Profile cover photo
Profile photo
キトサン 低分子キトサン 効果 免疫力アップ
3 followers -
免疫革命を起こそう 薬づけ医療はもうゴメンだ
免疫革命を起こそう 薬づけ医療はもうゴメンだ

3 followers
About
Posts

Post has attachment
細胞を増やし活発にするという、キチンとキトサンオリゴ糖の驚異の働きを科学的に徹底­解明!キチン・キトサンとは?1/3

お問い合わせはメールサポートなら24時間受け付け
こちらのキトサン販売ページにて 購入者の方へは生涯サポート付きです!
http://kitosan.shop-pro.jp 
Add a comment...

Post has attachment
キチン・キトサンとは?2/3

お問い合わせはメールサポートなら24時間受け付け
こちらのキトサン販売ページにて 購入者の方へは生涯サポート付きです!
http://kitosan.shop-pro.jp 
Add a comment...

Post has attachment
お問い合わせはメールサポートなら24時間受け付け
こちらのキトサン販売ページにて 購入者の方へは生涯サポート付きです!
http://kitosan.shop-pro.jp 
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
私たちの体には、ガンを攻撃する細胞の働き(免疫)が備わっています。

それは、マクロファージ(貪食細胞)、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)、キラーT細胞

などで、いわば生体がもともともっている「ガン攻撃部隊」ともいえるものです。

通常のガン治療では、抗癌剤や手術などでガン細胞を直接攻撃する方法を用います。

ところが、水溶性キトサンを用いる免疫療法は、ガン細胞を直接攻撃するのでは

ありません。

それはマクロイファージ、ナチュラルキラー細胞、キラーT細胞などの力(免疫)を増殖

させて、抗腫瘍(腫瘍に対抗する)効果を高め、結果的にガンを排除していくものです。


また水溶性キトサンはガン細胞にとりついて、ガン細胞がエネルギーを補給する過程をも

阻害します。そうすることで「兵糧攻め」にあったガン細胞は死滅するのです。

キトサンのガン抑制効果は次のようにまとめることができます


①免疫力を高めて、細胞のガン化を防ぐ

②ガン細胞を包みこんで、増殖を防ぐ

③ガンの転移を防ぐ

④ガンの症状をやわらげて、治療に耐える体力をつくる

⑤ガンの三大療法と併用して、効果の促進をはかる

⑥ガンの予防から根治まで、一貫した作用がある



水溶性キトサンに代表される免疫療法という言葉の響きは、手術療法や化学療法や放射線療法

と比べるとどこか消極的な方法のように思われがちですが、けっしてそうではありません。

水溶性キトサンを用いた免疫療法でガンを縮小させたり、消失させてしまった例は数多くあります。

免疫療法の長所
①副作用がないため、患者さんの感情や思考が前向きになる。

②苦痛が減少して食欲旺盛になるので、体力が回復するなどの利点があります。
Photo
Photo
2014-01-30
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
キトサン効果.COM
免疫革命のはじまり人間観を革命 病に悩むすべての人々にもともと私達に備わっている免疫力を高めることで治せるのです
免疫革命のはじまり人間観を革命 病に悩むすべての人々にもともと私達に備わっている免疫力を高めることで治せるのです
Add a comment...

キチン誘導体の免疫的性質
化学構造自体は19世紀後半、セルロースとほぼ同時期に解明

されているにもかかわらず、前記の理由でほとんど利用されて

いなかった

ただキチンを強いアルカリ条件下で脱アセチル化したキトサン

は有機酸と塩をつくる水溶性となり、

金属類たんぱく質等有機物に遭遇すると酸を離して結合する性質

から凝集剤としての利用が盛んになってきた。

しかし近年キチンには”生体内消化性”という天然高分子でも

まれにみる特性をもつことから注目されだし、医療材料その他への

利用が考えられるようになってきた。

腫瘍生着阻害

シイタケ由来のレシナチンやスエヒロタケ由来のシゾフィランなどの分枝状中性多糖では
効果がないとされている。

BALB/c系マウスの同系腫瘍 Meth-A へのキチン誘導体の生着阻止効果

細胞壁成分よりもDAC-70(70%脱アセチル化キチン)が高い生着阻止率をもち
次いで DHPーキトサン(ジヒドロキプロピルーキトサン)DAC-30(30%脱アセチル化

キチン)の順でマクロファージ活性化と同じ傾向にあった
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded