Profile cover photo
Profile photo
答えのない授業.net
1 follower -
学校と実務経験者の求人マッチングサイト
学校と実務経験者の求人マッチングサイト

1 follower
About
Posts

Post has attachment
「女性の社会進出のためには、保育園と「働く喜びの実体験」が必要」ブログを更新しました!

平成26年度内閣府調査では、20代の「専業主婦」希望が58.5%と、60代に次ぐ高い割合となっている。

しかしながら現実は・・・、夫婦共働き世帯59.9%、専業主婦世帯が30.1%という割合である。

「仕事が好き!」「ずっと働きたい!」と思うためには、仕事での成功体験ややりがいを体験しているかどうかがではないだろうか。しかし結婚〜妊娠〜出産〜子育てをする20代後半〜30代中盤頃までに、仕事を任されやりがいを知っている人は多くないと思う。

続きはブログで!

Post has attachment
「将来の夢の見つけ方は「なりたいこと」ではなく「やりたいこと」?」ブログを更新しました!

現在のなりたい職業ランキングでは、上位に「公務員」「サラリーマン」「金融業界」という職種ではないものがランクインしている。

最近は「ユーチューバー」などという新しい職種も誕生している。一方で花形だった仕事も、時代とともに不要になる。例えば「車のエンジン開発」は電気自動車の誕生とともに不要になった。そしてこれからは車の自動運転により「運転手」も不要になるだろう。

将来の仕事が予想できない時代になった。生涯ひとつの職業で全うできるかどうか、分からない時代になった。
だから「何になりたいか?」と考えるのは間違っていると思う。

続きはブログで!

Post has attachment
「2020年に大学入試、授業内容が大きく変わります」ブログを更新しました!

2020年、大学入試が大きく変わります。

現在の「センター試験」が廃止され、新たに「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が実施されます。

新しい入試では、回答がない設問に対して「問題発見」「問題解決」をし、それを論文にする入試が導入されます。つまり今まで求められていた「暗記力」から、「思考力」「判断力」「表現力」が求められることになります。

続きはブログで!

Post has attachment
「恋愛は学習が必要?「性教育」を作った理由」ブログを更新しました!

・日本のセックスレス約45%。

・世界26ヵ国の回数調査では、日本が最下位。全調査国の世界平均は年間103回(約3.5日に1回)、1位のギリシャは164回、そして日本は48回(約週に1回)。

・18歳から34歳までの女性の39%が処女で、男性の36%が童貞。

・独身女性49%と独身男性の61%は、いかなる種類のロマンチックな関係も持っていない。

・16歳から24歳までの女性の45%、男性の25%が「性的な接触に関心がないか、嫌悪している」

・2016年新成人調査では、「交際相手がいる」と答えた男女は26,2%。恋人が欲しくない理由は、
1位:恋愛が面倒 46.2%
2位:自分の趣味に力を入れたい 45.1%
3位:仕事や勉強に力を入れたい 32.9%
(2016年新成人調査より)

続きはブログで!

Post has attachment
「2020年に大学入試、授業内容が大きく変わります」ブログを更新しました!

2020年、大学入試が大きく変わります。

現在の「センター試験」が廃止され、新たに「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が実施されます。
新しい入試では、回答がない設問に対して「問題発見」「問題解決」をし、それを論文にする入試が導入されます。つまり今まで求められていた「暗記力」から、「思考力」「判断力」「表現力」が求められることになります。

続きはブログで!

Post has attachment
「海外の教育法について」ブログを更新しました!

私は高校のときカナダに留学しました。例えば図画の授業では、進むスピードはひとそれぞれでした。プロジェクトが終わり次第、先生が個人的に次のプロジェクトを説明してくれて次に進みます。それにも驚きましたが、もうひとつ驚いたのは、例えばプロジェクトが「油絵」の場合、描く対象は自由でした。自分で決める必要があります。

続きはブログで!

Post has attachment
「日本の教師は世界一多忙?!」ブログを更新しました!

文部科学省のレポートによると、日本の教員は世界一多忙と報告されています。具体的には、1週間あたりの労働時間が、国際平均38.9時間に対し、日本は53.9時間と 15時間も差があります。その要因のひとつに、「教員以外の専門スタッフが少ない」という問題が挙げられており、全教職員における教員の割合は、米56%、英51%に対し、日本は82%で、日本の教員が多岐に渡る役割を課せられている実態が分かります。

続きはブログで!

Post has attachment
「20〜40代の恋愛結婚調査2016」ブログを更新しました!

*男性は20代も30代も5人に4人は恋人はいない、そもそも約半数は交際経験すらない!

*男性はが恋愛に受身なのは、お金がないから!

続きはブログで。

Post has attachment
「日本の約49%の仕事が人工知能で代替可能に?」ブログを更新しました!

レポートによると、10〜20年後には「日本の労働人口の49%が、人工知能やロボット等で代替可能になる」と発表しています。簡単にいうと、AIによって代替不可能なのは、「創造性や協調性が必要な業務や、非定型な業務」です。つまり今から将来を考えるならば、創造性のある仕事、協調性が必要な仕事、否定型な仕事やスキルを身につける必要があります。

続きはブログで!

Post has attachment
目指すべきはスペシャリスト?ジェネラリスト?
ブログを更新しました!

これから目指すべきなのは、スペシャリスト(専門家)なのだろうか?それともジェネラリスト(幅広くなんでもできる人)なのだろうか?

結論からいうと「流動性のあるスペシャリスト」だと思う。

その答えは、これからの働き方にあるだろう。

続きはブログで!
Wait while more posts are being loaded