Profile cover photo
Profile photo
中国茶房 悠香房
16 followers -
中国大陸茶スプレッダー
中国大陸茶スプレッダー

16 followers
About
Posts

Post has attachment
◎茶論的悠香房

一年振りにささやかに復活した悠香房。
昨日の茶論的悠香房にて。
単なる茶館ではない、
中国茶を通じた交流の場所。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎茶論的悠香房

一年振りにささやかに復活した悠香房。
茶論的悠香房にて。
単なる茶館ではない、
中国茶を通じた交流の場所
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎茶論的悠香房

<格式ばらず自由度の高い中国茶の世界を皆様に!>

中国茶を飲むのには、

資格が必要? いえ、必要ありません。

正式な茶器が必用? いえ、必須ではありません。

手順を間違えてはいけない? いえ、必ずしもそうとは言えません。

セオリーはあるものの、
極めて自由度の高い嗜好飲料が中国茶です。

実はその事が日本では正確に伝えられていません。
そこで、中国茶房 悠香房では、
中国茶の本質をお伝えしたいのです。

茶論的悠香房
一種の茶会ですが、趣旨は自由度の高い中国茶の世界を知って頂き、味わい、楽しんで頂く事です。
今月から毎月開催致します。
興味のある方は、是非ご参加してみて下さい!
お待ちしております。

https://jinzi-z.wixsite.com/yuukabou/event
Add a comment...

◎WEBサイト復活!

鎌倉の店舗を閉店後、
公式サイトも閉鎖致しましたが、
この度、ささやかに復活致しました。

茶論的悠香房の開催案内や、
茶葉、雑貨の購入等、
ささやかなコンテンツをご用意致しました。

ご笑覧の上、お気に入りサイトとしてご登録を
お願い致します。

ささやかに、更新して参ります。

あくまでも、ささやかに。

https://jinzi-z.wixsite.com/yuukabou
Add a comment...

◎引継ぎ

日本に中国茶館が少ないのはご承知の通りです。
ですから、当方が言うのも変ですが、
中国茶房 悠香房が閉店するという事は、
中国茶が飲める場所が又一つ消えたという事になります。
しかも、かなり美味しい中国茶が飲めた場所がです。

日本で最も美味しい中国茶が飲める場所が中国茶房 悠香房だったと思っています。
中国本土の茶館でも、当店以上に美味しい中国茶が飲める茶館に巡り会った事がありません。
それくらい美味しい中国茶の飲める場所をご提供していた自負がございます。

そこで、中国茶房 悠香房として、引継ぎをさせて頂きます。
中国茶房 悠香房の店舗が無くなってしまった今、
最も美味しく、最も丁寧に、最も中国茶を愛している事がわかるお店をご紹介致します。
中国茶房 悠香房の次に美味しい中国茶が飲めるお店だと思って来ましたが、今やこのお店が最も美味しい中国茶が飲める場所です。
それは、湘南モノレールの西鎌倉駅からすぐの場所に所在する
「茶風」さんです。

ご実家の家の一部を改装して中国茶が飲めるお店に改装されています。
規模は中国茶房 悠香房よりも小さく、テーブル席ひとつと、
カウンター3席のみの小さなお店なので、
中国茶房 悠香房とはお店の雰囲気は違います

中国茶房 悠香房が中国大陸茶専門店だったのに対して、
「茶風」さんは台湾茶が中心のお店という違いもあります。

お店は女性のご主人がお一人で運営されています。
本当に中国茶を愛しておられるのだなーということが、
ちょっとお話しするだけでおわかり頂けると思います。

駐車場に一台だけ車を置くことができます。

日中で多くの中国茶館に足を運んで来ましたが、
中国茶房 悠香房無き今、「茶風」さんが最も美味しい中国茶が飲めるお店です。

これが当店の、引継ぎです。

是非一度訪ねてみて下さい。

http://www.chafu.com/
Add a comment...

Post has attachment
◎閉店

中国茶房 悠香房は昨日閉店致しました。
長い間ご愛顧頂きありがとうございました。
閉店前にも多くのお客様にお越し頂きました。
重ねて御礼申し上げます。

中国駐在中に、家内が中国茶を習い始めたのが
中国茶房 悠香房の開店に繋がるきっかけでした。
これは味覚と経験という側面のきっかけです。

中国に仕事で丸10年関わり、
中国が好きになり、多くの知己を得ました。
しかし、帰国してみると、私たちの知っている中国像が、
日本のメディアから発信されていない事に疑問と憤りを感じる様になりました。
私たちは中国と中国共産党は分けて理解しています。
政治主体である中国共産党の圧政に、一般中国人民は堪えています。
その姿を知る私たちは、健気な一般中国人の人たちの姿を、
どうしても伝えたいと思うようになりました。

そこで中国茶のお店を経営して、
中国茶の世界の深さと共に、
日本では報道されない一般の中国のみなさんの姿や実像を
お伝えしようと思ったのです。
それが中国茶房 悠香房です。

毎日のお店の運営と共に、
様々なイベントを通じて、想いを伝えてきたつもりです。
少しでも皆さんにお伝えできたのではないかと思っています。

今日から店舗がなくなりました。
しかし、ここに書いた想いは、店舗のあるなしに関わらず継続できる事です。

今後は店舗を持たずに、中国茶房 悠香房を継続致します。
出前講座をさせて頂いたり、出前お茶会もお受け致します。
パーマネントではなく、期間限定店舗を運営することもあると思います。
皆様からのご要望もお待ちしております。

長い様で短い5年間でした。
5年をひとつの区切りとして、
今日から中国茶房 悠香房第2ステージのスタートです。

今後ともご贔屓に宜しくお願い申し上げます。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎陳瑞元さん写真パネル

昨日は、横浜中華街時代からのお客様、
カルチャーセンターの生徒さん、
鎌倉移転後の常連様、
webで情報を知って来られたお客様、
イベントの講師さん、
お越し頂き有難うございました。

カウントダウン販売品、
店内使用品各種、
お求め頂き有難うございました。
全て早い者勝ちになりますが、
当店ファンの皆様にお使い頂けるのは、
私達にとっても大変嬉しい事です。

横浜中華街時代から店内に常設展示しています
上海の写真家・陳瑞元さんの写真。
シャープでありながら、
温かみを感じるのです。
こちらも一部お譲り致します。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎金木犀開花

中国茶房 悠香房の最期に合わせてか、
庭の金木犀が花を咲かせました。
芳しく香りが庭に漂っています。

黄金の金木犀と名づけられた青茶「黄金桂」、
金木犀の花をブレンドした「時のかけら」、
金木犀にちなんでお勧めです。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎本日は定休日

毎週火曜日は中国茶房 悠香房の定休日。
本日が最後の定休日になります。

水曜日にお会いしましょう。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
◎◎閉店のご案内◎◎

長らくご愛顧頂きましたが、
2016年10月2日(日)をもって、
中国茶房 悠香房は閉店させて頂きます。

横浜中華街時代から、鎌倉市扇ガ谷に移転後まで、
大変お世話になりました。

中国茶の普及と、
現実の中国像についての情報提供に関しては、
少しばかりは皆様に貢献できたのではなかろうかと思っております。
今後も何等かの形で、中国茶と関わって参りたいと思います。

ご来店頂きました皆様に心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

再見!
Photo
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded