Profile cover photo
Profile photo
デジパ株式会社
46 followers -
ウェブサイト制作・ウェブマーケティング支援のデジパ
ウェブサイト制作・ウェブマーケティング支援のデジパ

46 followers
About
デジパ株式会社's posts

Post has attachment
トレンドウォッチ: 文字情報の最適化 UDフォント - [総務省の発表](http://www.stat.go.jp/data/topics/topi721.htm)(2013年9月)によれば65歳以上の高齢者は総人口に占める割合の25%となり日本人の4人に1人が高齢者となりました。インターネットユーザーのシニア層は全体からみればごくわずかであるものの今後も増加していくことが予想でき、ものづくりの現場においてできる限り多くの人への配慮が求められています。 フォントの分野では、モリサワフォントリサーチ2014のアンケート結果によると、UDフォント利用率は2011年が29%、2012年が36%、2013年が44%(引用:[PJ web news【印刷ジャーナル】](http://www.pjl.co.jp/issue/cat/post_207.html))と年々増加しており、こうした社会構造の変化に対応するためユニバーサルデザインの考え方を取り入れる動きが加速しています。 ##UDフォントとは 視覚情報の多くは文字によるものとされています... http://ow.ly/2VRmWI

Post has attachment
トレンドウォッチ: 構造化データ活用度の調査 OGPの実装 - 前回、コーポレートサイトにおいて構造化データがどの程度用いられているか、という[調査結果](http://digiper.com/trend/article/283.shtml)をご紹介しました。 今回は、それらの構造化データがどのように実装されているかを調査しましたのでご紹介したいと思います。 まずは、最も多くのウェブサイトが採用していたOGPの実装のされ方について調べてみました。 ### OGP基本の4情報 OGPの公式ページThe Open Graph protocolではBasic Metadata(基本的なメタ情報)として下記の4つが挙げられています。 og:title ページのタイトル og:type ページのタイプ og:image ページに関連する画像 og:url ページのURL 自分が実装する際も、少なくとも上記は実装するようにしていますが、今回の調査でOGPを採用していた161社はどの程度実装していたのでしょうか。 OGP採用161社のBasic M... http://ow.ly/2VrZgF

Post has attachment
トレンドウォッチ: レスポンシブEメールデザインを使ったマルチデバイス対応 - スマートフォン、タブレット端末が普及し、PC以外でWebサイトを閲覧することが増えていますが、メールもモバイルデバイスで確認する機会が増えてきているのではないでしょうか。しかしメールはWebサイトに比べマルチデバイス対応がまだ進んでいないと思います。 そこで今回はHTMLメールをマルチデバイス対応させる手法の「レスポンシブEメールデザイン」ついて紹介します。 ## レスポンシブEメールデザインの必要性 ![](/trend/upload_docs/20150218_01.jpg) [litmus 53% of Emails Opened on Mobile; Outlook Opens Decrease 33%](https://litmus.com/blog/53-of-emails-opened-on-mobile-outlook-opens-decrease-33) こちらはlitmus社の調査結果です。 + Eメールの48%はモバイルデバイスで開か... http://ow.ly/2UPbB9

Post has attachment
トレンドウォッチ: コーポレートサイトにおける構造化データ活用調査 - ウェブサイトに掲載するデータ(情報)を機械が読み取りやすくするために、HTMLによるマークアップを拡張する形で情報を構造化することが出来ます。機械が読み取れることで、例えば検索エンジンがそのページのコンテンツをより詳細に把握して、より分かりやすい検索結果の表示(リッチスニペット)が出来たり、Webサービス上でページのリンクが共有された際に、より詳細な情報を表示することが出来ます。 例:Googleによるレシピ検索のリッチスニペット ![](/trend/upload_docs/20150211_02.png) 例:Facebookによるリンクの情報の表示拡張 ![](/trend/upload_docs/20150211_01.png) 昨今のウェブサービスは構造化データを利用していなくても、適した情報を表示してくれるほどには進化しているのですが、より正しく詳細に情報を読み取ってもらうためにはデータを構造化することが必要です。 弊社では企業のコーポレートサイトを受... http://ow.ly/2UxaO3

Post has attachment
トレンドウォッチ: Androidの視覚的言語、Material Designとは - 2014年6月、Google が開催した開発者向けのイベント [Google I/O](https://www.google.com/events/io) において、今後の UX デザインの指標となる [Material Design](http://www.google.com/design/spec/material-design/introduction.html) の概要を明らかにしました。 最新モバイル OS である Android 5.0 Lollipop や iOS版 Google アプリ、Evernote の最新バージョンのアプリなど既に様々なデバイスやサービスにこのガイドラインに則ったデザインが採用されており、Material Design の本格的な普及が始まっています。では Material Design とは何なのでしょうか。 ###Material Design とは Apple の iOS7 の UI や Microso... http://ow.ly/2Uk3sI

