『ノロウイルス:変異型、猛威 06年に次ぐ流行 嘔吐物処理、手袋つけて』 毎日jp http://goo.gl/EASce 

”今回見つかったのは06年に大流行した「G24」と呼ばれるタイプの遺伝子が変異したものだ。ウイルス粒子表面の形が変わることで、過去に感染したウイルスを攻撃するヒトの免疫システムから逃れるとともに、増殖する場所の消化管に結合しやすくなるとみられる。片山さんは「わずかな変異だが、多くの人にとっては未知のタイプで、急激に流行する可能性がある」と警鐘を鳴らす”

(G+)
Shared publicly