Profile cover photo
Profile photo
前田琢磨
3 followers -
毎朝5時に起きて、ウォーキングを日課にしています
毎朝5時に起きて、ウォーキングを日課にしています

3 followers
About
琢磨's posts

Post has attachment
女性は胎児の頃から卵巣には原子卵胞という卵子のもとを持っていて、およそ12、13歳ころになると卵子は卵巣を飛び出し卵管を通って子宮にやってきて、精子が来るのを待つようになります。それが排卵という現象で、子宮についた卵子がいつ精子と受精し受精卵が着床してもよいようにホルモンが出て子宮内に受精卵を着床させるためのベッドを作り準備を始めます。もし受精卵が着床すれば妊娠となり次からの排卵は出産してホルモンが戻るまでストップするという仕組みになっています。…

Post has attachment
女性にとって大切な月経は、順調に毎月くればいいのですが、周期乱れがあらわれることもあります。月経の周期乱れは、ホルモンのアンバランスが原因であることが多いです。卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった、女性ホルモンにより、女性の月経は、一定の規則正しい周期を守って、コントロールがされています。女性ホルモン分泌というのは、脳と卵巣とが複雑に関わっています。…

Post has attachment
日本で行なわれている主な避妊方法は、コンドームの装着が大半を占めています。 私達が普通だと思っている方法は、実は世界では一般的ではないことを皆さんはご存知でしょうか。 世界の避妊方法は実に様々です。 コンドームは摩擦や扱い方によって、破れたり、漏れが生じることも少なくありません。 よって、コンドームの避妊率は、100%と言えないのが現状です。 お隣、中国では、避妊のために、IUD(子宮内避妊具、リング)が使われていることが多いです。…

Post has attachment
人生設計の都合や経済的な事情によって、その時点での妊娠を防ぐためには、コンドームなどの避妊具を利用したり、低用量経口避妊薬(ピル)を服用するといった対策があります。一番主流になっているのはコンドームですが、コンドームの場合、正しく使用していたとしても3%の確率で妊娠が発生するとの統計データがあります。確実に妊娠することを避けたいのであれば、低用量経口避妊薬であるピルを使用することが一番確実な方法です。…

Post has attachment
避妊の方法にはさまざまなものがありますが、わが国では男性がコンドームを装着する方法というのが一般的で、全国規模の統計調査によれば、約7割から8割の人々がこの方法を選択しているとされています。しかし、コンドームによる避妊方法は、ゴムが破裂したり、行為の途中で外れたりといったハプニングによって失敗しやすいというのもまた事実です。こうした従来の方法よりもさらに確実性の高い方法として、女性側が避妊リンク・IUDを装着する方法というものがあります。…

Post has attachment
まず、望まない妊娠をした可能性がある場合にできることがあります。 72時間以内にモーニングアフターピルを服用すれば、絶対確実ではなくても妊娠を回避できる可能性があります。 一時的に多少の副作用がありますが、中絶などと比較すると体への負担は非常に少なくなります。 72時間を過ぎた後の望まない妊娠をした時の対処方法としては中絶があるのですが、体への負担は時間が経つに連れて大きくなります。…

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded