Profile cover photo
Profile photo
Kenji Wada
About
Posts

Post has attachment
【アベマキ学校机プロジェクト】ついに最後の大仕事!アベマキ学校机が完成しました!
2月12日、 新1年生になる現在年長さんへアベマキ机の贈呈式 を行いました。 そして、3月16日、山之上小学校では、6年生が卒業に向けての準備をする日でした。この卒業準備の時間のなかで学校机の合板の天板を完成したアベマキの天板に取り換える作業を実施しました。 これに先立って、6年生は有志で机の天板をあらかじめ外しておいてくれました。当日の朝は、その天板が外され脚のみになったものがずらりと並んでいました。 この脚にアベマキの天板を取り付けていきます。 開始は、いつものように始まりの会をやってくれました。目標は、...
Add a comment...

Post has attachment
木製ワイヤレススピーカー 「MokCube」はいかがですか?
  ものづくり講座の1年生最後の締めの授業「商品化」。今年の1年生の斎藤さんは、木のワイヤレススピーカー「MokCube」を制作しました。  BluetoothでPCやスマホとワイヤレスでつなげば、好きな音楽が気軽に木のスピーカーで楽しむことができます。手のひらサイズですが、とても大きな音を出すことができます。 ・アウトドアでスマホより大きな音で楽しみたいとき ・部屋で音楽を楽しみたいけど大きな音を出せず手元で聞きたいとき ・お店をお持ちの方は、PCの音楽をBGMで店内に流したいとき ・子どもと音楽を楽しみた...
Add a comment...

Post has attachment
新たな伝統を作る試み!アベマキ学校机プロジェクトがぐるぐる回り始めました。
今年度は、アベマキ、アベマキとうるさいですが、もうしばらくお付き合いください。 美濃加茂市と進めているアベマキ学校机プロジェクト。 2月初めには、机の天板を6年生の生徒たちと作ったことをご報告しました 。 その6年生たち、2月12日に新1年生となる現在の年長さんが交流会として小学校に遊びに来てくれたので、その中で、アベマキの机の贈呈式を実施しました。 ここでは、 これまで私たちが説明してきた里山のこと、アベマキのこと、そしてこのプロジェクトことを自分たちの言葉で年長さんにもわかりやすいように説明をしてくれまし...
Add a comment...

Post has attachment
美濃加茂市山之上小学校の6年生とアベマキの学校机天板をつくりました!
「アベマキ学校机プロジェクト」が一昨年末から始まり、1年前の1月には当時小学校5年生だった山之上小学校の生徒が見守る前で、アベマキの伐倒を行いました。あれから1年、製材、乾燥、加工などさまざまな工程をさまざまな人たちと行ってきました。途中、 ウッドデザイン賞優秀賞(林野庁長官賞)を受賞するなどビッグなニュース もありましたが、本日、ついに6年生になった生徒たちとアベマキの天板をつくるワークショップを開催するに至りました。 ここで6年生が作る天板が、4月に入学する1年生 が使う学校机に取り付けられます。 場所は...
Add a comment...

Post has attachment
木工を始めてまだ半年のものづくり講座1年生が大きなテーブルを完成させました!
ものづくり講座1年生は11月からテーブル制作の授業が始まります。大きさだけでいうと、アカデミーの課題として作るものとしては一番大きな制作物となります。 この授業では、これまでやってきた基本的な木取り作業の確認をしながら、新しいこととして、天板の矧ぎ、ほぞ加工とほぞ組、反り止めの構造などを学びます。そして大きいもの、脚ものになるとより適材適所をしっかり 考えたうえで材料を選ばなければいけませんので、材料選びも時間をかけます。 ここ数年は針葉樹家具をテーマにしていたところもあり、ヒノキをつかったテーブルが多かった...
Add a comment...

Post has attachment
「木育・森林環境教育」の現場を見てきました。
エンジニア科1年の「森林環境教育概論」で、「木育」や「森林環境教育」の活動現場を訪ね、お話をうかがってきました。 今回は美濃市片知地区で活動されているアカデミーエンジニア科 OB のふじおさんにご案内いただきました。 片知は美濃市の西北部にある市内最高峰、瓢ヶ岳のふもとの地域です。美濃市の中で最も広い森林がある地域の一つです。 初めに、ふじおさんが会員として関わられている、「山の駅ふくべ」という林業グループ(薪やホダ木を作って地域で販売している)が、道路沿いの人工林を間伐した場所で説明を受けました。 川と道路...
Add a comment...

Post has attachment
イブニングセミナー: 「アベマキの学校机プロジェクト ~地域の木を暮らしに生かし、そして誇りにするために~」を開催しました
先日告知した通り 、12月18日(金) ぎふメディアコスモス ドキドキテラスにてイブニングセミナーを開催しました。 題目は、 「アベマキの学校机プロジェクト ~地域の木を暮らしに生かし、そして誇りにするために~」 セミナーでは、第1部と第2部に分け、前半ではこのプロジェクトの内容や発足の経緯、また関係する人たちがどんな思いで取り組んでいるのか、ご紹介させていただきました。アベマキという樹種がどんな木なのか、木製品として活用するためには解決しなければいけない問題などプロジェクトにかかわることはすべてお話しました...
Add a comment...

Post has attachment
12月18日(金)イブニング・セミナー は藤井浩人美濃加茂市長を招いてウッドデザイン賞にて優秀賞を受賞した「アベマキの学校机プロジェクト」についてお話しします。
12月18日(金)にイブニングセミナーをぎふメディアコスモスで行います。 今回のテーマは、 「アベマキの学校机プロジェクト ~地域の木を暮らしに生かし、そして誇りにするために~」です。 ウッドデザイン賞2015にて優秀賞(林野庁長官賞)を受賞 した森林文化アカデミーと美濃加茂市などで進める「 アベマキ学校机プロジェクト 」は、一体どんな取り組みで、どのように生まれたのか。そして何が評価され受賞するに至ったのか。まだまだ受賞したばかりで本人たちも整理しきれていない部分もありますが、審査委員からいただいたコメント...
Add a comment...

Post has attachment
「アベマキ学校机プロジェクト」がウッドデザイン賞2015にて優秀賞(林野庁長官賞)を受賞しました。
以前 アカデミーブログでも紹介 させていただいたアカデミーと美濃加茂市で取り組んでいる「アベマキ学校机プロジェクト」がウッドデザイン賞2015にて優秀賞(林野庁長官賞)を受賞しました。 本日12月10日、東京ビッグサイトで開催されているエコプロダクツ展 にて授賞式が行われ、今井林野庁長官より表彰状を受け取りました。 この「アベマキ学校机プロジェクト」については 12月18日(金)にイブニングセミナーにて詳しくお話する予定です。 イブニングセミナー: 美濃加茂市 アベマキ学校机プロジェクト ~地域の木を暮らしに...
Add a comment...

Post has attachment
デジタル工作機械で広がる、木工の表現
ものづくり講座一年生は、前期の授業を通して、「サイズサンプル」というものを作ってきました。 木工機械の授業 では、機械の操作を覚えながら、ひたすら様々なサイズの木材を切り出し、電動工具の授業では、それらの面取りやサイズサンプルを展示するボードの加工などを行い、木工旋盤の授業では、丸棒の制作を行いました。 このサイズサンプルは、ものをデザインする際に、実際の大きさ・ボリューム感を確かめられるようにするもので、あると便利な教材です。しかし、ただ単にいろんなサイズの木片があっても使えるものにはならないため、使えるも...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded