Profile cover photo
Profile photo
竹中純一
7 followers
7 followers
About
Posts

Post has attachment
基礎体力づくり。
まぁ言うたら、筋トレですわな。 こういうのは。 思春期からずぅ〜っと走り抜けてきた音楽の日々から2010年頃にいっかいバーンアウトして。 その後まる4年間写真機と写真行為にだけ身も心も捧げて。 いい空気吸って帰ってこれたんで。 最近のここ3年間はまた音楽っつう本道に向き合うための。 リハビリと言うか、もう一段、上に行く為のエトセトラをずっとやってる。 俺はもっとやれる!!!!! もっと燃え盛るんだ!!!!!!!!! だってモテたいもん!!!
Add a comment...

Post has attachment
3時間くらいなやんだけど、高山さん。
3時間くらいなやんだけど  一応ジャンルのファンとして 書いとく あの時代、確かにあなたのような行動を取るプロレスラーは時代に必要とされていたのは認める。事実だ。 しかしやはり客観的に見れば、あきらかに、真剣に勝ちを目指すでもないモチベーションで参戦して、当然どーしょもない結果でしかなかった格闘技でのピンポイント数戦、それで得た圧倒的バリューでフラフラフラフラと特別人気選手ワクみたいなものでプロレス各団体にフリー参戦してそこの所属選手とロクに手合わせもしてなかったろ。 で受け身とれなかったんだろ? これ、被害...
Add a comment...

Post has attachment
変化の中で
生き残るにはどうしたらよいか。 孤独な闘い。
Add a comment...

Post has attachment
フィーチャリング、猫。
いつもほぼ声の参加のみなので、猫をフィーチャーしました、
Add a comment...

Post has attachment
まるで、夏休みの最終日ですよ。
ゆまり、俺は結局ずーっと変わっていない。 こんなアホだけど。 やっぱええかっこしいのままいきたいわけよ。 ほんと、そんだけよん。
Add a comment...

Post has attachment
こりゃあホンマに根気がいるわね
時間を言い訳にしたら・・負けだし、 そこで俺は終わる。 まだもうちょっと、やってみようかな・・。
Add a comment...

Post has attachment
老害クソぼやく。
とりあえず80年代以降の産まれの方々のやる音楽に、心底惚れることはほんとうに稀ですよ・・・ね?オッサン方各位? 特に滅入るのが、なんか、そういうのをミクスチャーだとか思ってるんだろーなー・・・・っていう生バンドがやる類。 借りパクのパッチワークとでもいうか・・。 いや、それはミクスチャーとかいうとカッコ良くかんじてるのかもしれんけど俺にいわせればクソコラだよ・・・つう。 ダンボールで作ったロボットみてぇだよ。 そういうのは学生服着てた頃に文化祭で済ませておこうよ・・・っていう。 ノーペイと友情物語の中で終わら...
Add a comment...

Post has attachment
エレキギタ~は大好きだけど音色は興味がない。
ほんとここはごめんなさいというか・・・。 なんか、どーでも良くね? ていう程度の感性しか持っていないのです・・・・。 木片のあつまりに鉄の糸をピンと張ったからといって・・ そこから例えば泣いた赤子の心を落ち着かせて泣き止ますような・・?そんな、心震わすようないい音色が出てくるなんて僕は期待しない。 雑音かなーて思うけど。 だから俺みたいなこんなバカでも憧れたんだよ。時代の雑音を拾って、雑にええカッコ気取って。雑に美意識気取って。 全て自己流の採点基準でいいんだよ、て。いうのを。その、猛烈に激烈に俺という人間を...
Add a comment...

Post has attachment
エレキギタ~。
中学生くらいの時、ものっすげぇ憧れたんですよ。 エレキギタ~をひけるヤツ!!とかそういうのに。 なんか、特別な存在になりたかったし。 んで、やっぱ、モテたかったしね。 果たしてそのパッとしない内向的な少年は人生を幸福に出来たのでしょうか? それはわからないけど。 とりあえずギターつうのは当時思ってたよりもはるかにハードルの高いものだった・・・・っつうのはあるよね。 もう引っ込みがつかないからずっとやり続けてるけど・・ ほんとうは、俺みたいなド凡人が軽い気持ちでやったらアカンことやったんやな~・・・ ・・・て今...
Add a comment...

Post has attachment
音楽人になるっつうのは。②
画家とか、詩人が、列車に乗るっつう事に例えられるかもしれないね。前回の続き。 そして時には、ものすごいスピードで都市、文化、の中を。はい、この街。次はこの街。この駅、この駅、この駅。地形や州をどんどん越えて。ここではこんな生活風習、ここではこんな生活文化、産業。 次から次から次へと疾走して走り抜けたり寸分停車したり、する事もあるだろう。 そのような都市と情報の狂乱の中でも。前回記事のようなまったりした田園地帯でも ただただ、目に入ったものをメモにとっているだけでは、それは表現行為と呼ぶには程遠い。それは、ただ...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded