Post has attachment
【東日本JCC冬合宿】
●CC名:東北大学AsOne
●開催日:2018年12月8-9日
●開催場所:足柄ふれあいの村
●参加人数:CCメンバー5名
●活動内容:
12/8~9日で東日本にあるccの集まるjcc冬合宿に参加しました。”Hello green Hello future “というテーマのもと、SDGsと呼ばれる国連が持続可能な世界を作るために定めた2030年までの17の目標について学びました。AsOneからは5人ののメンバーが参加し他ccのメンバーとの交流を楽しみました。

●参加者感想
AsOneは他のccと普段の関わりがないので貴重な時間だった。jccのイベントはエネルギッシュで様々な価値観を持った人が多くいるからとても刺激になる。東北派遣に興味を示してくれる人もいた。そのニーズに応えられるようになりたい。
PhotoPhotoPhotoPhoto
12/14/18
4 Photos - View album

Post has attachment
【BakeSale(ファンドレイジング)】
・CC名:KOBE Gaidai Habitat
・開催日:2018年12月12日
・開催場所:神戸市外国語大学
・責任者:平松由衣
・活動内容: 毎月行っておりますBakeSaleです。12月は、クリスマスのある季節なので、トナカイマフィンを作りました!
ありがたいことに過去最速で売り切れました!
1つ100円で、24個販売しました。

売上: 2700円 (内募金) 300円
材料費 :1022円
利益: 1678円

今回の売上はGV諸経費として大切に使用させていただきます。
今月もご協力ありがとうございました!
PhotoPhotoPhoto
2018/12/12
3 Photos - View album

Post has attachment
【ルミナリエ行くナリエ】
●CC名:KOBE Gaidai Habitat
●開催日:2018年12月11日
●開催場所:神戸 東遊園地
●責任者:桂川睦美
●参加人数:CCメンバー6名
●活動内容:
「神戸で学ぶ私達は」ということで、
阪神淡路大震災について勉強をして来た1年間の締めくくりとしてCCメンバーでルミナリエに行って来ました。

「震災と復興」について思いを馳せながらみんなで歩き回りました。

1995年1月17日に阪神淡路大震災が発生してから
ここまで美しい街に復興していった神戸の力強さを感じ、神戸に住み、神戸で学ぶ私達に出来ることをこれから考えていこうと気持ちを改めることのできた企画でした。
PhotoPhotoPhoto
2018/12/11
3 Photos - View album

Post has attachment
【植樹ボランティア@こころの森】
●CC名:東北大学AsOne
●開催日:2018年12月9日
●開催場所:石巻市南浜地区 こころの森
●責任者:秋山千皓
●参加人数:CCメンバー5名
●活動内容:
JCCとして3回目、AsOneとして3回目となる今回は、前回、前々回と作業を積み重ねてきた松の苗の植え替えを行いました。前回訪問時に花を植えさせていただいた花壇には、ハビ、JCC、AsOneの名前を記したプラカードを立ててきました‼
また、スタッフの方と一緒に、スタッフの方が採ってこられた材料を使ってクリスマスリースを作ったり、かごを編んだりしました。お昼ご飯も用意してくださり、一緒にごはんをいただきながら発足時のお話やこれからのビジョンなど、たくさんのお話を聞かせていただきました。

●参加者の感想
前回訪問時に手を加えた松や花が今もちゃんとそこにあって、少しずつではあるけれど育っていることに、とてもうれしさを感じました。現在着々と国立公園のデザインも決まりつつあるようで、自分たちが今携わっている植物たちが30年後には森のある大きな公園になると思うと、すごくわくわくします。自分たちがどこまで貢献できるかはわからないですが、どうやって次の世代にこの活動を続けていくのか、こころの森の代表の古藤野さんをはじめとするスタッフさんたちと、考えていけたらと思います。「また手伝いに来てね!」とおっしゃってくださり、12/22、2/10にもAsOneとしてお邪魔する予定です。
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
2018/12/11
6 Photos - View album

Post has attachment
【メリークリスマス in 東松島】
●CC名:東北大学AsOne
●開催日:2018年12月9日
●開催場所:大曲市民センター
●責任者:菊地寿茂
●参加人数:CCメンバー10名
●活動内容:
セガサミーさんが定期的に行っていらっしゃるイベントにスタッフとして参加してきました。イベントの目的は、子供たちやその家族の方々に楽しんでもらうことです。メンバーはUFOキャッチャーやダーツなどのゲームが用意されたいくつかのブースに分かれて1日お手伝いをしてきました。

●参加者の感想
子供たちは本当に感情が豊かだな、と感じました。ゲームに成功して飛び跳ねて喜ぶ子の笑顔は、周りにいた大人にも広がっていました。この活動はいわゆるソフト面の支援だと思うのですが、このようなソフト面の支援が、どれほど人の心を温かくすることができるのか、を垣間見たような気がしました。セガサミーさんのスタッフの皆さんもフレンドリーな方ばかりで、懇親会をはじめ様々な場面でお話する機会があったのですが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。機会があれば、また寄せていただきたいです。
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
2018/12/11
6 Photos - View album

