プロフィールのカバー写真
プロフィール写真
雲本らて
フォロワー 2 人 -
運営人の雑記帳です。
運営人の雑記帳です。

フォロワー 2 人
基本情報
投稿

しかしなんですねえ。上の階の人たち、相変わらず猫飼ってるみたいですなあ。
ペット禁止の物件で猫を飼うのって僕的には監禁と同じじゃないのかなと思うんですよね。猫はあくまで奴隷で自分を楽しませてくれるものというか。。外やらでも遊んでやれないし、なにか音出すたびに自分が管理人なんかに叱られたり、周りの住民に気づかれたりしないように注意したりもしかしたらこついたりするかもしれないわけでしょ。ここまで拘束してしまうとある意味虐待レベルでもあるような気が。。



余談ですけど、僕も昔というか学生時代、川崎に住んでいた時、今のマンションよりはるかに防音的に弱いはずの木造アパートの2階で暮らしていたんですけど、当時は生活音の苦情どころか下の階の人にお土産とか度々もらっておったりしましたね。まあある程度、気を使っていたのもあるかもですが。
要はつま先歩きのくせをつけると足音は格段にしなくなるし、フローリングのところには絨毯なりマットなんかをひくと音の具合がだいぶマイルドになりますよね。などなど。

投稿に添付ファイルが含まれています
うお。もしのもし僕も大金持ちになれたらぜひやってみたいですな。(;_;)^_^

まあ、この例は宝くじレベルの話としても、まわりの人たちに誠実に接していればこんなことも起きるかもということで、ちょっと勘違いされそうな言い方ですがあえて言わせてもらうと、現代人が忘れがちなことを思い出させてくれたかもなあと思ってみたり。



もちろん同じマンションに住む見知らぬ人々にも例外なく。。

投稿に添付ファイルが含まれています

投稿に添付ファイルが含まれています

投稿に添付ファイルが含まれています
ひゃあ、これすごいですね。
幻日というそうですよ。



天井がどうとか、そんな貧乏くさいことばかりつぶやいていたら、ほんと気分もおかしくなってくるし、そういう無責任な人たちにつきあってまきこまれないためにも、こういう話ももっとしなくちゃですな。

投稿に添付ファイルが含まれています
うーむ。
これは弟が、本庁に宮司にさせるなと言い続けてたから7年もそのままになっていたのかな。

それはともかく、なんかミステリー小説にでてきそうな話だけれど、本当の話なんですよね。(頬をつねってみる。)

投稿に添付ファイルが含まれています
実害がでているので、ちょっと調べてみたらけっこうあるんですなあ。

しかも、うちのマンションの管理会社、僕の部屋が契約しているメイン以外にも別の会社も関わっているみたい。。
そして、それが上の階の部屋の管理会社。。(汗)

メインの会社は対応はしっかりしていたので、どうなるかは今後次第かな。
ちなみにうちのマンションはやはりペット禁止とのこと。

とりあえず、同じようなことで困っている方のためにもリンクしておきますかね。

うーむ。
やっぱり上の階に住むひとたちの音やまないですな。
昨日の夜も寝ていてその音で目が覚めたし。。
とりあえず猫に関する生活音だけかと思ったんですが、けっこうドスンドスンと連チャンで聞えるので、足音のような感じもするので動物の音だけではないのかも。

不動産会社で働いている友人にもおもわず聞いてみたんですけど、マンションでそれだけ下の階に音がもれるのはあまりきいたことないというし、僕自身、前に上階に住んでいた女の人も全然そんな生活音させていなかったですしね。
(ただし、1年に一回くらい「死にたい〜」などと外にも聞えるくらい叫びながら、部屋の中で騒いでモノを投げ散らかしている時だけ、今と同じような音(生活音)が聞こえてきましたけどね。。逆にいえばそれくらいしないと、うちのマンションは下の階にも音は聞こえてこない構造なのですよ。)

ということでやはりこれは悲しいですが、管理会社に一報しないとだめかな。

投稿に添付ファイルが含まれています
自分てきにタイムリーすぎてあせりました。。
おそらく、天井の足音とか生活音に関する苦情のやりとりというかやりあいでしょうな。

だから管理会社を通して伝えたほうがいいというのはこれなんか典型ですな。
あとは今回アパートだったようですが、鉄筋マンションなら穴をあけるのはほぼ不可能なので、こういうこともおこりませんね

しかし、あれですなあ。
よくマンションとかで、猫なんかを飼ってはだめとか聞くし、実際、うちのマンションでも猫や犬などの動物は飼ってはだめという契約があるんですよね。

なぜ、はじめにこんなことを書いたかというと、実は上の部屋に最近引っ越してきた人たち、どうやら猫飼ってるみたいなんですよね。(このまえ、窓の前で佇んでいる猫がいたもので。しかもけっこう大きめ。)
それで、前に、どすんとかコトンとか生活音がすごいと書きましたけど、よくよくその音を分析してみたら、どうやら猫があばれたときとか、高いところから飛び降りたときにでるような音みたいにも聞こえるのですね。(人の可能性もあるかもしれませんが、頻度としてはそちらの音のほうが多い。)

とは言いつつも、前にも生活音がすごいとか書いたこともありますけど、実はこのつぶやきを読んでいるのか(それはないと思いますけど・・・)、前よりは生活音が小さくなったとはいえ、やはり夜中とかでもなにかと音するんですよね。
なので、この状況が続くようなら、こちらはなにも悪いことしてないのに不快な思い(我慢)を続けなくてならないので、やはり管理会社にも言わないといけないかもしれないですね。(まあ、この音問題がなければ、そのまま黙ってるかもしれませんけどね。)

そんなわけで、マンションで猫とかの動物を飼ってはいけないというところが多いのは、物件自体に匂いがついてとれなくなったり傷みが進行しやすいからだけなのかなと以前は思ってましたけど、こういうマンションのスペックからくる生活音という点でも問題があるからなのだなあと当事者になってみて改めて思う今日このごろですかね。

ちなみに僕は猫嫌いとかそういうわけでありませんのであしからず。
他の投稿を読み込んでいます。お待ちください