"マイコプラズマ肺炎は患者のくしゃみやせきを通して感染する。患者の8割が子どもで、保育園や学校など子どもが多く集まる施設で広まる。熱や頭痛などに加え熱が下がった後もせきが約1カ月続くのが特徴。重い肺炎にかかることもある。"
"予防策は風邪やインフルエンザと同じでマスクの着用や手洗いが有効だという"

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども 
朝日新聞デジタル http://goo.gl/VeBnR 

(G+)
Shared publicly