Post has attachment
トレンドウォッチ: 情報を「読む」から「見る」へ インフォグラフィックの全体像 - 情報やデータの視覚化表現であるインフォグラフィック。近年日本においても利用例が増加しており、今後Webでも目にする機会が多くなると思います。 情報量の供給過多に伴い、発信者は単なる文字情報の羅列だけではなく、受け取り手に対して「情報をデザイン」する工夫や配慮が必要になったことがその背景にあります。読んでもらえず日々埋もれていく情報を可視化することで、魅力的で明確に伝わる伝達手法として注目を集めています。 ###インフォグラフィックの特徴 意外にもその歴史は古く、先史時代の洞窟壁画が原点とされているインフォグラフィックですが、言語の代わりとなったり補うことのできるビジュアル表現なので、人種や国籍を問わず活用できるユニバーサルデザイン的な面も備えています。 そのため、私たちに身近な道路標識や鉄道の路線図なども広義にインフォグラフィックとして定義することができます。 また、心理的な訴求効果が大きいのも特徴であり、ストーリーをもたせた仕掛けにより人を引きつけ、... http://ow.ly/2TWUep

Post has attachment
ニュースリリース: 書籍「検索せよ。そして動き出せ。~パラレルライフを実現する出会いのドアの開き方~」がビジネス社から発売 http://ow.ly/2T073K

Post has attachment
トレンドウォッチ: Webサイトパフォーマンスの重要性と改善のための調査方法 - [Yahoo!ニュース](http://staffblog.news.yahoo.co.jp/newshack/yahoo100pv_pc.html)で今年の6月に、月単位で初めてスマートフォンからのPV(ページ・ビュー)がPCからのPVを上回ったというニュースがありましたが、モバイルデバイスの普及に伴い最近ではPCより、モバイルデバイスでサイトを見る回数が増えてきています。 また、[ニールセンの調査結果](http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/10/Newsrelease20141021.html)によると、2013年4月から2014年4月の1年間でスマートフォンからのインターネット利用者数が1,172万人(41%)増加したのに比べ、PCは522万人(−9%)減ってるというデータがあります。 このことから、従来通りのPCのみを考えたWebサイト制作ではなく、マルチデバイス対応がより一層必要となってき... http://ow.ly/2Sdx00

Post has attachment
トレンドウォッチ: アイコンフォントのアクセシビリティと適切な利用方法 - モバイル端末をはじめとして高解像度ディスプレイを搭載した端末が普及したことにより、ウェブサイトでも高解像度でも劣化しないで表現が可能なベクター形式のデータが用いられることが増えてきました。 ベクターデータの中で最も用いられているのはフォントデータではないでしょうか。フォントデータは複雑な色の表現が難しいとはいえ、スタイルシートのみで大きさや色をコントロールしやすいということもあり、アイコンなどの形状をフォントとして登録したアイコンフォントも多く使われています。 独自のフォントデータを配信するウェブフォントも、古くからブラウザにて実装されていたことや Font Awesome など、使用しやすいライセンスで提供されているデータが増えていることも活用の後押しとなっています。 簡単なHTMLを挿入するだけで高品質のアイコンが使用できるので多くのウェブサイトでも使用されていますが、そのまま使用するだけではアクセシビリティを損なう可能性もあります。 ### アイコンのア... http://ow.ly/2RdTYs

Post has attachment
トレンドウォッチ: ウェブアクセシビリティ推進団体が障害者差別解消法の方針について内閣府へ意見書提出 - 国内のウェブアクセシビリティを推進する二つの団体([ウェブアクセシビリティ推進委員会](http://www.jwac.or.jp/)、[ウェブアクセシビリティ基盤委員会](http://waic.jp/))が、7月31日付けで障害者差別解消法の基本方針に対する意見書を内閣府へ提出しました。 障害者差別解消法とは国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として整備された法律であり、「障害者の権利に関する条約」の第九条「施設及びサービス等の利用の容易さ」では、障害者の方のインターネット利用についても触れられています。 日本より先に法整備が進んでいる多くの主要先進国が法律でウェブアクセシビリティへの対応を義務付けており、日本においても障害者差別解消法の基本方針がウェブアクセシビリティを推進するきっかけとなり得ることから、二つの団体は日本におけるウェブアクセシビリティ対応方針について意見を提出したと見られ... http://ow.ly/2LmQPT
Wait while more posts are being loaded