Profile cover photo
Profile photo
いちのトレッキングブログ
45 followers -
地図、GPSルート、高度チャートなどの山岳情報、登山・トレッキング日記。
地図、GPSルート、高度チャートなどの山岳情報、登山・トレッキング日記。

45 followers
About
Posts

Post has attachment
2017年8月6日。白山へと続く古の美濃禅定道から銚子ヶ峰~三ノ峰を登って来ました。
距離が長い分、高山植物が移り変わって行くのも醍醐味の一つ。
お盆前の調整にぴったりの健脚向けルートです。 #登山

Post has shared content
多忙で投稿が遅れに遅れ、6月の山行。
初夏の暑さから逃れるべく、鷲ヶ岳へ。

登山口が標高1,200mを超えることもあって快適。
暑さに弱いしなの許可も下りて、二人で桑ヶ谷ルートを登ってきました。
標高が高い分、開花も遅く、花々が迎えてくれたのが嬉しい誤算でした。

登山道は明瞭で迷う心配はありません。
標高差はおよそ450mと低山レベル。
登山口までの悪路振りにはびっくりしましたが暑くなり始めた頃登るには最適なお山です!

#登山

Post has attachment
多忙で投稿が遅れに遅れ、6月の山行。
初夏の暑さから逃れるべく、鷲ヶ岳へ。

登山口が標高1,200mを超えることもあって快適。
暑さに弱いしなの許可も下りて、二人で桑ヶ谷ルートを登ってきました。
標高が高い分、開花も遅く、花々が迎えてくれたのが嬉しい誤算でした。

登山道は明瞭で迷う心配はありません。
標高差はおよそ450mと低山レベル。
登山口までの悪路振りにはびっくりしましたが暑くなり始めた頃登るには最適なお山です!

#登山

Post has shared content
今回も5月山行を投稿です。
4月から10月に掛けて多種多様な花々が楽しめる新・花の百名山です。
2合目辺りから花が現れ、山頂まで登山者を楽しませてくれます。
特に3合目のオドリコソウ、6合目からのヤマガラシ、山頂のイチリンソウ、ウマノアシガタが見事でした。
表登山道は陽射しをさえぎるものがなく、体力を必要としますが伊吹山ドライブウェイを利用すれば気軽に楽しむことができます。 #登山

Post has attachment
今回も5月山行を投稿です。
4月から10月に掛けて多種多様な花々が楽しめる新・花の百名山です。
2合目辺りから花が現れ、山頂まで登山者を楽しませてくれます。
特に3合目のオドリコソウ、6合目からのヤマガラシ、山頂のイチリンソウ、ウマノアシガタが見事でした。
表登山道は陽射しをさえぎるものがなく、体力を必要としますが伊吹山ドライブウェイを利用すれば気軽に楽しむことができます。 #登山

Post has shared content
遅れに遅れて5月の山行を投稿です。
「一目百万本」と言われる大和葛城山の自然ツツジ園を見に行ってきました。
シロヤシオで知られる鈴鹿山脈の竜ヶ岳と天秤に掛け、昨年は竜ヶ岳を優先。
知ってから2年の時を経て、妻の承諾を得て登ることができました。

登山道ではヤマツツジ以外にも花が見られましたが自然ツツジ園のインパクトが大き過ぎて霞んでしまいました。
間違いなくここでしか見られない景色が広がっていました。
こんなことがあるから登山は止められない! #登山

Post has attachment
遅れに遅れて5月の山行を投稿です。
「一目百万本」と言われる大和葛城山の自然ツツジ園を見に行ってきました。
シロヤシオで知られる鈴鹿山脈の竜ヶ岳と天秤に掛け、昨年は竜ヶ岳を優先。
知ってから2年の時を経て、妻の承諾を得て登ることができました。

登山道ではヤマツツジ以外にも花が見られましたが自然ツツジ園のインパクトが大き過ぎて霞んでしまいました。
間違いなくここでしか見られない景色が広がっていました。
こんなことがあるから登山は止められない! #登山

Post has shared content
シロヤシオを求めて烏帽子岳を登って来ました。
今年は鈴鹿山脈全体が裏年でその数は寂しいものでした。
情報交換する登山者は皆「ほとんど咲いていない」と口にするものの
諦めずに探せば満開のシロヤシオを見つけることができました。
#登山

Post has attachment
シロヤシオを求めて烏帽子岳を登って来ました。
今年は鈴鹿山脈全体が裏年でその数は寂しいものでした。
情報交換する登山者は皆「ほとんど咲いていない」と口にするものの
諦めずに探せば満開のシロヤシオを見つけることができました。
#登山

Post has shared content
山の斜面に広がるミツマタに惹かれて決めた野登山。
標高こそ851mと低いものの歩行距離はおよそ8km・・・歩き甲斐がありました。
ミツマタの森付近までは軽車道なので気軽に歩くことができます。

一面に広がるミツマタはまさに群生!
100座以上登っても見たことがない景色がそこには広がっていました。
鈴鹿山脈では今一つぱっとしない野登山ですがミツマタの森は必見です!
この記事で少しでも多くの方にミツマタの森を知っていただければと思います。
Wait while more posts are being loaded