Profile cover photo
Profile photo
chemy kano
130 followers -
ヨガの先生とIT関係(ほぼ死語)のコンサルとかいう 猫の手貸します系なんでも調べもの屋さんの二足のわらじを履いてる 40代マテリアル主婦
ヨガの先生とIT関係(ほぼ死語)のコンサルとかいう 猫の手貸します系なんでも調べもの屋さんの二足のわらじを履いてる 40代マテリアル主婦

130 followers
About
Posts

Post has attachment
麻痺が進んでるやら、下血やら
タイトルの通り、左足の麻痺はどんどん進んでおり、時々下血する有様であります。 腫瘍がS字結腸巻き込んだからストマになっちゃったんだから、病状進めば下血になるのはしょうがないわけですが、どんどん、病状はわるくなっているんだなあっていう実感です。 でも、まだ普通に動けるから、遊びにはどんどん行こうとおもっています。 いや、フツーに動けるというのはいいすぎだな。 ノロノロではあるけども、歩けるし、動けるので遊びに誘ってくださいなっと。 じっとすわってたりするぶんには全く問題ないので(笑 歩き回るのはちょっとしんどい...

Post has attachment
通いかけていた新しい病院で言われたことと、訪問介護、訪問看護。
入院した次の日、入院するのは日生でよかったのかなぁと悩んで通いかけてた新しい病院に電話をかけてみた。 そうしたらそこで言われた言葉 まず、 「なんでうちに来ないんですか、腸閉塞くらいで死んだりしませんよ。タクシーでもなんでも呼んできたらよかったじゃないですか、で、そこから必要ならほかの病院紹介したりしましたよ」 たしかにそう簡単に腸閉塞では死んだりしないのかもしれない。(死にいたる場合もあるということだけども)でも、なんだかちょっと違うような気がする...。 そして、結局行ってもほかの病院に回されるんかーと思...

Post has attachment
不安でしょうがない。
無事に先日堅信式を終え、信徒として認めてもらることになりました。(堅信式というのは、聖公会独特の儀式で、洗礼は受けたけれどもさらに堅くイエス・キリストを信じますという儀式なのです。教区の主教様しかできない儀式です。) 信仰をもつことで心は穏やかにやなるのですけれども、(死ぬというよりは、主のみもとに呼ばれるということだしね)死ぬことがこわいのではなくて、これからどうなっていくのかが見えないのが不安。 1ヶ月先の事がわからないのが不安。 動けているのか、動けていないのか。 病院で一ヶ月半いたせいもあるんだろうけ...

Post has attachment
できないことを数えない
最近になって、は!と思ったこと。 いつだったか「元気になったらやろう」と思っていたら遅いからやりたいことは今すぐやろう!って書いたと思うんだけど、そこばっかりに集中しちゃうと「できないこと」を数えてしまって、落ち込むことがあるなぁって。 例えば、今食欲がおちていて、果物とか野菜の素焼きとか茹でたやつとか、麺類とかなら食べられるけども他のものは食べられないものがおおくて、友達とランチとかってなっても食べられないものしかなかったらどうしよう...とかおもって行くのを辞めたり、掃除もついついクイックルワイパーだけで...

Post has attachment
新しい病院に行ってきました
先日書いた新しい病院に行ってきました。 院長先生の診察だったのですが、開口一番 「あなた、うちにくる患者さんのなかでは初期ですよ!うちにくるのは棺桶に片足つっこんだような人ばっかりです。子宮頸癌や卵巣がんでは滅多なことでは死にません!あなたみたいな人がくることもあるんですねぇ」 って。 そうなの?! とりあえず、今までの治療についてはダメだしがいっぱい。(o´∀`;o)aポリポリ とはいえ、私がひょっとしたらー?と思っていたようなことだったので、やっぱりねーとおもいつつかなり納得。 「あなたの状態だといま...

Post has attachment
花子とアンとショウ先生
タイトル、なんのこっちゃ?ですがw 某放送局で絶賛放送中の「花子とアン」というドラマ。 やっと本題(?)である「赤毛のアン」が出てきたそうな。 (ほんの時々みてるだけなので、いったい今どこやら?) ドラマのなかで村岡花子に「赤毛のアン」の原書を渡したのは山梨英和のスコット先生ということになっているんですが、史実はそうではなくて大阪にあるプール女学院におられたショウ先生というかたなんだそうです。 (ミス・ショウはプール女学院を辞められた後、東京で村岡花子と教文館で働いておられたようです。 http://www....

Post has attachment
5回目の動注と新しい病院
5回目動注いってまいりましたが、大きさは不変。 不変なら命の別状ないので細く長くやっていきましょう!ということで6回目が10月に決まりました。 しかし、微妙にこの痛いのがなんともーなのでできれば小さくなってほしいなぁ。 とおもっています。 痛いわ食欲落ちるわでQOL下がりまくりなんでー。 やっぱり普通に生きたいです。 これさえなければ腫瘍はあっても生活楽しめる! そこ、そこだけなんですー。 そして、あらたな病院を開拓したので行ってきます。 サンタマリア病院 http://www.santamaria-med....

Post has attachment
4回目の動注評価
いって参りましたー! 結果発表どどん! ......と。 ここの担当医、待合室で待っていると先生本人が診察室から顔だして呼んでくれるんですが、そのときの表情でだいたいいいか悪いかがわかるんですよね。 今回はまずまずの表情だったんで、お?とおもって診察室の椅子にすわったとたんに 「ちょっと気になることが....」 って、えええー!なになに?!なんなの?!ご新規様出現なの?! 「とりあえず画像みながらお話しましょう(ドキドキ)。大きさは変わっていませんが全体的に前と比べて染まりが薄くなっていて、ところどころ黒くな...

Post has attachment
神のなさる事は、すべて時にかなって美しい
今日ほんとうに偶然に長年の友達に会うことができました。  と、いっても春にもあっているのだけれども、複数人で会ったので深い話等せず分かれたのですが、
今回は二人ということもあってかなり深ーい話をいたしました。  あー、なんだか闘病ブログじゃなくて宗教ブログになっていきそうなーW  そう、ほんとに偶然にその子は数年前に洗礼を受けたそうで、私が聖歌隊に入っているっていうのをきいて聖公会ってどんなところ?って興味があったそう。  で、たまたま最近闘病と免疫力とイェスの愛について書くことが何度かあったんだけれども、そ...

Post has attachment
待ち遠しい新治療法ーBNCT
BNCTー中性子捕捉療法(ちゅうせいしほそくりょうほう、英 Neutron Capture Therapy)とは 原子炉などからの中性子とガン組織に取り込まれた中性子との反応断面積が大きい元素との核反応によって発生する粒子放射線によって、選択的にガン細胞を殺すという原理に基づくガン治療法(放射線療法)である。この治療法に用いられる中性子増感元素としては10B、157Gd等が考えられているが、現在はホウ素のみが用いられており、この場合特にホウ素中性子捕捉療法(ほうそちゅうせいしほそくりょうほう、英 Boron ...
Wait while more posts are being loaded