Profile cover photo
Profile photo
板垣真太郎
15 followers -
アジャイル開発、テスト自動化、Proposal Management、ビジネスアナリシスなどに興味があります。
アジャイル開発、テスト自動化、Proposal Management、ビジネスアナリシスなどに興味があります。

15 followers
About
真太郎's posts

Post has attachment
「Mesos Meetup Tokyo #1」に参加しました
イベントページ 「Mesosってなに」からデモもあって初心者にとってはとてもわかりやすいMeetupで、非常に勉強になりました。資料だけでなく動画もイベントページで公開とのこと。すばらしい! Opening、会場説明 Mesos User Groupsは世界で25都市が登録。Mesos Conなどが開催されている。 Mesos User Group Tokyo は、2ヶ月に1回位勉強会を実施予定。 Mesosは、2009年の論文からスタートし、2016年頃にコンテナ技術の発展とともに盛り上がり始めた。今、最も...

Post has attachment
「Polymer.co-edo meetup #1」に参加しました
イベントページ Reactでアプリつくって、最初はよかったんだけど段々と「うーん」となって、Vue.jsやRiotがいいと聞いてさわってみても「うーん」で、Angular2はTypeScriptが苦手なので「うーん」で、そういえば、昔Polymerさわったなぁと思っていたらちょうど勉強会があったので参加してみました。 結果、とても好きになりました。なんでPolymer0.5のときイマイチと思ったのかなぁ。 Extensible Web Polymerの説明の前に主催者の岸田さんから Extensible We...

Post has attachment
優秀なエンジニアになる方法
最近、私なりに優秀なエンジニアになる方法がみえてきた。 優秀なエンジニアといってもレベルはいろいろあるけれど、ここでは、仕事をする中で、複数の人から「あの人は優秀」と言ってもらえるという基準で考えてほしい。 どれも、普通のことだけど、この普通のことを続けるかどうかで大きな差が生まれるのだと思う。 大切なプロジェクトから去るにあたり、後を任せる若い2人に向けてこの気づきをシェアしておく。 技術書を読む 昔、先輩にこんなことを言われたことがあった。 気になった本があったらすぐ買え。 積読でもいい、わからなくてもい...

Post has attachment
「HTML5 Conference」に参加しました
イベントページ カンファレンスに参加しただけで新しい知識や技術が身についたなんてことはないけれど、新しい技術のキーワードがインプットできて、色々な刺激を受けることができた。 講演資料を探していたら、まとめがあった。 http://qiita.com/hidenorly/items/40ac3e9dbf757ce4df52 私が参加したのは次のセッション。 Reactの最新動向とベストプラクティス 小林徹(株式会社TOLOT) 丁寧に説明という感じではなく、キーワードと簡単な説明だけで歴史や特徴から最新動向まで...

Post has attachment
「トマトHack!!」に参加しました
イベントページ 少しハッカソン疲れして、最近はハッカソンお休み中だったのですが、トマト好きとしては出ずにいられないということで参加してきました。 参加して、ホンダの小林三郎(エアバックの開発者)の次の2つの言葉を思い出しました。 「イノベーションは若者からしか生まれない」 「スペシャリストはイノベーションリーダーにはなれない」 私の場合、このアイディア、この時間、このメンバーならここまでは固くて、このあたりにリスクがあると、無意識に計算してしまいます。 それが無意識のブレーキになって突き抜けられない。 突き抜...

Post has attachment
とあるソフトウェア開発者と品質管理者の戦い
ソフトウェア開発は、製造業と違って品質データのバラつき大きく、定量的品質データ分析が適用しにくい業界です。 そのため、うまく品質管理ができていないことがよくあります。 以下は、私の体験をもとにしたフィクションです。 キャラクター 高見 品質管理担当者。 ソフトウェア開発の仕事をしているが、設計もプログラミングもできない。協力会社に発注してルールを守らせるのが主な仕事。 板垣 開発者。 意味がわからないルールを強制されるのが大嫌い。 戦い(その1)〜いい具合の指標値!?〜 板垣さん、お客様がコンサルタント会社の...

Post has attachment
とあるソフトウェア開発者と品質管理者の戦い
ソフトウェア開発は製造業と違ってバラつき大きく、定量的品質データ分析が適用しにくいため、うまく品質管理ができていないことがよくあります。 以下は、私の体験をもとにしたフィクションです。 キャラクター 高見 品質管理担当者。 ソフトウェア開発の仕事をしているが、設計もプログラミングもできない。協力会社に発注してルールを守らせるのが主な仕事。 板垣 開発者。 アジャイル開発が好き。意味がわからないルールを強制されるのが大嫌い。 戦い(その1) 〜いい具合の指標値!?〜 板垣さん、お客様がコンサルタント会社の品質指...

Post has attachment
「ZenHack(禅ハック) 2015 Summer」に参加しました。
イベントページ 「禅とITで世界の課題に挑む」という変わったハッカソンがあったので参加してみました。 ピザとコーラを片手に、ジャンクに、瞬間風速的にエネルギーをだすハッカソンとは違って、規則正しいハッカソンには独特の難しさと楽しさがありました。 うまく立ち振る舞えなくて、若干、不完全燃焼気味ですが、大切に向き合う食事や座禅は貴重な体験だったので、次回もぜひ参加してリベンジしたいと思います。 2015年7月4日(土) 9:30 オリエンテーション、ルール説明、インプット 会場は鎌倉の建長寺。 お題は「食」。 漫...

Post has attachment
「ダイバーシティハッカソン」に参加しました
イベントページ 障害者を助けるとかそうゆうのは苦手。 自分だっていっぱいいっぱいなので、助けるとかは重い。 そんな想いもあって、「健常者も障害者もフラットに楽しめる新しいあそびをつくる」というアイディアのチームに参加しました。 アイディアだけで、具体的なサービスはノーアイディアのようだったので、ぎりぎりまで迷ったけどこのチームを選んでよかった! ちなみに、Yahoo!賞いただきました。 (全チーム何かの賞を貰える仕組みだったので最優秀以外は全部同じなんだけど) <6月27日(土)> イントロダクション(9:3...

Post has attachment
「はじめてのハッカソンvol.10」に参加しました
イベントページ 何度参加しても楽しい、何度参加してもいい「はじめてのハッカソン」(「初めて」の意ではないらしい)にまた参加しました。 今回は、普通のハッカソンではできない「あえてみんな普段やっていないところをやってみる」という試みをしてみました。 結果的には、よかったんじゃないかなぁという気がします。 こんな変なことも気軽にできちゃうのが「はじめてのハッカソン」のいいところです。 メンバー 國吉さん(G'sアカデミーで4月からプログラミングを学んだばかり) 阿部さん(フロントもバックエンドも一通り) 松原さん...
Wait while more posts are being loaded