Profile cover photo
Profile photo
Fumitaka WATANABE
183 followers
183 followers
About
Posts

Post has attachment
iPS細胞研究所の基金担当者としてBuzzFeedさんのインタビューに答えた記事が掲載されました。ここまで深く、基金の背景について調べ、クリアに書いてくださったメディアは初めてだと思います!
Add a comment...

Post has attachment
NHKの「発達障害プロジェクト」を観て考えたVR・ARの応用例
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/ NHKの複数の番組でつくる発達障害プロジェクト。 2017年5月21日の放送の中で、当事者がどのような感覚世界を生きているかを再現する映像があった。 これは、非常におもしろい。VR(仮想現実)技術・AR(拡張現実)技術によって同じことができれば、他者の感覚世界を再現することができるようになるはず。 「もしあなたが聴覚過敏だったら、こう聞こえる」 「もしあなたが視覚過敏だったら、こう見える」 というところは、現在の技術でかなり実現で...
Add a comment...

Post has attachment
ソードアート・オンラインから考えた患者さん向け仮想世界
ソードアート・オンラインというアニメがある。 最近、このアニメをきっかけに、医療と仮想世界の在り方について考えていた。 少々長文になるが、まとめてみようと思う。 ソードアート・オンラインとは? 以下、ものすごく、ざっくりと説明すると、このアニメは、ゲームの中に閉じ込められた主人公が、そのゲームのクリアを通じて現実世界に戻ろうと苦闘するという話からはじまる。 ゲームといっても、ファミコンのようなものではない。仮想現実の中で、大規模に多数のプレイヤーで行う、ロールプレイングゲーム(VRMMO-RPG)だ。 プレイ...
Add a comment...

Post has attachment
『サピエンス全史』を読んで考えた
普段は、ほんとうに、仕事・家事・育児に追われている。 先日読んだ『サピエンス全史』という本は、そんな自分を、長大なスケールの人類史をめぐる旅に出かけさせてくれた。 あまりにおもしろかったので、日本語で読んだあと、英語版もkindleで買ってもう一度読んでいる。 それくらいおもしろい。 衝撃を受けたのは、ホモ・サピエンスである私たち人類が、科学技術の力でおそらく新しい種へと進化をしていくのではないか、という指摘だ。 ホモ・サピエンスが科学技術によって、新しい種・生命を生み出すかもしれないという点も同様だ。 これ...
Add a comment...

Post has attachment
新しいブログをはじめます
個人として、新しいブログをはじめます。
Add a comment...

Post has attachment
iPS細胞研究基金へのチャリティランナーとして大阪マラソンに参加することを、10月20日の読売新聞夕刊に大きく取り上げていただけました!ウェブでも記事をご覧いただけます。
よければ、ご覧くださいー。
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました!ファンドレイザーという仕事に関心を持ってくださっている方にもおすすめの記事です。
Add a comment...

Post has attachment
「志を継ぐ」ということ
寄付者の方と接していると、この方の、本当に尊いお志を、自分たちが継がなければいけない、と感じる瞬間があります。 たとえば、患者さんのために真摯に職業人生を歩んでこられた医師の方。 一心に社会貢献を目指してこられた経営者の方。 子どもたちにどんな未来を残すか考え行動し続ける教師の方。 闘病生活の傍ら継続してご支援をくださる患者さんやそのご家族の方。 ほとんどの寄付者の方は、現在30代半ばである自分よりも年上であり、人生の先輩です。 そのような方々が、深く考えられた末に決断されたご寄付と、その中に込められた思いに...
Add a comment...

Post has attachment
ブログ更新。テロとMOOC(大規模公開オンライン講義)について書きました。
Add a comment...

Post has attachment
大阪マラソンのJapanGivingでの寄付募集、目標金額を達成できました!
皆様のご支援のおかげで、大阪マラソンまでまだ100日以上あるというのに、目標の30万円を達成できました!! 本当に、ありがとうございます!! (寄付募集の担当職員がもしJapanGivingで寄付を十分集められなかったら、職務能力に疑問符がつくというか、それなりに所内で問題になるのでは・・・と心配していたので、ほっと胸をなでおろしているところです) これからも、この活動報告で研究所や練習の様子をアップしていこうと思います。 他のチャリティランナーの方々も寄付を募集中です! 大阪マラソンでは、チャリティランナー...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded