Profile cover photo
Profile photo
山崎裕之
1,935 followers -
ハイブリッドマーケティング即践塾運営委員長、ビーバイシー代表、バックエンド職人、ランディングページ職人、コンテンツSEO対策
ハイブリッドマーケティング即践塾運営委員長、ビーバイシー代表、バックエンド職人、ランディングページ職人、コンテンツSEO対策

1,935 followers
About
裕之's posts

【失敗しないホームページ・ブログ診断⑧】ホームページはこれを作れた人が勝つ 


ホームページ、ブログは、読み手側の順路、お客様の導線を作れたものが勝つ。

ホームページは、どこから人が入ってきて、どのようなページを見て行き、最終的にどこに行き着いたのか、問い合わせや買い上げを行ったのか。 それとも離脱をしたのか。



お店と仕組みは同じ。 お店でも、客の行動を誘導できれば、売上は上がる。
お店の仕組みにやられてしまった例
【ドンキホーテに行った時の私】回遊ヤバイ、超ヤバイ
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/8775


ではウェブ上で、お客様が最終的な目的に到達するまでの導線を作るには?

1、最初からゴールを設定し、そのゴールから逆算して順路設計をする

2、最終的なゴールとなる、お問い合わせ、買い上げのページを「一番最初に」徹底して作り上げる。
最後どのような形で問い合わせするのか成約をするのかきちんと作り込んでおく

3、最終的なところを作り込んだ上で順路を実際に作り上げていく




1、最初からゴール(商品の成約など最終目的)を設定し、そのゴールから逆算して順路設計をする

ブログにしてもホームページにしても、成約を考えずにただ作るだけならば誰でもできます。
しかし、成約を考えるのならば、何をゴールとするのか。 そのゴールにどのようにお客様を行き着かせるのか。

最初にまずゴールは何かを設定し、そのゴールに行き着かせるにはどうすればいいのか?

と考えながら、ブログは何を書いていけばいいのか、ホームページはどのような作りをしていけばいいのか、と作り上げていきます。



最初にゴールを設定せず、のべつまくなしに変えただけでは成約させる事は難しい。 好き勝手なことを書いていき、自己満足で終わるブログやホームページにしたいのか、誰かに商品を提供し貢献ができる作りにしたいのか。



ゴールをまず設定し、それに合わせてブログやホームページを作り上げると言うのは、自己満足で終了するのか誰かに貢献するのか、この分かれ道になります。



※さらに付け加えるとこの結論となるゴールの部分は、その企業のブランディングイメージ。 お客様からどのようなイメージを持っていただきたいのかということを前提に考えていくことになります。


このブランディングイメージ企業が大きかろうと小さかろうと非常に大事なものになります。
このイメージこそが信頼につながり、その信頼の高さがそのまま利益や成約率に直結するのです。

だからこそブランディングイメージを考えておいてどのようなゴールを設定し、そこから成約設計を行うというのが、極めて大事になります。






2、最終的なゴールとなる、お問い合わせ、買い上げのページを「一番最初に」徹底して作り上げる。
最後どのような形で問い合わせするのか成約をするのかきちんと作り込んでおく


最終的なところ買い上げ
お問い合わせの部分を最初に「徹底して」作る。これが非常に、重ねて非常に大切になります。

理由は、どんなにたくさんアクセスを集めていたとしても、最終的な問い合わせ、買い上げなどの「ホームページ作った目的のところ」で、お客様を逃してしまえば、商売として成立しない。そのホームページブログを運用していても効果は出ないと言うことになります。


これは何度強調しても強調したりません何よりも真っ先に「1番最後の部分」を作るのです


ランディングページにしてもホームページにしてもブログにしても、
まず最初に1番最終的なところ。例えばそれは電話の問い合わせであったりメールでの問い合わせであったりクリックしたら注文であったり等の最終的な部分を真っ先に作ります。


この最終的な部分をまず先に作っておく理由も改めてお伝えすると


A、最終的な部分を先に作っておかないとどんなにアクセスしても最終的な部分がいまいちだと結局買い上げにも成約にもならない


B、最終的な部分をミスをしていると、問い合わせたいのに問い合わせられないといったことが発生します。
例えばメールフォームであるならば、自動返信のメールアドレスの設置や、メールの文章がミスをしていることもあります。



さらに、電話でのお問い合わせであるならば、スマホでタッチしても電話が電話番号の設定をミスしていて電話がかけられないといったこともあります




どんなにアクセスを集めていたとしてもどんなにお金をかけていたとしても最終的な部分でミスをしているとこれは商売として成り立つなくなってしまう


それでは最終的な部分をどのように作ればいいのかそれはその商売によってしまいます
ものによってはそもそもいきなり注文が良いのもありますし1回相談や話し合いを挟んでから製薬といった形もありますのでその制約のパターンによって最終的な部分も作り方が変わります



3、最終的なところを作り込んだ上で順路を実際に作り上げていく


最終的なお問い合わせは買い上げの部分「ゴール」を作りあげたら、次に行うのは、「1番最初の部分」を作り上げることになります。


順番とするとこの流れ

最後の部分を作成→最初の興味を抱かせる、導入部分を作成→最後と最初をつなぐ、真ん中のつなぎを作成する


よくあるコピーライティングを伝える方々は1番最初の興味引きや、中身の文章ばかりに終始しますが、実践している者からするととにかく1番最後のソールの部分を徹底して抑えてから最初の部分真ん中の部分を作り上げないとお客様を逃します。



どんなに1番最初の導入部分のキャッチコピーが良かったとしても1番最初の部分と1番最後の部分がどうにもつながっていないような論調になっていると途中で読み手側、閲覧する側が離脱してしまうのです。


だからこそ1番最後の部分。 どんな結論に持っていき、お問い合わせや買い上げをもらいたいのか。これを作り上げてから、そこから1番最初の部分と最初と最後をつなげる真ん中の部分を作り上げていくということになります。



以上ホームページに関する連載シリーズでした。




もしホームページブログ等で最終的なお問い合わせの仕組みづくりが分からない
といったことがあるならば、こちらの無料診断までお問い合わせ下さい。

----------------------------
個人事業主、法人共に可能
・ホームページ・ブログ・SNS活用改善の無料簡易診断やってます
コレで使い方はいいのかな?思った方はこちらまで
http://hybridmk.tokyo.jp/lp/hp_shindan
----------------------------
【失敗しないホームページ・ブログ診断シリーズその1】
デザインを綺麗に作っても効果が出ないのはなぜ?
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/8511



【プレスリリースを出すと取材をする側「ここ」を見て来る】
「ここ」を舐めるように見られます

個人事業主、中小企業のためのプレスリリースセミナーまで あと15日
-------------------------
10月5日(水)13時45分~17時45分開催セミナー
中小企業、個人事業家向けのプレスリリースセミナー。
メディアに採用されるプレスリリースの作り方
〜集客し過ぎで自滅してしまわないよう、失敗防止法付き〜
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/8392
-------------------------

プレスリリースを出したときに裏付けとして取材をしてくる記者は「ここ」を見てきます。 取材をする対象つまりプレスリリースを出したところが取材をしてもよさそうなところなのか

そのため「ここ」をしっかりと作っておく必要があります。 「ここ」とは? それはセミナーでお伝えし、さらに「ここ」に何をすれば良いのかをお伝えします。

さらに付け足すとテレビメディアに掲載されたいのならば「ここ」に「それ」を出しておく必要があります。

-------------------------
10月5日(水)13時45分~17時45分開催セミナー
中小企業、個人事業家向けのプレスリリースセミナー。
メディアに採用されるプレスリリースの作り方
〜集客し過ぎで自滅してしまわないよう、失敗防止法付き〜
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/8392
-------------------------

【『誰かに、何かに頼りきりは危ない』そこが消滅したら一巻の終わり】
前に書いたやつですが→http://hybridmk.tokyo.jp/archives/2096
『誰かに、何かに頼りきりは危ない』
特定の人やシステムに全面的に頼り過ぎない。
どういうことかというと、
 
 
 

ある特定の人に全面的にその部門、分野を頼り切っているとします。
筆者はランディングページを作成しているので、
デザイン作成は全てとある1人に依頼していたとします。
1人の人に頼んでいるという事は、
別の言い方をすると、
その人がいなくなった場合は、
仕事を完遂するということができなくなるという事。

デザインをやってくれるその人がいなくなった瞬間に、仕事ができなくなってしまうということ。
システムでもこれと同じで、
たまに起こる決済システムのエラー。
(銀行でもたまにシステムが動かなくなる時がありますよね)

ある特定のシステムに1カ所にだけに全てを委託していると、
そのシステムが何か障害が起こってしまったり、最悪消滅してしまったら、
自分の仕事が回らなくなってしまう。

この、頼りきっていたのに消滅してしまうということ。
よく起こり得るのは人ですね。
すごく頼りにしていた人がいて。
その人自体が仕事を辞めたいわけではなかったのに、
病気で、仕方がなく仕事ができなくなってしまったとか。
誰かに何かを頼りきりというパターンは非常にまずい。
常にその人、そのシステムが無くなったときのことを、
あらかじめ想定しておきましょう。
(誰かや何かのシステムに完全に頼り切ってしまって、
無くなると立ち行かなくなるとするならば、生殺与奪権を完全にゆだねていることになります。
これはものすごく危ない)
危機管理に気を付けたいウェブマスター
山崎裕之
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆9/7開催セミナー☆
セールス苦手な人に緊急案内!「売り込まずに売る」戦略マーケテイング、リアル&Web編
⇒ http://hybridmk.tokyo.jp/archives/7199
※9月生まれの方は無料で参加できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Post has shared content
【身もフタもない泥縄式(行き当たりばったり)商品作成方法】
起業して、最初の売り上げを立てて継続的に活動している人、一人一人に話を聞くとこのケースがすごく多い。 あらためて振り返ってみるとこのような形だったということが共通している。
◉9月7日セミナー「売り込まないマーケティング戦略」渋谷開催
https://www.facebook.com/events/1465223376836500/
★ビジネスモデルは異業種に学べ(ハイマケ公式ブログ)
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/category/hmblog
★成約.集客の為のWEBの使い方(ハイマケ公式ブログ)
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/category/web
★売込まないセールス設計(ハイマケ公式ブログ)
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/category/salesdesign
★失敗しない起業家診断(ハイマケ公式ブログ)
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/category/report
★ハイブリッドマーケティングラボ(HP)
http://www.hmtokyo.com/
http://hybridmk.tokyo.jp/archives/7392

【周りから人が離れていく理由と対処法】
ブログにて書いた記事なのですが、こちらにも載せさせていただきます。元記事→http://hybridmk.tokyo.jp/archives/3274

周りから人が離れていく方の共通項

今は色々な人とお付き合いさせていただいていますが、
これをやらない人は自分も含め、
周りから人が離れていくなと実感しているポイントがこれです。


それは

その人自身が嘘をついて生きている(虚偽)

メッキを貼りながら生きている(虚勢)

これではどんどん人が離れていってしまう。

これはもう
誰も嘘をついてメッキを張り巡らせている人と
近づきたくないもの。

残念ながら実感としてそういう人も多い。

SNSの弊害とも言えますが、
会ってみるとウェブでの性格と全然違うとか。

ではなぜそもそも嘘をついたり
メッキを張り巡らせてはダメなのか?というと、

所詮メッキはいずれ剥がれるし、バレるものです。
その瞬間に信頼はすべて失います。
ビジネスを長く続けるにはこの行為はあまりに稚拙。

そしてこのネット時代においては
それが更に大きなマイナスになることも。
悪い噂はたちまち広がりますし、
それ自体の履歴が残り大変なことにもなりかねません。

結構ここ重要です

最終的に選んでほしい人に選ばれるためには、
自分に共感して頂き、信頼してもらわなければなりません。

だからこそ、
その人自身のルーツ(生き様)とか
人生のターニングポイント(分岐点)が
その人の本質的な部分を作っていて
その人の本質が共感を生み、
より良いビジネスを作り、
より良い人間関係を作るといっても過言でないでしょう。


実はその本質的なところが
人様から選んでいただける為に最も重要なポイント。

人が離れていくということは、
なぜ選ばれないのかということに他ならない。

人が離れないようにする対処法

選んでいただく、
そのためにはまず自分自身の自己棚卸が必要です。
特にパーソナルブランディングにはこの自己棚卸は最も有効かつ重要です。


過去の棚卸し
過去を振り返って

自分の人生で
どういうところに大きな変化があったかなとか、
今まで人から言われたことですごく印象に残っていることは何か、
案外人によく頼まれることはなにか、
最も自分が時間やお金を費やしたことは何かなど、


この辺を押さえておくと
自分というものが
何でこのような生き方をしているのか?
このような考え方に立っているのかを
紐解くことができると考えています



逆に
自分の本質的な所に向き合わないと
口先だけ見た目だけの薄っぺらい人間になってしまい
良い人からは信用されない

そんな人間になってしまいます。

人は本来好きな人と商売したい、
好きな人から買いたい、
共感できる人と一緒に居たい、
共感できる人から教わりたいと思ってるものです。


自分をいかに知るか?
他人と向き合う前に、一度自分と向き合うことをお勧めします。

色々この辺でひと悶着あったウェブマスター
山崎裕之

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆8/6開催セミナー☆残り2席
セールス苦手な人に緊急案内!「売り込まずに売る」戦略マーケテイング、リアル&Web編
⇒ http://hybridmk.tokyo.jp/archives/6077
※8月生まれの方は無料で参加できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ヤバイどうしよう】

ある方のホームページおよびブログ構築(ブログ型ホームページ)の運用を携わらせていただいているのですが
検索によるアクセスが1週間で倍々になっているサイトになってしまった
これはもっとキーワード選定をしっかりしていけば、もっと伸びそうだ

インターネット上でアクセスや再生数を伸ばすには3つ大事なポイントがあって
このサイトは、まだ1つしか考えていない

残りの2つを有効活用して回遊を起こす処置したら、モンスターサイトになる予感


ワクワク感がたまらないウェブマスター山崎裕之

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆8/6開催セミナー☆残り2席
セールス苦手な人に緊急案内!「売り込まずに売る」戦略マーケテイング、リアル&Web編
⇒ http://hybridmk.tokyo.jp/archives/6077
※8月生まれの方は無料で参加できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【周りから人が離れていく理由と対処法】
ブログにて書いた記事なのですが、こちらにも載せさせていただきます。元記事→http://hybridmk.tokyo.jp/archives/3274

周りから人が離れていく方の共通項

今は色々な人とお付き合いさせていただいていますが、
これをやらない人は自分も含め、
周りから人が離れていくなと実感しているポイントがこれです。


それは

その人自身が嘘をついて生きている(虚偽)

メッキを貼りながら生きている(虚勢)

これではどんどん人が離れていってしまう。

これはもう
誰も嘘をついてメッキを張り巡らせている人と
近づきたくないもの。

残念ながら実感としてそういう人も多い。

SNSの弊害とも言えますが、
会ってみるとウェブでの性格と全然違うとか。

ではなぜそもそも嘘をついたり
メッキを張り巡らせてはダメなのか?というと、

所詮メッキはいずれ剥がれるし、バレるものです。
その瞬間に信頼はすべて失います。
ビジネスを長く続けるにはこの行為はあまりに稚拙。

そしてこのネット時代においては
それが更に大きなマイナスになることも。
悪い噂はたちまち広がりますし、
それ自体の履歴が残り大変なことにもなりかねません。

結構ここ重要です

最終的に選んでほしい人に選ばれるためには、
自分に共感して頂き、信頼してもらわなければなりません。

だからこそ、
その人自身のルーツ(生き様)とか
人生のターニングポイント(分岐点)が
その人の本質的な部分を作っていて
その人の本質が共感を生み、
より良いビジネスを作り、
より良い人間関係を作るといっても過言でないでしょう。


実はその本質的なところが
人様から選んでいただける為に最も重要なポイント。

人が離れていくということは、
なぜ選ばれないのかということに他ならない。

人が離れないようにする対処法

選んでいただく、
そのためにはまず自分自身の自己棚卸が必要です。
特にパーソナルブランディングにはこの自己棚卸は最も有効かつ重要です。


過去の棚卸し
過去を振り返って

自分の人生で
どういうところに大きな変化があったかなとか、
今まで人から言われたことですごく印象に残っていることは何か、
案外人によく頼まれることはなにか、
最も自分が時間やお金を費やしたことは何かなど、


この辺を押さえておくと
自分というものが
何でこのような生き方をしているのか?
このような考え方に立っているのかを
紐解くことができると考えています



逆に
自分の本質的な所に向き合わないと
口先だけ見た目だけの薄っぺらい人間になってしまい
良い人からは信用されない

そんな人間になってしまいます。

人は本来好きな人と商売したい、
好きな人から買いたい、
共感できる人と一緒に居たい、
共感できる人から教わりたいと思ってるものです。


自分をいかに知るか?
他人と向き合う前に、一度自分と向き合うことをお勧めします。

色々この辺でひと悶着あったウェブマスター
山崎裕之

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆8/6開催セミナー☆残り3席
セールス苦手な人に緊急案内!「売り込まずに売る」戦略マーケテイング、リアル&Web編
⇒ http://hybridmk.tokyo.jp/archives/6077
※8月生まれの方は無料で参加できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
これ、わかってないと本読んでまんぞくしちゃって行動しないっすなぁ
Wait while more posts are being loaded