Post has attachment
【TSUNAGARING】
●CC名:京都外国語大学 Kyoto Gaidai Habitat(+MusterPeace)
●開催日:2018年11月24日
●開催場所:服部緑地公園
●責任者:鍬田梨紗
●参加人数:CCメンバー3名、MusterPeaceメンバー2名
●活動内容:
JASNIDSという団体の国際協力サークルフェスティバルに出店しました。JASNIDSは、国際協力に携わる学生を支えるため、トークイベントや学生ボランティア団体の交流会、論文大会などイベントを開催しています。

本フェスティバルは、世界の様々な問題に対して取り組む関西の国際学生協力団体が主体となり作り上げる、国際協力や世界を身近に感じてもらうことをテーマとしたフェスティバルです。

私たちはMusterPeaceと共に対象を小中生に絞り、『家』の大切さを伝えるワークショップを行いました。

紙粘土とペンを使用し、参加していただいた方に『理想の家』を作っていただきました。参加していただいた方が楽しんでくれてる姿を見て、改めて子供にとっての家の大事さを知ることができました。
Photo

Post has attachment
【 JCC西日本冬合宿 】
・CC名:KOBE Gaidai Habitat
・開催日:12/1、12/2
・開催場所:交野グリーンビレッジ
・責任者:上野稜
・参加人数:254人
・活動内容:

テーマは「既成概念をとっぱらおう」

異文化体験ゲーム、新しいアイデアを作り出すWS、
お楽しみ会、報告会、他企画、アイスブレーキングetc...を通して今までにない形の合宿をKOBE Gaidai Habitatがホストとして作り上げました。

「あたりまえ」に支配された私たちの頭を「あたりまえ」を壊してみることによって新たな発見をしてもらえたのではないでしょうか。

また、それぞれの企画を通して、CCが違う人同士、繋がりを増やしていくこともできました。


冬合宿開催にあたってご協力いただきました皆様、
本当に本当にありがとうございました。

初ホスト、運営人数も十分でない中無事開催でき、成功を収めることができました。

ありがとうございました。
PhotoPhotoPhoto
2018/12/04
3 Photos - View album

Post has attachment
【グリーンバード 】
- HFH ソフィア
- 開催日:12月2日(日)
- 開催場所:下北沢
- 責任者:種村がメンバーを募集した
- 参加人数:5人 (ソフィアから3人)
- 活動内容:下北沢をみんなで一緒に周ってゴミ拾いをしました。活動時間はいつもと同様90分だけでした。しかし、今回は歩道でたくさんのペットボトルや缶を集めることができました! 
-唯一のトラブル:この団体のリーダーが二週続けて作業中にお酒を飲んで仕事を全くしていなかったので、種村が少し強めの口調で怒ってしまった。
Photo

Post has attachment
【チャリティーフットサル 】
- HFH ソフィア
- 開催日:12月3日(月) 上智はザビエル祭で休講
- 開催場所:国立代々木競技場フットサルコート
- 責任者:DooUn Kim 
- 参加人数:22人 
- 活動内容:朝10時からお昼の12時にまで代々木公園の隣にあるフットサルコートを借りてチャリティーフットサルを行いました。誰も怪我することなく、楽しく運動することができてよかったです。上智にはゆるくサッカーをする人がたくさんいるので、他のCCで合同にフットサルイベントを企画したい人がいればぜひ連絡してください! 集まった16,633円はGVにまわします。
Photo

Post has attachment
【AsOne修学旅行】
●CC名:東北大学AsOne
●開催日:2018年11月23-25日
●開催場所:宮城県気仙沼市、南三陸など
●責任者:雨塚秀一朗
●参加人数:CCメンバ19名
●活動内容:
AsOne修学旅行と称して、宮城県でスタツアを行いました。1日目を移動で終え、2日目、気仙沼市の杉の下地区では語り部さんとともにレンタカーで街を周り、当時の様子などを聞かせていただきました。語り部さんと解散したのち、スカベンジャーハントを各車対抗で行い、震災の後が残る場所や、その土地で有名なものをおもいおもいに巡りました。夜にはミーティングを行い、今日学んだこと、ボランティアについて今一度整理を行いました。
3日目には、南三陸のさんさん商店街にお邪魔して、語り部さんのお話を聞いてたり、「南三陸の記憶」で当時の様子を写真を通して学んだり、商店街や近くで開催されていた復興市を散策しました。メンバーの中を深めるとともに、いつもよりも大規模な人数でスタツアを行うことで、今までとは違う気づきを得ることもできた3日間でした。
●参加者の感想
今回お邪魔した土地に行くことは、わたし自身は初めてでした。仙台という都会で暮らすわたしにとって、同じ宮城県で、そしてたった数時間車を走らせればいける距離での当時何があったのかを想像することは難しかったです。当時の様子を聞けば聞くほど現実として受け止めることが難しく、知ろうとすることしかできないことがもどかしかったです。気仙沼でお会いした語り部さんは、わたし達に奥様やご両親についてのお話をされた時、涙を流されました。「今でも当時の様子がフラッシュバックする」、と。辛い思いをしながらも語り部を続けていらっしゃる意図はなんなのか、お話をきかせていただいている私たちの役割はなんだろうか、そんなことを考えました。わたしが出した結論の1つは、「忘れないこと」。今回の修学旅行や今まで、そしてこれからのスタツアで得る「事実」を、しっかり記録していこうと思いました。AsOneを卒業したあとも、メンバーが読み返せるものがあればいいな、と思い、AsOne内でGoogle Driveで共有していこうとう思います。
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
11/29/18
7 Photos - View album
Wait while more posts are being loaded