Profile cover photo
Profile photo
総合法律情報サイト「リーガルプレス」
「ナットク!」皆さまのための総合法律情報サイトです。
「ナットク!」皆さまのための総合法律情報サイトです。
About
総合法律情報サイト「リーガルプレス」's posts

Post has attachment
Q:離婚した後って名字はどうなるんですか?

A:婚姻時に苗字が変わった人(多くの場合は女性側ですね)は、原則、離婚したときには、元の苗字(旧姓)に戻ることになります。これを「復氏」と言います。
とはいえ、「復氏」は法的に強制されるものではありません。夫婦関係を解消後も婚姻時の苗字を名乗って生活していきたいという場合には、そのように役所に申し出れば認められます。

続きはこちらから▼

Post has attachment
Q:債務整理を検討していますが、弁護士に頼った方が良いのでしょうか?

A:弁護士には債務整理に関して、債務者本人の代わりに対応できる代理権が認められています。債務整理に関する手続きや交渉に手慣れた弁護士に依頼をする方が、債務者ご本人の負担が少なくて済みますし、債務者ご本人の債務の状況に合った適切な整理方法や返済計画の立案もしてもらえます。依頼する弁護士の選び方については、債務整理の経験が豊富な弁護士を選ぶことが重要になります。

続きはこちらから▼

Post has attachment
Q:敷金と保証金の違いがわからないのですが、どういう意味なのでしょうか?

A:賃貸情報を見ていると、「敷金」「保証金」「礼金」の3つは必ず目にする言葉です。敷金と保証金は似ているのですが、礼金はまた違うので、しっかり認識しておきましょう。

【敷金】

敷金とは、家賃の支払いが滞った場合や、家を退去するときに修繕費用が必要となる場合に備え、貸主に預けておくお金のことです。もし退去時に余った場合には、貸主から返してもらうことができます。最近は、敷金は取らないという賃貸物件も増えてきました。

【保証金】

敷金と礼金を兼ねたものとして、「保証金」を預けなければならないこともあります。どちらかといえば住居ではなく、事務所やお店などを借りるときに請求されることが多いお金です。礼金も兼ねているので、その部分に関しての返還はありませんが、敷金の部分としての保証金は、退去時の修繕後、余った一部の額が返ってくることがあります。

【礼金】

これは読んで字のごとく「お礼としてのお金」です。もとは学生の多い京都で、部屋を貸してもらうときに、いろいろ面倒を見てもらう“厄介料”のようなものとして大家さんにお金を支払っていた文化が、「礼金」として全国に広まったとか。お礼はお礼なので、これは退去時に戻ってくることはありません。
Wait while more posts are being loaded