Profile cover photo
Profile photo
四国霊場第76番 金倉寺
16 followers -
子授祈願・安産祈願のおかるてんさん
子授祈願・安産祈願のおかるてんさん

16 followers
About
Posts

Post has attachment
ザクロで草木染めされた「背守り糸」。10月頃より安産祈願の授与品と新たに加わります。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/semamori/entry-585.html
Add a comment...

Post has attachment
『仏説鬼子母経』というお経本が完成いたしました。1人でも多くの方が『仏説鬼子母経』をお唱えするご縁となれば幸いです。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/kariteimo/entry-579.html
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
「訶利帝母尊御出現1200年」を記念して、新アイテム「OKARUTEN1200バッジ」が登場です!

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/news/item/entry-577.html
Add a comment...

Post has attachment
すっかり春らしく、ここ香川でも桜が満開です。
金倉寺へお越しの際はぜひ金倉寺の桜もお楽しみくださいね。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/category-11/entry-574.html
Add a comment...

Post has attachment
4月21日に行われる「訶利帝母尊御出現1200年開白法要」のお稚児さんを募集しています。
子どもの守り神おかるてんさんの記念法会です。
またとない機会となりますので、ぜひご参加いただければと思います。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/news/information/entry-573.html
Add a comment...

Post has attachment
「こゑ紡ぐ ~訶利帝母尊御出現1200年~」
ミュージシャンの「こゑ紡ぐ」

「訶利帝母尊御出現1200年」記念事業の1つ、音の贈りものができました。
監修をしていただいたミヤタケタカキさんを始め、6組のミュージシャンがその声で紡いでくれた子どもたちに贈る7篇の物語。
子育て真っ最中の方、これから新しい家族を迎えられる方、そして子どもを望む方、そんな皆さんが紡ぐそれぞれの物語の1篇に加えていただければ幸いです。

おかるてんさんが出現されてから1200年ということにちなみ、3月25日(智証大師さまの誕生日)より「安産祈願」と「子授特別祈願」を受けられた方先着1200組に授与いたします。

祈願を受けられる方は楽しみにしてくださいね!


http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/kariteimo/entry-572.html
Add a comment...

Post has attachment
「こゑ紡ぐ ~訶利帝母尊御出現1200年~」

僧侶の「こゑ紡ぐ」、それはお経を読むこと。
日々声を紡ぎ、仏さまへの祈りの言葉を伝えます。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/kariteimo/entry-571.html
Add a comment...

Post has attachment
金倉寺に訶利帝母さまが御出現されたのは弘仁9年(818)のこと。
これが日本で最初に訶利帝母(鬼子母神)さまが出現した記録であり、金倉寺は「訶利帝母日本最初出現地」とも呼ばれています。
そして、平成30年(2018)は訶利帝母さまが日本に出現されたからちょうど1200年の年にあたります。
金倉寺では、この節目の年に「こゑ紡ぐ ~訶利帝母尊御出現1200年~」と題して記念行事を行います。

訶利帝母さまは子供と女性の守り神。
そんな訶利帝母さまの想いが皆さまに届きますよう、そんな1200年の記念行事にしたいと考えています。


コンセプトは【こゑ紡ぐ】

私たち人類が他の生物より優れていること、それは「声」を獲得したことです。
声を用い人から人へ、時代を越えて情報を伝達することができたため、現在の文明を築くことができました。
私たち僧侶は声を用い、お釈迦さまや先徳が残した教えを現在まで紡いでまいりました。
また親が子を想い、綿々と繋いできた血という絆。
それぞれの家族の物語が、次代へと紡がれていきます。
先代から現在へ、そして次代へとその想いを伝えるプロジェクト。
それが「こゑ紡ぐ」です。

訶利帝母さまが日本に出現されてから1200年、時代が変わっても親が子を想う気持ちに変わりはありません。
私たちはその声を受け止め、声を紡いで経を読み、訶利帝母さまへお伝えしてまいりました。
これから先もその想いは変わることはないでしょう。
次代のすべての子どもたちへ、皆さんの想いを紡ぐ、その機会になりますことを切にご祈念しております。

まずは4月21日(土)に開白法要を執行いたします。
それに伴い、稚児行列も募集いたします。
詳細はまた後日お伝えいたします。

皆様のご参拝、ご助力の程どうぞよろしくお願いいたします。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
「5ヶ月の戌の日に安産祈願をするって聞くけど、安産祈願って実際どんなことするの?」そんな声にお応えするため、金倉寺の安産祈願についてお伝えいたします。

http://www.kagawa-konzouji.or.jp/blog/category-11/entry-559.html
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded