Profile cover photo
Profile photo
心の道場
37 followers -
霊障を自分で浄霊できる「自己浄霊法」を紹介する心の道場です。心霊に関する相談も承ります。
霊障を自分で浄霊できる「自己浄霊法」を紹介する心の道場です。心霊に関する相談も承ります。

37 followers
About
Communities and Collections
Posts

Post has attachment
7月の方位

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2018年(平成30年)は暦の上では2月4日から始まって、2019年2月3日までの1年間が戊戌(つちのえいぬ)九紫の年となります。

1年間(20182月4日~2019年2月3日)は、北と南と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、2018年1月17日~2月3日の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

今日2018年7月7日は小暑で暦の上では今日から7月となります。
7月7日~8月6日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、南と北と東南と北東の方角は注意が必要です。
また、7月20日~8月6日の期間が土用となり、新増改築・工事・動土など全方位において慎んで下さい。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。
Photo

Post has attachment
5月の方位

2018年(平成30年)は暦の上では2月4日から始まって、2019年2月3日までの1年間が戊戌(つちのえいぬ)九紫の年となります。

1年間(20182月4日~2019年2月3日)は、北と南と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、2018年1月17日~2月3日の期間は土用となり、動土は慎まなければなりません。

今日2018年5月5日は立夏で暦の上では今日から5月となります。
5月5日~6月5日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、南と北と東南の他に南西と北東と北西の方角は注意が必要です。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで北東の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。 

#方位
#吉方
#凶方位
#不幸を防ぐ
Photo

Post has attachment
自己浄霊法の感想をいただきました。

自己浄霊を初めて1ヶ月になりました。

初めてホームページを見た瞬間、とても強いエネルギーを感じました。
体が震え、自分の中の霊が激しく抵抗しているような感覚がありました。
やがて何故か号泣し、悲しげな女の人が去っていくのを感じました。

後から菅先生に伺ったところ、実はホームページを見た瞬間に自己浄霊が出来ていたようです。
女の人も浄霊されたのだと思います。
翌日からとても気分が晴れ晴れとしてきました。

すぐに自己浄霊を申し込み、夫と共に朝晩実践しています。

実は、家は三方にお墓があります。
室内には結界を張っていましたが、度々霊障の影響を受けていました。
特に疲れているときなどは体が動かなくなることが良くありました。

以前は人込みなどで苦しくなることもありましたが、縮小印刷した神棚の写真で自己浄霊をすると落ち着きました。
今は、霊障の影響を感じることもほとんどなくなり、毎日とても快適に過ごすことが出来ています。

心の道場にも入会し、同時に始めた心癒功のお陰で、体もしっかりとして疲れにくくなり、各段に元気になりました。
自己浄霊法を開発し、心癒功を教えてくださった菅先生に心から感謝しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


掲示板『 癒しの道場掲示板 』より

#自分で出来る浄霊法
#霊障
#除霊・浄霊
#地縛霊
#生霊
Photo

Post has attachment
心癒功

癒しの道場では、健康法の一つして「心癒功」を提唱しています。
「心癒功」とは、昔からある気功法の一種と言ってよいと思いますが、
私が霊能開発の過程で経験したことをまとめたもので、心を癒す気功法
という意味で「心癒功」と名付けました。
今回から数回にわたって「心癒功」について解説したいと思います。
多くの方に関心を持っていただいて実践して頂ければ幸せです。

気について

人間の肉体内には、血液の流れ、リンパ液の流れ、そして気の流れの3つの流れがあります。
血液の流れとリンパ液の流れは目に見えて確認できますが、気の流れは
普通では目に見えないものであり確認することが出来ません。
また、科学的に証明しようと色々な実験をされていますが、いまだにこ
れといった確実な結果は出ていないのが実情です。

