Profile cover photo
Profile photo
住谷ねこ
86 followers
86 followers
About
Posts

Post has attachment

2017/11/17
観たい観たいと思いながら、なかなか機会がなかった映画。

ざっくり 人種差別もの~
スウェーデン ラップランドでトナカイを追って暮らす少数民族サーミ人は下等な人間として差別されていた。
不潔で下等、高度な教育は不要とされるのに
民族の歌や言葉は否定されスウェーデン語で話すよう強要される。
なのに、スウェーデン社会に出ていくことは歓迎されないのだ。見世物としての生を強いられる。
もっと自由に生きたいと全てを捨てて
文明社会に出ていった姉とサーミの地に残った妹。

文明の進んだ社会に生きる人間と、未開の少数民族との共存は、哀しくて難しいものだな。
Photo

Post has attachment
Photo

Post has attachment
Photo

Post has attachment
Photo

Post has attachment
吠えても届かない 2014

まだ社会になじまない青年と
その青年に拾われた犬、ボンピレオ君。


ボンピレオ君を置き去りした余命いくばくもない女性。
その女性の弱みにつけこむ悪徳業者。

みんなそれぞれに事情があって
それぞれに悲しくて哀しくてカナシクテ
世間はヤサシク(優しく、易しく)ない。

ボンピレオ君だけが救い。
ボンピレオ君はかわいい。
ボンピレオ君だけがゆるがずそこにいる。

でも そういう映画じゃないみたいだよ。
世のままならなさというか
正義は必ずしも勝たない というか
感謝の気持ちと保身はまた別物というか。
縮図的映画。

一枚目、かわいいかわいいぼんぴれお君
Photo
Photo
2017/05/17
2 Photos - View album

Post has attachment
やさしい人

ざっくり。
中年恋愛もの?
若いって残酷ね……みたいな?(笑)

タイトルとこのポスターに惹かれて観ようと思っていた作品。 このポスターと、キャッチを読んで、どうしてだか 孤独な主人公と拾った犬の交流映画と 思い込んでいた。
実際はちがっていて かんたんに言えば 中年男と若い女の恋愛もので 中年男が入れあげちゃって 女の方は元彼とヨリを戻しちゃって 嫉妬に狂った中年が元彼を脅し、女を拉致監禁。 最後は警察に捕まって…… 拳銃で元彼を脅し怪我をさせてるし とんでもないことをしましたね 状態になるという フランス特有のはっきりしない なんとなくドロドロした感じの 憂えた恋愛ものなのでした。
どこに だれが どう やさしい人なのかなぁって 頭の片隅にずっとひっかかていたんだけど 最後まで観て あーなるほど。 やさしい人ね。って納得。
主人公も、もちろんなんだけど たぶん出ている人、全員が やさしい人なのだ。 父も 彼女も 警察も 元彼さえも やさしい人なのだ。 寒い フランスの冬の風景がとても美しい。 ハッピーエンドともいいきれないけど けしてアンハッピーではない終わり。
フランス人ってみんなそうなのか この映画がそうなのか よく泣くなぁって思った。 男が。 ほんと 悲しみを素直に表現しちゃって よく泣くなぁって(^w^;)
ふられて暴れまくる主人公に父が声をかけようとするんだけど 普通、やつあたったり、そんなところ見られたくなくて隠れて泣くとか 想像するんだけど、ぜんぜんストレートにそういう悲しみを見せちゃう。
見せちゃって、ごめんって謝っちゃったりする。
ひどく脅されて怪我もさせられて 連れ去られた彼女探した元彼は 彼女の嘘に涙する。
ものすごく暴れちゃってもいいほどの仕打ちだと思うんだけど泣くし。
とち狂った主人公に実験台にされちゃう 
犬までやさしいのだ。
タイトル通り やさしい人 たちなのであった。
Photo

Post has attachment
ぼくとアールと彼女のさよなら

ざっくり、ラブコメディとのふれこみなんだけど、題材的には重くて
不治の病の女の子と、さえない優しい男の子の友情物語り。

僕=グレッグは、幼馴染みのアール毎日、映画のパロディを作っているような目立たない高校生だ。
そんな時、疎遠になっていた幼馴染みの女の子、レイチェルが白血病だと判明する。

難病ものだけど日本的な泣ける映画ではなくて、あくまでもコメディタッチ。
恋愛感も希薄で、友情ものだ。

グレッグとアールの作る映画は元の映画を知っているとかなり笑えるし、もっと観ていたい。いや、もう、彼らの作るパロディ短編だけでいいとすら思える出来。

案外と死なないんじゃないかとさえ思うレイチェルだが、そこはやっぱり難病ものなので最後は死んでしまうんだけど
死んでしまう悲しみよりも、その後に知る彼女のプロフィールに焦点が当てられている。

笑えて、さえなくて、優しい良い映画でした。いつものパロディじゃなくて、彼女のために映画を作るんだけど、この作品が必見。

日本では劇場公開されなかったとは残念です。
Photo

Post has attachment
20170429
コクソン 哭声

3時間弱の大作。

ざっくり。
韓国版 エクソシスト
いやあ。もう、とんでもない映画ですら。
國村隼が凄いんだわ。
悪霊は誰なのか?
こっちと思ったらあっちだったり。
でも本当のところはどうなんだ???
その辺り、「悪魔の歌が聞こえる」みたいな
乗移り系なのか?!とおもったり。

Photo

Post has attachment
20170426

雨の日は、会えない 晴れの日は君を想う

ジェイク ギレンホール 主演

ざっくり。
不慮の事故で妻をなくしたエリートサラリーマンが
だんだん壊れて、でも再生する話。

色々書こうとすると、それきりになっちゃうので
とりあえず見たら投稿。
ざっくりすぎるあらすじ?(笑)
粗筋というかカテゴリーかな。
Photo

Post has shared content
2017 04/22
ニョロは最近 悩んでいる。
Photo
Wait while more posts are being loaded