参加しましたー!小説じゃぁぁぁぁ!

GM:今日、噛んだのは吸血鬼で噛まれたのはリグルさんです。(理由は後で)
リグル:私!?何で?
咲夜:さぁ?適当だったんじゃない?
魔理沙:それより、みんな、ルーミアは人狼だったみたいだぜ?
こいし:なんで分かるのー?
魔理沙:それは、私が霊媒師だからだぜ
霊夢:へー、そうなの?(明日に霊媒師COしようかしら 魔理沙は多分、人狼か吸血鬼か、狂人よね)
咲夜:今日はぐれらんかしら?
レミリア:そうね
GM:夕方になりました。処刑する人を決めてください
チルノはこいしにその他はチルノに投票しました
夜になりました 皆さん寝てください
魔理沙:ミスチー、何で霊夢にしなかったんだ?
ミスチー:上手く行けば、霊夢さんが処刑できそうだったので
魔理沙:まぁ、いいや 今日は霊夢を噛みに行く 人狼で
フラン:やっとだね!
大妖精:COした方がいいですか?
魔理沙:真の占い師がCOしたらCOしてくれ
大妖精:分かりました
GM:朝になりました。皆さん起きてください 今日は人狼で霊夢が噛まれました
こいし:はい!占い師CO!
大妖精:嘘をつかないでください!私が占い師です!
魔理沙:じゃあ、占い結果を教えてくれ
こいし:レミリアは市民
大妖精:こいしちゃん、人狼!
魔理沙:一様言うが、チルノは市民だったぜ
咲夜:今日はこいし吊りで決定ね
GM:夕方になりました 処刑する人を決めてください
こいしは大妖精にその他はこいしに入れました
夜になりました 寝てください

東方物語 一章 第二話 「異変」
7:00
霊夢『みんな、来たようね』
魔理沙『当たり前だろ(笑)』
霊夢『魔理沙は別としてマカロンとクリト君は遅れると思っていたし』
クリト『そんなに、信用ないの?』
マカロン『とりあえず、各自どこを見張るか決めましょう』
クリト『僕は紅魔館の方行く』
マカロン『なら、私は白玉楼へ』
霊夢『なら、私は人里』
魔理沙『で、私が妖怪の森だな』
マカロン『8:00になったら、また集まりましょう』
霊夢『了解』
魔理沙『OKだぜ』
クリト『わかった』
マカロン『では、解散』
人里
霊夢『最近、人里で異変起きてるって聞いたんだけど』
里の人『えぇ、人々が無残な姿に、それも、他のところでも、妖怪は私たちに取っては害悪しかしてないけど、妖怪もたまに』
霊夢『なるほどね』
里の人『みんながかわいそうなので 絶対に黒幕を捕まえてくださいね!応援してます。博麗の巫女!』
霊夢『霊夢でいいわよ』
紅魔館
クリト『すみません、美鈴さん』
美鈴『どうしたんですか?マカロンさんの弟さん』
クリト『クリトです』
美鈴『すみません(汗)』
咲夜『騒がしいわよ。美鈴』
美鈴『すみません。』
咲夜『あら、クリト君どうしたの?』
クリト『見張りです。最近、人里で異変がおきてるらしくて』
美鈴『知ってます!人が次々に殺されて行くんでしょ?』
咲夜『人里で、異変がおきてるのはわかったわ。なぜ、紅魔館に来たの?』
クリト『紅魔館にも被害が出てる…詳しく言うと紅魔館の近くにも被害が出てるから』
咲夜『大変そうね。まぁ、頑張ってね。』
クリト『はい、ありがとうございました』
白玉楼
マカロン『ここも異変がおきてるのでしょうか。でも、そう言っていたんですし、』
幽々子『こんな所で何してるのかしら?不法侵入?』
マカロン『あっ、すいません。私はマカロンと申します。よろず屋をしています。今回は異変の事でこちらに…』
妖夢『あれ?マカロンちゃん?』
マカロン『妖夢さん。お久しぶりです。早速本題に入るんですが、突然幽霊が消えたりすることなどってありますか?』
幽々子『あるわ。この前、目を離した隙にどこかへ消えたの。もちろん、妖夢にも探させたし私も探したわ。部屋の隅々まで、でもいなかったわ。』
マカロン『ご協力ありがとうございました。』
妖怪の森
魔理沙『こんな所に黒幕がいるとは思えないが !?何すんだ!やめろ!!?あ、あぁ(バタッ)』
???『霧雨魔理沙 確保』
8:00
霊夢『遅いわね。魔理沙』
マカロン『何かあったのでしょうか』
クリト『もう少し待っていたら帰ってくるかも』
一時間後
霊夢『あぁ、遅い! 見に行くわよ』
クリト『うん。』
妖怪の森
マカロン『こ、これって…魔理沙さんの帽子?』
霊夢『なんで、こんな所に』
クリト『僕達が聞き回ってる間だね』
霊夢『なんでわかるの?』
クリト『僕の能力 ありとあらゆる物の時間がわかる程度の能力 例えば、魔理沙さんの帽子がいつ、ここに落ちたかとか。』
霊夢『ふーん。魔理沙大丈夫かしら?』
マカロン『心配ですね』
クリト『うん…』

第三話に続く

地獄チーム
アナウンス:説明をします 人狼は、夜に誰か一人を噛む事ができます。狂人は人狼の手助けをします。吸血鬼は、二回噛むと相手は死にます。注意地点は、人狼か吸血鬼、どちらかしか噛む事が出来ません。
GM:朝になりました。話し合いを始めてください
魔理沙:おはようだぜ
霊夢:おはよう
ルーミア:とりあえず、占い師言うのかー
ミスチー:ルーミア、もしかして人狼?
咲夜:何でそう思うのかしら?
ミスチー:占い師を早く知って噛みに行くのかなと思ったので
霊夢:確かに…
ルーミア:そんなことないのだー
フラン:今日はルーミア吊りで決定かな
霊夢:そうね
GM:夕方になりました。処刑する人を投票してください。 ルーミアはミスチーにそれ以外はみんなルーミアに入れました。 夜になりました。各自部屋に戻ってください。
魔理沙:あそこでルーミアが占い師を知ろうとしなかったら危なかったな。
大妖精:そうですね
フラン:今回はどうする?
魔理沙:そうだな。今日は吸血鬼にしとくか?適当でいいぜ。
ミスチー:じゃあ霊夢さんにしておきます。昨日、発言が多かったので。
魔理沙:そうだな。大妖精、占い師を語ってくれ。私は霊媒師を語る。
大妖精:分かりました

東方物語 一章 第一話 「始まり」

私は、霧雨 魔理沙 今日は霊夢に呼ばれた。霊夢は私の親友だ。
魔理沙『おーす、霊夢!きたぜ。』
霊夢『魔理沙。クリト君とマカロンはまだなのよ。』
クリト『やっぱりきてる。』
魔理沙『おそいぞ。』
こいつはクリト。うぷぬしの弟。
霊夢『マカロンは?』
クリト『ねぇちゃん?なんか、依頼があるってよ。』
魔理沙『依頼?うぷぬし(マカロン)に依頼なんて珍しいのぜ。』
マカロン『またせてしまいましたか?』
霊夢『まったわよ。』
マカロン『すみません。』
こいつはマカロン。うぷぬしだ。これ、小説だから、うぷぬしって言えるか、わからないが。うぷぬしって名前がいいんだってさ。
魔理沙『そういや。仕事ってなんなのぜ?』
マカロン『紫さんに呼ばれましたので。お話があると。それが依頼でした。』
魔理沙『うぷぬしの仕事ってなんなのぜ?』
マカロン『よろず屋です。』
よろず屋………確か報酬を渡せば解決してくれる仕事だったかな。
霊夢『私もしようかしら。よろず屋。』
クリト『霊夢さんは、博麗の巫女という仕事があるじゃん。』
霊夢『うるさいわね。お金がないのよ。』
魔理沙『それなら私が入れといたのぜ。』
クリト『僕も入れといたよ。』
マカロン『私も入れときました。』
魔理沙『話変わるが。霊夢、異変あるから読んだんじゃなかったのか?』
霊夢『そうよ。最近、夜の人里でなにやら異変が起こってるらしいのよ。』
魔理沙『どんな異変だ?』
霊夢『人が次々に殺られていくの。それも、犯人がわからないの。』
魔理沙『それは、奇妙だな。』
霊夢『必ず、私たちで解決するわよ!』
マカロン『よろず屋として、報酬は譲れないですが…依頼人がいないので…どうすることもできませんね。』
霊夢『今日は、見張りからよ。』
魔理沙『今日からするのぜ?』
霊夢『当たり前よ。』
魔理沙『わかったのぜ。』
クリト『何時にどこ集合?』
霊夢『19:00にここ集合よ。』
マカロン『わかりました。』

第2話へ続く

参加したよー

Post has attachment
参加しました!よろしくです♪
Photo

Post has attachment
コミュ画像なんですが、こんなのはどうですか?
Photo

注意
・人狼ゲームとよく似たものです
・ネタバレをします
・今回は説明  
  以上


アナウンス:これは 地獄チーム 天国チーム 市民チーム にわかれて行うゲームです。

霊夢と魔理沙と咲夜とレミリアとフランと美鈴とチルノ大妖精とルーミアとこいしとミスチーとリグルが参加します
地獄チーム《人狼・吸血鬼・狂人》
人狼・・・魔理沙、フラン  吸血鬼・・・ミスチー  狂人・・・大妖精
天国チーム《騎士・占い師・霊媒師》
レミリア・・・騎士  占い師・・・こいし  霊媒師・・・霊夢
市民チーム《市民》
咲夜、美鈴、チルノ、リグル、ルーミア

地獄チームの勝利条件
天国チームと市民チームを “人狼”と同じ数
天国チーム、市民チームの勝利条件
地獄チームを全滅

地獄チームだけ、みんなに会うことが出来ます

Post has attachment
今更なんですが、入りましたマロンです  画像をどうぞ
PhotoPhotoPhotoPhoto
2017/07/06
4 Photos - View album
Wait while more posts are being loaded