Profile cover photo
Profile photo
河合徳光
2 followers -
小さな会社やってます。
小さな会社やってます。

2 followers
About
Posts

Post has attachment
あざみ野にあるぼっけもんの「味玉味噌らーめん」。880円。

濃厚豚骨味噌を謳っているが、期待したほど濃厚ではない。しかし豚骨味噌のスープがとても複雑な旨味を出していてうまい。

中太麺もスープに合っている。

具はチャーシュー、玉子、ほうれん草、ネギ、もやしとキャベツの野菜炒め。

特筆すべきは、オーダーが入ってから鉄鍋で作る野菜炒めだろう。量が多すぎずシャキシャキだったので、個人的に好きだ。

一方でチャーシューは薄くて食べ応えがない。もう少し厚切りでも良いかも。

オーダー時に「ニンニク入れますか?」と聞かれるが、ペースト状のニンニクではなく、薄切りにしたニンニクを野菜炒めに入れていいかという意味だった。

お昼はライス無料だったのが嬉しい。

豚骨味噌と家系のいいとこ取りしたようなラーメンで、全体的に完成度が高く、極めておいしい。

夏に訪れたのだけど、カウンターへの冷房が強く、せっかくの熱々ラーメンが冷めてしまった点が残念だった。

でもまた行きたくなるような豚骨味噌ラーメン屋さんなのだった。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
ハングリータイガーの「オリジナルハンバーグとリブロースのレギュラーセット」。3,280円。

横浜のハンバーグステーキといえばハングリータイガーらしいのだけど、知らなかったし行ったこともなかったので、訪れてみた。

熱々の鉄板にのって運ばれてくる俵型のハンバーグとリブロースステーキ(170g)。

店員さんが目の前でハンバーグを半分に切ってくれて、切った面を鉄板に押し当て中まで熱を通してくれる。

最後にソースをかけて仕上げてくれるのだが、ハンバーグの形状や提供の演出は、ここハングリータイガーが発祥とのことだ。

ハンバーグは牛肉100%で、タマネギやパン粉などは一切入っていない。

しかし今ではそうしたハンバーグも珍しくなく、ソースも塩辛さが目立って好みではなかった。

一方でリブロースステーキには感動させられた。

なぜなら肉質や焼き加減など、どれをとっても完璧だったからだ。

やたら霜降りで脂っこいステーキとも違うし、まるでゴムを噛んでいるような固いステーキとも違う。

柔らかくてサッパリしているのに、適度な脂が赤身肉のおいしさを引き立てている。

これまでに食べたステーキとはまるで違っていて衝撃を受けた。

メニューを見ると、骨付きラム肉のステーキや、600gの巨大ステーキなどがあり、興味をそそられた。

値段は高いが最高のステーキを味わいたいなら、間違いなくハングリータイガー一択だろう。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
あざみ野にある雅楽の「みそらーめん」。850円。

あざみ野駅から8分ほど歩いた所にあるラーメン屋「雅楽」は、カウンター10席とテーブル2卓のこじんまりしたお店だった。

ご夫婦とアルバイトさんでお店をまわしているようで、18時のオープンからぞくぞくとお客さんが入ってきた。

味噌ラーメンを注文すると「あっさりとこってりのどちらにしますか?」と聞かれたので、こってりを選ぶ。

熱々の丼で運ばれてきたラーメンは、中太麺にチャーシューとモヤシ、とうもろこし、ニラがトッピングされている。

まずはスープを一口。とてもスパイシーで、どこかで出会ったような味わい。

そうだ、思い出した。まるでこれは味の濃いスープカレーのような味わいなのだ。

テーブルにはコショウの代わりにサンショウが置いてあることから、味噌感よりもスパイシーさを売りにしているのだろうと感じた。

ラーメンの見た目が名店「どみそ」に近く、7種の味噌をブレンドしたみそダレとの説明から、こってり味噌を期待してしまうと裏切られる。

逆に、新しいジャンルとしての「スパイシー味噌」なのだと思えば、とても完成された美味の一杯なのではないかなと思った。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
ららぽーと横浜にあるバタープレミアムの「ロコモコライスプレート」。1280円。

ハンバーグにかかっているソースがとても美味だったが、それ以外は特筆すべき点がなく、及第点だった。

店内は割と広くて清潔、オシャレ。メニューにはパンケーキやスイーツ類が豊富だったのでデートに向いてそうなお店だが、コスパは良くない。

それよりも店内にBGMが流れていなく、シーンとした中で食事したのだけど、あれは何だったのだろう。たまたま?
Photo
Add a comment...

Post has attachment
たまプラーザにある牛タン青葉の「牛たんと豚塩麹御膳」。1,598円。

豚背ロースと牛タン、麦めし、サラダ、とろろ、テールスープのセットだ。ご飯とサラダはお替わり自由。

正直、メニューの写真と実物が違いすぎて、とてもガッカリした。

牛タンは小さく固い。そして豚ロースと麦めしを含めた料理全体がぬるいのだ。

ぬるい料理ほど味が落ちることはない。

一方で、サラダバーは野菜がシャキシャキしていて、ソースも選べて、とても良かった。とろろの味付けも好みだった。

店員さん達の接客は不慣れな感じだったが、一生懸命さが伝わった。

でも牛タンのお店なのだから、メインである牛タンにもっと力を入れて欲しかった。

柔らかくて厚切りでアツアツな牛タンを期待していただけに残念だった。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
町田にある一風堂の「のり玉子赤丸」1030円。

これにAセット(博多ひとくち餃子と白ごはん)をつけて+100円。

久しぶりに一風堂のラーメンを食べたが、美味しくなっていて驚いた。

臭みが少ない豚骨スープに香味油と辛みそを混ぜると、味が変わって最後まで飽きずに食べられる。

チャーシューは豚と鶏から選べるのも珍しい。

麺の固さはカタにしたが、想像以上に固かったので、普通が一番おいしく感じた。

あとラーメンの器がアツアツだったのが嬉しい。

福岡で本場の豚骨ラーメンを食べたけど、正直、一風堂の方が安定感がありレベルが高いと感じた。

すっかり全国チェーンとなったけど、味が落ちたわけではないと思う。

特筆したいのは一口餃子で、外はカリッとしていて、中はジューシー。辛みそをつけると箸が止まらない。

この一口餃子とピリ辛もやしでビールを1杯、ラーメンで締めるのもアリかも知れない。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
青葉台に新しくできたカレー屋「エビン」でタンドリーセットを食べた。1540円。

タンドリーセットは、カレー1種、ナン(またはライス)、ミニサラダ、ドリンク、チキンのセットだ。

カレーはバターチキンカレーを指定する。甘口から超激辛まで、6段階から辛さを選べるのが嬉しい。

焼き立てのナンは、ふわふわでモチモチしている。熱さに苦戦しながら、ナンをちぎってほおばると甘みが口の中に広がる。

カレーをつけず、何度もそのまま食べてしまっていて、気が付いたら半分以上がなくなっていた。もちろんお替わりする。ナン食べ放題で助かった。

特筆すべきはタンドリーチキンだろう。鉄板の上でジュージューと音を立てて運ばれてくるタンドリーチキンは、とても柔らかくてジューシーなのだ。

これまでインド系やネパール系のカレー料理店を何度か訪れたが、いずれのタンドリーチキンも作ったものを温めて出していた。しかしエビンのタンドリーチキンはまるで作り立てのような味わいだった。

このタンドリーチキンをつまみに、ネパールアイスビールを飲む。青葉台にいながら、ネパールの雰囲気が広がった。
Photo
Photo
2018/06/05
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
久しぶりに大失敗したお店、月島にあるもんじゃ焼き「いろは」。

チーズもんじゃ(930円)にベビースター(130円)をトッピング。あと牛すじ天お好み焼き(800円)とジャスミン茶2個(250円)を頼んだ。

しばらく待つと不愛想な男性店員がもんじゃを置き、「油をひいてから焼いてください」と言うなり、さっさと帰って行った。

他のお店では、店員さんがもんじゃを焼いてくれたのだが、ここ「いろは」では違うようだ。

正しい焼き方かどうか分からないまま、もんじゃを焼く。

一応それっぽいものができたので、食べてみるが塩辛い。しかも鉄板の火力が強いだったままらしく、次第にもんじゃは焦げていった。

もんじゃの正しい焼き方が分からない人、もんじゃ初心者、本物のもんじゃが食べたい人にはオススメできない。

口直しにお好み焼きを食べようとするが、量が少なく味は普通。ジャスミン茶も小さなグラスに入っており、コスパは最低だろう。

店員の人数は多いのだが、何をするにも面倒臭そうに見えて、店員同士が暇そうに話しているのが印象的だった。

本当はもんじゃ焼き「蔵」に行きたかったが、学生による貸し切りで入れなかった。

一方「いろは」は空いていて、食べログの上位にあったので信じて入店したらこのザマである。

なぜこんなお店が上位にいるのか、不思議に感じるお店。誰にもオススメできない。当然、再訪しない。
Photo
Photo
2018/05/13
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
青葉台駅の近くに新しくできた北村家の「らーめん(並)」680円。あとライス100円。

横浜家系ラーメンは、豚骨醤油に脂があわさったスープに、ほうれん草・チャーシュー・海苔が定番だ。

元祖は横浜駅近くにある吉村家で、麺の細さを含めてビジュアルがとてもよく似ていた。

豚骨醤油スープはとても濃厚で塩気が強く、固めに炊いた白米とよく合う。

特に海苔をスープに浸してご飯に巻き、黒コショウで味を整えてから食べると最高にうまい。

麺は固茹ででお願いした。プチプチとした食感で歯切れが良く、濃厚なスープと絡まって美味しい。

ただし巨大なチャーシューは見た目に反して少しパサついていて、個人的にはあまり好みではなかった。

でも全体的なバランスはとても良い。

自宅近くには、大桜やあじゃら、魂心家など家系ラーメンが多数あるが、北村家は一番うまいと思う。

リピートしたい。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
十日市場にある海賊艇の「海賊ハラミコンボ」。2300円+税。

海賊艇は名前の通り、店内には舵輪や大きなタル、船の帆がオブジェとして飾られており、とても良い雰囲気だ。

料理の内容は、海賊ハンバーグ(200g)とUS産カットハラミステーキ(200g)。

海賊ハンバーグは限界まで粗くしたひき肉のみで作られており、ハンバーグというよりもはや肉塊。

噛むとコリコリしたナンコツを感じて、そのあとに肉の旨味がやってくる。

ハラミは肉というより内臓であるが、これをステーキで食べられるのはとても珍しい。肉質はとても柔らかくジューシー。

お肉が固くならないように、鉄板も保温程度の温度で提供されるので、最後まで美味しく頂けた。

欲を言えば、味が変えられるようにいろんな調味料が用意されてると嬉しい。

次はロースステーキを食べに行きたい。
Photo
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded