Post is pinned.
600人記念企画(参加する人は見てね)



600人になったら意味が分かると悲しい話をやります
ルール
意味が分かると怖い話は一時停止します
やりたくない方は普通に意味怖投稿していいです
参加してる人は意味怖と見分けつかせるために関連する事を書いて下さい(600)や、(記念)や、(意味悲)など
期限はありません皆で楽しく投稿しましょう

夜中に、外で足音がする。
誰だろう。
ベランダを開けると、俺は驚愕した。
友達のD君がいた。
「おい見ろよ!、ここら辺で交通事故があったらしいぜ!話によればマンションの3階くらいまで飛ばされたってよ!」

なんか悲しい話
【テロリスト】
ある日一人の男性がテロをしようと計画した。男性はトラックを借り、昼間の歩行者天国に突っ込もうとした。人の悲鳴が聞こえると、男性はさらにアクセルをより強く踏み、そのままつっこむ…だが、トラックの速度は上がるどころか下がっていき、ついには止まってしまう。続いて機会で合成された様な女性の声が無感情に告げた。「前方に歩行者。緊急ブレーキを作動します」

Aちゃんから怖い話を聞いた夜。私は怖くなっちゃって、全部の部屋の電気を点けてお風呂に入ったんだけど。 そろそろ出ようとバスタオルを手にしたとき、自室から物音がしてさ! 恐る恐る電気をつけたけど、何もいなかったんだよね。…なあんだ、気のせいか。

【一人と五人の右腕】
とある戦国武将が戦の最中、右腕を失った。その戦国武将には、影武者が五人いる。

友達に教えてもらった話です!


男の子は、サンタさんから プレゼントを3つもらいました。
1つ目は、靴をもらいました。すると、男の子は 泣き出しました。
2つ目は、サッカーボールでした。男の子は、それを見てまたもや 泣き出しました。
3つ目は、自転車を もらいました。またもや 男の子は泣き出しました。



皆さん、なぜ男の子は泣いたのだど思いますか?

友達に教えてもらった話です!


ある女の子は、親に「この扉は絶対に開けてはいけないよ‼」と言われたそうです!
ある日、女の子はその扉を開けてしまいました。
扉の奥で、何かが光っていました。


さて、光ったものは何でしょう?

わー綺麗なところだなぁ
どうやら今臨死体験をしてるらしい
周りには花畑が広がっている
その先へ行くと、看板が2つあった
右には「T.....9」と書かれていて、もう左には、「G5..」と書かれていた
二つともかすれて読めないところがある
なのでテキトーに左に行くことにした
この先何があるのかなー♪

今日、実家に里帰りしたんだ。
そしたら、いとこの子供と飼ってる犬がとんできたんだ。いやーびっくりしたね。

『小言』

俺は都内の大学に入学が決定したことをきっかけに、田舎の実家から出て、一人暮らしを始めた。
別に、自然に囲まれる生活が嫌になったわけではない。
都会に憧れていたのかと聞かれると、そうとも言えない。
成り行きに近いものだった。
何となく、都内の大学を受験し、合格、家を出た。
…この「悪戯」もその一つなのかもしれない。
そして俺はジッポーでタバコに火をつける。

何だろうな。学校のみんなが吸ってるから。
子供の頃、お母さんにあんなに「タバコはダメだ」って言われてたのに。
だから、俺はこの作業を「悪戯」と称した。

シュパーァッ…っと一息。
これが俺の1日の終わりの合図。
電気を消して、コタツに足を突っ込んだ。

……う、ん。
頭が、重い。
酒はそんなに飲んでないよな…
…臭いな
…ガス?
誰かが叫んで、る?
え?

あつい?アツい、アツイ…暑い。熱い!熱い!熱い!





俺がいた、アパートの一室は完全に焼け落ちてしまった。
他の部屋の人達に影響はほとんど無く、それが不幸中の幸いだった。
……火元は俺のタバコ。
吸殻がコタツの布の部分に移り、燃えろがったのが妥当だと、作業服のおじさん (とても、お兄さんとは言い難かった) は淡々と言い残して帰った。

もう、悲しいとかじゃなかった。
なんとなく、黒焦げの俺の部屋に戻ってみた。
すると、あの時のジッポーが落ちていた。
コテンパンにひしゃげていた。
まるで、お母さんがやったかのように。

数秒、世界中の時間が止まり、青が空間を食い尽くす。
それと同時に、俺の全身に鉛の寒気が駆け抜けた。

―これって―

ポケットの中のスマホが、けたたましく叫び出すのに時間はそうかからなかった。
Wait while more posts are being loaded