Profile cover photo
Profile photo
Mizuki A. Nakamura
99 followers -
中央アジアと日本の架け橋になりたい
中央アジアと日本の架け橋になりたい

99 followers
About
Mizuki A.'s posts

Post has attachment
ウズベク語の挨拶 (ウズベク語 1-dars)
ウズベク人と仲良くなると,避けて通れないもの ―― 「挨拶」である。 そんなの当たり前でしょう,と思われる方も多いだろう。 ところが,ウズベク語には無数の挨拶のバリエーションが存在する。 そして,この「挨拶」を話題にするにはワケがある。 ウズベク人の挨拶はとにかく長い! 一部の地方では,その一方の挨拶が終わるまでに 10分程度を要する こともあるとか。 特筆すべきは, 挨拶を投げかけられたら「答えない」, 挨拶を投げかける側は「ひたすら挨拶する」 というもの。 そう, ひたすら一方的に挨拶をするのがウズベク流...

Post has attachment
ウズベキスタンのバザールの歩き方:基本から値切り交渉のイロハまで
「ウズベキスタンの詳細な留学情報が少ない」 「それなら現在進行形で留学に行こうとしている私が発信しよう」 「もしかすると誰かの役に立つかもしれない」 そう思い、留学に発つ直前の2013年2月に軽い気持ちで開設した当ブログ。 気がつけば4年近くの歳月が流れ、細く長く続けてきた当ブログは 10万ヒットの大台 に乗ることができた。 この4年近くのあいだに、ブログのおかげでウズベキスタン留学を志す同世代との出会いはもちろん、中央アジアに興味を持つ多くの人と出会う機会にも恵まれた。 多くの読者の皆さんがあって、今日まで...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
ウズベキスタン飛行機事情:ウズベキスタン航空のドリンクから機内食まで
「おお、さすが我がウズベキスタン」 思わず声を出してしまった筆者は、驚きよりも「やっぱり」という気持ちでそのメールを読み終えたのであった。 話は2016年2月2日に遡る。筆者の元に久しぶりに在ウズベキスタン日本国大使館から 「領事メール」 が届いた。 (注:領事メールとは、 在ウズベキスタン日本国大使館からウズベキスタンの在留邦人向けの連絡事項が書かれた貴重な情報源 である。筆者は既に"元在留邦人"ではあるが、またウズに行く機会もあるだろうと引き続きありがたく受け取っている身である。) 本日の主役、みんな大好...

Post has attachment
旅行者の強い味方:タシケントのスーパーマーケットから垣間見る日常
スーパーマーケットが、好きだ。 これまで多くの都道府県、国や地域に訪れてきたが、必ず足を運ぶ場所といえばスーパーマーケットである。特に大きな理由があるわけではない、ただ「ワクワクするから」としか答えようがない。 これまでに取り上げてきたとおり、バザール巡りも好きだ。 しかし、個人的にはバザールの陰に隠れて焦点が当てられることの少ないスーパーマーケットに注目してしまいがちである。 密やかな趣味として、商品の裏側に書かれた商品説明を読むのが好き・・というものが挙げられるが、この趣味を実行しやすいのがスーパーマーケ...

Post has attachment

Post has attachment
ウズベキスタンで用を足す:タシケントで出会ったトイレとその使い方
「ワオ・・・」 国外の旅先で思わずこんな一言が無意識のうちに口から出る場所といえば、トイレではないだろうか。それも、どちらかといえば発展途上にある国のトイレ。 バザールや観光地では、ひっそりと「 ТУАЛЕТ 」とキリル文字で書かれていることが多い。 ロシア語でトイレという意味で、トゥアリェーットと読む。 ウズベキスタンもご多分に漏れず、多くの日本人にとってはある意味で驚きを伴い、一部の人にとっては懐かしさを伴うトイレが存在する。 もちろん、それなりに名の知れたホテルやショッピングモールにあるようなトイレは申...

Post has attachment

Post has attachment
タシケントの美味しいものを、独断と偏見で紹介
「旧ソ連の三大美食都市」 といえば、 ウクライナのキエフ、グルジア(ジョージア)のトビリシ、 そしてウズベキスタンのタシケント—— 筆者自身はどこも行ったことがあるが、それぞれ味付けなどが異なっているので一概に「ここが一番美味しい」と断言することはできない。が、個人的にはタシケントに1年間暮らしていたので、今でもウズベキスタンで食べたものが恋しくて寝付けなくなることがあるし、記憶にも鮮明に残っている。 日本に帰ってきてから、タシケント時代に食べたほどたくさんの美味しい苺にありつけていない タシケントの苺は、美...
Wait while more posts are being loaded