Profile cover photo
Profile photo
Akira Takahashi
841 followers -
高橋 晶。プログラマでライダー。 http://faithandbrave.github.io/
高橋 晶。プログラマでライダー。 http://faithandbrave.github.io/

841 followers
About
Akira's posts

Post has attachment
カメラを買いました
周りのバイク友だちがいいカメラでいい写真を撮っているのを横で見ていて、自分が撮るiPhoneの写真に限界を感じていたので、いろいろ調べてカメラを買いました。 SONYのRX100M3というコンパクトデジカメにしました。高級コンデジと呼ばれるジャンルのカメラだそうで、レンズ交換できない以外は一眼レフと同等くらいの性能があると聞きました。(ぼくはカメラにについてくわしくないので、実際どうなのかはわからないです) まだ買ってから数日しか経っていないですが、近所で何枚か撮ってみました。 けっこうキレイに撮れて、性能と...

Post has attachment
乗ったスーパースポーツまとめ
ぼくはスーパースポーツバイクが好きです。 各メーカー最高のバイク、最先端技術、楽しさ。スーパースポーツはロマンです。 試乗も含めていろいろなスーパースポーツに乗ったので、専門的なインプレッションは書けませんが、簡単な感想をまとめていこうと思います。 YAMAHA YZF-R1 2013年モデル はい、ぼくのバイクです。 この年式のR1は、特徴としてクロスプレーンエンジンというのがありますね。燃焼トルクと慣性トルクのうち、慣性トルクをほぼ完全になくし、コーナリング時のコントール性を向上させています。 コーナリン...

Post has attachment
YZF-R1 2013年モデル 装備まとめ
YZF-R1 (2013)のカスタマイズ、およびバイク用品揃えもだいたい落ち着いたので、まとめておこうと思います。 バイクのカスタム クレバーウルフのカーボンフレームカバー (綾織) クレバーウルフのマフラーヒートガード (綾織, 右側) 低温火傷の熱対策です。 クレバーウルフのタンクプロテクター (綾織) ジャケットのファスナーや、ウエストバッグの留め具などによってタンクが傷つくのを防止しています。ついでにここにステッカーをペタペタ貼ってます。 カーナビのマウントには、 DAYTONAのマルチバーホルダー ...

Post has attachment
自分に活かす
一般化された説明、抽象化された説明、あるいは事例の紹介があった場合、それを自分のために活かすには、応用力や想像力といったものが必要となる。 事例を聞いて「あぁ、サクセスストーリーだね。ちゃんちゃん」で終わってはいけなくて、その事例から自分が何を学びどう活かすかを考えないといけない。 そういった応用力や想像力はどこからくるのだろうか。問題意識を持って取り組むことなのかなんなのか。最近そういう説明をするときには、「想像力を働かせて、自分にどう活かすか考えながら聞いてください」と言うようにしているのだけど、その想像...

Post has attachment
変な人対策として勉強会の運営ができること
勉強会・ハッカソン運営者の皆様、参加には料金とるか審査制にしてください この方の場合は単に「騙されやすい人だった」というものだと思う。 有料化は、「無料だしとりあえず席を確保しておこう」といって参加登録して結局来ない、みたいな人のために本当に参加したい人が参加できない問題は解消される。でも変な人対策として有効かは疑問。変な人は「自分が問題ある人間であることを自覚できない人」である場合があり、行動規範なんかを作ったとしても読んでか読まずか来るものは来る。なので、オープンなイベントである限り、変な人がこないよう運...

Post has attachment
オープンソースはどのようにして成功するのか
What success really looks like in open source - And how we can support them 「伽藍とバザール」ではもう今日のオープンソースは語れないので、いまのオープンソースの成功について考えよう、という記事。和田さんが言及してたので読んでた。 てきとうに気になったところを持ってくる。 == バザール方式は説得力はあるが、現実的ではない 外からは、Linuxのようなプロジェクトにはバザールが本当に存在したことを証明したように見えた。しかし実際には、皆...

Post has attachment
2015年まとめ
概要 去年までは、本を書いたり、毎日ブログを書いたり、ボランティアの技術情報サイトをせっせと書いたりして、プライベートにあまり余裕がありませんでした。 今年は少しペースを落として、プライベートを大事にするように心がけました。余裕が出てくると、見えるものがまた違ってきます。いま継続的に行っているボランティアの作業が一段落したら、また何か新しいことをしたいですね。 仕事まとめ 今年の前半は、昨年から引き続いてヘッドロック社の『ミリ姫大戦』というゲームの開発に関わらせていただいていました。 実装技術としては、Ems...

Post has attachment
『インタフェースデザインの心理学』を読み終わった
『インタフェースデザインの心理学』を読み終わりました。 知りたかったことがだいたい書いてあったので、すごくよかったです。 ユーザビリティの部分を、感覚ではなく論理で作るために役立てられます。それと、この本で言う「インタフェース」は、画面のユーザーインタフェースだけではなく、サービスデザインのような根底の部分の設計にも適用できます。 1 Tipsが2〜3ページ程度なので、さらっと知りたいことを調べられます。より詳しい情報を知りたい場合は、すべてに参考文献となる論文が示されているので、そこから調べられます。たいへ...

Post has attachment

Post has attachment
『経営者の条件』 簡易レビュー
ドラッカーの著書『 経営者の条件 』を読み終わったので、簡単なレビューを書きます。 本書のタイトル『経営者の条件』は、原著では『The Effective Executive』となっています。本書の定義では、エグゼクティブ(Executive)とは経営に関係なく成果を出すよう実行する人のことを言うので、経営者寄りの本ではありますが、読者を経営者に限定した本ではないです。原著のタイトルを、意図にあったように訳すなら「効果的に成果を出す」とかそんな感じでしょう。 本書では、仕事で成果を出すにあたって身につけたほう...
Wait while more posts are being loaded