日常的な経験を親子の楽しい対話に生かす
 玉子焼きのような身近な経験も、工夫の仕方によっていくらでも知的にふくらませることができます。
 しかし、これを親がひとりで企画するのは大変です。いくらでもアイデアを出せる反面、全然アイデアが出ないこともあるからです。
 そこで、考えているのは、こういう自由な題名の作文の話題を共有する場です。
 「親子で遊ぼうワンワンワン」「行事と季節の家庭学習」「家族の対話の仕方」「読書実験クラブ」などは、こういう場として生かしていきたいと思っています。

http://www.mori7.com/index.php?e=2636

祖父母の代わりに、日本の行事と季節を伝える

 核家族化の進行で、昔からの日本の行事や季節はどんどん忘れ去られているようです。

 私が子供のころは、大掃除などを家族ぐるみでやらされたのですが、今はそういうことも少なくなっているのではないかと思います。

 そして、それに代わって出てきたのが、バレンタインデーとか、ハローウィンとか、わけのわからない行事です。
 特に、あのハローウィンというのが気持ち悪い(笑)。

 また、海外で暮らす日本人の子供たちは、更に日本の行事や季節とは縁遠い生活になっていくと思います。

 そこで、ソーシャル・ネットワークの中で、行事や季節感を取り戻せたらいいと思い、このページを立ち上げました。

 ここで出された話などを参考に、小学生が作文の題材などを見つけるとなお面白くなると思っています。
Wait while more posts are being loaded