Profile cover photo
Profile photo
建築士ブログ
124 followers -
建築士専門ブログサイト
建築士専門ブログサイト

124 followers
About
Posts

Post has attachment
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・アプローチ: 滋賀県信楽にあるMIHO MUSEUM (ミホミュージアム) http://www.miho.or.jp/architecture/approach/ 学芸員に義従姉妹がいるため、 行きたいとは思っていたものの機会がありませんでしたが、 このミュージアムの設計者である I.M.ペイ生誕100年とミュージアム開館20周年記念で、 建築家・磯崎新氏と藤森照信氏の対談があるとの知らせを受け、 これは、逃す手はないと行ってきました。 I.M.ペイ氏の建築は、学生時代に雑誌などで目にしましたが、 100歳でまだご存命なんですね。 グロピウス、ブロイヤーの元で近代建築を学んだ、 中国系アメリカ人の建築家ですが、 一般的には、ルーブル美術館改修計画での ガラスのピラミッドといえばお分かりではないでしょうか。 その彼の建築は、日本のここ信楽にしかありません。 http://www.miho.or.jp/ このミュージアムのテーマは『桃源郷』 中国の古典、陶淵明の「桃花源記」に描かれ、 俗界から離れた仙境を示すようで、 このMIHO MUSEUMでも、 まさにそれを体感できる建築となっています。 レセプション棟で、チケットを購入して、 そこから、両側に垂れ桜が植えられた ゆったりとしたカーブの道程を辿ると、 やがて山にぽっかりとあいたトンネルに辿り着きます。 このトンネルがまた、静謐に包まれ美しい。 http://www.miho.or.jp/episode/ カーブを描いているため、出口が見えません。 ステンレスの細かいパンチングメタルで覆われた内部は 自然光を反射しながら奧へと光を導き、 低い位置にある間接照明のみで、 銀色の世界を包み込んでいます。 ここには、春には垂れ桜の桜色に、 夏には、山の木々の緑色に、 秋には、紅葉の紅色に、 そして、秋分の日には軸線の西側からの夕日が トンネル内に差し込んで黄金色に。。。 まさに、時空を超えるトンネル、 ここを通って、出口が見えてくると 美しい斜張構造の吊り橋のアーチ状ケーブル越しに、 入母屋のガラス屋根に被われたミュージアムが見えてきます。 まさに、俗界から離れて桃源郷に足を踏み入れた気分です。 当初予定された数箇所の敷地では、 ペイ氏はOKしなかったとのことで、 山を案内するうちに、道もなかったこの場所でなら 引き受けるというほどの山の中。 この橋も、山を貫いたアーチ状トンネルを出て、 反対側の沢の上に架かる橋で、 その向こうに、やっと建物敷地の山がある。 そんな場所に掛けられた吊り橋ですが、 これがまた、アーチ状に張られたケーブルが 美しい箇を弧を描いて橋を包み込みながら、 対岸の風景を切り取っています。 blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。   ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com/
Photo

Post has attachment
再訪: 先月、平和堂旅行センターが企画した『大塚国際美術館ルネッサンスリゾートナルト阿波三昧バイキング・鳴門金時芋掘り体験付き・秋の日帰りバスツアー』に参加。 大阪の茨木ICから高速道を乗り継ぎ、鳴門の渦潮が望める、中央径間距離が1991mの長さは未だに世界一を誇る明石海峡大橋を渡ると、徳島県鳴門市の鳴門公園内にあるお目当ての世界初、陶板名画美術館までほんのわずかだった。 この美術館は、大塚グループ創立75周年記念事業として設立された日本最大級の常設展示スペースを有する陶板美術館で、古代壁画から世界25ヶ国190余の美術館が所蔵する現代壁画まで、至宝の西洋名画1000余点を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術により、オリジナル作品と同じ大きさに複製され、2000年以上にわたってそのままの色と姿で残るのだそうです。 特に 古代・中世・ルネッサンス・バロック・近代・現代の西洋美術の変遷が美術史的に理解出来るように展示されている中で、ルネッサンス時代の作品に痺れ飛びぬけたエネルギーを感じたのは何故だろうか?、3時間の鑑賞時間が短すぎたので次回泊りがけで再訪問したい。
Photo

Post has attachment
受賞:NISCイソバンドデザインコンテスト/掲載:新建築2017年11月号:   2014年に完成した大阪市旭区の住宅、『』の家が第8回NISCイソバンドデザインコンテストの住宅部門賞を受賞しました。また、同コンテストの結果発表については新建築2017年11月号に掲載されています。よろしければご覧ください。     イソバンドはNISC(日鉄住金鋼板)の外装材の商品名です。『』の家は狭小間口のため外側から人が入って施工することが出来ず、建物内側からジョイント可能・かつ断熱材の入った鋼板パネルを採用しています。外気から室内までの壁厚みは僅か50mmです。壁が薄いということは配管類や鉄骨部材が全部露出になってしまうということなので、非常にシビアな施工が求められます。担当して頂いた大和建設さんの高い技術力と細部へのこだわりがなければ、おそらくこの計画は実現しなかったでしょう。ディテールや法規制対応に協力して頂いたNISCの皆さまにも感謝申し上げます。また、プライバシーの調整が必要な大きな開口に3種類のカーテンを組み合わせて提案して頂いたfabricscapeさん、工事中から現場に入って撮影して頂いた山田圭司郎さん、拙作を選出して頂いた青木淳・千葉学 両先生、そして何より思い切った案にも快くOKを頂き、上手に住みこなして頂いているお施主さま一家に感謝いたします。ありがとうございます。   山本嘉寛建蓄設計事務所 http://yyaa.jp/
Photo

Post has attachment
奈良市K邸オープンハウスのお知らせ:   この度、私たちが設計監理を行っている住宅が完成します。築40年ほどの数奇屋風住宅のリノベーションです。お施主さまのご厚意によりオープンハウスを行うことになりました。古い木造住宅の改修をお考えの方、中古戸建て住宅のリノベーションをご検討中の方など、私たちの設計の実例を見て頂ける貴重な機会ですので是非お越し下さい。 日時:2017年11月11日(土)10:00-17:00 場所:奈良市朱雀 最寄駅:近鉄京都線 高の原駅 ご希望の方は希望人数・代表者のお名前・希望時間・メールアドレスを記載の上、info*yyaa.jpまでお問い合わせ下さい。(*を@に代えて下さい)。詳細をご返信します。 ※同業の方の参考見学はお断りしています。あしからずご了承下さい。     山本嘉寛建蓄設計事務所 http://yyaa.jp/
Photo

Post has attachment
2017特別講義『雨のみちをデザインする』2017グッドデザイン受賞: 10/25の専門学校の授業は、 毎年恒例の外部講師を招いての特別授業。 いつも仕事でお世話になっております、 タニタハウジングウェア・谷田社長による講義、 今回は、2017年グッドデザイン賞記念講演です。 『雨のみちをデザインする』 http://www.tanita-hw.co.jp/ 昨年に続き、今年も2つの商品が2017年グッドデザイン受賞。 おめでとうございます。 ・TANITA GALVA:雨とい、スパンドレル、屋根材、換気棟、クサリトイ他 ・エコテクノルーフ http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid102.html いつもお忙しい合間を縫って、 静岡に来ていただいております。 どうも、ありがとうございます。 ・雨のみちデザイン・ウェブマガジン 建築家の様々な『雨のみち』試みをインタビューと共に読み解きます。 http://amenomichi.com/ ・谷田社長のブログ 全国で活動されている谷田氏が垣間見られます。 http://amenomichi.exblog.jp/ 参考までに、以下は私の住まいで使用した タニタハウジングウェアの樋と建物デザイン。 それぞれの住まいにとって機能上かつデザイン上、 密接な関係がある、必要な選択となっています。 それぞれに、使用した樋製品へのリンクが張ってあります。 多摩区・生田/小田急沿線の家。 ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。 http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html 静岡・国吉田/静岡市内を一望する家。 大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html 熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。 10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には 落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。 http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41 静岡・大谷/相模湾を望む家。 山からの落ち葉対策と共に、 ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて 屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。 http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41 静岡・国吉田の家2。 静岡・池田山の家。 切り妻のシンプルな屋根に合ったシンプルな半丸樋。 http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html 静岡・豊田の家。 特徴的な軒裏の米松押し縁の軒先押さえを兼ねた箱型樋。 http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid38.html ・広島/呉・大之木ダイモモデルハウス・木香(このか)の家。 シンボルツリーのために屋根に空いた開口部から「ensui」(鎖樋) http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid96.html 大之木ダイモモデルハウス・木香の家 http://daimo.jp/kinoie/modelhouse/4960/ 雨樋・すとっ葉°ーの雨水流入実験 https://www.youtube.com/watch?v=IMDiFdBF3Gw&feature=youtu.be http://blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。   ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com/
Photo

Post has attachment
食堂前デッキの季節移り変わり: 渡り廊下とデッキが玄関代わりとなり、 玄関のない自邸ですが、 前後二つの建具で仕切られる中庭デッキは、 春夏秋冬で、しつらえを変える空間です。 自家栽培&緑のカーテンのゴーヤーが終わり、 ネットを外したあとは、 愛犬クレアの日向ぼっこを食堂から眺めながら、 小春日和を味わいつつ・・・と思っていたら、 なんですか、この寒さと長雨は。。。 秋がなくて、初冬の気候。 近年の気候にヤマモミジの紅葉が乱れがち。 さて、今年はどうなりますか。。。 http://blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。   ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com/
Photo

Post has attachment
窪田建築設計事務所: 窪田建築設計事務所 住所:山梨県笛吹市石和町東油川124-2 TEL:055-262-5065 FAX:055-262-5047 Mail:yusuke.k@ymail.plala.or.jp
Photo

Post has attachment
10/11静岡コンサート・さだまさしさんとの再会: ※写真については、掲載許可をいただいております。 昨日の静岡市民文化会館でのさだまさしコンサート。 詩島でのビフォーアフター撮影以来、 半年ぶりの再会を果たすことができました。 コンサート前に、楽屋訪問してしばし歓談。 持参した映画長江DVDと詩島唄CD、 これが、私とさださんとの出逢いのビフォーアフターですと・笑 サインをしていただきました。 そして、ツーショット撮ってインスタしないと。。。 コンサート時の恒例インスタにご一緒させていただきました。 また、番組を通じてお世話になった さだ企画の方々とも 懐かしい再会を果たせました。 先月に発売されましたさだまさしさんの ニューアルバム『惠百福 たくさんのしあわせ』 文字通り、たくさんのしあわせを詰め込んだアルバムですが、 やはり、私にとって一番気になるのは『詩島唄』 CD付属の歌詞カードの解説には、 番組、施工した石橋工務店、西山工業と共に、 私の名前まであげて、感謝の言葉が述べられていて感激。 本当に、喜んでいただけて良かった。。。 朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターで、 さだまさしの詩島の島再生リフォームを お手伝いさせていただき、 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_1.html そして、それをきっかけにできあがった『詩島唄』 リリース初日に購入して聞きましたが、 詩島の歴史がそのまま歌詞になって、 なんということでしょうのフレーズもあり、 しかも、ロックンロールなさださんが・・・笑 とにかく、ウキウキするメロディーでした。 昨日の静岡コンサートでも、 観衆総立ちで、『詩島唄』を熱唱。 今日は、詩島を担当してくださった 島の匠・松永さんも会場にいらっしゃってます!! ・・・・・・で、皆さんが会場をキョロキョロ・苦笑 私は、いち観客として紛れ込んでおりましたが。。。 詩島再生リフォームから産まれた『詩島唄』 その歌をさださんのコンサートで、 観客の皆さんと一緒に、盛り上がりながら聞けるとは、 なんということでしょう あの会場の空気感をファンの方々と共有できて、 本当にしあわせな刻を過ごすことができました。 どうも、ありがとうございますた!! さだまさしの詩島と設計施工フォローアップ リフォーム概要はこちらから。 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_12.html http://blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。   ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com/
Photo

Post has attachment
個性が活きる住まいづくり: アトリエMアーキテクツの住まい紹介のお知らせ。 これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。 一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務 〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2  TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649 メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp http://atelier-m-architects.at.webry.info/ http://facebook.com/tsutomu.matsunaga 今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。 どちらも、表扱いですが、 それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。 Jパネル、JPウォールは、 いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。 http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html さだまさしさんの詩島再生計画でも、 母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、 構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。 ・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html ・さだまさしの詩島とJパネル家具製作 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html ・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝 https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html 大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA. 長崎・さだまさしの詩島再生計画 http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html http://blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。  ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com/
Photo

Post has attachment
富士山世界遺産センター・12/23開館予定: 富士宮市で建設が進められています 静岡県富士山世界遺産センター。 外観に8,000ピースの富士産ヒノキ材を3D加工して 組み上げている逆さ富士が印象的な建築。 設計は、坂茂氏。 http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-150/fujisanwhc-top/fujisanwhc-top.html 手前にできる水深3cmの水盤には、 外観の逆さ富士山が反射して、正対富士山が現れます。 http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-150/fujisanwhc-facility/fujisanwhc-facility.html この内部には螺旋形のスロープを登りながら富士山の体験ができます。 http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-150/exhibition/exhibition.html 外観同様に、内部も刺激的な空間が広がり、 その最上階には、雄大な富士山と御対面。。。 こ、これは、本当に圧巻のサプライズ風景。 完成間際の見学会に参加してきましたが、 残念ながら、内部の写真は開館まで御法度。 静岡に、またひとつ刺激的な建築が誕生しました。 近くには、富士山信仰の浅間大社総本山、 http://fuji-hongu.or.jp/sengen/hongu/index.html 参道前のお宮横丁には、 富士山の湧き水を自由に飲みながら、 全国B級グルメNO.1に輝いた富士宮焼きそばに舌鼓。 http://omiyayokocho.com/ この刺激的な富士山世界遺産センター開館後は、 おそらく首都圏・近畿圏からも大勢の人が訪れ、 当分ごった返す混雑となりそうです。 駐車場整備や周辺道路渋滞対策、大丈夫かしら。。。 http://blog.with2.net/link.php?460485 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。   ・・・どうも、ありがとうございました。 http://house.blogmura.com
Photo
Wait while more posts are being loaded