Profile cover photo
Profile photo
西田淑子
13 followers
13 followers
About
Posts

Post has attachment
大阪刑務所で研修でした。
家を出る1時間前の、大きな地震のために、電車が全部止まってましたね。
こういうときは、考えられる可能性で、すぐに出来ることから、全部やっていきます。
小さな可能性を探して、とりあえず駅まで行ってみると、動く気配なし、
タクシー会社に電話しても、つながらないし、
そこで、タクシーが通るかもしれない、大通りまで歩いていきます。
その間に、遅れそうなので、何時に電話をかければいいか、も考えます、
私の前には、やはり、タクシーを捕まえようしてるらしき人が同じ方向に歩いていますが、
それでも、やはり歩きます、
歩き続けて5分位すると、なんと、ラッキーなことに、私の直ぐ側で、支払いのタクシーが止まりました。
途中渋滞だったりはしましたが、少し遅れくらいで到着しました。
諦めなければ成功するんです。
そして、タクシーの運転手さんとも、面白い話をしながらの小1時間を過ごすこともできました。
画像は、地震にもビビらない、うちの三毛猫、タマちゃんです。
Photo

Post has attachment
大阪刑務所で、社会人マナー講座、でした。
マナーとか、常識は、その時代の多数派の考えで決まります。
また、状況やその場の人間関係によっても、変わります。
”絶対にこれだけが正しい”、だけの方法だけ持っていたとしたら、摩擦は起きやすくなりますが、
”こう考えることも出来る”、だと柔軟に対処もできます。
ただ、”こう考える”ためには、やはり基準は必要です。
だから、選択肢を増やすためには、その基準の意図、と、現在の世相の流れ、を知る必要があります。
さらに、どんなに素晴らしいマナーの知識でも、それを活かすためには、コミュニケーション技術はやはり、必要です。
サボテンの花が咲きました。
朝咲いて、夕方までの一日花です。
Photo

Post has attachment
岡山刑務所で研修でした。
こちらでは、年に数回、仕事をします。
自分に生きる価値があるかどうか、生きてる意味は何か、
多くの人が思い悩みます。
答えは、
生きていること自体が生きる価値であり、生きる意味は、その意味を探すことが、生きる意味、ですね。
そのために、自分が何を考え、何を考えようとしたいのか、
何をして、何をしようとしたいのか・・・・
もし、ずっと楽な毎日で、不快なことが、全く何もなかったとしたら、楽しかったり、嬉しかったり、やった!と思ったりするでしょうか。
苦楽は一体なんです。
人との関わり方の方法が、人生を決めていく、ということが、もし本当だったとしたら、どんな方法を選択したいと思うでしょうか。
私達はもっと、コミュニケーションの方法を学ぶ必要があります。
Photo
Photo
2018/06/05
2 Photos - View album

Post has attachment

浦島太郎の物語はご存知ですね。
今日の授業は「どうする!浦島太郎」、でした。
では、質問です。
もし、浦島太郎が、結末を知っていたとしたら、竜宮城に行ったでしょうか?
原作の成立は室町時代、物語では、3年間龍宮城に居て、戻ってきたら、すでに700年後の世界だった、となっています。
700年後なら、現在の平成時代、ということになります。
もし、700年前の浦島太郎が、あなたのすぐ側にあらわれて、唖然としてそこに居たら、あなたは、どうしますか?
3年で700年経っているのですから、竜宮城の1日は、233日に相当します。(簡単な計算ですね)。
じゃあ、竜宮城に1ヶ月滞在して、帰ってきたとしたら、どれくらいの年月に相当しますか?
そして、まだ生きていて、浦島太郎よりも、数倍も早く年を取ってしまった知人友人家族親族に、行方不明と若いままの理由をどう説明しますか?
あなたが、浦島太郎だったら、どうしますか?

思い通りにいかない社会で、人生の選択肢を増やすことは、できるだけ思い通りに生きる可能性を増やすことに繋がります。

浦島太郎の物語の原作者は、特殊相対性理論を知っていたのでしょうか?
開けてはならない玉手箱をなんのために、渡したのでしょうか?
それとも、”開けてはならない”というのは、否定指示、「お土産なんて買ってこなくていいからね」、と同じ効果を狙って、わざわざそう言ったのでしょうか、乙姫は?

PCと書類の間にはまって、君は「次のあなたの仕事は私よ」と主張しているのかい?
Photo

Post has attachment
平日限定 4万円セミナー 西田淑子

”気持ちの問題”
気持ちを変えるにも、方法は必要ですよね。

平日限定 コミュニケーション・セミナー
 [メソッド4セミナー] 相手と仲間になる方法 全4回
6月~9月 第4金曜日午後
4回 4万円
http://www.room145.com/method.html

Post has attachment
朝日カルチャーセンターくずは教室の仕事、
「関西かわった仏像と隠れ家ランチ」の講師もしています。
京都市南区の福田寺(ふくでんじ)と、洛西の筍亭(じゅんてい)に行ってきました。
筍亭で、女将さんが、
「土をかぶせて、また土をかぶせて、そうするから、筍は大きいほうが、柔らかいんです。
皆さん、小さい方が柔らかいと思わはるんですけど、大きくなったほうが柔らかいんです。
人間と一緒ですわ」。
人間の土は、コミュニケーションですね。
福田寺の山号は「迎錫山(こうしゃくざん)」、
錫杖(しゃくじょう)のことです。
錫杖に鳴物が着いている訳は、
錫杖で土を突く前に、そこに居る虫に避けてもらうため、だそうです。
福田寺は、扉を開けると雨が降る龍神さん、中国の武帝が自ら刻んだと言われる摩耶夫人像、これは右脇から、お釈迦さんが、するりんと、出てきているところが、刻まれています。
仕事で、相当な数のお寺に行きましたが、ものすごく珍しい仏像の一つです。
お寺も、小さいけど、奈良時代からあるお寺です。
ご住職も気さくな方です。
「お寺は、人に来てもらってなんぼ、のところ、いつでも来て下さい」とのこと。
ついでに筍亭の庭は、誰でも見に行けます。
桜と紅葉の超穴場です。
Photo
Photo
2018/05/19
2 Photos - View album

Post has attachment
姫路少年刑務所で仕事でした。
人間の価値は・・・・何だと思われますか?
「人間の」ですから、比較対象は、人間以外です。
一言で表す言葉を見つけられないのですが、私は、「言葉」、「思考」、「創造」、「想像」だと思っています。
言葉は思考の表れで、思考は想像し、創造を生み出し、創造と想像は私達をコミュニケーションに駆り立てます。
そして、コミュニケーションは、私達の言語をさらに豊かにする原動力ともなります。
今日、私は、思考し、言葉で伝えたことが、人生を豊かにするのだ、ということを、彼らが理解するきっかけにして欲しいと、より感じました。
食べ物の話は、大概の人を雄弁にします。
「嫌いな食べ物は何ですか?」
「その食べ物の何が嫌いですか?」
「好きな食べものは何ですか?」
「その食べ物の何が好きですか?」
表現する言葉が具体的であるほど、人生は豊かです。
これは、経済的な価値の側面だけのことではなく、人生そのものの内容としての醍醐味、のような豊かさ、面白さ、です。
PhotoPhotoPhoto
2018/05/10
3 Photos - View album

Post has attachment
奈良少年院で今週の半ばが授業でした。
彼らは、社会に戻ることに、不安を感じます。
これは、大学生が就職することに対する不安と似ています。
「ちゃんと出来るだろうか」、「やりたいことは、実現できるだろうか」、
算数が出来なかったり、突拍子もない事を考えたりはしますが、誠実さだとか、礼儀正しさ、という社会的基本行動を、院で、身につけるのでしょう。
帰りにこんな光景に会いました。混んだ電車内の座席に座って、ずっとゲームをして、前の座席に座った、サイズの合わない制服を来ている小学(多分)1年生を見て笑っている高校生数名です。勉強は平均よりも出来るのでしょう、でも、私はこの彼らが、誠実さや、礼儀正しさを、実践する機会が学校を卒業するまでにあるのかどうか、ということに不安を感じます。
この日の院では授業時間を超えているのに、それでも、不安を解消しようと、いろいろと質問をしてくる彼らに私が言ったことは、
「いつか、ここに居たことが良かった、と思えるように、一生懸命にやりましょう。やれば、必ずいつか、成果はあるから」。
後悔は私にはいっぱいあります、でも、後悔したことで大きなものを得ることも出来ています。
画像は、1週間前の撮影です。芍薬(しゃくやく)ですね。
Photo

Post has attachment
出版社の社長が、著書を推薦してくださいました。
YouTubeの動画です。ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=k34ydB4X7fI&feature=youtu.be
Amazonで購入できます。

Post has attachment
大学の授業が始まりました。
大阪国際大学で、今年の前期は、「ホテル論」を担当します。
選択授業です。履修者が60名いました。
授業を魅力的にするために必要なことは、学生の不安を取り除くことです。
仕事でも、顧客の不安を取り除くことを優先しますよね。同じことです。
そのために、学生(顧客)の立場で不安の優先順位を考えます。
不安はつまりは、「期待」、です。
学生の「期待」は、たった二つです。
 ・単位を取りたい、できれば良い点数で。
 ・役に立つ授業を受けたい、できれば分かりやすく。
そのためにどうすれば良いのか、の方法を最初に教えます。
もちろん、私も出来る限りの努力をします。
方法が分かれば、学生は安心して授業を受けられますね。
----
『未来の期待に応えるために コミュニケーション・コーチング』
ご購入下さいまして有難うございます。
そして、ご検討中の方も、もちろん気に留めて頂いた方も、有難うございます。
お読みくださいましたら、宜しければ、Amazonカスタマーレビューにもご投稿くださいませ。
PhotoPhotoPhoto
2018/04/15
3 Photos - View album
Wait while more posts are being loaded