【冬期休業につきまして】

ムラタソフトウェア株式会社は、12/29-1/4の期間、冬期休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
なお、休業期間中メールによりいただいたお問い合わせにつきましては、 1月5日(木)以降に回答申し上げますので、併せてご了承くださいますようお願い申し上げます。

Post has attachment
こんにちは.
アダプティブメッシュ(以下AdMesh)について要望があります.

AdMeshの計算コストを計算点だけでなく,ブロードバンドスイープも含め評価したいため,1回ずつ反復回数を増やしていました.
すると,次のSパラを計算するときは前回データがあるので,計算時間が0になってしまいます.
ログを終えば問題ないのですが,前回のAdMeshから引き続き計算する場合は,前回データの計算時間は0ではなく,そのまま残しておいて欲しいです.

ご検討よろしくお願いします.
Photo

Post has attachment

Post has attachment
~ 冬期休業のおしらせ ~ 

 以下のとおり、年末年始休業日をご連絡申し上げます。 
 ソフトウェアに関するお問い合わせなどで、
 ご迷惑をおかけするかとは存じますが 
 何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。 

 【休業期間】2015年12月26日(土)~2016年1月4日(月)

 年内のサポート業務は12月25日(金)17:30まで、
 年始は1月5日(火)9:00より通常業務となります。

 なお、休業期間中メールによりいただいた
 お問い合わせにつきましては、
 1月5日(火)以降に回答申し上げますので、
 併せてご了承くださいますようお願い申し上げます。

 本年も1年間ありがとうございました。
 時節柄、ご多忙のことと存じます。
 くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
 歳末のご挨拶とさせて頂きます。 

Post has attachment
http://www.a-caeser.jp/
CAE計算環境研究会
第6 回シンポジウム
日時:2015年12月04日(金) 13:30~17:00
受付開始 13:00より
会場:富士通株式会社 関西システムラボラトリ
大阪市中央区城見2-2-6
JR環状線京橋駅(大阪駅より約7 分)より徒歩約6分
定員:40名
参加費:無料(事前登録が必要です)

上記イベントにて以下の講演をいたします。
「やさしいCAE ソフトFemtet のご紹介」 15:20 - 15:55

ご興味のある方は、以下のリンクからお問い合わせください。
https://x202.secure.ne.jp/~x202084/support/inquiry/

Post has attachment
http://www.jsme.or.jp/dsd/lectures/15-139.pdf
No.15-139 講習会 「身近なCAE を設計へ! 活用手法の紹介」
企 画 設計工学・システム部門
協 賛 自動車技術会,精密工学会,日本設計工学会,日本計算工学会,日本シミュレーション学会
開催日 2015 年 12 月 3 日(木)
会 場 日本機械学会会議室(東京都新宿区信濃町35)
定員 50名
聴講料  会員 10,000円(学生員5,000円),会員外 15,000円(一般学生7,500 円)
(いずれも教材含む) (協賛団体会員の方も本会会員価格で聴講できます)
申込方法  http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm

上記イベントにて以下の講演をおこないます。
ご興味のある方はぜひご参加ください。
10:25-12:25「やさしいCAEツール」を使った設計CAEのご紹介」
ムラタソフトウェア株式会社 辻剛士

Post has attachment
https://www.event-web.info/ziw2015/
Zuken Innovation World 2015 にてFemtetを展示・紹介します。ぜひお越しください!

こんにちは.マクロファイルに出力について質問です.
新規プロジェクトを作成し,ソルバを電磁波解析に設定し,マクロ出力を行うと,
    '------- 電磁界(Volta) -------
    Als.Volta.b2ndEdgeElement = True
が記録されます.
ところが,FEMTETライブラリのCVoltaのメンバb2ndEdgeElementが私の環境ですとないため,このコードを実行しようとするとエラーとなります.
上記コードをコメントアウトすると実行でき,挙動も今のところ問題ないようですが,この対応で問題ないのでしょうか.

コード実行環境は以下の通りです.
MS-EXCEL2010 ver.14.0.7153.5000 (32bit)
Femtet Ver. 2015.0.1.5.1846 (64bit)

ご教授頂ければ幸いです.

Post has attachment
https://www.facebook.com/muratasoftware
ムラタソフトウェアのFacebookページを開始しました。
主に、展示会・セミナのお知らせや、よく質問される内容についての例題ベースでの回答や、解析事例、機能の紹介をおこなう予定です。
みなさまの「いいね」をお待ちしています。

いつもコメント頂きありがとうございます.
細やかな事ですが,材料定数の編集ウィンドウに係る要望です.
誘電率タブにおいて,キーボードのタブキー(Tab)でフォーカスを変える場合,タブオーダーが次のようになっています.
異方性>周波数依存>tanδ>比誘電率

tanδから比誘電率のフォーカス移動が下から上である事にもやっとします.
ちなみに透磁率タブにおいては
tanδ>下のチェックボックス>比透磁率
の順番になっており,更にもやっとします.

私の知る限りタブオーダーは基本的に上から下に設定されているため,問題がないようでしたら,そのような順番にして頂きたいです.
ご検討よろしくお願いします.
Wait while more posts are being loaded