Post has attachment
#yoctojp のワークフローの解説記事を書きました。新しいワークフローはまだ完成していませんが、今から準備していきましょう。eSDKについても触れています。
Yocto Projectのワークフロー http://buff.ly/2tTUlzg

Post has attachment
Yocto build の高速化方法まとめてみました!
日々ビルド待ち時間に悩んでる方はぜひー

http://qiita.com/naohikowatanabe/items/868eefed28cefec20ff8

Post has attachment
2017/4/8勉強会のiwamatsuさんの「devtoolの使い方」を公開します。おそらく日本語での初のdevtoolの資料です(私の資料はこの資料よりもあと)。都合によりDropboxでのPDF共有です。connpassにも反映済みです。
http://buff.ly/2tXucRa #yoctojp

Post has attachment
遅くなりましたが、6月の合同勉強会の資料をアップしました。発表時からタイトルを修正しました。devtoolの日本語の資料は少ないので、devtoolを触るきっかけになればと思います。

Post has attachment
https://connpass.com/event/58256/

6/3 13:00~16:00
SIOS SUMIDA セミナールーム

Intel Edison / Yocto Project Japan合同勉強会 #yoctojp イベントページ作成しました!開催まで二週間きっていますがご参加よろしくお願いします!!

こんにちは。Kumadasuさんと次のイベントを6/3にYahooJapan 様のLodgeで計画中(審査中)です。多分確定は来週末ぐらいになると思います。お昼から夕方の予定ですので時間のある方はぜひ。募集はコンパスで行う予定です。内容はYoctoに関するものです。ウチからはEdisonのYoctoイメージのビルドをクラウドを使って行うやり方などを公開します。多分30分から45分ぐらいの濃い内容になると思います。

Post has attachment
Yocto ProjectのSilverメンバーのLineoさんが開催中の組込みシステム開発技術展(通称ESEC)でYoctoを全面に押し出した展示をされていました。高速起動とYocto Projectを始めるときや、使っていて困ったときの相談をできるYoctoコンシェルジュ等のご紹介をされていました。これりな飴もらっちゃいました。
他にもYocto推しの展示があったら教えてくださいー。
Photo

Post has attachment
今後コミュニティ活動を進めていくうえで無用ないざこざを避けるために「行動規範」というものを設けようとしています。私もコミュニティの本格的な運営側に立つのが初めてなので見様見真似ではあるのですが、
https://gist.github.com/atsushieno/b6fa985354b5583f027d10618f6d1438
ここにある行動規範をそのまま持ってくるのが良いかなと考えています。

「そもそも行動規範ってなんだよ?」という方も多い(私もそうだった)と思うのですが、上記を読んでもらうのが早いと思います。普通に大人な行動をしていればたぶん守れます。いざこざが起こるコミュニティではこういうルールがないケースが多いようなので、先に作っておきましょうというのが発端です。
守れていないようなことがあったらぜひ指摘してください。

ちなみに参考までにUbuntuだと下記のようなものです。
https://www.ubuntulinux.jp/community/conduct
冒頭がさすがUbuntuというような内容で、すごすぎてこんなの作れません・・・。

Yocto Project本体はどうなんだというと、イベントに関して行動規範(Code of Conduct)が規定されています。
https://www.yoctoproject.org/tools-resources/event-code-of-conduct
核になるところは短く同じようなことを言っているんですが、冒頭で「プロの組み込みLinuxコミュニティのネットワークである」、「出席者は雇い主のポリシーに従い適切に振る舞うように」のような記載があってこのあたりは色が出いているというか、ちょっとおもしろいなぁとも感じました。

ご意見があれば大歓迎、賛同・反対だけでも大歓迎なので表明していただけると嬉しいです。

Post has attachment
Yocto 勉強会 #3 参加された皆様ありがとうございました。

私の発表資料はこちらです。

初心者の初心者による初心者のための AGL on Yocto on R-Car M2 Porter
渡邉直彦
https://www.slideshare.net/naohikowatanabe/agl-on-yocto-on-rcar-m2-porter

次回のYocto Project Japan 勉強会#4 ですが5月末から6月あたりで実施できないかと#3の最後に話題が上がりました。会場についても提案があったのですが、会場に関してこちらにコメントいただけると幸いです。
Wait while more posts are being loaded