Post is pinned.Post has attachment
こんにちは。このコミュニティを開設した「eiichirou.ogawa」と申します。

「人間(ひと)はみんな”創造者”」

「創造」とは何か?純粋にその真理と世界の真の姿を探求したいと思います。

その為にScience・SpiritualそしてAkashic・Noosologyなどの人類の意識が”覚醒”して次の段階へ進む為の情報やニュースを活用出来ればと思います。関連するコト何でも投稿下さい。

開設:2015/03/09(随時編集)

追記:

ヌーソロジー
私は「ヌーソロジー」という「意識」と「物質」をつなぐ壮大な思考体系に興味を持ちました。「物質」を創造している「意識」とは何か?を明らかにしようとする試みです。

これには「サイエンス」や「スピリチュアル」といった枠組を超えてこれから人類の「意識」が変革を迎えてこの「世界」が変容していくという壮大な”ビジョン”があります。

ご存知ない方にはこう書くと宗教の終末論や陰謀論のような胡散臭さを感じられるかも知れませんがそういったものとは全く無縁です。純粋な思考体系だと捉えてもらえればよいと思います。

▼ヌーソロジー公式サイト|半田広宣主宰ヌースアカデメイア
公式サイト:
http://noos-academeia.com/

▼Noosology Lodge ヌーソロジー・ロッジ
公式SNS:
http://ouroboros.sns-park.com/?m=portal&a=page_user_top

Post has attachment
「こうして、思考は現実になる」
著:パム・グラウト

「思考は現実化する」と聞いたことがある人は多いでしょう。「引き寄せの法則?そんなの知っている」という人もいるかもしれません。ただ、あなたにはまだ小さな問題があります。それは「知っているだけで実は信じていない」ということです。

本書では思考は現実化することを あなたの人生で「体験」するための9つの実験を紹介しています。

今までは「知る」ことしかできなかった法則を「体験する」ことであなたの人生に奇跡を起こすことができるのです。

◆今までこんなふうに思っていた人は、ぜひ本書を読んでみてください!

・神さまは、正しいおこないをした人の願いだけをかなえる
・お祈りをすれば、願いがかなう
・努力をした人だけが、力を手に入れる
・瞑想をすると、願いがかないやすくなる
・願いをかなえるためには、思考をすっきりさせることが重要だ

願いをかなえるためには上記のどれにも当てはまらない「法則」があります。
その法則を9つの実験で体験しましょう。そして一度法則を知ってしまえばあとは応用をするだけ。

さあ、本書を読んで、あなたも今すぐに「ほんとうに思考が現実化する人生」を手に入れてください。

あなたにはまだ小さな問題がある。知っているだけで実は信じていないということだ。これは「知る」ためではなく48時間以内に「体験する」ための本である。この「9つの方法」をいくつか試すだけであなたも人生に奇跡を起こすことができる。

(紹介文より)

https://goo.gl/DL6r57
Photo

Post has attachment
「ジャンクDNA―ヒトゲノムの98%はガラクタなのか?」
著:ネッサ・キャリー

20世紀の科学では「遺伝子はタンパク質をコードするDNA配列」と定義されそれ以外の部分は「ジャンク(=ガラクタ)DNA」という言葉で片付けられていました。

科学者たちはDNAのタンパク質コード領域を集中的に研究していたのです。しかしヒトゲノム解読で明らかにされたのはタンパク質をコードするDNAはたった2%であり遺伝子数はヒトと線虫で変わらないという衝撃的な事実でした。生物がより知的で高等になるにつれ増えていくのは遺伝子数ではなくジャンクDNAの割合だったのです。

ここ最近専門的には非コードDNAやノンコーディングDNAと呼ばれるこれらのジャンクDNAががん、筋ジストロフィー、アルツハイマーなどの病気、老化・寿命との関わり等を通して世界的に注目を浴びています。

本書では約40種類の遺伝病の研究を題材にこの98%のDNAに光を当てます。

前作『エピジェネティクス革命』で好評を博した著者が最新の研究をもとにゲノムの未踏領域(ダークマター)に招待します。

ヒトのDNAのうちタンパク質をコードするのはたった2%―では残りの98%は何をしているのか?ゲノムに秘められた謎がいま明かされる。

(紹介文より)

https://goo.gl/p5BWf1
Photo

Post has attachment
「クオンタムユニバース 量子」
著:ブライアン・コックス / ジェフ・フォーショー

不確定性原理からファインマン・ダイアグラムまで!直感に反する不思議で奇妙な量子の世界を広く深く紹介します。

「量子力学」は万物のふるまいを説明する三つの大理論の一つだ。残りの二つはアルベルト・アインシュタインが提唱した「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」で時間と空間と「万有引力」を対象にしている。

ほかのすべてを対象にするのが量子力学で満足しようが途方に暮れようが自然のふるまいを予測するという実用的な価値において正確さと適用範囲の広さを誇っている。

何かの役に立つことはかならずしも科学の目的ではないが純粋な興味からはじまった基礎研究によってしばしば技術や社会に大変革がもたらされてきた。

あらゆる分野での発見のおかげで寿命が延び飛行機や電子メールが大陸のあいだを行き交う。

人々は単調な肉体労働から解放され無限の宇宙へと思いをはせる。

だがそのような成果はある意味すべて副産物だ。科学者の動機は好奇心にあり理論の拡張や製品の改良にあるのではない。

深遠な理論が広範に適用できる好例としておそらく量子力学は真っ先にあげられる。

粒子が複数の場所に同時に存在し瞬時に宇宙のかなたまで飛んでいくと主張するのだからこれほど深遠な理論もない。

宇宙を構成する基本要素のふるまいを理解すれば森羅万象が説明できるのだからこれほど適用範囲が広い理論もない。

この本の目的の一つは量子力学から神秘性を取り除くことにある。その理論が誕生したときから研究者の困惑がはじまった。

一〇〇年にわたる努力のおかげで現在では全貌の理解も進んでいる。だが歴史的な背景を知るためにも一九世紀が終わろうとする時代から説明を始めたい。当時の物理学者はなぜそれまでにない革新的な理論にたどり着いたのか?

(紹介文より)

https://goo.gl/TQlRx1
Photo

Post has attachment
「宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか」
著:ロジャー・ペンローズ

ビッグバンの前には何があったか?
宇宙の果てはどうなっているのか?
驚愕の最新宇宙論!

「われわれは永遠に循環する宇宙に棲んでいる」――そう考えればビッグバンにお けるエントロピーの矛盾は解消される。

ケンブリッジで育ちオックスフォードで磨 かれあのホーキング博士も一目置くというイギリスの天才物理学者が自ら「バカ らしいほど新しい」と評する「共形サイクリック宇宙論」を懇切丁寧に解説する。

宇宙は永遠に循環している―あのホーキング博士も一目置く天才物理学者がついにビッグバンの謎を解き明かす。驚愕の最新宇宙論!

(紹介文より)

https://goo.gl/4EZHxA
Photo

Post has attachment
「AIは「心」を持てるのか」
著:ジョージ・ザルカダキス

AI(人工知能やロボット)の歴史や現状を踏まえながらAIと人とのかかわりを分析した解説読み物です。AIは人間の仕事を奪うという悲観論でも夢物語でもなく冷静に分析します。テクノロジーに偏ったり感覚に訴える感情論でもなくAIの在り方を探ります。

本書を貫くテーマは「AI・ロボットは人類を救うか?」です。これに対する著者の考えは人類を救うためには「心を持ったAIがカギとなる」というものです。処理能力の向上・扱えるデータの大容量化・テクノロジーの単なる組み合わせだけでなく脳に近いアーキテクチャの進化が必要になると考えています。

第1部は「心を持つ機械」が古代からどのように扱われてきたかを解説します。第2部は認知科学の視点からギリシャ時代の哲学者から現代の量子科学者の「心」のとらえ方がAIにも適用できることを示します。第3部は現在進行中のコンピュータ科学の視点からAIの実現性を追い求めます。

AI・ロボットは人類を救うか?「心」を持ったAIがカギとなる。テクノロジーの単なる組み合わせだけでなくアーキテクチャの進化が必要になる。

(紹介文より)

https://goo.gl/jgdow5
Photo

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded