Profile cover photo
Profile photo
くらしのすまい
10 followers -
5人の建築士が運営する家づくりのチームです。
5人の建築士が運営する家づくりのチームです。

10 followers
About
くらしのすまい's posts

Post has attachment
ひと月半ほどさかのぼりますが、里山住宅博の2期分譲地で棟上げを済ませたところです。 建物には、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造といろいろありますが、やはり木造の棟上が一番こころ高鳴ります。クレーンなど大きな機械も使いますが、なにより人の手でもって建物が組み上がっていくことを一番感じられるからでしょう。棟上までに沢山の打ち合わせをします。もちろん他の構造でも同じですが、一日二日で建ち上げる木造は他よりも手際よくする必要がたくさんあるので、時間を無駄にできないスピード感があるからかもしれません。…

Post has attachment
前回のコンクリート打設記事からずいぶん時間が空いてしまいましたが鉄骨建て方です。 基礎コンクリート工事と平行して鉄骨業者と構造図を基に打合せを行い建て方への準備を進め(設備配管用のスリーブ(梁の穴あけ箇所)等もこの間に行います)建て方の日を迎えます。 安全確認を十分に行いながら鉄骨をトラックから降ろしクレーンで吊り上げ組んで行きます。 何時も見ていて”電線を切らないでくれよ”とひやひやするのですが、クレーンの運転手はさすがに慣れたものです。…

Post has attachment
「絵」を飾る。 デザイン、アートと銘打つと敷居が高く感じる方もいらっしゃるのではないのでしょうか? しかし、何かのキッカケに気になりだすと、いわゆる美術館の様な大きな箱以外にも、施設ギャラリーやカフェ併設スペースでも、様々な場所で素敵な作家さんの個展が開かれ、その作品を見る事が出来ます。 画像は、先日、自宅の近所のギャラリーで、購入した「マメイケダ」さんの作品です。…

Post has attachment

Post has attachment
物好きにも小雪の舞い散る中 旧福知山線の廃線跡を歩きに行きました 川沿いのルートは快適で4つのトンネルがあります トンネルの中は真の暗闇です 懐中電灯の調子が悪く、非日常的暗闇の恐怖?を味わいました 武田尾までの道には桜が多くで春はお花見に最適なルートです 毎月は中山観音から奥の院へ登ったり、能勢の妙見山へ行ったり 昔からの山友と北アルプス登山に向けてのトレーニングハイキングをしていますが さすがに寒くて今月は登りの無い楽な方へ流れました…

Post has attachment
明けましておめでとうございます。 雪がチラホラ、今日はと〜〜〜っても寒いです。 新年早々、無粋なタイトルで申し訳ありません。私事ですが、自宅の給湯器が年明けに動かなくなりました。今年最初のメールがガス屋さんへの救援依頼。しばらく、近所のスポーツクラブへ風呂通いの常連になっていました。…

Post has attachment
鉄筋と型枠を組み終わり、一通り検査が済みコンクリート打設。 コンクリートを流し込みながら、結構細かくレベルでコンクリートの高さを確認しコテで天端を押さえていきます。 打設する前に受入検査を行い、コンクリートの状態を確認。 左上:コンクリート温度、その下:塩化物含有量検査、真ん中:スランプ(流動性)検査、右:空気量検査。 これ以外に、後日強度試験に使われる試験体を作るために決まった大きさの円筒容器にコンクリートを詰めます。 概ね上記が受入検査の内容です。…

Post has attachment
地鎮祭後、地盤改良(柱状改良)、掘り方、墨出しと進んで配筋検査を行いました。 最近見慣れた木造2階建ての基礎と比べると、基礎底も深く主筋も一回り太いためボリュームがあります。 コンクリートを打ってしまえば隠れてしまって再び確認する事が出来ない配筋状況は、 大丈夫とわかっていても自分の眼で必ず確認するようにしています。 構造図とコンベックス(スケール)にマジック磁石、記録用のデジカメを持って一箇所づつチェックしていきます。 柱脚部:今回はベースパックを使用。…

Post has attachment
里山25号で人気「ポチつまみ」購入受付ページです。 「ポチつまみ」を制作いただいた potitek さんが、家具製作の端材のなかで愛着のこる材料だけを利用した オリジナルつまみ です。なので、 気まぐれ制作 * 現品限りです。 戸の上のほうにつけて帽子フックに使っても、 台所で輪ゴムフックにつかっていただいても嬉しい木のツマミです。 ( 関連記事 ) [木工]ぽちてっく ポチテックさん と LOOPさん 購入希望の方は 、最下部「ポチつまみ問い合わせフォーム」からくらすま事務局までご連絡ください。…

Post has attachment
里山25号の工事の様子をお伝えするのも、今回が最後となりそうです。ようやく外構工事へ辿り着きました。 工事終盤、建物の周りに物々しい鉄カゴが現場に並び始めました。 里山25号に限らず、今回「里山住宅博」各棟に使われている外構システムのパーツになります。一体これがどうなるのか? この外構システムは、造園家の田瀬理夫氏(プランタゴ代表)の手によるもの。初めて見る外構工事の様子に戸惑いつつも、出来上がっていくにつれ、うまく考えられたシステムと感心します。…
Wait while more posts are being loaded