Post is pinned.Post has attachment
Natura(ナチュラ)~癒しイベント@銀座 出展決定
日付 : 7/23、11/26
時間 : 12:00-18:00
メニュー、詳細、ご予約状況はこちら
http://unimundo.jp/news_event/750/

魂と身体がくっついてるところ「人それぞれ」ではなく「場合による」ってなんだろう・・・。成長度合によるってこと?もある。物理的な要因・・・のこともある。精神的な要因・・・なことはあまりない。魂の数による・・・というわけではない。
場合による・・その人にとって大事なことは真ん中に、どうでもいいことは外側に・・・ってなんだそりゃ。つまり一か所でつながっているという感覚が違ったのか。でもセンタリングを頭のあたりから始めるのはよくない・・・身体の中心だから?エネルギーの中心だから?重心だから?・・・ううう、それぞれに何か引っかかるけどそれだけが要因ではない、的な。ああ、バランスがとりやすいから。重心という意味だけではなく、エネルギーの大事さ?濃さ?意味?的な意味でも。で、身体に魂がくっついてるの?・・兼存している?うーん。そろそろちょっと想像力が苦しくなってきたので、またそのうち聞いてみよう・・

【Tips】子どもには、選択したことによる未来の希望的観測を伝えなさい

「これをしなかったら、こうなってしまうかもしれない」

ではなく、

「これをすることで、こんな風にできる」

と伝えましょう。


++++
育児書などによく書かれていることですが、今回セッション中のチャネリングでも出てきたので。

Post has attachment
美しい女神、メドゥーサの生い立ち
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8386272

現存するメドゥーサは、神話の中にある人を石に変える化け物ではなかったようです。
セッション中にチャネリングした内容をまとめました。

Post has attachment
チャネリングセッションの実例です。
http://unimundo.jp/blog/1107/

家系に引き継がれているトーテムが幸せを妨害していることがあるという実例です。

Post has attachment
チャネリングセッションの実例です。
結婚したいが、恋人が見つからないというご相談です。
恋は自分のエネルギーが相手に届かなければ始まらない、というお話です。

http://unimundo.jp/blog/1080/

Post has attachment
相手の本質のイメージをチャネリングで見て、その映像の解説をしています。
夢判断をする人や、チャネリングでイメージ優位で受け取る方には、参考になるかもしれません。
http://unimundo.jp/blog/1074/

Post has attachment
ご感想をいただきました!
「いつも顔色を窺ってばかりだったのに、夫のことはすっかり頭からなくなっていました。子育ての取り組みについても気持ちがとても軽くなったのを感じます。」
http://unimundo.jp/review/1065/

様々な「神」と呼ばれてきた存在の、由来する世界区画などを確認していて、おもしろいことがわかりました。

ゼウス、と一人として考えられている神様は、

 ティターンのゼウス(現存で魔物)
 オリュンポスのゼウス(死後に妖怪化)

の二人いる。
正確には、同じものが細胞分裂のように別れた同位体のようだけれども。
真っ二つに割れたトーテムとも言えるかも。
・・・と思いきや実は3つに分かれていたようです。

「ローセルフをティターン親族として神の役割(古の管理人)を負わせ、ミディアムセルフを活動の拠点とし、ハイセルフを自分の身代わりとしてオリュンポスに住まわせた。」

神の役割である古(いにしえ)の管理人ってなにか聞いてみました。
古からいる管理人ではなく、古「を」管理する者みたいです。
古・・つまりカオス(混沌)から生まれてくる様々な存在の統治みたいです。
エネルギーの配分は、ハイとローにほとんどを裂き、ミディアムは少し、という感じみたいです。
ゼウスは第五区画にいますしいましたが、もともと神々というのは第三区画由来のエネルギーなので実なのだそうです。

まとめると、ゼウスと呼ばれる存在はこの三つになります。

 ティターンのゼウス(現存で魔物)←神の役割のローセルフ
 オリュンポスのゼウス(死後に妖怪化)←生前ハイセルフだったもの
 肉体をもって活動していたゼウス←肉体とともに消失したミディアムセルフ

家族たちとオリュンポス山に住まわせたトーテムにハイセルフを充てたんですねー。

****************
別件ですが、これで調べてたらこんなのがありました。

カオス(混沌)から生まれたもの
「ガイア」←第五
「エロス」←第五
「タルタロス(闇黒界)」←第四
「エレボス(闇)」←第四
「ニュクス(夜)」←第四

なるほど、第五区画生まれの人間にとっては、第四のものは闇っぽいものに見えたということですね。
これらとイザナギ、イザナミたちはまた別物らしい。
地球の創造主と言われる存在が複数いたということと繋がるのかも。
************
もっと別件
北欧神話のアースガルズ、ヴァナヘイム、ミズガルズなどで表される世界は、いずれも第五区画のもの。

ユグドラシルは第五区画地球の意識から生まれる第五区画地球の心であるエネルギー体。

Post has attachment
チャネリングセッション実例です。

新しいことを覚えるときは、今まで知っていたことを全部手放すつもりで学ぶと良いですよというお話です。
ゼロになって学べ!

http://unimundo.jp/blog/1029/
Wait while more posts are being loaded