Profile cover photo
Profile photo
大窪将弘
4 followers
4 followers
About
Posts

Post has attachment
こんかいはWordPressのサーバー移転を取り上げています。今回はドメインは変わらずにサーバーだけが変更される場合を想定して書いています。2回の連載になっていますので、ドメインを変更する場合は二回目の連載を見てみて下さい。!
Add a comment...

Post has attachment
今回は、WordPressのタームと子タームでAjaxを使ったドリルダウンをする方法を解説するために、中古車屋さんのホームページの絞り込み検索をを例にソースを紹介していきます。セレクトボックスでメーカー名を選択すると車種のセレクトボックスが出てくる例のやつですね。
Add a comment...

Post has attachment
今回は、WordPressのタームと子タームでAjaxを使ったドリルダウンをする方法を解説するために、中古車屋さんのホームページの絞り込み検索をを例にソースを紹介していきます。セレクトボックスでメーカー名を選択すると車種のセレクトボックスが出てくる例のやつですね。

久しぶりの更新となってしまいました今回は、中古車屋さん等の絞り込み検索に使われている様なドリルダウンを、WordPressのタームと子タームで実現する方法をご紹介してみたいと思います。 ドリルダウンとは何なのかわからない人は、あれですあれ、中古車屋さんとかの絞り込み検索で、メーカーのセレクトボックスで「トヨタ」とか選ぶと、その下の車種のセレクトボックスが「クラウン」とか「カローラ」とかに自動的に変化するあれですあれ。…
Add a comment...

Post has attachment
前回・前々回までにWPで作った不動産サイトに絞込検索機能をつける。WPで不動産サイトに絞り込み検索機能をつけるのは知識が必要です。「もっとこんなやり方があるよ」とか「コレだとまずいよ」とか「こんなプラグイン」があるよ、とかあったらコメント欄からご教諭願いたいですね。

今回は「suumoの様な不動産サイトを作る」の連載3回目、「WPで作った不動産サイトに絞込検索機能をつける」今回は技術的にも知識的にも中々高度な内容となっています。 いじっているファイルは、前回作った『rent.php』と『function.php』のみですが、WPのクエリやフックのタイミング等の知識が無いと中々難しい内容です。 今回は「suumoの様な不動産サイトを作る」の連載3回目、「WPで作った不動産サイトに絞込検索機能をつける」です。今回は技術的にも知識的にも中々高度な内容となっています。…
Add a comment...

Post has attachment
今回は、【WordPressでsuumoの様な不動産サイトを作る】の表示側を解説しています。以前紹介したACFやjquery.bxslider.jsを組み合わせているだけですが、まさに「WPで不動産サイトを作るのは割と簡単。要はどのようなプラグインを使えばいいか知っているか知らないかが重要」です。

今回は、「WordPressでsuumoの様な不動産サイトを作る」の連載の第二回目です。 一回目では、管理画面側のカスタマイズに、色々なプラグインを使って不動産サイト管理の仕組みを作りました。(WPでsuuumoのような不動産サイトの管理画面を作る) 今回は、その管理画面で入力したデータを表示する部分を解説していこうと思います。 検索の部分は連載の三回目で解説していきますので、今回はほとんど「Advanced Custom Fields」の表示の方法という感じになっています。…
Add a comment...

Post has attachment
WordPressでsuumoの様な不動産サイトを作ることを目標として、連載を書いていこうと思います。専用のプラグインなども販売されていますが、実はプラグインを上手く使うと、もっと簡単に作れるものです。要はどういうプラグインを組み合わせればいいかを知っているか知らないかです。

今回は、WordPressでsuumoの様な不動産サイトを作ることを目標として、連載を書いていこうと思います。 不動産サイトや中古車販売のようなサイトは、専用のプラグインなども販売されていますが、実は有名なプラグインを有効に利用すると、もっと使いやすいものが意外と簡単に作れるものです(面倒くさい部分はあるけど…)。 要はどういうプラグインを使ってどのように組み合わせれば不動産サイトが出来るかどうか、使えるプラグインを知っているか知らないかが重要です。…
Add a comment...

Post has attachment
文字では中々説明しづらいんですけどね。Advanced Custom Fields「オプションページ」のご紹介をしています。要は、、基本情報等なんでも設定するように出来るオプションのページが作れるようになります。 電話番号や営業時間などの基本情報の入力にいいと思います。

Advanced Custom Fields「オプションページ」Add-Ons(有料:$25.00 AUD) Advanced Custom Fieldsの有料アドオンには、オプションページというのがあります。 ちょっと文章では伝えづらいのでまず下記の画像を見てみてください。 要は、図のように、基本情報等なんでも設定するように出来るオプションのページが作れるようになります。 今回は例として、店舗の基本情報を入力するページを作りましたが、他にもどんな情報も入れることが出来ます。…
Add a comment...

Post has attachment
Advanced Custom Fieldsって便利ですけど、有料アドオン無しじゃ画像フィールドを複数作るしか無いから 枚数制限のないギャラリー作れないんですよねー。 いやーホントノーマルでも十分便利ですけど、かゆいところに手が届かないというか旨い部分を有料にしますよねw

Advanced Custom Fields「ギャラリー」Add-Ons(有料:$25.00 AUD) 私の大好きなAdvanced Custom Fieldsは、とてつもなく便利でサイト制作には今や欠かせない存在です。だって楽なんだもん。…
Add a comment...

Post has attachment
大掛かりなホームページで、絞り込み検索などを使う場合、沢山のタクソノミーにいちいちタームを設定していくのはとてつもなく手間がかかってしまう作業ですよね。そこで、WordPressでタームを一括登録できるプラグインWP Taxonomy Importの使い方をご紹介いたします。

大掛かりなホームページで、絞り込み検索などを使う場合。 例えば中古車屋さんのサイト等では、車種・色・年式・走行距離・事故歴・グレード等。 不動産屋さんのサイト等では、エリア・賃料・管理費・設備・間取り・築年数等、様々なタクソノミーを作成する必要があります。更に、そのタクソノミーにいちいちタームを設定していくのはとてつもなく手間がかかってしまう作業です。 ということで今回は、作成したタクソノミーに、一括でタームを登録できる「WP Taxonomy Import」をご紹介いたします。 WP Taxonomy…
Add a comment...

Post has attachment
WordPressでカスタムフィールドを作る時の定番プラグインAdvanced Custom Fieldsで、設定枚数が決まっていない画像のフィールド等を作る時に便利な有料のAdd-Ons「繰り返しフィールド」の設定方法について書いてみました。

Advanced Custom Fields「繰り返しフィールド」Add-Ons(有料:$25.00 AUD) 【Advanced Custom Fields】は、とてつもなく便利でUIもわかりやすく、WPでカスタムフィールドを扱う時には手放せないプラグインですが、ユーザーが自由にフィールドを追加出来るようにしたい時に、標準機能には含まれていません。 なので昔は【Custom Field Template】を使ってmultipulオプションで対応していたんですが、【Custom Field…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded