参加させて頂きます。
小説とかイラストを書いたことは
ないんですけど、見るのが結構
好きです。
物語を考えるのも好きかもです。
よろしくお願いします。

Post has attachment
本日このコミュニティに入りましたバットです。
趣味で物語を考えています。設定を考えるのは得意なのですが、文章関係が凄く苦手で、肝心の文章系は全く進んでいません。
皆で作ると書かれていたので、他者の意見や指摘を受けながらいい物語にしたいと思っていますので、よろしくお願いします
現在制作中の物語の設定は、下記のURLに書いてありますので、もしよろしければ見てください!
箇条書きなので、わかりずらい・意味不明なところがあるかもしれません・・・。


勝手ながら参加させて頂きました!m(_ _)m
小説書くの(物語を考えるの)大好きです!
今は【哀しい出来事は最初に来る】を書いてます!まだ小説書き始めたばかりなので投稿の中で色々アドバイスくれると嬉しいです(`◇´)ゞ
よろしくお願いしゃっす!!!✨

皆さん、はじめまして!
参加させていただきました!
まーちゃんです!
よろしくおねがいします!

入りました。宜しくお願いします。

僕はダークファンタジーなものを皆さんで作って行きたいと思います。

宜しくお願いします

エグザム 4話
ー生き残る者と死にゆく者 それを分けるものは何かーいまでも答えが分からないーだが死はいつか誰にでも来るー5時間で3000人の死者が出ればー
一人の人間はその中に埋もれてしまうーがしかしその一人は俺の戦友だったーセシルー彼は我々に大きな影響を与えてくれたーツケは我々が払わなければならないー
ーUSSタイタンー
アイリッシュ「クソ…」
ジョナサン「アイリッシュ お前のせいじゃない」
アイリッシュ「わかってる…ただー」
ウイーン ウイーン ウイーン
PA「緊急事態発生 艦内に未確認生物確認 総員迎撃しろ」
アイリッシュ「未確認生物?なんじゃそりゃ?」
ジョナサン「おい!アイリッシュ!後ろだ!」
アイリッシュ「クソ!はなしやがれ!」
バババババ バババババ
ジョナサン「大丈夫か!アイリッシュ!」
アイリッシュ「ああ…なんとかな」
ジョナサン「それにしても なんなんだこいつは」
アイリッシュ「さぁな 少なくともこんな生き物は見たことがねぇ」
司令官「Hādēsチーム ブリッジに集合しろ」
シュリセル「お呼びでしょうか?」
司令官「たった今ここから東の方向に突如謎の大穴が出現した 我々はこのままゴンドワナと合流し、調査に向かう それまで休息しておいてくれ」
ー夕食ー
ジョナサン「?今日は魚か 珍しいな 」
アイリッシュ「採れたてだってよ あんまり魚は食べないけどよ」
ジョナサン「採れたて?また、あいつらか 毎度毎度やってくれるぜ」
ー翌朝ー
シュリセル「起きろ お前らゴンドワナと合流したぞ」
アイリッシュ「了解」
ジョナサン「アイリッシュ確かゴンドワナには日本人とかもいたよな」
アイリッシュ「ああ、というかお前はアリスに会うこと優先だろ」
ジョナサン「まぁそれもあるがな アイリッシュ 着いたら案内を頼めるか?どうもデカイからフロアが分からんくてな」
アイリッシュ「いいぞ まぁ簡単さ」

Post has attachment
エグザム 4話のさ
PhotoPhotoPhotoPhoto
2015/11/10
4 Photos - View album

Post has attachment
初めまして入らせてもらいました よろしくです。
ジャンルは特に決まっていません。恋愛系は苦てですが戦闘は得意です。リクエストあれば頑張ります。軍事系入れるかもしれないです。画像の意味は特にありません
PhotoPhotoPhoto
2015/11/08
3 Photos - View album

Post has attachment
題名未定です。
ストーリー説明
軍事系要素あります。
主人公 ジョナサン テイラー デスマシーンプログラムの被験者全身がほぼ機械化しており階級は少尉

プロローグ〜改造
ーいつからだろうか俺は殺人マシーンになりたかったーそしてそれになったー
軍医[おめでとうジョナサン]
ジョナサン[手術は?]

軍医[成功だ まず体を慣らしたほうしたほうがいい]
ジョナサン[了解]
ー時は2085年 地球は死にかかっていた しかしこんな状況でも人類は争っていた 1年前 ロシア率いるMFRはアメリカを攻撃 世界の情勢は悪化 第三時世界大戦だ 2085年ー軍事は飛躍的に進歩し対人二足歩行ロボットやサイボーグ兵士が登場したデスマシーンプログラムもその一環だ 手や足を機械化させ脳に新しい細胞を追加し 追加された能力を扱うというプログラムだ そしてジョナサンはそのプログラムを受け戦場に立つことになる...
Photo
Photo
2015/11/08
2 Photos - View album

エグザム 1話

ー2085年6月5日 俺は空中浮遊空母タイタンに所属することになった 俺はHādēsチームに所属することになった Hādēsチームは俺のように人体を改造された人間の集まりだ ー

司令官「Hādēsチーム4番デッキの会議室に集合せよ」
シュリセル「おいお前ら行くぞ」
総員「ウーラー」
司令官「いま イラクの大臣が誘拐されたという情報を入手した 君達には大臣を救出する任務をしてもらう いちよう言っておくが私は成功報告以外聞きたくはない」
15分後…
シュリセル「総員アサルトアーマーを着けろ 今回は救出が最優先だ30秒後に降下するいいな」
総員「ウーラー」
ジョナサン「どうしたルイス?顔色悪いぞ?」
ルイス「降下だよ降下、意識が飛びそうになる…」
ジョナサン「吐きそうなったら下の敵を狙ってくれよ」
降下ナレーター「降下シークレンス開始 3、2、1…降下」
ルイス「うぉー!クソー!!」
Wait while more posts are being loaded