Profile cover photo
Profile photo
Kyoudou Seimei
1 follower
1 follower
About
Kyoudou's posts

Post has attachment
国会審議を欺き生活保護法改悪の実質化を図る「厚生労働省令案」に 反対するパブリックコメントを!
昨年、生活保護法改悪が日本社会のセーフティネットの根底を覆す内容を含んだ、たいへん危険なものであるとして、「生活保護法の改悪に反対する研究者共同声明」への賛同をよびかけました。 その後国会では、社会的批判を受けて、今回の生活保護法改悪が「申請手続を厳格化するものではない」、「扶養義務者に対する圧力を強化するものではない」という国会答弁が繰り返され、また生活保護申請は非要式行為であることや、あってはならないものとして「水際作戦」に言及する参議院厚生労働委員会附帯決議が採択され、法案自体についても条文の修正が行わ...
国会審議を欺き生活保護法改悪の実質化を図る「厚生労働省令案」に 反対するパブリックコメントを!
昨年、生活保護法改悪が日本社会のセーフティネットの根底を覆す内容を含んだ、たいへん危険なものであるとして、「生活保護法の改悪に反対する研究者共同声明」への賛同をよびかけました。 その後国会では、社会的批判を受けて、今回の生活保護法改悪が「申請手続を厳格化するものではない」、「扶養義務者に対する圧力を強化するものではない」という国会答弁が繰り返され、また生活保護申請は非要式行為であることや、あってはならないものとして「水際作戦」に言及する参議...
kyoudouseimei.blogspot.com

Post has attachment

Post has attachment
報告とお伺い(呼びかけ人代表)
大変に遅くなりましたが、9月から11月に行なった生活保護法改悪に反対する研究者共同声明運動について報告し、あわせて今後の運動のあり方について皆さまのお考えを伺います。 声明への賛同者は1130名に達しました。 その大まかな分野別の内訳は、社会保障・福祉分野(社会保障法をふくむ)240、労働・労働法・社会政策 80、 教育学 120、憲法・家族法など社会保障法を除く法学 130、経済学・家政学等 130、歴史学90、社会学 120、哲学・思想史 60、その他 160でした。 このように多くの研究者が研究領域をこ...

Post has attachment
生活保護法改正案に対する附帯決議の意義
改正生活保護法の再改正を要望する 「生活保護法の一部を改正する法律案」は、 2013 年 12 月 6 日衆議院で可決成立し、同 12 月 13 日に公布された。 第 185 回議会では、わずか参議院で 8 時間半、衆議院で 3 時間の審議で可決された。この点、すべての人々の生命、生活、健康に甚大な被害を与え、憲法違反の疑いの濃い重要法案の審議としては不十分極まりなく、民主的手続きの軽視として深刻な事態であり憲法 25 条等に沿った再改正が求められる。 参議院厚生労働委員会で、下記、付帯決議が採択されたのは、...

Post has attachment
賛同者 1130名(12月5日現在)
愛敬浩二(名古屋大学、憲法学) 相澤與一(福島大学名誉教授、社会政策) 青木哲夫(日本近現代史) 青木聖久(日本福祉大学 社会福祉学・精神保健福祉) 青木紀(名寄市立大学、社会福祉学) 青山 薫(神戸大学、社会学) 赤木和重(神戸大学、発達心理学) 赤石憲昭(日本福祉大学、哲学・現代人間論) 赤澤史朗(立命館大学名誉教授、歴史学) 安形元伸 ( 倉敷市立短期大学、保育臨床 ) 赤塚朋子(宇都宮大学、家政学) 秋林こずえ(立命館大学、平和教育・ジェンダー研究) 圷洋一(日本女子大学、社会福祉学) 吾郷健二(西南...

Post has attachment
賛同者1129名(12月5日現在)
愛敬浩二(名古屋大学、憲法学) 相澤與一(福島大学名誉教授、社会政策) 青木哲夫(日本近現代史) 青木聖久(日本福祉大学、社会福祉学・精神保健福祉) 青木紀(名寄市立大学、社会福祉学) 青山 薫(神戸大学、社会学) 赤木和重(神戸大学、発達心理学) 赤石憲昭(日本福祉大学、哲学・現代人間論) 赤澤史朗(立命館大学名誉教授、歴史学) 安形元伸 ( 倉敷市立短期大学、保育臨床 ) 赤塚朋子(宇都宮大学、家政学) 秋林こずえ(立命館大学、平和教育・ジェンダー研究) 圷洋一(日本女子大学、社会福祉学) 吾郷健二(西南...

Post has attachment
国民的な議論を尽くす慎重審議を! 11.20.緊急院内集会
生活保護2法案は参議院を通過しましたが、衆議院については審議入りもまだ決まっていません。社会保障プログラム法案は会期ギリギリまでの審議日程が決まったところです。 諦めることなく、廃案をめざして最後まで努力しましょう! プログラム法案・参院   参院本会議趣旨説明 11月22日    厚労委員会 11月26・28日、12月3・5日(うち1日は公聴会) 衆院の動き  生活保護二法案    来週以降(まだ、本会議も決まっていない)  薬事法改正案(ネット販売の件)    11月22日・厚労委員会(自民は1日であげた...

Post has attachment
社会保障プログラム法案
いわゆる社会保障プログラム法案の衆院厚労委での強行採決に対する2団体の声明を紹介します: 衆議院厚生労働委員会での「社会保障プログラム法案」の 強行採決に抗議し、廃案を求める談話  11月15日 ( 金 ) の衆議院厚生労働委員会において、社会保障改悪のスケジュールを決めてしまう「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法案(プログラム法案)」が、自民、公明の賛成多数で強行採決されました。19日の衆議院本会議での採決がねらわれています。 委員会では、「もっと審議時間を確保するべき」「消費税を...

Post has attachment
11.13.現在 賛同者1126名
愛敬浩二(名古屋大学、憲法学) 相澤與一(福島大学名誉教授、社会政策) 青木哲夫(日本近現代史) 青木聖久(日本福祉大学教授 社会福祉学・精神保健福祉) 青木紀(名寄市立大学、社会福祉学) 青山 薫(神戸大学、社会学) 赤木和重(神戸大学、発達心理学) 赤石憲昭(日本福祉大学、哲学・現代人間論) 赤澤史朗(立命館大学名誉教授、歴史学) 安形元伸 ( 倉敷市立短期大学、保育臨床 ) 赤塚朋子(宇都宮大学、家政学) 秋林こずえ(立命館大学、平和教育・ジェンダー研究) 圷洋一(日本女子大学、社会福祉学) 吾郷健二(...

Post has attachment
12日強行採決
与党は明日12日13時半~、2時間半の参院厚生労働委員会審議後で強行採決をねらっています。 中央社会保障推進協議会(中央社保協)で傍聴行動があるとのことです。   集合:12日(火)13:10~、参院議員面会所 「七日の参院厚生労働委員会・理事会では、12日午前に東京都新宿区の福祉事務所や経済的に困っている人を支援するNPO法人を視察した後、午後に二時間半の質疑を行うことで一致。自民、公明の与党は採決を同日午後に行う案を示し、民主党が回答を留保したため、12日の理事会で再協議する」と報じられていました。  生...
Wait while more posts are being loaded