Post has attachment
Shimane Prefecture
(Oki Island and Izumo Taisha area/Adachi)

One of Japan's most sparsely populated prefectures, Shimane lies on the northwestern end of the main island of Honshu, off the beaten path of many visitors to Japan. Yet its natural beauty and history make it a compelling destination for photographers and for those in search of Japan's hidden charms.

Among its most unique geological treasures are the Oki Islands, created by volcanic activity millions of years ago. In 2013, the islands became part of the Global Geopark network due to their unique ecosystem and a local lifestyle adapted to the environment. Of the four inhabited Oki Islands and 180 uninhabited islets, Dogo is the largest. It's blessed with a rich and diverse landscape, dramatic rock formations and ancient Japanese cedar trees, some with fantastical shapes.

Shimane's other must-sees include Izumo Taisha Grand Shrine, generally thought to be the oldest shrine in Japan, and the Adachi Museum, which joins Japanese art and traditional gardens in one of the most awe-inspiring combinations anywhere. And while Japan's hot-spring spas are legendary, Shimane's Tamatsukuri Onsen Hot Springs are especially prized for their skin moisturizing qualities.

足立美術館15年連続庭園日本一

安来市の足立美術館の庭園がアメリカの専門誌による日本庭園のランキングで15年連続で日本一に選ばれました。

安来市の足立美術館にはおよそ16.5ヘクタールの敷地に、石と白い砂で山や水の流れを表現した枯山水庭など6つの日本庭園が設けられています。

アメリカで出版されている日本庭園の専門誌、「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」は毎年、日本国内の庭園を審査して独自のランキングを発表しています。

去年は庭園の専門家30人が全国にある900か所以上の日本庭園を調査し、庭園の質や建物との調和、それに利用者への対応などの点で審査を行った結果、足立美術館の庭園が15年連続で日本一に選ばれました。

2位は京都市の桂離宮、3位は東京・柴又の山本亭と、去年と同じ順位でした。

専門誌は「日本庭園の愛好家であれば“スーパースター”である足立美術館を鑑賞するために島根を訪れなければならない」と評価しています。

足立美術館の足立隆則館長は「日本を代表する日本庭園に選ばれた誇りを胸に館員一丸となって日本庭園の魅力を世界に発信していきたい」とコメントしています。

島根県のニュース
NHK松江放送局 
2018/02/07 12:32

Post has attachment
訃報 佐々木正さん102歳
=シャープ元副社長
毎日新聞 2018年2月2日 23時14分
(最終更新 2月3日 00時10分)

 シャープの元副社長で、世界初のIC(集積回路)電卓の開発に成功するなど同社の研究開発の礎を築いた佐々木正(ささき・ただし)さんが1月31日に肺炎のため死去したことが2日、関係者への取材で分かった。102歳だった。葬儀は近親者で営む。所属するNPO法人新共創産業技術支援機構が後日お別れの会を開く。

 島根県出身。1938年、京都大工学部卒業後、川西機械製作所に進み、真空管に代わるトランジスタの量産化に成功した。

 シャープ創業者・早川徳次氏の招きで64年、シャープに入社。カシオ計算機などとの電卓開発競争では、軍事用だった高価なLSI(大規模集積回路)を電卓に搭載。従来の約10分の1に軽量化するなど革新的な商品の開発を指揮し、家電事業の成長を技術面で支えた。73年には液晶表示装置を搭載した電卓を世に送り出し、2000年代前半に液晶テレビ市場を主導したシャープの技術基盤をつくった。

 シャープを退いた後も新素材開発のベンチャー企業を設立。国内外を飛び回る姿から“ロケット・ササキ”の異名で呼ばれた。

Post has attachment
山陰道 三隅・益田道路の工事現場を見学 
浜田・三隅小児童

 島根県浜田市三隅町古市場の三隅小学校の4年生39人が1日、山陰自動車道三隅・益田道路(浜田市三隅町三隅~益田市遠田町、15.2キロ)の工事現場を訪れ、トンネルや橋脚の工事の様子を見学した。児童は、トンネルを掘るロードヘッダーなど特殊な機械を間近に見て、道路の整備に理解を深めた。

 地元の小学生に道路事業への理解を深め、身近に感じてもらおうと、国土交通省中国地方整備局浜田河川国道事務所が開催した。

 児童は現場事務所で、同事務所職員や工事を担当する会社の社員から、トンネル工事前に木の棒を飾り、安全祈願をしたことや、ロードヘッダーやブレーカーといった特殊な機械で1メートルずつ穴を掘り、作業を進めていることなどについて、映像を見ながら説明を受けた。

 その後、古市場トンネル(仮称、247メートル)に移動し、工事中のトンネル内部や機械を見学。児童は「何人で作業していますか」「化石が出てきたことがありますか」などと職員に熱心に質問した。また、昇降機に乗り、橋脚を作る現場を訪れ、工事の作業工程について学んだ。

 三浦蔵之助君(10)は「トンネル工事はゆっくりと時間をかけて安全に作っていると分かった。地道な作業で大変だと思った」と話した。

(2018/2/1)更新

Post has attachment
Shimane Prefecture: Japan's Best Kept Secret

Head west for adventure, art, and the world’s holiest annual meeting.


For many, Japan is Tokyo’s bustling crowds and ultramodern conveniences. For others, it’s the otherworldly bamboo forests of Kyoto. But to see some of the country’s most beautiful scenery and experience a Japan that few others do, go to Shimane.

The second least populous prefecture in the country, Shimane hugs the Sea of Japan on Honshu’s west coast. It’s a smidge larger than the state of Delaware, but that’s where the similarities end. Shimane is wild, with plunging cliffs and volcanic islands. It’s full of storied, sacred, and beautiful places—so what are you waiting for?

DOGO, OKI ISLANDS

Part of Shimane but separated by some 50 miles of ocean are the Oki Islands, a small cluster of islands known for their unspoiled, dramatic beauty. Anchored on ancient rock left behind when the Eurasian continent and Japan separated, the islands got a new jolt some seven million years ago, when violent volcanic activity created Dogo, the largest of the Oki Islands at 93 square miles. This unusual origin story earned the islands UNESCO Global Geopark status, one of just 127 in the world.

The northermost point of Dogo is known as the Shirashima Coast and affords one beautiful views of the Sea of Japan.


Get your bearings (and some of the best views on the island) at Nagu-misaki Cape on the southwest coast of Dogo. A mile hike brings you to the stark white Nagu Saki lighthouse and unobstructed sight lines of the Sea of Japan and Dogo. A footpath snakes down to the cliff top and along the verdant coast, offering Instagram-worthy vistas (and bracing breezes), especially at sunset.

At the northern end of the island is theShirashima Coast, where forested outcrops of volcanic rock create a dramatic scene no matter the weather. Take in the views from the overlook or stretch your legs with a short hike.

On the Nagu-misaki Cape one can take in beautiful views of the coast and the stark white Nagu Saki lighthouse.


In the northwest part of the island, you can see the Fukuura Tunnels, originally dug by hand beginning in the late 1800s. Carved through the pyroclastic rock, the passages made traveling along the coast safer and less time consuming.

Heading inland to Tsuma, visit Dangyo Shrine and the Dangyo-no-taki waterfalls, twin falls believed to bring victory to bullfighters and sumo wrestlers who traditionally drink its waters (and long life to everyone).

Don’t head back to the mainland without trying an Oki specialty: handmade (teuchi) soba noodles. Unlike traditional wheat noodles, soba (Japanese for buckwheat) noodles are thinner and have a unique nutty flavor.

IZUMO-TAISHA GRAND SHRINE

The Izumo-Taisha Grand Shrine is one of the most famous shrines in Japan and claims to be the oldest.

 
Back on the Shimane mainland is the city of Izumo, site of an important gathering each year. During the 10th lunar month (usually in October or November), it is believed that all the gods of the Shinto religion—some eight million—leave their own shrines and head here to gather at the Izumo-Taisha Grand Shrine, one of the oldest in the country. The deities have their own path down to the shrine (visitors are asked to stay on either side of it) and a lodging hall for their sacred slumber.

The surrounding region of Shimane Prefecture is known as the land of the gods because the gods return to Izumo-Taisha every October and the god of fortune, Okuninushi-no-Okami, is housed in the shrine.

 
Torii gates lead down to the complex, which consists of multiple shrines and sacred spaces. Prayers, written on paper and tied to tree branches, flicker in the breeze. Just outside Izumo-Taisha, shops sell trinkets and souvenirs and visitors can catch a bite to eat before entering.


TAMATSUKURI ONSEN

Tamatsukuri Onsen is a hot spring village located near Matsue in the Shimane Prefecture of Japan. The hot spring's water is used in various bathing facilities and inns and in public foot baths located along the Tamayu River. 


Experiencing a traditional Japaneseonsen, or hot spring, is one of life’s great pleasures. And one of the best places to do so is Tamatsukuri Onsen in Matsue, the capital of Shimane Prefecture. Visitors can enjoy an onsen bath at one of the many ryokans (inns) or public baths in the area. (Make sure to read up on onsen etiquettebeforehand.) And if you need to recharge your tired feet? Dip them in the Tamayu River, which flows through the center of Tamatsukuri Onsen, lined with blooming cherry blossom trees in the spring.


ADACHI MUSEUM OF ART, YASUGI

To be named the best garden in Japan—a country known for its gorgeous gardens—is no small feat. And theAdachi Museum of Art in Yasugi, about a half hour from Matsue, has done just that for many years running. The museum itself houses works by modern and contemporary artists, but it’s the 40-acre garden that’s the real draw. Six distinct, meticulously maintained gardens were designed to evoke different emotions and create a “living painting,” changing with the seasons.

Nancy Gupton is a Washington, D.C.-based writer with too many books, too many cats, and a very long list of places she wants to visit. You can find her here.

PUBLISHED DECEMBER 18, 2017

Post has attachment
島根半島・宍道湖中海 ジオパークに新規認定

 日本ジオパーク委員会は22日、東京都内で会合を開き、松江、出雲両市をエリアとする「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」の認定を決めた。
当初は神話由来の「国引きジオパーク」の名称で申請したが、科学と神話を切り分ける必要があるとして9月に認定「保留」となったが、地域名に改めたことで条件をクリアした。
自然環境の保護に加え、地域活性化や教育への活用、観光振興につながることが期待される。

 島根半島・宍道湖中海ジオパーク(1197平方キロ)は、大地の隆起で出現した島根半島のほか、日本最大の連結汽水湖である宍道湖・中海と、連なる平野や丘陵地が対象。
松江・出雲両市や、島根大・地元経済界などでつくる推進協議会が認定を求めていた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】
(2017/12/23)更新
(C)2002 The San-in Chuo Shimpo

Post has attachment
「たたら侍」動員20万人 
島根県など財政支援 目標の8分の1

 島根県などが観光振興やイメージ向上の観点から財政支援し、今年5月から約半年間、全国で上映した映画「たたら侍」の観客動員数(速報値)が、
目標の8分の1の約20万人の見通しとなった。
出演者の逮捕などで上映が一時途絶えるなどの不運もあり、数字上は振るわなかった。
支援した県や出雲市など関係自治体でつくる連絡会は上映終了後もPR素材として活用する考え。

 29日の県議会で角智子議員(民主県民クラブ)の質問に対し、穐葉寛佳地域振興部長が興行結果の概要を説明した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】
(2017/11/30)更新
(C)2002 The San-in Chuo Shimpo

しまねLOVE!!

Post has attachment
英ガイド(三朝在住)企画 
北欧の観光客 自転車旅満喫

 自転車でゆっくり巡って山陰の風景を満喫してもらおうと英国出身のツアーガイド リチャード・ピアースさん(38)=鳥取県三朝町在住=が4日から8日間のサイクリングツアーを企画し、北欧の観光客5人が山陰旅行を楽しんでいる。
6日は「ベタ踏み坂」として話題を呼んだ島根、鳥取両県境の江島大橋を走行。橋の上から中海や大山の眺めを堪能した。

 東南アジアなど世界各国を旅してきたピアースさんは山陰を気に入って移住。外国人向けに観光ガイドを務めている。

 今回のツアーは鳥取市を出発し、鳥取県の大山、島根県の隠岐を経由して出雲市に向かう約425キロの旅。参加者はノルウェーとスウェーデンの男女5人で、日本のエキゾチックな文化に興味があり、神話の地・山陰に引かれたという。

 6日は大山から境港まで移動し、
江島大橋の中間地点まで走って景色を楽しんだ後、フェリーに乗って島根県西ノ島町に渡った。

 スウェーデンから来たカースティン・ニッセスさん(66)は「非常に素晴らしいツアー。
布団・和食など全てが初めての体験だった。また来たい」と笑顔で話した。
ピアースさんは「能登半島のような有名なサイクリングスポットに負けないくらい山陰はいい場所。来年もやりたい」と意欲を新たにした。

(2017/11/7)更新
(C)2002 The San-in Chuo Shimpo

Post has attachment
CYCLE MODE international 2017に
益田市が出展。

www.cyclemode.net
Photo
Wait while more posts are being loaded