で海の底から長女を助けることができました。本当にありがとうございました m(_ _)m


5/24にセッションをなるでこさんが受けられるようにして下さり、それによってじっちゃんから長女の愛のミッションを「やりなさい」と見せて頂いてから、朝晩毎日続けてきましたがやっと8/6に終えることができました。

3歳頃、5歳頃、低学年、高学年、中学校、高校、と順に、海の底にいる体が透明になって上に上昇するまでコツコツとやり続けました。

体が透明になって行く毎に、長女に笑顔が増えていき、私に対する態度も柔らかくなって変わっていく様子がハッキリとわかりました。
眼に見えるものですから嬉しくてうれしくて、励みになってミッションに熱が入っていきました。

7/12に最後の体が大分明るくなって黒いシミが少なくなってきたので、じっちゃんにそろそろ終わりですかって聞いてみたくなって質問してみました。(8/8までやるようになると心では想っていた)

そのお言葉は「怠るでない」と厳しいものでした。

わたしの心が誠実さに欠けていたのか窘めて下さいました。
そのお言葉で更にミッションに熱が入りました。
そして長女の体の黒いシミは中々無くならないのでした。

8/5の朝のミッションで、じっちゃんが手から光を私に向けたのが見えました。
え!何だろうと・・
その晩の長女は光輝いていてベッドに寝た状態で上昇して行きました。

6日の朝の長女はイメージできた時から光輝いていました。
そしてなぜかわたしと一緒に横たわるのです。
えーー??
もしかしたら体が透明になるのかなって思いイメージしてみましたら、全身透明になって上昇して行きました。
体調が悪くてじっちゃんからお言葉を受け取ることができなかったので、夜にお聞きしましたところ、労いのお言葉と光に上がって行ったよとお話してくださいました。

7日の朝、本当だろうか、じっちゃんのお言葉をエゴで受け取ったのでは等と思ってしまいミッションを行ってみました。(じっちゃん疑ってごめんなさい)
しかし海の底にいませんでした。
本当に終わったんだと、やっと納得できましたけど少し寂しい気持ちも湧いてきたのでした。

次の瞑想どうしようって思っていたところに、8/8のミッションの音声ガイドアップのブログの記事が!
個人のヒーリングにもお勧めですとありましたので毎日やってみます。

早速わくわくドキドキしながら午後2:22分にやってみました。
なるでこさん素晴らしいです。そしてますます波動が高いです。
わたしは今この時になるでこさんと一緒に地球にいること、ミッションを行える幸運に感謝致します。
心からありがとうございます m(_ _)m

ミッションの中で自分はツインフレームと一緒に宇宙空間に浮かんでいてニューアースを見下ろしていました。

イシスの魂/女性性解放のミッションは4回行おうと決めています。
寝落ちしないように頑張ります。

長々と失礼いたしました。

なるでこさんに愛と光と感謝を贈ります♡♡♡

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

娘はとても明るくて、笑顔がいっぱいになって、眼もキラキラとして毎日が楽しそうです。
ネガティブな感情が表に出てこなくなりました。

愛のミッションは素晴らしいです。じっちゃんのお墨付きですもんこれ以上のものはないですよね (*^0゚)v 

昨年の4月に初めてセッションを受けてから自分の変わりように驚きです。
創造主は身近に感じない存在でしたし、ツインフレームの言葉を聞いたことがありませんでした。

今はじっちゃん大好きだし、ライオン顔のツインフレームを想い浮かべれば逢うことができる。
1年半足らずでこんなにも変わるってすごいですね===3

随分経ってしまいました。
御礼だけ述べてバタバタと走り回っておりました。

愛を贈り合い隊の皆様に送って頂いた遠隔によるヒーリングのお陰でぶっ倒れることなく不安な山場をひとつ乗り越えられました。
初めてヒーリングを受ける体験をして、こんな体感があるんだ♡と思いました。
肩から両腕を優しく抱かれるような、包み込まれるような感覚がありました。


ハートにもダイレクトに響いて涙がツツッと流れてきました。
この体感のお陰で8-8のミッションがよりリアルになり、自分の創造力も少しは進歩したようです

もちろん、私も皆様に一生懸命お返しを贈りました。皆さんの愛とグルグルになって飛んで行きました。
また、贈り愛たいです。沢山の人に体感してもらいたいです。

まだまだジェットコースターのような日々ですが8-8の愛のミッションで再び背中にある羽を思い出しました。(忙しくて忘れてましたT_T)

その後もずっとあの時の様な温かい柔らかな感覚頂いております…本当に何処にどなたに御礼を言ったらよいのかわからないのでこちらに書き込みさせて頂きます。

昨晩の相互遠隔ヒーリング体験会、光を贈ってくれた方、ありがとうございました。

贈られた方、どうぞ感想を書き込んで下さいね。(^^ )

これは、トライアンドコレクトの試みです。

皆さんの感想から次のステップが生まれます。

(私は今日は仙台を離れるので、しばらくレスできなくなります。(_ _))
Wait while more posts are being loaded