Profile cover photo
Profile photo
小野不一
About
Posts

Post has attachment
**
 それに“貧困”は、人々が怠けているから生じているのではない。むしろ私はアフリカで、人々のとてつもない粘り強さを学んだ。貧困という現実があるのは、ただ障害が多すぎるからだ。一人でも重病の子がいたり、夫が死んだりすれば、一家の貯金は吹き飛び、借金地獄に陥り、永久に貧困から抜け出せなくなる。(『 ブルー・セーター 引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語 』ジャクリーン・ノヴォグラッツ:北村陽子訳)
Add a comment...

Post has attachment
**
 ナスのへたを二つに切り、その切り口をいぼに当て、気長にこすります。  小さないぼなら、これでとれるといわれています。 (『 食べて治す・自分で治す大百科 』長屋憲監修)
Add a comment...

Post has attachment
**
1月1日 【1959年 日本もメートルとグラムに】1921年の度量衡法改正から40年、やっと全面実施になった。これまで“100匁いくら”で買っていた牛肉が100グラム単位になって、とまどう人も多かった。 (『 科学・今日は何の日 』畑中忠雄)
Add a comment...

Post has attachment
**
「では、自ら死を選ぶことは悪いことではないのですね」 「善悪を言うのは、意味がない。それは人の一時の判断で、なんら確かな根拠はない。しかし、友よ。人は自ら死ぬべきではない。たとえ、それが悪いことでなくても、その人にとって生きることが死ぬことよりはるかに辛(つら)いことだとわかっていても、自ら死ぬべきではない」 「それはなぜですか? 師よ、なぜそうなのですか?」 「なぜと問うてはいけない。理由を求めてはいけない。理由はないのだ。これは決断なのだ。友よ、君は自ら死を選んではいけない」 (『 老師と少年 』 南直哉...
Add a comment...

Post has attachment
**
 ひとつの 戦争 から別の戦争へと、200万人のアメリカ人が イラク と アフガニスタン の戦争に派遣された。そして帰還したいま、その大半の者は、自分たちは精神的にも肉体的にも健康だと述べる。彼らは前へと進む。彼らの戦争は遠ざかっていく。戦争体験などものともしない者もいる。しかしその一方で、戦争から逃れられない者もいる。調査によれば、200万人の帰還兵のうち20パーセントから30パーセントにあたる人々が、心的外傷後ストレス(PTSD)――ある種の恐怖を味わうことで誘発される背音信的な障害――や、外傷性脳損傷(...
Add a comment...

Post has attachment
**
第3章 「転職・失業」でもらえるお金  雇用保険制度  失業給付の「基本手当」  所得税の還付  教育訓練給付金  公共職業訓練  技能習得手当・寄宿手当  求職者支援制度  各種延長給付制度  就業手当  再就職手当  常用就職支度手当  高年齢雇用継続基本給付金  高年齢再就職給付金  広域求職活動費  U・J・Iターン奨励金  職人育成支援  自治体の資格取得講座  起業支援 (『 知らないと損をする 国からもらえるお金の本 』井戸美枝〈いど・みえ〉)
Add a comment...

Post has attachment
**
 攻守にわたる幅広い働きをこなす腸には、他の臓器にはない際立った特徴がある。 「実は体外である」ということだ。消化管は、文字どおり「中空のパイプ」である。【ちくわ】を思い浮かべていただければよくわかるように、腸は「内側を向いた体表」」であり、おなかの中に広がる“外界”なのである。 (『 からだの中の外界 腸のふしぎ 』上野川修一)
Add a comment...

Post has attachment
**
ガスレンジの汚れはビールでひと拭き ガスレンジまわりのこびりついた汚れには、飲み残しのビールが重宝します。さらし布に残ったビールを含ませて拭けば、汚れがサラッときれいになります。多少ビールの臭いが残ることもありますが、10分もすれば消えてなくなりますのでご安心を!(『 おばあちゃんの知恵袋大事典 』和の暮らし研究会)
Add a comment...

Post has attachment
**
 なぜヒバリなのかといえば、「すかいらーく」の前身の「(有)ことぶき食品」の創業地が東京都西東京市の「ひばりが丘団地」だったからだ。そこでファミリーレストランを出店するにあたり、店名を「skylark(スカイラーク)」とした。  初めはカタカナだったが、イメージが堅いということで、ひらがなの「すかいらーく」に改められた。 (『 思わず話したくなる社名&商品名の謎 なぜか気になる社名・商品名の由来760 』田中ひろみ)
Add a comment...

Post has attachment
**
 この超巨大 地震 では、三陸沖から茨城沖にかけての日本海溝沿いで、およそ500km×200kmの領域が平均10~20mもずれました。政府・地震調査委員会の長期評価では、このような巨大地震は想定されていませんでした。しかし、ボーリングなどによる津波堆積(たいせき)物の調査から、仙台平野や福島のかなり内陸まで、複数回の津波が到達した痕跡が1990年にはすでに明らかになっていました。したがって、地震後に言われた「想定外」というこでは、けっしてなかったのです。(『 地震前兆現象を科学する 』織原義明、長尾年恭)
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded