Profile cover photo
Profile photo
Y Yokota
8 followers -
ドラマーとして活動しています。
ドラマーとして活動しています。

8 followers
About
Posts

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
今日は

【なぜ上手くなったのか?を考えよう。】

というテーマで書きます。


---元ネタはこちら↓---

http://wp.me/p3ATbA-4g

2013年2月20日に更新した日記で、

アクセス数が毎月上位に上がっている人気記事です。

-----------------------


上達するスピードが止まっている人は、

ネガティブな要素にしか目が行っていません。

例えば、

「○○だから、自分には無理に決まっている。」

というネガティブ思考は、

何も新しい事を生み出せませんし、

次に繋がる事は無いでしょう。


それよりも反対に

「なぜ上手くなったのか?」

をポジティブに考えていく事が大事です。

なぜなら、ポジティブ要素は色んなケースに応用が聞きますし、

次のステップにも繋がっていくからです。


例えば、

身体の動かし方が一つ習得出来たら、

これから叩くフレーズ全部に使えますよね。


こうして、

「なぜ上手くなったか?」を

毎回練習するたびに、コツコツ貯めていくと、

ある時大きなブレイクスルーが訪れて、

一気に上達するきっかけになる可能性が高まります。

ぜひ練習中や練習後に考えてみて下さい。


ただ、どうしても「上手くなった理由」が見つからない場合があるかもしれないので、(超絶なスランプですね)

その時のアドバイスをさせてもらうと、

ネガティブな理由からポジティブな理由を抽出する事がおすすめです。


例えば、

「ハイテンポになると両手のスピートがついていかない」

という悩みがある時は、

「じゃあ、なんでそれより少し遅いテンポなら上手く叩けているのか?」

という風に考えてみると発見があるはずです。


その発見が積み重ねになって実力に結びついていくので、

これは練習をする前の段階でしっかり答えを出しておくと、

練習の質を上げることにも繋がりますので、

ダラダラと練習する時間も減り、

スタジオ代の節約になりますね。笑

Post has attachment
ツーバス連打の基礎力を身に付ける練習法です。

発展ではなく基礎レベルなので、ハードロック系のドラマーは叩けるようになっておくと全体的に演奏がかなりラクになるはずです。

ウォーミングアップなどに組み込んでみて下さい。

Post has attachment

Post has attachment
これはドラマーには全員やって欲しい練習法です。

基礎作りに最適ですので、ぜひやってみて下さい。

Post has attachment
必須のテクニックではないので、マニアな人は練習してみてください(笑)
Wait while more posts are being loaded