Profile cover photo
Profile photo
Roots Botanical Movie
17 followers -
水草とジャングルの植物
水草とジャングルの植物

17 followers
About
Posts

Post has attachment
不可逆的境界
ちょうど8年前にこんな記事を書きました。 → 水草と園芸に垣根はあるのか 私は水草の人でダッチアクアリウム好きなので、 この記事の内容にもある通り水草以外の水槽外で 育てる植物は装飾だったり気分転換だったり と言うのが出発点です。 過程は端折りますが、その後は採集者が持ち帰る中身は 水草から陸上植物にシフトし、水草が売れなくなった こともあり、水草が持ち帰られることは殆ど無くなりました。 もちろん、私自身アグラオネマ ピクタムをアクア業界に 持ち込んだ張本人でもあり、それらを「面白い!」と 思ったことは、現状...
Add a comment...

Post has attachment
重箱の隅
水草のファームと呼ばれるものが海外にはいくつも あります。 それらを相対的に見た時に、それぞれ役割なり 立ち位置みたいなものがあって、例えば高品質で 最先端の水草を提供する、または比較的安価で 多くの種類を供給する、などでしょうか。 こちら側からすると、それぞれの立ち位置を 勝手に想像していて、出来ればそのように 行動して頂きたいのですが、なぜかは不明ですが 謎のこだわりみたいなものがあります。 ~~~~~~~~~~ トロピカはレッドシャープリーフをランセアであろうから 南米産ではなくアジア産とか言ってますが...
Add a comment...

Post has attachment
逆に長期維持/番外編 水槽から消えるクリプトコリネ
かつてはレイアウトの主役であったクリプトコリネの 存在が急速に薄れてきたように感じています。 現在は主に組織培養カップで販売されています。 もちろん、昔ながらのポットでも流通していますが、 かつてのようにあちこちのショップで多種のポットを 見ることは殆どありません。 更に昔は鉛巻やバラ株などがあり、店頭でも バラ株を直植えにして1株単位で販売されていました。 特殊な種類ではなく、ウェンティやルーケンス、 バランサエと言った種類が、です。 問屋での在庫量・販売数量も近年は激減しており、 需要が無くなっていること...
Add a comment...

Post has attachment
逆に長期維持 <4>
前回は長期維持で水槽に個性が出るという話に なりました。 それが具体的にどういう事なのかを見てみましょう。 水草水槽を維持してそれなりに時間が経過すると ソイル系の場合は初期のブーストが終わるころに 水草の生育に変化が見られます。 短期思考の水槽の場合はここでリセットですが、 長期維持の場合はここからです。 ちなみに大磯などの砂礫系の底床の場合は この辺りからようやく良くなり始めます。 短期のゴール時期=大磯長期のスタートライン と言った具合ですね。 変化の中で育ちが悪い水草を引き抜き、新たな 水草を買ってき...
逆に長期維持 <4>
逆に長期維持 <4>
roots-aquatic.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
*逆に長期維持 <3> *
引き続き長期維持についてです。 前回は近年のレイアウトは主に短期思考で 作られることが殆どであり、使用する器具や水草も 同じようなものであるために、水槽としての 性質は似たような状態に収斂したところで 終了するとしました。 その場合、個性と言うものはレイアウトのみで 表現されることになり、問われるセンスは、 どのような材質の素材(木や石)をどう組み合わせて どう並べるか、そしてどこにどの水草を配置するか、 と言うことになります。 もちろん、それも発想の自由度や新しさ、 組み合わせの妙みたいな部分で個性が出せる...
逆に長期維持 <3>
逆に長期維持 <3>
roots-aquatic.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
逆に長期維持 <2>
引き続き長期維持の話ですが、少し目線を 変えます。 <1>の冒頭に書きましたアプローチが 画一的であるということですが、やはりそれは 情報のソースがインターネットであることが 多く、検索エンジンが上位に拾い上げるものは 同じものであることがあるため、と言う事が 一因と思います。 また、レイアウトも良いとされるものの 出所が1カ所で、専門誌にもそれに倣った レイアウトばかりが紹介されるため、 「水草レイアウト」自体がそう言うものだと 認識されている、言い換えれば、レイアウトを 作るならこういう物を作るのが当たり...
Add a comment...

Post has attachment
逆に長期維持 <1>
水草水槽の楽しみ方は様々だと思います。 近年は道具が豊富・安価となり、調達もインターネットを 使えばどこからでも可能です。 しかしながらそれに反して、アプローチはどこか 画一的になっているような気がします。 恐らくはインターネットで検索すると上位には 同じような情報が常に並んでいます。 それを参考にすることによって、大多数の人が 同じ情報をお手本にしていることが考えられます。 また、前述したように道具が非常に良くなったため、 水草水槽自体を作り上げていくと言う作業があまり 必要でなくなりました。 それに加えて...
逆に長期維持 <1>
逆に長期維持 <1>
roots-aquatic.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded