最初は軽い気持ちで入院を希望した。それは自殺願望があったからだ。
閉鎖病棟と呼ばれる場所には、初めて入院した。西東京市内にある薫風会山田病院3-2病棟
入院は2度目で小学生の時以来だった。
ボクには、強迫性障害(重度)と統合失調症(入院中に重くなった)【幻覚・幻聴】対物潔癖症(重度)、コミュニケーション能力無があり物事がうまく進められないにもかかわらず時間指定やがあり、いろんな人間が居てストレス値(コップの水と捉えてください)どんどん溜まっていった。
最初の部屋は良かった。使い放題の泡石鹸
よく喋ってKYと呼ばれてるおっさん、知的障害の子(「頭を撫でろと催促し」撫でたら、次の日ボクの頭を掴みながら「コイツにはイロイロ言いたいことあるけど今は我慢してやる」意味不明な発言)、最初は優しくて接してくれて「いきなり嫌い」と言ったかと思うと次の日「そんなこと言ったけ?」と開き直るNS(1番嫌いなのでイニシャル出しますネット上では【うさぎさつき】HNで活動しているらしい)には要注意ですよ気を付けてください表面だけはいいので、様々な人間が居ました。入院前は、ピトッピトッと言う感じでストレスが溜まっていってたんですが、蛇口を捻ったかのように水が溜まっていくのがわかりました。病院とNSのせいです。間違いありません。主治医の対応は無反応、対応してくれず遂に溢れました。ベッドの柵を外し壁を渾身の力で殴りつけました。結果、隔離室で、拘束される身になりました。なんにも対応してくれなかった主治医と人として扱わない看護師に殺意を覚えました。拘束中トイレに行けないのでおむつか尿便、おむつ内に出来るわけもなく仕方なく尿便を選びましたが対応が雑すぎる、おむつを外し「ほら、やれよ」え?ですよね。出なかったので「10分間待ってやるからその間にやっとけよ」と・・・そんなこんなで父母に協力してもらいナントカ脱出出来たのでありました。めでたしめでたし。

Post has attachment
殺人現場前で謎の儀式
PhotoPhotoPhotoPhoto
2016-07-12
4 Photos - View album

Post has attachment
ハッポウドリンクの泡
Photo

Post has attachment
マガツさん、降臨
Photo

Post has attachment
甲冑の横に甲冑ラッピー
Photo

Post has attachment
からあげラッピー
Photo

Post has attachment
ラッピーの歌
Photo
Photo
2016-07-12
2 Photos - View album

Post has attachment
AISのフォトンブラスター
PhotoPhotoPhoto
2016-07-12
3 Photos - View album

Post has attachment
ファッションセンターしまむら
Photo
Photo
2016-07-12
2 Photos - View album

Post has attachment
送水口
Photo
Photo
2016-07-12
2 Photos - View album
Wait while more posts are being loaded