しかし、気を見ることが出来る人がいます。見るという言葉はあたって
いないかも知れませんが、目で見える人と、気の動きが判る人があると
いうことです。

私も気が見えるのではなく、判るのです。
始めからわかったのではなく、訓練を続けていくうちに判るようになっ
たのです。

話を元に戻して、「気」のことについて少し詳しく説明しますと、気には先天の気と、後天の気があります。

先天の気と後天の気

先天の気とは、生体エネルギーといっても良いと思いますが、生まれたときから肉体内に備わっている気です。肉体内には血管と同じように、気の流れる道筋があり、体中をカバーしています。
そして、ある部分の気が滞ると、その部分が病んでいくのです。

気自体もエネルギーなのですが、気が流れることでエネルギーが発生します。このエネルギーが生体エネルギーのことだと思います。

後天の気とは、自然の気とも言って、人間を取り巻く周囲に存在します。
人間を中心として考えたとき、人間の足元に存在する気を「地の気」、頭の上に存在する気を「天の気」、そして地球を中心としてみると地球を取り巻く「宇宙の気」が散在します。

これは便宜上つけた名前ですが、わかりやすくするためにこのようなわけ方をしました。
心癒功では、この自然の気(後天の気)を体内に取り入れ、気の流れを良くし、人間の気(先天の気)と融合させて強化する方法をとっています。

中国では、先天の気を重んじている気功法が多いようです。

今回は以上です。
次回は心癒功の基礎知識についてお伝えします。

---------------------------------
     ☆ 心癒功通信講座のご案内 ☆

 自宅で心癒功が学べます。
 心癒功の理論と実技を解説したテキストと、音声で指導するCD、映像で
 学べるDVDをセットにした教材を利用して学ぶ心癒功通信講座をおすすめ
 します。

 心癒功通信講座
 http://sinnyukou.com/tuusinnkouza.html

--------------------------------
#気功法
#呼吸健康法
#心と体をいやす
Photo

Post has attachment
癒しの道場

人間がいつまでも健康で長生きできるためにはどのような生き方をしたらよいのかということが長年のテーマでした。
最初に出会ったのが気学でした。
気学とは、人間が移動することで様々な現象が起こってくるということを解明した方位学の一種です。
気学の教えに従って転居などを繰り返して、自分の人生にどのような影響があるかを知る為に実践してきました。
そしてその結果、かねてから熱望していた体操教室の体育館を手に入れることができました。

その後、ある方からのアドバイスで霊能者にお会いすることがあり、霊障というものが人生の邪魔をしているという事実も教えていただきました。
そして、その霊障を無くす方法として浄霊法を教わり自分なりに実践をして来ました。

また、霊能開発を進める中で、様々なエネルギーの存在を知りその応用法も身に着けることができました。
それが、気功法であることがわかり、独自の気功法として「心癒功」と名付けました。


気学や浄霊法や心癒功を実践することで、不健康であった者が健康になったり、様々な問題を解決できることもわかりました。

そこで、このことを多くの人たちに伝えていきたいと思うようになり、「癒しの道場」というホームページを立ち上げ、浄霊法は「心の道場」で、心癒功は「気の道場」として公開しました。

その後、スポーツ指導者として栄養にも関心があったので、関係書籍を読み漁り、栄養と健康の関係を扱った「食の道場」も公開しています。

次回は、「気の道場」で扱う心癒功について詳しく解説していく予定です。

心癒功についてはこちらを参考にして下さい。
http://sinnyukou.com

Post has attachment
4月の方位

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2018年(平成30年)は暦の上では2月4日から始まって、2019年2月3日までの1年間が戊戌(つちのえいぬ)九紫の年となります。

1年間(20182月4日~2019年2月3日)は、北と南と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、2018年1月17日~2月3日の期間は土用となり、動土は慎まなければなりません。

今日2018年4月5日は清明で暦の上では今日から4月となります。
4月5日~5月4日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、南と北と東南の他に西と東の方角は注意が必要です。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。
Photo

Post has attachment
3月の方位

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2018年(平成30年)は暦の上では2月4日から始まって、2019年2月3日までの1年間が戊戌(つちのえいぬ)九紫の年となります。

1年間(20182月4日~2019年2月3日)は、北と南と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、2018年1月17日~2月3日の期間は土用となり、動土は慎まなければなりません。

今日2018年3月6日は啓蟄で暦の上では今日から3月となります。
3月6日~4月4日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、南と北と東南の他に北西と西の方角は注意が必要です。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。
Photo

Post has attachment
ホームページで自己浄霊法

先日、お電話で「妻が心の道場のホームページを見ていて異変を起こしているが何が起こったのか?」というお問い合わせをいただきました。
当方では、電話での相談は受けていないためメールで相談して頂くようご案内しました。

頂いたメールには、奥様が自己浄霊法のページを見ていて自然に涙があふれてきて、悲しそうな女性が身体から離れていくように感じたと書いてありました。

この方はホームページの内容を心から信じられたため、心の道場に波長が合って自然に自己浄霊法が成功したのでした。
その後とてもすっきりした気持ちになったと報告をいただきました。

このようなことは過去にも起こっています。
また、このような現象が起こってくれることを願ってホームページを作ったつもりです。
そしてこのように心の道場に関わって魂が目覚めている方が増え、その周りの人たちにも良い影響を与えていただけることが心の道場の願いなのです。

魂が目覚めている方の周りには自然に人が寄ってきて、その人たちが良い気持ちになり、良い人生を送ることができるようになります。
このような連鎖が起こっていくことを強く願っています。
Photo

Post has attachment
厄年

最近厄年に関する相談や質問が増えています。
私自身も昨年が厄年にあたりいろいろありましたので、体験談も加えて厄年について思っていることを書いてみます。

先ず厄年とは、自分の生まれた年の星(九星)が九星の運行で北に回った時の事を言います。
暦の上では今日2月4日から平成30年に入りますので、生まれ星が五黄土星の人が北に回る年回りとなり、今年1年間は厄年となります。

気学では、人の運気は9年周期で衰運期から幸運期を、幸運期から衰運期へと回っているとされています。
その中で、生まれ星が北に回った時が最も運気が下がる衰運期となるのです。

厄年にはどのような状況になるかと言いますと、先ず健康運が下がってきて人によっては普段は健康な人でも病気になることがあります。
また、事業面でも思った通りに事が運ばない状態が出てくる可能性もあります。
ご商売をされていると、売る上げが下がることもあります。

必ずそうなるということではありませんが、そうなる傾向が強いのです。

ただ、厄年にしておいた方が良いこともあります。
それは、来年から始まる幸運期に向けて準備をするための勉強や資格を取るというようなことは絶好の時期なのです。
厄年には、なんとなく周りから孤立するような感覚が芽生えるため、自分に集中することができます。

私の昨年の経験をお話ししますと、私の星六白が北に回り厄年となり、おまけに六白に暗剣殺というおまけがついていました。
暗剣殺というものが付くと悪いことが一層強化されます。
そして、加えて自宅の家相で北の玄関が引っ込んでいる為、欠けの作用が働き今まで経験したことがないような辛い想いをさせられました。

特に私は体操の指導をしているのですが、全国大会を目指していた高校生と中学生の二人の選手がどちらも予定していた結果が出せなくて1年間低迷してしまいました。
全国大会へは出られるように指導し、練習をしていますので例年であれば難なくクリアできるのですが、昨年だけは思わぬアクシデントでかないませんでした。
高校生の方は、全国大会の切符は手にしたのですが、その後体調が思わしくなく全国大会では本領を発揮出来なかったのです。

指導者としても本当に悔しい想いをしました。
私だけの運気の問題ではないとは思いますが、厄年の恐ろしさを痛感した次第です。

厄年に家相の影響も加わったことが私にとって大きなダメージとなったのです。

五黄土星生まれの皆さん、1年間を無事に過ごされることをお祈りいたします。
Photo

Post has attachment
2月の方位

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2018年(平成30年)は暦の上では2月4日から始まって、2019年2月3日までの1年間が戊戌(つちのえいぬ)九紫の年となります。

1年間(20182月4日~2019年2月3日)は、北と南と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、2018年1月17日~2月3日の期間は土用となり、動土は慎まなければなりません。

今日2018年2月4日は立春で暦の上では今日から2月となります。
2月4日~3月5日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、南と北と東南の他に南西の方角は注意が必要です。
Photo
Wait while more posts are being loaded