Profile cover photo
Profile photo
澤登和夫(さわとん)
61 followers -
通称さわとん。うつ専門カウンセラー 「あなたが大切な人にできること」としてうつの家族や友達の力になりたい人へ10年間活動を続けてきました。著書に「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」など。
通称さわとん。うつ専門カウンセラー 「あなたが大切な人にできること」としてうつの家族や友達の力になりたい人へ10年間活動を続けてきました。著書に「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」など。

61 followers
About
Posts

Post has attachment
福山雅治になりたいと思ったことがあります。 2012年、NHKのど自慢の予選を通過し本戦に出場。 福山雅治の「家族になろうよ」を歌いました。 しかし鳴った鐘はふたつ、、福山雅治になることは諦めました。。 諦めるとは、大事なことを明らめること 福山雅治さんのことは半分冗談ですが、誰かのことが羨ましいな、ああなりたいなと思うことありますよね。 しかし、自分は自分の人生しか生きることができません。 もちろん憧れたりすることも大事ですが、最終的に自分の人生を生きるしかありません。  …
Add a comment...

Post has attachment
うつなどで人生深く悩んでいる人の気持ちを知ることは 容易ではありません。   「悩んでいる人にどう接したらいいのか、、」 「うつになったことないし、どんなふうに辛いのか正直わからない。。」 「子どもに聞こうとしても話してくれない。。」   それならば、まず簡単にできることがあります。 それは、[keikou]体験した人の話を聞くこと、知ること[/keikou]です。 ちょうど最近、体験談を記したぼくの著書が近所の書店に並べられたのでご紹介します。 人生をやめたいと思っている人だけを思って書いた本…
Add a comment...

Post has attachment
5年半のうつ体験。今思うこと、あの時思っていたこと 「早く以前の自分に戻りたい」 「こんなはずじゃない」 「この状態がこのまま一生続くのか。。」 ぼくがうつだったとき、ずっとこんなことを思っていました。   どうにもひどい時にはずっとボクシングのパンチを浴びせられているような感覚でした。 1日1日が、1秒1秒がとにかく長くて、しかも水面にずっと顔をつけているような苦しさ。 「とにかく楽になりたい。解放されたい」 「ゼロからやり直したい。リセットしたい」   結果的にマンションの最上階から飛び降りました。…
Add a comment...

Post has attachment
[aside type=”boader”] もしも息子がうつ病になったら。。親として何を思うのでしょうか。   第1話の 【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第1話】自分の子どもがうつ病!? に引き続き、ぼくがうつ病だった時に母が何を思っていかをお伝えします。 今回は全て、当時母が書いていた日記からの記事です。 ※この体験記は2013年5月に、母がぼくと一緒に新潟の講演会でお話しさせて頂いたときの原稿が元になっています。 (講演会の時の写真です。いつもは笑顔で楽しい母ですがぼくがうつの時は違いました)…
Add a comment...

Post has attachment
うつ専門カウンセラー澤登和夫、さわとんです。 このたび、活動開始10周年&「あなたが大切な人にできること」新サイトオープンを記念して、2018年度版「あなたが大切な人にできる10のこと」をリリースすることが決まりましたのでお知らせします。   8年前、2010年に同じタイトルの小冊子を作成しました   「あなたが大切な人にできること」は澤登和夫活動開始から10年間、全国の講演会などでお伝えしてきたテーマです。 (↑昨年度の埼玉県吉川市、千葉県横芝光町での講演会のチラシです)  …
Add a comment...

Post has attachment
こんにちは、さわとんです。   「あなたが大切な人にできること」はなんですか?   と講演会などで問いかけると、よく出る言葉は 「寄り添う」です。   「うつの家族に、元気になってほしい。 そのために、もっと寄り添える自分になりたい」   すばらしいことだと思います。   でも寄り添うってわかりにくいし、寄り添う力を高めるって難しいですよね。 ではどうやったらその寄り添う力を高めることができるのでしょうか。   ここではシンプル、かつ、ぼくが一番大事だと断言できることをお伝えします。…
Add a comment...

Post has attachment
[aside type=”boader”] ぼく澤登和夫は27歳〜33歳まで、約5年半にわたりうつ病で苦しみました。マンションの最上階から飛び降りるということもしました。 人生をやめたいほど苦しかったのですが、当時苦しかったのはぼくだけではありませんでした。 同居して支えてくれていた母親も、自分がうつになるくらい苦しい思いをしました。 今回、その母の体験記を何回かに分けて掲載することにしました。 母もこの体験がうつで悩んでいるご家族の力になれれば本当に嬉しいと思っています。  …
Add a comment...

Post has attachment
「あなたが大切な人にできること」の正式な活動開始日は2018年3月29日(さわとん起業10周年の日)ですが、初めて公に発表したのは2日後の3月31日に開催された「さわとん起業10周年記念講演会+」です。 この講演会は実質的な活動開始イベントにもなったので、当日の様子をご紹介しつつ、参加者の皆さんから頂いた20個の心温まる「あなたが大切な人にできること」メッセージもご紹介します。   さわとん起業10周年講演会、こんな感じでした 今回の講演会は、東京飯田橋の部屋を借りて行いました。…
Add a comment...

Post has attachment
これまでの3方向から、ひとつの方向へ特化 2018年3月29日、起業10周年の日に大きく方向性を変更し、このサイトもリニューアルしました。 それまでは、うつなど人生体験をしてきた「澤登和夫(さわとん)」を前面に出し、主に うつで悩んでいる方 うつの方を支える方(ご家族や同僚) 起業したい、している方 という3方向の皆さんへサポートをしてきました。 これを今後は、 うつの方を支える方(ご家族や友達、同僚) に集中し、活動、サポートしていくことにしました。   なぜ、うつを支える方向けのサポートに特化したのか…
Add a comment...

Post has attachment
この記事は、このブログ「あなたが大切な人にできること」の初投稿記事です。 このブログがスタートしたのは2018年3月29日、ぼくさわとんこと澤登和夫が起業10周年を迎えたです。 その日に他のどの記事よりも先にこの記事を書いています。   「あなたが大切な人にできること」は、10年前の起業当初からずっと考え、実践し、カウンセリングや講演会で伝えてきたことです。 この記事は「あなたが大切な人にできること」の活動開始から10年経った今、一番伝えたいメッセージです。   支える方で悩んでいる人はたくさんいます…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded